運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
9710件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

  二、公文書等の管理に関する法律の一部を改正する法律案後藤祐一君外十三名提出、第百九十六回国会衆法第二一号)   三、国家公務員法等の一部を改正する法律案後藤祐一君外七名提出、第百九十六回国会衆法第三〇号)   四、国家公務員労働関係に関する法律案後藤祐一君外七名提出、第百九十六回国会衆法第三一号)   五、公務員庁設置法案後藤祐一君外七名提出、第百九十六回国会衆法第三二号)   六、性暴力被害者

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 内閣委員会 7号

公文書等の管理に関する法律の一部を改正する法律案  第百九十六回国会後藤祐一君外十三名提出、公文書等の管理に関する法律の一部を改正する法律案  第百九十六回国会後藤祐一君外七名提出、国家公務員法等の一部を改正する法律案  第百九十六回国会後藤祐一君外七名提出、国家公務員労働関係に関する法律案  第百九十六回国会後藤祐一君外七名提出、公務員庁設置法案  第百九十六回国会阿部知子君外九名提出、性暴力被害者

松本文明

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

  二、公文書等の管理に関する法律の一部を改正する法律案後藤祐一君外十三名提出、第百九十六回国会衆法第二一号)   三、国家公務員法等の一部を改正する法律案後藤祐一君外七名提出、第百九十六回国会衆法第三〇号)   四、国家公務員労働関係に関する法律案後藤祐一君外七名提出、第百九十六回国会衆法第三一号)   五、公務員庁設置法案後藤祐一君外七名提出、第百九十六回国会衆法第三二号)   六、性暴力被害者

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 内閣委員会 第7号

公文書等の管理に関する法律の一部を改正する法律案  第百九十六回国会後藤祐一君外十三名提出、公文書等の管理に関する法律の一部を改正する法律案  第百九十六回国会後藤祐一君外七名提出、国家公務員法等の一部を改正する法律案  第百九十六回国会後藤祐一君外七名提出、国家公務員労働関係に関する法律案  第百九十六回国会後藤祐一君外七名提出、公務員庁設置法案  第百九十六回国会阿部知子君外九名提出、性暴力被害者

松本文明

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 9号

平成十九年に犯罪対策閣僚会議が取りまとめました企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針におきましては、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人である反社会的勢力、ここの閣僚会議の指針においてはこのように表現されているところでございまして、これをその後変更等したという事実はございません。

小山太士

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 9号

国務大臣森まさこ君) 今申し上げましたとおり、犯罪対策閣僚会議の指針の中に摘示されております反社会的勢力、すなわち暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人が公的な場に入ることは容認できないというふうに先ほども申し上げましたので、この点ははっきりと申し上げさせていただきたいと思います。

森まさこ

2019-12-03 第200回国会 参議院 財政金融委員会 第5号

政府参考人(栗田照久君) 反社について厳格な定義があるというふうには承知しておりませんで、ただ、平成十九年の犯罪対策関係閣僚会議幹事会の申合せの中に、反社勢力の捉え方として、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人である反社会的勢力を捉える際には、暴力団等といった属性要件に注目するとともに、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求といった行為要件にも着目することが重要

栗田照久

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 第9号

平成十九年に犯罪対策閣僚会議が取りまとめました企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針におきましては、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人である反社会的勢力、ここの閣僚会議の指針においてはこのように表現されているところでございまして、これをその後変更等したという事実はございません。

小山太士

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 第9号

国務大臣森まさこ君) 今申し上げましたとおり、犯罪対策閣僚会議の指針の中に摘示されております反社会的勢力、すなわち暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人が公的な場に入ることは容認できないというふうに先ほども申し上げましたので、この点ははっきりと申し上げさせていただきたいと思います。

森まさこ

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 4号

当然、泣き寝入りのこともあれば、避難所においての指摘というのは、ぜひ私の議事録、二年前、二十九年の六月九日ですけれども、やったものを改めて読んでいただければと思いますが、ここでも、しあわせなみだの代表が言っているとおり、不特定多数が避難所に集まるなど、災害時は性暴力被害のリスクが高まる、これは今も変わりないはずです。  

小宮山泰子

2019-11-28 第200回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第4号

当然、泣き寝入りのこともあれば、避難所においての指摘というのは、ぜひ私の議事録、二年前、二十九年の六月九日ですけれども、やったものを改めて読んでいただければと思いますが、ここでも、しあわせなみだの代表が言っているとおり、不特定多数が避難所に集まるなど、災害時は性暴力被害のリスクが高まる、これは今も変わりないはずです。  

小宮山泰子

2019-11-27 第200回国会 衆議院 法務委員会 12号

私は、性暴力をなくすための刑法改正について質問いたします。  ことし四月から、毎月十一日にフラワーデモというものが行われております。十一月は、東京駅前の広場で三百人が参加をいたしまして、私も参加をしてまいりました。これは、デモという名前がついていますけれども、実際には、何か行進したりするわけでもなく、性暴力被害者の方あるいは支援者の方が静かにお話をされる、そういう場でございます。  

