運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
82181件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-01-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第1号

内閣総理大臣安倍晋三君) 招待者においては、これは従来から申し上げているところでございますが、昭和七十年以来、内閣総理大臣が、各省庁からの意見等を踏まえ、各界において功績、功労のあった方々などを幅広く招待し、日頃の労苦を慰労するとともに、親しく懇談する内閣の公的行事として開催しているものです。

安倍晋三

2020-01-28 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第1号

ぜひ、東海道新幹線鳥飼車両基地で一九六七年、昭和四十二年の集中豪雨のときに新幹線避難させたという実例もあるという話も伺っておりますので、やはり事前に計画をして、ちゃんと逃がしたり、あるいは車両基地についてはしかるべき対策をとるということが必要かなというふうに思っておりますので、引き続き、鉄道事業者に対しても連携をしながら取組をお願いしたいと思います。  

森田俊和

2020-01-24 第201回国会 参議院 本会議 第3号

桜を見る会については、昭和二十七年以来、内閣総理大臣が、各省庁からの意見等を踏まえ、各界において功績、功労のあった方々などを幅広く招待し、日頃の御労苦を慰労するとともに、親しく懇談する内閣の公的行事として開催しているものです。  同会の招待者については、提出された推薦者につき、最終的に内閣官房及び内閣府において取りまとめを行っているところですが、当該プロセスに私は一切関与しておりません。  

安倍晋三

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

国務大臣萩生田光一君) 受験上の配慮案内において、配慮する事項の例として、良い方の目の矯正視力が〇・一五以下の者と両目による視野について強度視野障害のある者については試験時間を一・三倍に延長するとしていますが、この一・三倍という時間は、試験時間の延長の仕組みを導入した昭和六十三年度試験の際に、視覚障害、聴覚障害、肢体不自由等の専門家で構成する委員会において検討し、決定したものと承知しています。

萩生田光一

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

この〇・一五以下という数値は、試験時間の延長の仕組みを導入した昭和六十三年度の試験の際に、当時の学校教育法施行令における盲学校への就学基準が両目が視力が〇・一未満のものとされていたことを参考にしつつ、視覚障害、聴覚障害、肢体不自由等の専門家で構成する委員会において決定したものだと承知をしております。

萩生田光一

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

国務大臣萩生田光一君) 受験上の配慮案内において、配慮する事項の例として、良い方の目の矯正視力が〇・一五以下の者と両目による視野について強度視野障害のある者については試験時間を一・三倍に延長するとしていますが、この一・三倍という時間は、試験時間の延長の仕組みを導入した昭和六十三年度試験の際に、視覚障害、聴覚障害、肢体不自由等の専門家で構成する委員会において検討し、決定したものと承知しています。

萩生田光一

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

この〇・一五以下という数値は、試験時間の延長の仕組みを導入した昭和六十三年度の試験の際に、当時の学校教育法施行令における盲学校への就学基準が両目が視力が〇・一未満のものとされていたことを参考にしつつ、視覚障害、聴覚障害、肢体不自由等の専門家で構成する委員会において決定したものだと承知をしております。

萩生田光一

2019-12-04 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 6号

昭和二十七年来行われております桜を見る会についてでございますけれども、この会につきましては、各省庁からの意見等を踏まえまして、各界において功績、功労のあった方々などを幅広く招待をしてございまして、招待者につきましては、内閣官房及び内閣府におきまして最終的に取りまとめをさせていただいているところでございます。  

大西証史

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

昭和六十一年、一九八六年、私がちょうど一歳ぐらいだったときなんですけれども、那珂川で、同じところで水害が起きたんですね。同じところでまた三十年前と同じことが繰り返されちゃったのかと。水戸市なんかの周辺の流域六地域組織する那珂川改修期成同盟会というところが、繰り返し堤防を造ってくれというようなことを三十年近く要望してきております。

小沼巧

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

続いて、確認しておきたいことでありますが、いわゆる今私が申し上げました避難行動のための地方公共団体そして住民への周知の徹底というか理解について、この台風十九号、東日本の各地で堤防の決壊が引き起こり、災害発生から避難できずに取り残された住民が多数上ったということは、これはもう聞いておりますことで、昭和五十八年七月豪雨以来、死者数が百人を超えるような豪雨災害は発生していなかったんですね。

室井邦彦

2019-12-04 第200回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

沖縄の振興については、昭和四十七年の本土復帰以来講じられてきた社会資本整備を始めとする様々な施策によって、入域観光客数や就業者数が増加するなど着実に成果を上げてきています。しかし、全国最下位の一人当たり県民所得や、特に若年層の高い失業率等を始めとした課題がなお存在していることも事実です。  一方で、沖縄は、東アジアの中心に位置する地理的特性や、日本一高い出生率といった優位性、潜在力を有しています。

衛藤晟一

2019-12-04 第200回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

沖縄の振興については、昭和四十七年の本土復帰以来講じられてきた社会資本整備を始めとする様々な施策によって、入域観光客数や就業者数が増加するなど着実に成果を上げてきています。しかし、全国最下位の一人当たり県民所得や、特に若年層の高い失業率等を始めとした課題がなお存在していることも事実です。  一方で、沖縄は、東アジアの中心に位置する地理的特性や、日本一高い出生率といった優位性、潜在力を有しています。

