運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
353件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-12-02 第203回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

○副大臣横山信一君) 米国のハンフォード地域における民間組織トライデックは、地域方向性議論し、合意形成を図り、企業誘致産業振興を進める役割を果たしており、有識者会議最終取りまとめにおきましても、このような組織や枠組みを本拠点に合わせて検討することが重要であるという旨の指摘がされているところでございます。

横山信一

2020-12-01 第203回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

大臣も所信で、六月に有識者会議最終取りまとめが行われたということで、「年内目途に具体的な内容を決定すべく検討を進めてまいります。」というふうにおっしゃっていました。それで、六月に出ておりましたこの最終取りまとめの中には、「早期拠点開所に向けては、生活環境整備まちづくりを円滑に進める観点から、立地地域を、政府成案にあわせて決めることが重要と考える。

金子恵美

2020-11-30 第203回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第2号

この構想司令塔となる国際教育研究拠点について、本年六月に有識者会議最終取りまとめが行われたところであり、政府として年内目途に具体的な内容を決定すべく検討を進めてまいります。先般、福島特措法改正され、住民帰還に加え、新たな住民移住定住促進等に資する施策が追加されました。地域魅力創意工夫を最大限引き出しながら、新たな活力を呼び込めるよう、積極的な施策を講じてまいります。

平沢勝栄

2020-11-26 第203回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第2号

この構想司令塔となる国際教育研究拠点について、本年六月に有識者会議最終取りまとめが行われたところであり、政府として年内目途に具体的な内容を決定すべく検討を進めてまいります。先般、福島特措法改正され、住民帰還に加え、新たな住民移住定住促進等に資する施策が追加されました。地域魅力創意工夫を最大限引き出しながら、新たな活力を呼び込めるよう、積極的な施策を講じてまいります。

平沢勝栄

2020-06-03 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第7号

○副大臣横山信一君) 国際教育研究拠点につきましては、現在、有識者会議におきまして最終取りまとめに向けて大変熱心に御議論をいただいているところでございます。  有識者会議では、本拠点の所管は、原子力復興縦割りを排した総合的な研究開発など、その性格を踏まえて検討することとし、復興庁が主導して関係省庁連携し、必要な予算人員体制確保等に取り組むことが必要という議論がなされております。

横山信一

2020-05-27 第201回国会 参議院 本会議 第19号

今後、有識者会議においてこの夏を目途最終取りまとめを行い、政府としては、関係省庁等連携し、年内目途成案を得ていくことになりますが、地元期待も大きいことから、本拠点早期実現に向けてしっかりと取り組んでまいります。  以上でございます。(拍手)    〔国務大臣江藤拓君登壇、拍手

田中和徳

2020-05-21 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第6号

今後、有識者会議において、この夏をめど最終取りまとめを行って、政府としては、関係省庁としっかりと連携をし、年内めど成案を得ていくことになるわけでございますが、地元期待も大変大きいことから、本拠点早期実現に向けてしっかりと取り組んでまいりたいと思っております。

田中和徳

2020-04-15 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第4号

今後は、有識者会議においてこの夏を目途最終取りまとめを行う予定でございますが、政府としても、関係自治体意見を伺いつつ、年内目途成案を得ていくことになります。ハンフォードサイトの例も十分参考にしながら、この国際教育研究拠点具体化に向けて引き続き取り組んでまいります。

横山信一

2020-02-26 第201回国会 衆議院 予算委員会 第16号

現在、有識者会議において、国際教育研究拠点の構築について検討を進めており、この夏をめど最終取りまとめを行い、政府としても、関係自治体等意見をしっかりと伺いつつ、年内めど成案を得てまいる所存であります。  これらの取組を着実に進め、今後とも、福島の本格的な復興再生に向けて全力で取り組んでまいりたいと思います。  以上でございます。

田中和徳

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

スケジュールとして、これらの検証のうち、電力や通信、初動対応等を中心とした台風十五号の課題については、来年一月中旬ごろに中間取りまとめを行った上で、避難対策あるいは防災気象情報課題等についての検討を加えまして、来年三月末を目途最終取りまとめを行う予定でございます。  その結果を踏まえて、防災減災対策を見直すなど必要な対策を講じてまいりたいと考えております。

青柳一郎