藤野保史

2019-11-27 第200回国会 衆議院 法務委員会 12号

フラワーデモについては、性被害を経験した方やそれを支援する方がみずからの経験を語るなどし、その思いを共有するとともに、性犯罪、性暴力を許さないという声を上げる場として、毎月十一日に全国各地で開催されるようになったものと認識しております。  

森まさこ

2019-11-27 第200回国会 衆議院 法務委員会 第12号

私は、性暴力をなくすための刑法改正について質問いたします。  ことし四月から、毎月十一日にフラワーデモというものが行われております。十一月は、東京駅前の広場で三百人が参加をいたしまして、私も参加をしてまいりました。これは、デモという名前がついていますけれども、実際には、何か行進したりするわけでもなく、性暴力被害者の方あるいは支援者の方が静かにお話をされる、そういう場でございます。  

藤野保史

2019-11-27 第200回国会 衆議院 法務委員会 第12号

フラワーデモについては、性被害を経験した方やそれを支援する方がみずからの経験を語るなどし、その思いを共有するとともに、性犯罪、性暴力を許さないという声を上げる場として、毎月十一日に全国各地で開催されるようになったものと認識しております。  

森まさこ

2019-11-26 第200回国会 参議院 法務委員会 7号

例えば、この子供をめぐっても、子供に対する暴力もあれば、貧困もあるし、あるいは売春といったようなものもあるかもしれませんが、このいわゆる広い意味で子供保護という目標の下には、これは法律だけではなかなかそれが実現できないわけで、警察やら福祉やら教育やら保健などとの、まあ有機的に結び付いていかなきゃなりません。  

柴田巧

2019-11-26 第200回国会 参議院 法務委員会 7号

現在、学校ではいじめや不登校暴力行為などが大変大きな課題となってございます。文科省では、学校への過剰な要求への対応を含めて、学校をサポートすべき教育委員会の機能強化が急務となっていると考え、法制的な観点から助言等をいただく弁護士などの活用を促進するスクールロイヤーの配置について、現在関係省庁とも協議しつつ、可能な支援措置について検討を進めているところでございます。  

蝦名喜之

2019-11-26 第200回国会 参議院 法務委員会 7号

また、委員御指摘のとおり、人身取引や女性、児童に対する暴力の撲滅なども分野横断的、複合的な支援を要する課題であると思います。  そこで、法務省では、これらの課題に対処するため、国連アジア極東犯罪防止研修所、通称アジ研において、心理学専門家などの協力も得ながら、アジアアフリカ諸国等を対象とした研修を実施しているところでございます。  

森まさこ

2019-11-26 第200回国会 参議院 文教科学委員会 4号

そして、今学校現場では子供のいじめ、暴力行為などが多くなっていることが、二〇一九年十月公表の文科省調査でも分かります。教員は、そのような問題行動を起こす児童や生徒、そしてまた保護者の対応に要する時間が増えています。それに対応できる専門性を持った職員の増員が必要だという現場の声がありますが、このような時代的な流れに対する文科大臣の考えはいかがでしょうか。

横沢高徳

2019-11-26 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第4号

そして、今学校現場では子供のいじめ、暴力行為などが多くなっていることが、二〇一九年十月公表の文科省調査でも分かります。教員は、そのような問題行動を起こす児童や生徒、そしてまた保護者の対応に要する時間が増えています。それに対応できる専門性を持った職員の増員が必要だという現場の声がありますが、このような時代的な流れに対する文科大臣の考えはいかがでしょうか。

横沢高徳

2019-11-26 第200回国会 参議院 法務委員会 第7号

例えば、この子供をめぐっても、子供に対する暴力もあれば、貧困もあるし、あるいは売春といったようなものもあるかもしれませんが、このいわゆる広い意味で子供保護という目標の下には、これは法律だけではなかなかそれが実現できないわけで、警察やら福祉やら教育やら保健などとの、まあ有機的に結び付いていかなきゃなりません。  

柴田巧

2019-11-26 第200回国会 参議院 法務委員会 第7号

現在、学校ではいじめや不登校暴力行為などが大変大きな課題となってございます。文科省では、学校への過剰な要求への対応を含めて、学校をサポートすべき教育委員会の機能強化が急務となっていると考え、法制的な観点から助言等をいただく弁護士などの活用を促進するスクールロイヤーの配置について、現在関係省庁とも協議しつつ、可能な支援措置について検討を進めているところでございます。  

蝦名喜之

2019-11-26 第200回国会 参議院 法務委員会 第7号

また、委員御指摘のとおり、人身取引や女性、児童に対する暴力の撲滅なども分野横断的、複合的な支援を要する課題であると思います。  そこで、法務省では、これらの課題に対処するため、国連アジア極東犯罪防止研修所、通称アジ研において、心理学専門家などの協力も得ながら、アジアアフリカ諸国等を対象とした研修を実施しているところでございます。  

森まさこ