運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
4795件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-05-10 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 10号

であれば、これは、予算をやはり予算に立てて、きちっと体系的に腰を据えてある意味やっていかなきゃいけないんじゃないかというふうに思います。  例えば、一の資料の右につけましたけれども、要するに、生産性の推移を見ると、変わっていない、非常に苦しいまま動きがない。そういう状況を何とかしなきゃいけないという中で、この予算立て、この事業の組立てというのはどうなんだろうと思うんです。  

山崎誠

2019-04-23 第198回国会 衆議院 総務委員会 15号

整備費は平成三十年度補正予算におきまして十億円、運営費は平成三十一年度予算におきまして十億円の合計二十億円を計上しております。  一次募集の結果、申請いただいた地方公共団体全てについて交付決定をしており、その総額は、整備費で約二億一千九百万円、運営費で約三億七千七百万円となっております。  

丸山秀治

2019-04-23 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 4号

なお、過去に施行経費が予算に計上されていない法案成立し、当該年度中に施行された際の対応例として三つございます。  一つはハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律でございまして、この際には予備費及び当初予算で対応しております。二つ目がドミニカ移住者に対する特別一時金の支給等に関する法律でございます。この際には補正予算で対応いたしております。

浜谷浩樹

2019-04-09 第198回国会 衆議院 本会議 16号

また、その内容は、全世代型の社会保障への転換に向けた社会保障の充実や防災減災、国土強靱化などであり、予算を着実に実施し、少子高齢化を始めとする諸課題に取り組んでまいりたいと考えております。  次に、総理大臣の自民党大会における発言に対する私の考えについてのお尋ねというのがありました。  

麻生太郎

2019-03-28 第198回国会 参議院 総務委員会 8号

予算を執行するに当たりまして、御審議の過程でいただきました御意見並びに総務大臣意見の御趣旨を十分生かしてまいります。  また、ただいまの附帯決議は、協会運営の根幹を成すものでございますので、十分踏まえて業務執行に万全を期したいと考えております。  本日はありがとうございました。

上田良一

2019-03-27 第198回国会 参議院 本会議 10号

参議院におきましては、三月二日に予算案を受領し、それから六十六時間強の、良識の府、熟議の府らしく、多角的な視点、中長期的な視点から議論を重ねてまいりました。厚労省の毎月勤労統計調査の不適切事案に端を発した政府統計調査についても、集中審議や中央公聴会などを通じ、適切な議論を行ってまいりました。

石井準一

2019-03-27 第198回国会 参議院 本会議 10号

その安倍政権による予算は重大な問題を抱えています。最大の問題は、国民に対して五・七兆円もの負担を押し付ける消費税一〇%への大増税です。  内閣府景気動向指数は三か月連続で悪化し、景気判断が下方修正されました。続く政府月例経済報告でも、政府自身が景気悪化の可能性を認めました。二〇一四年十一月の消費税を八%に増税した直後以来のことです。今回は増税前から下方修正の景気判断をしたことになります。  

辰巳孝太郎

2019-03-27 第198回国会 参議院 本会議 10号

毎月勤労統計の不正調査は、雇用保険等における五百億円規模の支給漏れや予算閣議決定のやり直しなど、未曽有の混乱を引き起こしました。また、数値の修正は十一の経済指標等へ影響することが明らかになったほか、基幹統計においては二十七もの問題が発見されるなど、国民統計に対する信頼は完全に失われております。  

田名部匡代

2019-03-27 第198回国会 参議院 予算委員会 15号

続きまして、予算に賛成する主な理由を申し述べます。  第一の理由は、全世代型の社会保障制度への転換に向け、各種施策を盛り込んでいる点です。  本年十月から、全ての三歳から五歳児、住民税非課税世帯のゼロ歳から二歳児を対象に、幼稚園保育所などの費用を無償化いたします。あわせて、認可保育所などで、預かり保育も広く対象として負担の軽減を図ることとしております。

河野義博

2019-03-22 第198回国会 参議院 予算委員会 12号

運用につきましては、これは予算におきまして、これはこの半分、二分の一で上限一千万円という限度でございますが、これについて、残り、手出しに見える、地方自治体の手出しに見える二分の一のお金につきましては、これは総務省において当該地方自治体財政運営に支障のないよう必要な財政措置が講じられるものと承知しておりますので、十分に御活用いただきたいと考えております。

