運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
120件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-04-19 第204回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第2号

政府は昨年からずっと、安全、安心な環境を確保、内外の感染状況を注視しつつ、専門家会議の知見を踏まえた対策というものをやってこられたはずなのに、残念ながら、現在は新型コロナ新規感染が、やはり、前回の緊急事態宣言検討表明時並みになっている。そして、日本医師会中川会長も、大阪では既に医療崩壊が始まっていると。  

中谷一馬

2021-04-06 第204回国会 衆議院 総務委員会 第12号

大都市圏では、関西で感染が再拡大し、東京でも新規感染増加が続いております。また、それ以外の地域でも、宮城山形沖縄感染者が急増している状況でございます。  昨日から、宮城県、大阪府、兵庫県で蔓延防止等重点措置が始まったのは御案内のとおりで、一部の県においては、時短要請に踏み切った地域もございます。  

赤澤亮正

2021-04-06 第204回国会 参議院 内閣委員会 第9号

全国でも、蔓延が強まっている、直近一週間の新規感染前週を上回る都道府県も四十三にも上っております。この発出はやっぱり遅かったんではないでしょうか。  同委員会飯泉全国知事会会長から、緊急事態宣言からの効果的なフェードアウト、まん延防止等重点措置を効果的に打つ必要との発言があります。

木戸口英司

2021-04-06 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第6号

東徹君 一方、二回目の緊急事態宣言の対象となっていなかった宮城県でありますが、宮城県は一週間の新規感染などの指標でステージ4になるなど、急速に感染がこれ拡大しているわけであります。仙台市では、E484Kという変異株、これが二月以降の感染確認された検体の八〇%から検出されているということであります。  

東徹

2021-04-05 第204回国会 参議院 決算委員会 第1号

内閣総理大臣菅義偉君) まず、全国でありますけれども、新規感染は三月上旬以降、増加が継続しております。  特に大阪兵庫感染の再拡大が起こっており、そして宮城山形沖縄でも若年から中年層中心感染拡大が見られています。ただ、現時点で、全国で大きなうねりとまでは行っていないと思っています。ただ、政府としては強い警戒感を持って対応することが必要だと考えています。  

菅義偉

2021-04-05 第204回国会 参議院 決算委員会 第1号

この新規感染増加に転ずると、そして第四波に既に入っているという専門家指摘もあります。各地で飲食店等に対する時短営業がこれ要請をされております。緊急事態宣言指定地域、そして新たに適用されたまん延防止等重点措置地域については、一定の新たな支援策ということも盛り込まれたと承知しております。しかし、その他の地域のところで見ますと、これ一日二万円、最大でも四万円ということになるんですね。

倉林明子

2021-04-05 第204回国会 参議院 決算委員会 第1号

内閣総理大臣菅義偉君) まず、全国新規感染は三月上旬以降増加が継続しております。特に大阪兵庫では感染の再拡大が起こっており、一都三県では、新規感染微増ですけれども、人流が急増しており、今後感染の再拡大懸念もあります。その他において、宮城山形沖縄でも若年から中年層中心感染拡大が見られます。

菅義偉

2021-04-02 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

直近、三月二十二日から三月二十八日の期間で、変異株PCR検査実施件数は三千七百六件、この間の新規感染が一万一千九百五十四名の方ということでございますので、あくまで速報値でありましたり、また、過去の献体が含まれている可能性もあるので精緻な数字ということではございませんけれども、おおむねの目安数字といたしましては、この実施件数新規感染を比べますと、実施率としては約三〇%に今現在達しているという

宮崎敦文

2021-04-01 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第21号

コロナ感染状況は、宮城県、大阪府、兵庫県にとどまらず、全国新規感染は、三月上旬以降、増加が続いております。検査体制拡大が重要であります。  高齢者施設医療機関障害福祉施設などへの頻回、定期的な社会的検査実施モニタリング検査数引上げ変異株検査の大幅な引上げが必要ではないか。モニタリング検査数は、平均で千件程度という状況でありますので、どう増やしていくのか。

塩川鉄也

2021-03-26 第204回国会 参議院 予算委員会 第17号

しかしながら、新規感染増加し、また変異株への不安もあります。宣言解除後の対応について五つの対策が決定されました。これをしっかりと進めていくことが国民の安全、安心につながると思います。  幾つか伺いたいと思います。  まず、変異株についてでございます。変異株感染力が高い、強いとも言われておりますし、重篤化する懸念もあります。

