運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
87件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-06-17 第201回国会 衆議院 議院運営委員会 第40号

三権分立を侵害する黒川弘務東京高検検事定年延長閣議決定検察庁法改定案は撤回すべきです。  河井克行法務大臣、あんり参議院議員選挙買収疑惑は、一億五千万円の資金を出した自民党の責任を含め、真相究明が厳しく問われます。  あきもと司議員を始めとするカジノ疑惑解明も大きな課題です。  モリ、カケ、桜といった、安倍総理にかかわる国政私物化問題の徹底解明が求められています。  

塩川鉄也

2020-06-17 第201回国会 参議院 本会議 第25号

当時の法務省事務次官は、賭けマージャン訓告処分とされた黒川弘務東京高検検事です。  再調査を求めるネット署名は三十五万人分を超え、佐川氏の再度の証人喚問を求める署名は十三万人分を超えて集まりました。真実を知りたい、終わったことにさせてはならないと求める声に背を向けることは許されません。  

岩渕友

2020-06-12 第201回国会 参議院 予算委員会 第22号

残りの時間で、黒川弘務東京高検検事問題について伺います。  黒川氏は、二〇一六年九月、法務事務次官に就任しました。二〇一七年には、過去三度廃案になった共謀罪法案が強行され、カジノ推進会議法務省の従来の見解を百八十度変えて、民間賭博を合法化しました。一八年には、官邸肝煎り外国人労働者受入れ拡大法案が押し通されました。  

山添拓

2020-06-12 第201回国会 参議院 本会議 第24号

適切性特別定額給付金オンライン申請をめぐる諸問題、緊急包括支援交付金交付状況及び医療機関への支援、更なる感染拡大に備えた医療検査体制の強化、介護・障害者福祉サービス事業継続支援子供たちの学びの機会の確保、文化芸術の担い手への支援地方創生臨時交付金等による観光業への支援策ポストコロナ産業構造及び国際秩序の在り方、感染症対策における国と地方権限配分専門家会議議事録作成必要性、前東京高検検事

金子原二郎

2020-06-11 第201回国会 参議院 予算委員会 第21号

まず、黒川氏の退職金金額でございますが、これは個人のプライバシーに関わるものでございますのでお答えは差し控えさせていただきたいと存じますが、一般論として申し上げますると、この東京高検検事役職にあった者が、休業等によることなく、休業等による除算がされることなく、例えば勤続期間三十七年で自己都合により退職したとすると、その場合は約五千九百万円になるということでございます。  

伊藤栄二

2020-06-11 第201回国会 参議院 予算委員会 第21号

内閣総理大臣安倍晋三君) まさにそのときのプロセスについて今申し上げているところでございまして、東京高検検事に任命し、また勤務延長を行ったのでありますが、これらの決定検察庁業務遂行上の必要に基づいて法務大臣からの閣議請議に基づいて行ったものであり、その時点では適切なものであったと認識をしております。

安倍晋三

2020-06-08 第201回国会 衆議院 本会議 第31号

黒川東京高検検事勤務延長等についてお尋ねがありました。  黒川氏については、検察庁業務遂行上の必要性に基づき、適切なプロセスを経て、引き続き勤務させることとしたものであり、この勤務延長自体に問題はなかったものと考えています。また、今般の検察庁法改正部分趣旨、目的は、高齢期職員の豊富な知識経験等を最大限に活用する点にあります。  

安倍晋三

2020-06-08 第201回国会 参議院 本会議 第23号

従前の解釈を改めたのは、黒川東京高検検事勤務延長閣議決定する前の本年一月二十四日であり、このことは法務省や人事院、内閣法制局からの答弁内容等から明らかであると考えております。  また、今般の解釈変更について、法務省内閣法制局との間で本年一月十七日から同月二十一日まで協議が行われた旨記載された文書等を既に国会に提出しているものと承知しております。  拉致問題についてお尋ねがありました。  