山下貴司

2019-03-19 第198回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 3号

○白石委員 予算三億円で、補正予算で三億円、合計六億円ということですか。(高橋(孝)政府参考人「百三億と三億」と呼ぶ)百三億と三億。百六億円ということですけれども、これをぜひ全国展開して、地方では大体、これで困っていると思います。  各県でも、二時間以内に駆除されたその肉を運ぶという意味では、各県一つだけでも足りないんですね。

白石洋一

2019-03-19 第198回国会 衆議院 総務委員会 10号

予算を執行するに当たりまして、御審議の過程でいただきました御意見並びに総務大臣意見の御趣旨を十分生かしてまいります。  また、ただいまの附帯決議は、協会運営の根幹をなすものでございますので、十分踏まえて、業務執行に万全を期したいと考えております。  本日は、ありがとうございました。     ―――――――――――――

上田良一

2019-03-12 第198回国会 衆議院 本会議 11号

安倍総理は、防衛予算について、三十年度第二次補正予算で過去最大の約四千億円を計上した上で、三十一年度予算では約五兆円を計上しました。三十一年度の予算ではGDP比一%以下におさまるよう見せかけていますが、実際は、予算の前倒しである三十年度補正と合わせると、一%を大きく上回っています。  

斉木武志

2019-03-12 第198回国会 参議院 総務委員会 3号

なお、このまち・ひと・しごと創生事業費につきましては、平成三十一年度まで毎年度一兆円が計上されているということで、今回の予算の中にも含まれているわけでございますが、この平成三十一年度以降どうするのかということにつきましては、平成三十一年度の地方財政対策に関する総務大臣財務大臣覚書によって、二〇二〇年度以降、つまり再来年度以降については総務大臣財務大臣が協議して定める額というふうにされているところでございます

石川博崇

2019-03-12 第198回国会 参議院 国土交通委員会 2号

青木愛君 防災減災対策、これは必要な公共事業でありますので、だからこそ予算で堂々と議論するべき内容だということを指摘をさせていただきたいと思っています。  平成の時代を迎えましたとき、日本経済はバブルが崩壊をして、長期にわたって景気が低迷しました。その頃、景気対策として補正予算公共事業がどんどん講じられましたが、期待する効果が得られず、いたずらに財政を悪化をさせました。  

青木愛

2019-03-12 第198回国会 参議院 国土交通委員会 2号

事業に盛り込まれた内容は、補正予算ではなく予算に計上して、十分な審議を経て決定すべき内容だと考えます。  平成三十一年度当初予算では、一兆三千四百四十七億円が計上されております。個別事業の一つ一つが適正であるかどうかは別といたしまして、その効果として、消費税率の引上げに対応した新たな対策というものにも含ませております。  

青木愛

2019-03-07 第198回国会 参議院 総務委員会 2号

予算案につきましては、現下の重要課題に的確に対応しつつ、経済再生と財政健全化の両立を実現するという政府方針の下、総務省として、個性と活力ある地域経済と安定的な地方財政運営の確保、ICTのアグレッシブな導入によるソサエティー五・〇の実現、暮らしやすく働きやすい社会の実現、防災減災、復旧復興国民にとって効率的で利便性の高い行政基盤の確立に特に力を入れて取り組むために編成したものであります。  

鈴木淳司

2019-03-06 第198回国会 参議院 予算委員会 5号

(資料提示)  衆議院の審議、また昨日のこの予算委員会の審議において統計の監察委員長の樋口委員長の御説明、なぜ隠蔽行為ではないのか、厚労省職員の皆さんが事実に反する虚偽のことを述べたり虚偽の文書を作成したことは報告書で認めているのに、なぜそれが隠蔽にならないのか。隠蔽ではなくて申述行為というふうに言っております。  

小西洋之

2019-03-06 第198回国会 参議院 予算委員会 5号

そういう人材を育てる上でも、幼児教育の無償化、これ私たちも言っていたので、今回の予算に入っているのはいいことだと思います。  この財源約三千億分を今回は国費で負担をするということになっていますが、初年度だけはそういうことになっているんですが、次年度以降もこの幼児教育無償化について財源を保障する御覚悟があるかどうか、意思をお伺いしたいと思います。

大塚耕平

2019-03-06 第198回国会 参議院 予算委員会 5号

そういった中、今、防災強化機能予算文科省でもしっかりと予算を、まさに今審議をしているこの予算の中でも組んでいただいておりまして、二〇一八年の一次補正で九百八十五億、また二次補正で三百七十二億、そして今の議論している予算でも千六百八億円、これは公立学校施設安全対策防災機能の強化の推進予算の総額でありますけれども、こういった予算が今まさに審議をして、これを成立を期していきたいと思っておりますが

杉久武