運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
7309件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1958-02-14 第28回国会 衆議院 建設委員会 4号

その答申によりますと、東海道の本線の輸送力は、他の交通機関への転換を極力はかりましても、昭和三十六、七年ごろには、ほほ全線にわたって行き詰まるものと推定される、輸送力の限界と建設に要する期間を考慮いたしますと、東海道新幹線建設はどうしても必要であり、緊急を要する問題である、こういう結論を得たのでございます。

木村俊夫

1958-02-14 第28回国会 衆議院 建設委員会 4号

○木村政府委員 運輸省推定によりますと、大体最小に見積りましても、昭和五十年度におきましては、現在に比較しまして、旅客において約二倍、貨物において約二倍から三倍以上に達して、自後さらに増加する、こういう輸送量の推定をいたしておりますので、たといこの東海道新幹線を作りましても、仰せの通り縦貫自動車道は必ず必要になる時代がくる、こういう考えで検討を進めております。

木村俊夫

1957-05-17 第26回国会 衆議院 運輸委員会請願審査小委員会 1号

○細田政府委員 現在の東海道線の用宗-焼津間の日本坂燧道は、実は戦争中に広軌新幹線の計画がございました。そのルートといたしまして掘さくいたしました燧道を、新幹線がほかの点から中止になっておりましたので、新しく掘りました燧道を現在の東海道本線に切りかえておるわけであります。

細田吉藏

1956-03-19 第24回国会 参議院 予算委員会第三分科会 1号

○説明員(石井昭正君) 戦争中に私どもの方でいろいろ買収いたしました土地、これは二つございまして、輸送力の整備のために必要な土地というようなものは、これは今後私どもの方の仕事の進み方等も勘案いたしまして必要なものは残しておきたいと、かように考えておりまするが、たとえば東京、下関間の新幹線用地というようなものもございます。

石井昭正

1954-02-19 第19回国会 参議院 運輸委員会 9号

これは余談になりますが、用地を買つた例といたしまして、戦争中に新幹線を作ろうというので、これは用地を随分買収しております。これは只今これをどういうふうに処分するかということで、農地の開放その他との関連でむしろ問題になつておる所もございます。

細田吉藏

1952-01-30 第13回国会 衆議院 建設委員会 4号

○西村(英)委員 実は新幹線の用地は、東海道線の最も重要な土地、しかも非常に大きい坪数を買収したものが長年にわたつてそのままになつている。それで終戦後この用地を使つて東京神戸間の自動車道路をつくりたいという有志の方々がありまして、それを出願したとかしないとか、そういうような計画があつたことも大臣は御承知だと思うのです。

西村英一

1952-01-30 第13回国会 衆議院 建設委員会 4号

○西村(英)委員 特別会計についてはその二点だけにして、次は道路局予算といたしまして、新しい調査費として東京神戸間高速度自動車路線の調査費が計上されておりますが、東海道線の輸送が込みまして、他の交通機関をもつと整備しなければならぬということは前から言われておつたのでありますが、東海道線につきましては、昭和十七、八年ごろすでに国鉄の新幹線を敷設するということが起りまして、これは計画のみならず相当実施面

西村英一

1952-01-30 第13回国会 衆議院 建設委員会 4号

○西村(英)委員 現在はその程度にしかお話になれぬのかもしれませんが、端的に申しますと、新幹線の弾丸列車の方は一応やめにして、自動車道路で行こう、従いまして自動車道路の調査をするにいたしまして場も、あの狭い東海道線でありますから、その自動車道路のルートは新幹線のルートとは別なルートでやるのか、あるいは新幹線のルートを含んで使えるところをやるのか、どちらか。

西村英一