衛藤晟一

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

昭和六十一年、一九八六年、私がちょうど一歳ぐらいだったときなんですけれども、那珂川で、同じところで水害が起きたんですね。同じところでまた三十年前と同じことが繰り返されちゃったのかと。水戸市なんかの周辺の流域六地域組織する那珂川改修期成同盟会というところが、繰り返し堤防を造ってくれというようなことを三十年近く要望してきております。

小沼巧

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

続いて、確認しておきたいことでありますが、いわゆる今私が申し上げました避難行動のための地方公共団体そして住民への周知の徹底というか理解について、この台風十九号、東日本の各地で堤防の決壊が引き起こり、災害発生から避難できずに取り残された住民が多数上ったということは、これはもう聞いておりますことで、昭和五十八年七月豪雨以来、死者数が百人を超えるような豪雨災害は発生していなかったんですね。

室井邦彦

2019-12-04 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第6号

昭和二十七年来行われております桜を見る会についてでございますけれども、この会につきましては、各省庁からの意見等を踏まえまして、各界において功績、功労のあった方々などを幅広く招待をしてございまして、招待者につきましては、内閣官房及び内閣府におきまして最終的に取りまとめをさせていただいているところでございます。  

大西証史

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

繊維交渉に始まって、農産物交渉昭和五十三年からもう農産物交渉が始まっておりますが、じゃ、反対している人に私はお尋ねしたい。そのときも批判なり反発があったことは事実でありますけれども、日本の農業はどうなったか。強くはなった、あるいは所得は上がったけれども、逆に、結果的にはプラス成長したことは事実なのであります。

鈴木宗男

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 5号

三大都市圏に関しましては、首都圏、近畿圏及び中部圏の近郊整備地帯等の整備のための国の財政上の特別措置に関する法律第四条及び第五条等に基づきまして、昭和四十一年度から平成十九年度までの各年度におきまして、既成市街地等で進んでいた急激な人口集中に対処し、その受皿を整備するため、関係市町村が近郊整備地帯整備計画等に基づいて行う一定の補助事業又は直轄事業につきまして、その負担額の水準、財政力の状況に応じまして

谷史郎

2019-12-03 第200回国会 参議院 文教科学委員会 6号

その際、現在の給特法が昭和四十六年の制定当初に想定されたとおりには機能していないことや、労働基準法の考え方とのずれがあるとの認識は見直しの基本となる課題であると受け止めており、これらの課題を整理できる見直しをしてまいりますので、むしろ水岡先生には、各般にわたりまたお知恵を賜りたいと思っております。

萩生田光一

2019-12-03 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第5号

かいつまんで言いますと、御案内のとおり、昭和六十二年四月にJRが国鉄から分割・民営化をされたわけでありまして、その中で、北海道JRは、約、当初から五百億から六百億の負債、債務があったわけでありますけれども、いわゆる経営安定基金ということで六千八百二十二億円の基金をいただいて、その運用益で財政負担をするようにというような当初スタートさせていただいたところであります。

岩本剛人

2019-12-03 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第5号

ちょうど今から六十年前、昭和の三大台風と言われました室戸台風、枕崎台風と並んで三大台風の一つと言われている伊勢湾台風、これがちょうど今から六十年前、昭和三十四年に、この濃尾平野地域を含め、日本列島、中部地域を襲ったわけでございます。当時、死者、行方不明者合わせて犠牲者が五千人をも上回る大災害を経験をし、当時被災をされた皆様は今でもその経験を生々しく語られております。  

里見隆治

2019-12-03 第200回国会 参議院 財政金融委員会 第5号

日本でも、これはたしか占領中だったと思いますが、昭和二十五、六年ぐらいにこの富裕税を一回導入していると記憶していますけれども、その段階で入れて、後でやめているんだと、独立した後、たしかこれやめたんだと記憶をしますので、そういった意味ではなかなか難しいのかなと思っておりますけど。  

麻生太郎

2019-12-03 第200回国会 参議院 財政金融委員会 第5号

がよかったんじゃないか等々のいろいろな御意見がありますけれども、我々は、やっぱりこの国の大前提として、少子高齢化というのは、これは長期的な最大の国難と私はそう思っていますけれども、この状況でいきますと、少なくとも少子高齢化ということになるのが前提で、人口推計というのは政府の当たらない推計の中では最も当たるやつですから、その推計の中でいって、少なくとも人口推計の予想が当たるとするならば、少なくともこの皆保険をつくった昭和三十四年

麻生太郎

2019-12-03 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第5号

三大都市圏に関しましては、首都圏、近畿圏及び中部圏の近郊整備地帯等の整備のための国の財政上の特別措置に関する法律第四条及び第五条等に基づきまして、昭和四十一年度から平成十九年度までの各年度におきまして、既成市街地等で進んでいた急激な人口集中に対処し、その受皿を整備するため、関係市町村が近郊整備地帯整備計画等に基づいて行う一定の補助事業又は直轄事業につきまして、その負担額の水準、財政力の状況に応じまして

谷史郎