運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
16件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1

2015-05-14 第189回国会 参議院 経済産業委員会 10号

少し細かいんですけれども、商工中金仙台支店七億円、四億円、東北銀行三億円、仙南信用金庫一億円、宮城第一一億円、ほかにもいろいろな案件があると考えますけれども、こういった商工中金の特性を生かしたユニークな事例だと思うのでありますけれども、その他、誇るべき事例があったら是非お聞かせをいただきたい。  

中野正志

2012-07-26 第180回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 8号

政府では、早い時期に、住宅金融支援機構からの借り入れの場合は、残債が残っていても抵当権の滅失には応じるんだ、解消には応じるんだ、外してもいいというような御回答がありましたけれども、ほとんどの人は民間の金融機関、仙台ですと七十七銀行とか仙台銀行とか労金さんとかさんとか、そういった一般の金融機関から借り入れていらっしゃる方が非常に多いわけであります。  

秋葉賢也

2011-07-14 第177回国会 衆議院 総務委員会 23号

そして、何よりも問題なのは、大仙台ではありますけれども、二千名を超えるような施設がないんですね。最高、多いところでも千名台ということでございます。NHKの渋谷のホールは三千六百入ります。それから、大阪のホールも千五百。大阪と東京にだけあるような状態なんですね。

秋葉賢也

2003-06-23 第156回国会 衆議院 予算委員会 25号

そして、いろいろな調査をしてみますと、真夏の東京の暑い、市街地は三十度以上のときでも、明治神宮は二十五度だ。同じ東京でも、緑のあるところと緑のないところでは、これだけ温度が違う。  こういうことを考えると、緑は大変重要だ。

小泉純一郎

2003-06-23 第156回国会 衆議院 予算委員会 25号

例えて言えば、政府関係だけの支出ではなくて、仙台はと言われますが、四車線を仙台市独自の考え方で、一車線は全部緑、車線を減らして緑を植えよう、百万本計画ですか、仙台はそういう計画をされている。あるいは、地域によっては河川も、河川の蛇行も生かしていこう、全部真っすぐじゃなくてもいいじゃないか、自然を生かしながら町づくりをしていこうと。  

小泉純一郎

2001-06-22 第151回国会 参議院 農林水産委員会 22号

昔から、と言われます。もりは、きへんに土と書いた杜もありますし、木を三つ並べた森もございますけれども、今言ったように、都市部と山間部が対峙をすることなしに、お互いが協力をし合って供給されるものを有効に、あるいは共存しながら、共生をしながらその対応を図っていくということが必要になってくるのではないかと思います。そういった中で、これから対応すべき項目はどうあるのかということであります。  

中越武義

1998-09-25 第143回国会 衆議院 環境委員会 3号

として仙台に四百年前の行政がまさに生きている、松島を訪れたときのそういう印象でありますけれども、吉野川第十堰、これは江戸時代中期に建造されて現在に至るまで修復されながら使用されているそうした第十堰を、建設省が撤去をして、河口から十二キロ地点に千五十億円で可動堰を新築する計画があるというふうな話であります。

佐藤謙一郎

1998-05-19 第142回国会 参議院 国土・環境委員会 13号

私は、仙台へ初め早いうちに行ってみたときは何というそっけない町になったんだろうと思いましたけれども、最近仙台へ行きましたら相当緑が、街路樹もきれいになりまして、といったのは一時なくなったかと思っておりましたら、きれいな町になってまいりました。

瓦力

1993-02-23 第126回国会 参議院 建設委員会 2号

東京のような変な、またいろんな公害を抱えたものにしたくない、仙台はやはり健全な発展を遂げたいと思いますので、私はそういう軽く国会をどこに移すとかいうようなものではなくて、本当に地方の活性化を図っていく、それにはどうしたらいいかというような点から考える必要があるだろうと思います。  

萩野浩基

1987-01-30 第108回国会 参議院 本会議 3号

郭公や の 山河映え 深く郷土盛岡を愛した岩動君の心情がしのばれるのであります。  また、多忙な長官在任中におきましても、「むつ」問題解決に際し、   漸くに 船出の「むつ」や 朝涼し と詠まれ、つくば万博施設の視察に際しては、   筑波嶺に 夢の科学や 風光る の句を物にしておられます。  

桧垣徳太郎

1984-04-24 第101回国会 参議院 農林水産委員会 13号

○藤原房雄君 うちの議員から、この地域のここは一部保全緑地の指定を受けている、その条例があるのだけれども、これを解除してもらいたいという申請があるという、そんな話がちょっとありまして、あそこが売買されるということは、「」とこう言われて、緑には特に関心を持ち、そしてそれをふやそうということで大変努力している、それも一番いいところ、一番大事なところです。

藤原房雄

1979-05-30 第87回国会 参議院 災害対策特別委員会 5号

とにかく災害に強いと言われました「」でこうした実態は、近代化が進む都市の防災面のもろさを暴露をしたものであり、これらを貴重な教訓と受けとめまして、今後の都市防火、防災対策に万全を期することが緊要であると考えます。  次に、有珠山周辺の泥流対策についてでございます。  

中村啓一

  • 1