安倍晋三

2020-05-29 第201回国会 参議院 本会議 第20号

黒川東京高検検事処分等についてお尋ねがありました。  法の支配やその下の正義とは、人権の保障と恣意的権力の抑制とを趣旨として、全ての権力に対する法の優越を認める考え方及びそのような考え方に基づいて正義を実現することであると承知しております。行政府の長として立法府が制定した法を遵守し尊重することは当然であり、今後ともその責務を果たしてまいります。  

安倍晋三

2020-05-29 第201回国会 参議院 本会議 第20号

黒川東京高検検事処分等についてお尋ねがありました。  黒川氏の処分については、法務省において必要な調査を行い、法務省及び検事総長において事案の内容等、諸般の事情を総合的に考慮して訓告が相当であると判断し、適切に処分したものと承知しています。黒川氏の処分を決するに当たり、法務省においては事実関係について必要な調査を行ったものと承知しており、再調査は必要ないと考えています。  

安倍晋三

2020-05-29 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第15号

残りの時間で、黒川弘務東京高検検事に関するカジノ賭博問題について質問をいたします。武田大臣にぜひよく聞いていただきたいんですが。  週刊文春の記事では、黒川さんのカジノ好きは有名でした、韓国やマカオだけでなく、ヨーロッパのカジノにまで、出張の仕事が終われば遊びに行っていた、かなりの好き者ですと述べています。

塩川鉄也

2020-05-29 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第15号

山内政府参考人 黒川東京高検検事、平成二十九年四月三十日から五月三日までのことでございますが、法務事務次官であった当時でございますが、シンガポール共和国出張に行っております。それは、国際仲裁に関してシンガポール政府要人意見交換などを行ったものでございます。ただ、そのとき、その海外出張における訪問先には、カジノ施設、これは含まれておりません。

山内由光

2020-05-28 第201回国会 衆議院 憲法審査会 第1号

さらに、今問題となっている黒川弘務東京高検検事定年延長をめぐる問題は、内閣が検察の人事まで左右しようとするものであり、三権分立を脅かす重大な事態です。  これに対し、多くの国民が反応しました。ツイッターでは、検察庁法改正案に抗議しますというハッシュタグが一日で六百万件を超え、安倍政権のたくらみを押しとどめたのです。  

赤嶺政賢

2020-05-27 第201回国会 参議院 本会議 第19号

しかし、閣議決定でいとも簡単に法律解釈を変更して、余人をもって代え難いと黒川東京高検検事定年を違法に延長し、それを正当化するために検察庁法改正案を強行採決しようとしていたにもかかわらず、まさかのマージャン賭博黒川氏が辞任するや否や、法改正そのものが間違いかもと恥ずかしげもなく言い出す安倍政権法解釈を信用することなど到底できません。

森ゆうこ

2020-05-27 第201回国会 参議院 本会議 第19号

冒頭黒川弘務東京高検検事の辞任問題について述べます。  安倍内閣法解釈をねじ曲げ定年延長閣議決定をした、その黒川検事長賭けマージャンで辞任するというてん末に、多くの国民はあきれ果てています。安倍内閣責任は重大です。憲法と検察庁法の精神に背いた違法な閣議決定、それを後付けしようとする検察庁法案特例規定はいずれも撤回すべきです。  

岩渕友

2020-05-27 第201回国会 参議院 本会議 第19号

まず、黒川東京高検検事勤務延長検察庁法改正案等に関する私の責任についてお尋ねがありました。  検察官勤務延長についての解釈変更は、関係省庁との協議等の適正なプロセスを経たものです。その上で、黒川氏の勤務延長は、検察庁業務遂行上の必要性に基づき、検察庁を所管する法務大臣から閣議請議を行って閣議決定され、引き続き勤務させることとしたものであり、問題はなかったと考えています。  

