運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
1290件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 18号

○国務大臣(岩屋毅君) 中国の軍事力の強化については、あるいは中国による東シナ海での活動あるいは南シナ海での活動については、これは我が国のみならず国際社会にとっても重大な懸念であるというふうに大綱には書かせていただいていると思います。  

岩屋毅

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

今後、このような中国海空軍の東シナ海や西太平洋における活動が一層拡大、活発化することが考えられます。このような観点から、我が国の防空体制の早急な強化が必要と考えています。  一般的に、戦闘機の運用には長い滑走路が必要ですが、このような戦闘機を運用できる飛行場の数は、我が国ではそれほど多くありません。特に島嶼部においてはかなり限定的であります。

岩崎茂

2019-06-11 第198回国会 参議院 農林水産委員会 15号

○政府参考人(長谷成人君) スルメイカの資源は、産卵場である東シナ海の水温等、海洋環境の変化に加えまして、外国漁船の影響もあって、平成三十年の我が国のスルメイカ漁獲量は三万七千トンと、不漁であった平成二十九年の漁獲量に比べても約七割という状況でございます。  

長谷成人

2019-06-07 第198回国会 参議院 本会議 24号

中国による太平洋、東シナ海への進出の動きが強まっています。特にインド太平洋地域において、自由で開かれた海洋秩序を維持強化し、望ましい安全保障環境を創出することが求められています。  我が国は、米国とともに、インド太平洋地域の平和と安定のために、周辺各国に対し、様々な場を通じ、安全保障や経済連携に関する対話を進めてまいりました。

三宅伸吾

2019-06-07 第198回国会 参議院 本会議 24号

また、北朝鮮の核・ミサイル開発、中国の透明性を欠いた軍事力の強化、東シナ海や南シナ海における力を背景とした一方的な現状変更の試み、大量破壊兵器等の拡散や国際テロの深刻化、サイバー空間や宇宙空間などの新たな領域における課題の顕在化など、グローバルな安全保障上の課題が広範かつ多様化していることなどを踏まえれば、我が国を取り巻く安全保障環境は戦後最も厳しいと言っても過言ではなく、格段に速いスピードで厳しさと

安倍晋三

2019-06-06 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 9号

一昨年、北朝鮮が弾道ミサイルを立て続けに発射し、米朝間で一触即発の緊張が高まる中で、警戒中の米イージス艦を海自の護衛艦が防護することを想定した場合、二〇一三年の一月に発生した東シナ海における中国海軍レーダーの照射事件のような事態が起こるのではないかということを想像しています。

篠原豪

2019-06-06 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 9号

したがって、東シナ海や南シナ海で米艦等の防護を行う場合には、敵基地攻撃が可能な長射程の巡航ミサイルを装備し、相手が対艦ミサイルを発射する前にミサイル発射母体を撃破又は無力化するアウトレンジ戦術をとることになりますけれども、政府は、こうした行為が専守防衛と相入れるかどうかということについてどう考えているのかということを伺います。

篠原豪

2019-06-06 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 9号

特に、中国の軍事拡大、東シナ海、南シナ海、太平洋、インド洋での活動が活発になってまいりまして、抑止力を構えるためにはスピードが大切だと思いますけれども、果たして今のペースで間に合うかどうか。この点についてはいかがですか。

中谷元

2019-05-20 第198回国会 参議院 決算委員会 7号

○松下新平君 東シナ海における中国による力を背景とした一方的な現状変更の試みは断じて認められず、引き続き、冷静かつ毅然と対応するとともに、東シナ海を平和、協力、友好の海とすべく意思疎通を強化していただきたいと思います。  それでは、この度のWTO上級委員会報告について質問をいたしたいと思います。  資料をお配りしておりますので、御覧いただきたいと思います。三枚つづりになっています。  

松下新平

2019-05-20 第198回国会 参議院 決算委員会 7号

○国務大臣(岩屋毅君) 今ほど事務方から中国の動向については説明をさせていただきましたが、非常に高い水準で国防費を増加させつつ、この東シナ海を始めとする海空域において非常に活動を活発化させていると。こういう動向は、国防政策や軍事力の不透明性ということとも相まって、我が国を含む地域、国際社会の安全保障上の懸念になっているということは事実だと思います。  

