運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
4418件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

そういった中で、河野大臣ともお話をさせていただいて、今後は、有事のときに環境省自衛隊というだけではなくて、平時から備えとしてでき得ることがあるのではないかと。そういった中の一つに、今、いざというときの動き方、そういったことを含めたマニュアル化という話も出ています。  また、これ二点目になるかもしれませんが、自衛隊の第一義的な役割は国防ではないかと、そういった御指摘もありました。

小泉進次郎

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

という関係では、韓国との情報交換がなければできませんし、実際、韓国も朝鮮半島有事のときには、まさに安保条約の六条事態において、日本の了解がなければ在日米軍が自分の基地から朝鮮半島の方に動くことができないという状況、また重要影響事態、存立危機事態というものを切れ目なくいろんな情勢が流れるという観点からは、やっぱり広く考えるとGSOMIAというのは日本にとっても極めて重要なこれは協定ですから、ここはしっかり

佐藤正久

2019-11-29 第200回国会 衆議院 財務金融委員会 4号

国際金融市場で、日本の円というのは、安全通貨として、世界的な有事リスクオフの局面では円買いが進む構造が定着しています。どのような要因でこの安全通貨としての円という構造が維持されているのか、今後ともそうした要因は持続可能なのか、将来的に円を信認するための方策、これはやはり財政の問題が大きいと思いますが、こういったことが続かないリスクに備えておくことも大事だと思います。  

宗清皇一

2019-11-21 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 5号

平時であっても有事であっても途切れなく医療を提供する、その医療に、薬には必ず付加価値、情報が必要であるということなので、それも必ず届くということで方法の方を考えていただきたいと思います。  それから、資質向上の部分、もう既に委員の先生方が幾つか御質問されておりますので重複する点もございますけれども、少し御質問させていただきます。  

本田顕子

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 6号

今回、中東のこの自衛隊派遣ですけれども、これは有事、平時の境目の法制なんですよ。有事のときと平時のときはわかっているんです、どうするかというのは。しかし、今回は境目でやるので、今回どのような法解釈をするのかを伺いました。これはやはりしっかりともうちょっと考えていただきたいと思いますし、そのときに、今後も、検討中ですけれども、憲法上の整合性をどうとるのかということが大切になってきます。  

篠原豪

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 4号

佐藤正久君 まさに、隊員が確保できない、これは静かなる有事という表現をする方もおられます。引き続きよろしくお願いします。  それでは続いて、今日の、茂木外務大臣に来ていただいておりますから、香港情勢等について質問いたします。  現在の香港の情勢、私も深い憂慮を持って見ております。過激化するデモ、それに対する過剰な警察の対応、まさに負の連鎖が続いていると言っても過言ではないと思います。

佐藤正久

2019-11-14 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 4号

自衛官は常に有事に対応しなくてはならないため、常時勤務態勢の下にあります。したがって、一般職のいわゆる超過勤務手当、これはございません。したがいまして、俸給月額の約一割を超過勤務手当相当分として上乗せをしているということでございますけれども、勤務時間は原則事務官の七時間四十五分を基準にしているということでございますが、実際の現場の自衛官の超過勤務の実態というのは把握されていますか。

榛葉賀津也

2019-11-07 第200回国会 衆議院 憲法審査会 2号

災害対策基本法を始めとする災害対処法制、武力攻撃事態等対処法、国民保護法を始めとする有事法制、治安上の事態対処のための自衛隊法警察法などです。いずれにしても、危機管理法制はその類型ごとに詳細な規定が必要で、憲法に全て書き込むことは不可能であり、各法律でその類型に応じた要件、手続、効果政府権限制限される権利等を規定していくことになります。  

北側一雄

2019-11-06 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 3号

近年、御指摘のように、さまざまな企業の不祥事が発生していることを踏まえて、経済産業省としましては、日本企業におけるガバナンスの強化を図るために、現場レベルのコンプライアンス意識の向上や法務財務部門及び内部監査部門の独立性の確保、そして有事対応における第三者委員会の活用などについて具体的な対応方針を示した実務指針を、本年六月に策定、公表したところであります。  

梶山弘志

2019-11-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 4号

有事やPKOのときには、やはりこれは命を賭して任務に行っていただいているというこれは現実があるんだと思っています。ですので、労働環境の過酷さというか、自衛隊特有の働く環境の特性というのがあるんだと思います。  しかしながら、平成三十年までのこの間をちょっと見てみたんですが、自衛官候補生の採用にこれは実は常時苦戦してきたというわけではないんです。

篠原豪

2019-10-24 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 2号

その上で伺いますけれども、地上部隊や後方支援部隊、先ほどおっしゃった司令部も含めた機能というのは、有事の際に沖縄に置かれるということなのでしょうか。あるいは、沖縄でなく、作戦を行う、実施する場所、戦闘が行われている場所に直接投入されるんでしょうか。その辺、もしできる範囲でお答えいただければありがたいです。お願いします。