森まさこ

2020-05-27 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

ども立国社共同会派は、検察庁法改正には立法事実がなく、唯一の立法事実も、これも問題があると思いますが、黒川弘務東京高検検事が辞任をされて、なくなってしまいました。  そこで、改めてお伺いしますが、検察庁法に関しては立法事実なしとして法案を取り下げる予定がございますでしょうか。官房長官にお伺いします。

吉田統彦

2020-05-27 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

ただ、この勤務延長につきましては、今委員からも御指摘ありました、委員の資料にもありますけれども、当時、東京高検管内において遂行している重大かつ複雑困難な事件捜査公判に対応するためには、黒川氏の検察官としての豊富な経験知識などに基づく管内部下職員に対する指揮監督が必要不可欠であり、当分の間、引き続き東京高検検事職務遂行させる必要があるものとして、法務大臣から閣議請議があり、閣議決定されたものであり

菅義偉

2020-05-27 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

菅国務大臣 たびたび同じような回答になるのでありますけれども、この黒川氏の勤務延長については、東京高検管内において遂行している重大かつ複雑困難な事件捜査公判に対応するためには、黒川氏の検察官としての豊富な経験知識などに基づく管内部下職員に対する指揮監督が必要不可欠であり、当面の間、引き続き東京高検検事職務遂行させる必要があるものとして、法務大臣から閣議請義があり、閣議決定されたものであり

菅義偉

2020-05-26 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第15号

それで、私は、前回の冒頭に申しました黒川弘務東京高検検事の関連の話でございますけれども、このことを当時、この検察庁の幹部の定年延長という問題、これは本当におかしいと、後付け法律を出してきたような状況ではないかということを申したところでございますけれども、この後、御案内のとおり、報道されておりますように、いわゆるマージャンをやっていたというようなことでございます。

野田国義

2020-05-26 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第14号

今日、大変貴重な機会で、大事な年金法案の議論、総理としっかりとやり取りをさせていただきたいと思って準備をしておりましたが、しかしながら、ちょっと重大な問題が発生をし、黒川東京高検検事賭けマージャン、そして訓告処分問題について、先週金曜日の衆議院厚生労働委員会での安倍総理答弁虚偽答弁ではないのか、若しくは重大なごまかしの答弁ではないかという国民的な疑念が湧いております。

石橋通宏

2020-05-26 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第14号

内閣総理大臣安倍晋三君) 黒川東京高検検事辞職をされたのでございまして、その後任については既に、その後任につきましては林名古屋高検検事長がこの後、後任としてその職に、職に就くということが決定をしておりますので、そうした意味におきましては、この黒川氏が退任後もしっかりとその職責を果たしていただけるものと考えているところでございます。

安倍晋三

2020-05-26 第201回国会 衆議院 法務委員会 第11号

森国務大臣 あくまで一般論ですが、一般論として申し上げれば、東京高検検事役職にあった者が、休業等による除算がなされることなく、例えば勤続期間三十七年のモデルケースで、自己都合により退職した場合と定年により退職した場合を比較いたしますと、自己都合退職した退職手当額は、定年退職した退職手当額よりも約八百万円程度低くなります。

森まさこ

2020-05-26 第201回国会 参議院 法務委員会 第8号

黒川弘務東京高検検事に代わって、後任として林眞琴名古屋高検検事長が決まりました。  法相にお尋ねします。  これまで何度も何度も黒川さんしかいないんだと、野党の言葉で言えば余人をもって代え難いと言われていた黒川東京高検検事ですけれども、すぐ後任いるじゃないですか。黒川さんだけじゃなくて、ほかに立派な人がいた。そのこれまでの答弁と矛盾する、合理的な理由をまずお話しください。

有田芳生

2020-05-22 第201回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第3号

最後に一点、重大な障害、これが発生しているのかどうかですが、森大臣は、東京高検検事空席になっているので、その業務遂行に重大な支障が生じており、後任を速やかに決定したいと答弁しました。後任が就任すれば重大な障害はおさまるんでしょうか。もし、だとすれば、黒川さんでなくてもよかったということじゃないですか、大臣

後藤祐一