岩屋毅

2019-05-20 第198回国会 参議院 決算委員会 7号

実は、本日も中国の海警局の公船四隻が尖閣諸島の領海に侵入するなど、御指摘のとおり、日中両国間の間には東シナ海の問題を始め難しい問題も存在しております。現在の関係改善の中でも、こうした問題は避けて通ることがやっぱりできません。むしろ、日中関係全体の雰囲気が改善し、対話や交流の機会が増える今だからこそ、こうした問題についても中国に改善を求めていきたいというふうに思います。  

佐藤正久

2019-05-16 第198回国会 衆議院 本会議 24号

政府としては、北朝鮮の核・ミサイル開発のみならず、中国の透明性を欠いた軍事力の強化、東シナ海や南シナ海における力を背景とした一方的な現状変更の試み、大量破壊兵器の拡散や国際テロの深刻化、サイバー空間や宇宙空間などの新たな領域における課題の顕在化など、グローバルな安全保障上の課題が広範かつ多様化していることなどを踏まえ、我が国を取り巻く安全保障環境は戦後最も厳しいと言っても過言ではなく、新たな大綱においては

安倍晋三

2019-05-15 第198回国会 衆議院 内閣委員会 16号

国民から見れば、東シナ海の油田開発は一方的に中国のやりたい放題、そういうふうに国民は見ていますよ。日本の国益が大きく阻害されているというふうに思っております。  そしてまた、東シナ海を始めとする日本近海における、日本の同意なしですね、排他的経済水域ですか、そこにもどんどんどんどんと海洋調査、中国がやっておりますね。これについてどう認識されておりますか。

神谷昇

2019-05-15 第198回国会 衆議院 内閣委員会 16号

私は、東シナ海での中国の油田開発、そしてまた、日本近海におけるメタンハイドレートにつきまして質問を申し上げたいと思います。よろしくお願いいたします。  まず、東シナ海での中国の油田開発の歴史でございますけれども、この歴史は一九九〇年代から始まったと言われておりますけれども、まずこの経過についてお尋ねをしたいと思います。

神谷昇

2019-05-15 第198回国会 衆議院 内閣委員会 16号

二〇〇八年六月合意は、東シナ海を平和、協力、友好の海とするとの首脳間の共通認識を実現するための協力の第一歩として、東シナ海の境界画定が実現するまでの過渡的期間において、双方の法的立場を損なわないことを前提に、東シナ海の北部において共同開発を行うこと、白樺の現有の油ガス田の開発に日本法人が参加することを主な内容として、二〇〇八年六月に日中の間で合意されたものでございます。

田村政美

2019-04-25 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 11号

また、カナダは、北朝鮮の問題で、東シナ海での瀬取り対策にも積極的に参加をしてきてくれております。  そういうこともあって、今週末ですか、二十七、二十八、総理がカナダを訪問し、首脳間で、自由で開かれたインド太平洋というビジョンの下、この二国間関係を更にカナダとの間で強化をするということを確認をしていきたいというふうに思っているところでございます。  

河野太郎

2019-04-02 第198回国会 衆議院 環境委員会 4号

原田大臣は、最近まで党において東シナ海資源開発に関する委員会の委員長をお務めでした。私はその下で事務局長を仰せつかっておりました。特にこの地域の課題について、原田大臣、問題意識をお持ちだと承知しておりますが、この点について、何で優先しないのか、その点の判断の妥当性を伺いたいと思います。

務台俊介

2019-03-28 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 5号

特に、朝鮮半島情勢、中国の東シナ海、南シナ海での海空域においての独自の主張に基づく一方的な現状変更の試み、そして、ロシアによる北方領土や千島列島における軍備強化など、利害が対立する周辺諸国に囲まれている状況にあるということで、厳しい安全保障環境であるということでございます。  改めて、現在の状況を防衛省として確認したいと思いますけれども、どうでしょうか。

大西宏幸

2019-03-12 第198回国会 参議院 予算委員会公聴会 1号

中国の場合、それをとりわけ我々に関係する東シナ海、南シナ海の支配拡大という方に振り向けてきたと。二〇〇八年が転機だったと思います。それまではトウ小平さんの遺言である韜光養晦、まだ実力も不十分なのに爪や牙を出して人を脅かすような品のないことはするなと、謙虚に自分の力を蓄えなさいという教えでやってきたんですね。  

五百旗頭真

2019-03-12 第198回国会 参議院 予算委員会公聴会 1号

もし、ある具体的な、例えば東シナ海での中間線の共同開発というのはもう今では現実的でなくなりましたけど、中国は非常にそれを嫌がるようになりましたので。ですけれども、そういう具体的合意を基に、この二つの国は争うのではなくて協力するんだという形をつくるのが外交上のアンタントという、その協商というやり方なんですね。