山田修路

2021-03-26 第204回国会 参議院 本会議 第11号

しかし、今、新規感染を見れば増加している地域もあります。変異ウイルス感染数も増えつつあります。気を緩めることなく、リバウンドを何としても回避していく必要があります。  一方、昨年春とは違い、感染を抑制するための方策は分かってきています。経済対策についても、影響を大きく受けているところとそうではないところが明確になっています。  

青木一彦

2021-03-23 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第2号

テレワークに関する内閣府の調査によれば、東京二十三区の実施率は、一昨年の十二月で一七・八%、昨年の五月で四八・四%、そして昨年の十二月で四二・八%となっており、新型コロナを契機に一挙に進んだわけでありますが、昨年の五月から十二月にかけて感染者新規感染が減ってきたということとともに、やはり緊急事態宣言解除後ということもあって、若干減っている状況であります。  

進藤金日子

2021-03-23 第204回国会 参議院 財政金融委員会 第5号

アメリカといいますと、一日当たり新規感染が数万人というレベルで、日本の約千人と比べて段違いのレベルになります。このように、アメリカは、日本よりはるかに感染者数死者数が多くても、収束宣言目標設定をしたわけです。となると、日本アメリカ目標とする七月四日より前に収束宣言目標を設定することは不可能ではないのではと思うわけです。  

浜田聡

2021-03-23 第204回国会 参議院 財政金融委員会 第5号

その要因でございますけれども、一つは新規感染自体が減少していること。で、御指摘のように、母数で調整をすればその数が変わるんじゃないかという御指摘をいただいておりますけれども、併せて陽性率についてもチェックをしております。この陽性率についても、一貫して一月のピーク以降減少してきているということでございます。  

こやり隆史

2021-03-19 第204回国会 参議院 予算委員会 第14号

総理、一月七日ぐらいの時点からお比べになって八割の減少新規感染とおっしゃるけれども、いや、それはもう三週間前ぐらいに達成していたのではないでしょうか。問題は、この三週間のトレンドが完全にリバウンド兆候を示してきたということであれば、総理病床関係、もう重々総理、もうこの一年の経験で御存じなはずですね。

石橋通宏

2021-03-18 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第18号

この結果、全国新規感染は大きく減少し、医療提供体制負担も軽減をさせることができました。  本日、基本的対処方針等諮問委員会開催し、感染状況医療提供体制等を総合的に勘案した上で、緊急事態措置を終了することについて御了解をいただいたところであります。詳細は担当大臣から説明させますが、本日、政府対策本部開催し、決定したいと考えております。  

菅義偉

2021-03-18 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第18号

しかし、全国新規感染は、三月上旬以降、横ばいから微増が続き、東京都では、今日も三百二十三人、七日間平均で前の週よりも増えるなど、増加の動きが見られます。  リバウンド感染拡大の危惧があります。新規感染者が増えれば、入院患者重症者の方が増えます。今後、病床使用率が再増加するのではありませんか。

塩川鉄也

2021-03-18 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第18号

飲食中心としためり張りの対策を講じた結果として、一都三県の新規感染は、一月七日の宣言時の四千二百七十七人から、昨日は七百二十五人まで、八割以上現実的に減少していることも事実です。  また、東京では、解除目安である新規感染五百人、病床使用率五〇%を下回っており、昨日の時点では、それぞれ、四百九人、病床使用率は二五%になっています。

菅義偉

2021-03-18 第204回国会 参議院 議院運営委員会 第13号

この結果、全国新規感染は大きく減少し、医療提供体制負担も軽減させることができました。  本日、基本的対処方針等諮問委員会開催をし、感染状況医療提供体制等を総合的に勘案した上で、緊急事態措置を終了することについて御了解をいただいたところであります。詳細は担当大臣から説明させますが、本日、政府対策本部開催をし、決定したいと考えております。  

菅義偉

2021-03-18 第204回国会 参議院 議院運営委員会 第13号

新規感染が八割減だということで、この点での大幅な改善はあったということなんだけれども、一部やっぱりリバウンド兆候ということも見られますし、変異株増加傾向については大きな懸念があるところです。それでもやっぱり解除するということになった理由、そして、どうすればこれ新規感染減らすことができるというふうにお考えなのか、御説明を。

倉林明子

2021-03-16 第204回国会 参議院 内閣委員会 第4号

しかし、東京都など新規感染がまた増え始めており、感染の波が繰り返されるのではないかと危機感を持たざるを得ません。どうやって感染者数減少させていくのか、これ、政府として何をやるのかということを明確に打ち出すべきだと考えます。  この一年で明らかになったのは、検査医療行動規制に伴う補償、これを、中途半端ではなくて、予算も政策も集中させて行っていくしかないということだと思うんですね。  

田村智子