運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
249件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-06-16 第201回国会 衆議院 安全保障委員会 第5号

しかし、性質的に見れば、今のような中東派遣、それから普天移設のための工事といったものについても、これは、本来的にはしっかりと国会でも議論し、審議を踏まえて予算を出す、こういう手続が本来必要だと私は思います。  そして、それは、緊急性ということと閉会中であるということは、たまたま閉会中ということだと思いますけれども、閉会であることというのは、本来これは理由にしてはならないことだと私は思います。

重徳和彦

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第18号

防衛大綱で言う普天移設すなわち辺野古基地建設工事についてお聞きします。  三月に公表された平成三十一年一月付けの地盤に係る設計・施工の検討結果報告書では、軟弱地盤Avfc層の中に新たなAvf―c2層という土層が発見され、これによりC1護岸の埋立てが可能という結論になっています。しかし、Avf―c2層が本当に実在するのか、極めて疑問です。  

伊波洋一

2019-03-22 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第5号

防衛省の来年度予算では、普天移設事業に七百七億円が計上されています。防衛省は、この辺野古基地建設工事に係る工事費用について、三千五百億円以上としか答えていませんが、沖縄県は二兆六千五百億円と試算しています。工事期間についても、県は、埋立て五年、地盤改良五年、その他三年と、十三年以上掛かる、その間、普天間が固定化され危険性が放置されると厳しく指摘しています。  

伊波洋一

2019-03-12 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 第3号

一方、私ども、抑止力を維持しながら、同時に、普天間飛行場危険性を一刻も早く除去するために普天移設事業を行わさせていただいておりますけれども、これはまさに外交、防衛に関する事務であって、これは国際社会における国家としての存立に関わる事務に該当するものというふうに考えております。  

岩屋毅

2019-02-20 第198回国会 衆議院 予算委員会 第10号

ですから、私も苦しい立場なんですよ、だって、普天移設を決定したときの官邸の端っこにいた当事者の一人ですからね。総理のおっしゃることもわからないわけでもないけれども、しかし、もうあれから二十数年たって、進まないんですよ。  それから、玉城知事は、この前、土砂投入したときに、とにかく、天を見上げて、本当に嘆息をし、どうおっしゃったかというと、本当に胸をかきむしられるような気持ちだと。

江田憲司

2018-11-01 第197回国会 衆議院 予算委員会 第2号

しかし、当時の外務省普天移設問題について鳩山総理にどのような説明をしたのかということについて、きょうは改めて聞かせていただきたいと思います。  先生方のお手元にも資料をお配りしてございますので見ていただきたい、資料を配ってありますから、見ていただきたいと思います。  このパネルの左側文書ですね。左側文書は、私が情報公開法に基づいて開示請求をして、外務省から開示された文書であります。

川内博史

2018-04-19 第196回国会 参議院 外交防衛委員会 第12号

たまたまこれ、私の今日誕生日であるので、この当時の四月十九日、日曜日で覚えているんですけれども、これは何回か原口議員ほかが質問しておりますが、この普天移設問題で六十五海里というアメリカの内規があると、したがって徳之島移転が無理だという総理に対する説明資料ということでございますけれども、ここに出ております上から三行目の船越外務省日米安保条約課長はあなたですね。

藤田幸久

2018-03-23 第196回国会 参議院 外交防衛委員会 第4号

御覧いただきますと分かりますように、一番下の合計のところ、一番左が、これまで、普天移設建設経費、少なくとも三千五百億円以上としていたわけです。その右の方に行きますと、平成三十年度千四十一億円計上されます。それを足しますと四千百三十五億円であります。ということは、既に予算を六百三十五億円と、大幅に超えているわけです。  

藤田幸久

2018-03-23 第196回国会 参議院 外交防衛委員会 第4号

国務大臣河野太郎君) 普天間移設に関する米側立場については、外務省としては、当時の岡田外務大臣に報告しつつ、関係省庁等とともに鳩山当時の総理に適切に報告し、米側と交渉を行った結果、現在の移設案となったものであるが、政府内の検討の経緯について、その逐一を対外的に明らかにすることはこれまでも行ってきておらず、お答えは差し控えたいと思います。

河野太郎

2018-03-13 第196回国会 参議院 予算委員会公聴会 第1号

特にこの基地問題、これ、米軍被害の問題がクローズアップをされて、それを負担を軽減するという形で普天間問題も取り上げられたはずだったんですけれども、いつの間にか、その普天間撤去問題が返還問題に変わり、そして移設問題というふうに、普天移設問題という形で印象操作されてしまって、普天間移設しなければ解決できない問題というふうに言われるようになっています。  

前泊博盛

2017-05-31 第193回国会 衆議院 外務委員会 第16号

普天移設問題に関する米側からの説明ということで、極秘のスタンプがあって、一5部のうち一号、指定期間平成二十七年四月十九日まで、指定事由が五—3、つまり国家の安全に関する極めて重要な情報。この国家の安全に対する極めて重要な情報を、うそを言って総理を惑わしているのではないかという疑惑なんです。  そこで、さらに聞きますけれども、資料二をごらんください。二の中身に入っていきます。  

原口一博

2017-05-31 第193回国会 衆議院 外務委員会 第16号

さて、もう一つ普天移設問題に関するアメリカ側からの説明ということについて、ずっとこの委員会でも、あるいは予算委員会でも追及をしてきました。六十五海里問題ということを言う人もいますが、きょうも資料をお手元に配付させていただいています。  内閣府、それから外務省、これは事務方で結構ですから、総理あるいは外務大臣、そういった人に説明をした文書、これは行政文書ですね。

原口一博

2017-05-10 第193回国会 衆議院 外務委員会 第13号

ちょっと本協定から外れるんですが、これが「普天間移設問題に関する米側からの説明」というもので、鳩山総理レクチャーを受けたというものでありました。  外務大臣、私は、この文書、本当にこの文書はあるんですかと。六十五海里以内にしか移設ができないというものだから、これによって私たちは普天間基地の最低でも県外というのを断念したわけです。ところが、外務省防衛省は、こんな文書はありませんと。

原口一博

2017-05-10 第193回国会 衆議院 外務委員会 第13号

普天間移設についてということで一般的に申し上げるのは困難な面がございますけれども、あえて所掌事務の観点から申し上げますと、アメリカ本国との調整に関する内容であれば、日米防衛協力課長文書管理者に該当することがあると考えております。  具体的に、御指摘の当時の日米防衛協力課長につきましては、芹沢清課長でございました。

岡真臣