五百旗頭真

2019-03-12 第198回国会 参議院 予算委員会公聴会 1号

他方で、南シナ海で起こったことを東シナ海で起こらせてはいけないというのが我々日本に課せられた使命だというふうに強く思っております。  前泊先生からあった外交の話も含めてなんですけれども、南シナ海で起こったことを東シナ海で起こらせないために我が国が優先順位としてやるべきこと、五百旗頭先生、教えていただけますでしょうか。

大野元裕

2019-03-08 第198回国会 衆議院 外務委員会 2号

これはちょっと報告書の話ですけれども、その後、平成二十九年、一昨年の八月十七日、これは小野寺防衛大臣が御出席されている日米安全保障協議委員会、日米2プラス2で、地域戦略環境において、当時の四閣僚は、尖閣諸島に日米安保第五条が適用されること及び同諸島に対する日本の施政を損なおうとするいかなる一方的な行動にも反対することを改めて確認するとともに、東シナ海の平和と安定のため、日米が引き続き協力していくことで

杉本和巳

2019-03-08 第198回国会 衆議院 外務委員会 2号

特にこのことについては、もちろん東シナ海の問題もとても大事です。私は、安倍首相が言うように、日中関係は完全に正常な軌道に戻ったとは思っていません。なぜかといったら、尖閣の状況は全く変わっていませんからね、全く変わっていないから。

玄葉光一郎

2019-03-08 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 3号

それから、中国については、過去三十年間で五十倍近い軍事費の伸び、先般、全人代があったようですけれども、今度も七・五%ぐらい伸ばしてくるということで、非常に質的にも量的にも急速にまだ軍備拡張が進んでおりますし、東シナ海、南シナ海でも活発な活動を続けております。  そういった状況全般を指して、非常に安全保障環境が厳しさと不確実性を増してきているというふうに申し上げているところでございます。

岩屋毅

2019-03-07 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 2号

他方、東シナ海における一方的な現状変更の試みは断じて認められません。引き続き冷静にかつ毅然と対応してまいります。  また、南シナ海をめぐる問題についても、国際法に基づく紛争の平和的解決の重要性を強調します。  

河野太郎

2019-03-06 第198回国会 衆議院 外務委員会 1号

他方、東シナ海における一方的な現状変更の試みは断じて認められません。引き続き冷静に、かつ毅然と対応してまいります。また、南シナ海をめぐる問題についても、国際法に基づく紛争の平和的解決の重要性を強調します。  

河野太郎

2019-03-05 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 1号

東シナ海及び南シナ海で継続する一方的な現状変更の試みは、国際社会共通の懸念事項です。全ての当事国が、地域の緊張を高めるような行動を自制し、国際法に基づき、紛争の平和的解決を追求すべきです。  法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序は死活的に重要です。

河野太郎

2019-03-04 第198回国会 参議院 予算委員会 3号

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 我が国を取り巻く安全保障環境についてでありますが、北朝鮮の核・ミサイル開発、そして中国の透明性を欠いた軍事力の強化、東シナ海や南シナ海における力を背景とした一方的な現状変更の試み、大量破壊兵器等の拡散や深刻化するテロの脅威、またサイバー空間や宇宙空間などの新たな領域における課題の顕在化など、様々な要素により厳しさと不確実性を増していると認識をしております。  

安倍晋三

2019-03-04 第198回国会 参議院 予算委員会 3号

平成二十五年一月三十日水曜日午前十時頃、東シナ海において、中国海軍ジャンウェイⅡ級フリゲート一隻から、海上自衛隊第七護衛隊「ゆうだち」、これは佐世保の船でございますが、が火器管制レーダーを照射されました。  

齋藤雅一

2019-02-27 第198回国会 衆議院 予算委員会第三分科会 1号

一方で、「自由で開かれたインド太平洋」という言葉であったり、東シナ海、もちろん大事ではありますけれども、インド太平洋については、言葉とすれば、これは昨年、「法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序は、国際社会の安定と繁栄の礎です。」、全くそのとおりだと思います。「特に、アジア太平洋からインド洋を経て中東、アフリカに至るインド太平洋地域は、世界人口の半数以上を擁する世界の活力の中核です。」

近藤和也