屋良朝博

2019-10-24 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 2号

○屋良委員 アメリカ側からどれほどの有事における対応を求められているのか、あるいは、そういう日ごろから情報交換がなされているかによると思いますけれども、ちなみに、韓国は防衛白書に、有事における米軍の来援規模を詳細に記述しております。陸、海、空、海兵隊の総兵力は六十九万人を想定しているそうです。海軍艦船は百六十隻、航空機二千機ですよ。  

屋良朝博

2019-10-16 第200回国会 参議院 予算委員会 2号

まさに、静かなる有事と言われるこの少子化の状況を何とか克服していかなければなりません。少子化に特効薬はありません。ですから、ありとあらゆる英知を総動員して取り組んでいかなければならないというふうに思います。  私、担当大臣として、当時、少子化克服戦略会議という会議体を立ち上げまして、今後の日本社会にとって必要なことは何かというその議論を重ねて、その提言を基に取組も始めてみました。  

松山政司

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

イージス・アショアの候補地選定に当たっては、何とグーグルアースを理解しないまま使用し、地図の縮尺や山の標高を間違えるという、有事のときにそれで役に立つんかいと多くの国民が突っ込みを入れたくなるような信じられない問題が発生し、さらには、その釈明の場で職員が居眠りをするという大失態。

森ゆうこ

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 18号

報告聞きますと、住民懇談会で地元住民から、十六の町内会が反対で一致をした、このままでは住む人がいなくなる、有事に攻撃対象になる、周辺に多くの学校がある、兵器子供たちのすぐそばに置かれると、様々な声が上がっております。ところが、これだけ声上がっているのに、距離は問題ないと、こうなっているわけですね。  先ほど、電波の影響の話も午前中ありました。

井上哲士

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 18号

また、東アジア有事があった場合にも、九州の後方としての役割、私はとても大事だと思っていますけれども、これ、大臣、見直す気はありませんか。スクラップ・アンド・ビルドはいいんですけれども、この地域が特にと書いているんであれば、九州病院機能については是非見直していただけないでしょうか。

大野元裕

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 10号

ただし、仮に有事という事態が起こる、あるいは存立危機事態といった状況にもし立ち至れば、これは、日米同盟はしっかりと機能、ワークしなければいけないわけでございますから、さまざまなミサイルに、防衛に関する情報交換をし、共同対処するということは起こり得ることだと思っておりますけれども、それが本来の目的ではないというふうに御理解をいただきたいと思います。

岩屋毅

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

るかもしれない、全ての場面でどう対応していくか、しかも、相手は日本よりはるかに大きな軍事力を持った国、周辺国を相手にしようとするわけですから、どうも本当にその辺が、目標としてどこまで行ったら満足するんだろうかということが見えない、そういう何か息苦しさを感じざるを得ないんですが、具体的には、宇宙、サイバー、電子といった新たな領域でのこれはやはり対応が必要なことは私もそのとおりだと思うのですが、平時から有事

柳澤協二

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

宇宙、サイバー、電磁波を含む全ての領域能力を有機的に融合させる領域横断作戦を行うことができ、また、平時から有事までのあらゆる段階において、柔軟かつ戦略的な活動を常時継続的に実施できる、真に実効的な防衛力として、多次元統合防衛力を構築してまいります。  第二に、日米同盟の強化です。  

岩屋毅

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

今回の三〇大綱においては、一、宇宙、サイバー、電磁波等を含む全ての領域における領域横断作戦により我が国の防衛を全うできること、二、平時から有事までのあらゆる段階で柔軟で戦略的活動を常続的に行えること、そして三点目は、日米同盟の抑止力、対処力を強化し、その上で多角的、多層的な安全保障協力体制を推進できること、この三点を柱とする多次元統合防衛力を構築することとしています。  

岩崎茂

2019-06-07 第198回国会 参議院 本会議 24号

その上で、一般論として申し上げれば、我が国としては、宇宙空間の安定的利用を確保するため、宇宙空間の状況を地上及び宇宙空間から常時継続的に監視する体制を構築するとともに、我が国の人工衛星を様々な脅威から回避、防護し、抗堪性を高める取組を進め、同時に、武力攻撃が発生した場合に、相手方の指揮統制、情報通信を妨げる能力の構築を図るなど、平時から有事までのあらゆる段階において宇宙利用の優位を確保するための能力

安倍晋三

2019-06-07 第198回国会 参議院 本会議 24号

具体的には、サイバー防衛隊を始めとするサイバー関連部隊等の拡充、有事において相手方によるサイバー空間の利用を妨げる能力の保有、部内の教育の拡充や部外の優れた知見の活用等によるサイバー人材の確保、育成、関係機関や諸外国との協力の強化など、様々な取組を通じてサイバー防衛能力を抜本的に強化していく考えであります。  次に、島嶼防衛についてお尋ねがありました。  

岩屋毅