運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
5286件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-11-27 第200回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 3号

国務大臣田中和徳君) 国際リニアコライダー計画について、復興庁としては、三月七日に文部科学から出された見解において、日本学術会議の所見を踏まえ、様々な懸念が指摘されているということも承知している一方で、東北の被災地への効果の可能性があるものと認識をしておるところでございます。  

田中和徳

2019-11-26 第200回国会 参議院 法務委員会 7号

       西山 卓爾君        法務省大臣官房        司法法制部長   金子  修君        法務省民事局長  小出 邦夫君        法務省刑事局長  小山 太士君        法務省保護局長  今福 章二君        外務省大臣官房        参事官      赤堀  毅君        外務省大臣官房        参事官      遠藤 和也君        文部科学大臣

None

2019-11-26 第200回国会 参議院 法務委員会 7号

本委員会で私がスクールロイヤーの拡充の必要性について質疑を行った際に、当時の山下法務大臣からは、文部科学の検討を踏まえつつ、日本弁護士連合会の協力も得て、法務省としても必要な協力を行いたいと、このような答弁をいただきました。  森大臣におかれましても是非スクールロイヤーの拡充を進めていただきたいと思いますが、御決意を伺いたいと思います。

元榮太一郎

2019-11-26 第200回国会 参議院 法務委員会 7号

いわゆるスクールロイヤーの活用の在り方については、山下元大臣の考えを引き継ぎ、法務省としても、文部科学の検討や取組を踏まえつつ、日本弁護士連合会の協力を得て、必要な施策を行ってまいりたいと思います。

森まさこ

2019-11-25 第200回国会 参議院 行政監視委員会 1号

見た限りでも、厚生労働省、経済産業省、文部科学、国土交通省、いろいろ入ってございます。さらに、成長戦略実行計画や今年のいわゆる骨太方針においても言及がございます。すなわち、健康寿命が我が国の経済成長を支える施策としても重要視されているということを承知しております。  

白岩俊

2019-11-22 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 9号

○萩生田国務大臣 文部科学では、東京大学のみならず、全ての大学に対して、この自民党の会議より前から、国公私立大学関係者及び高等学校関係者等に、審議を踏まえ策定した大学入学者選抜実施要項に基づき、英語四技能をはかることのできる資格検定試験等の結果の活用を促してきたところであります。その意味でも、下村議員の発言が文部科学に圧力をかけたものとは受けとめておりません。  

萩生田光一

2019-11-22 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 9号

○城井委員 では、その文部科学の担当さんに聞いて、あったということでありましたので、その点について一つだけ伺わせてください。  その文部科学からの同席者は、この下村氏の発言の中で、東大に英語民間試験導入をやるとの記者会見をさせるよう言っていただきたい、こうした趣旨の発言があったか、聞いたか、この点をお答えください。

城井崇

2019-11-22 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 9号

○萩生田国務大臣 まず、当日の文部科学からの出席者につきましては、初等中等教育局担当の大臣官房審議官、高大接続及び高等教育局担当の大臣官房審議官、生涯学習政策局の政策課長、初等中等教育局の国際教育課長、高等教育局大学振興課長、高等教育局の大学振興課大学入試室長が文部科学からの出席者でございます。  

萩生田光一

2019-11-22 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 6号

   文部科学大臣政務官   佐々木さやか君    厚生労働大臣政務官    小島 敏文君    厚生労働大臣政務官    自見はなこ君    政府参考人    (内閣官房全世代型社会保障検討室次長)      河西 康之君    政府参考人    (内閣府子ども・子育て本部審議官)        藤原 朋子君    政府参考人    (外務省大臣官房審議官) 平野 隆一君    政府参考人    (文部科学大臣官房審議官

None

2019-11-22 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 6号

本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房全世代型社会保障検討室次長河西康之君、内閣府子ども・子育て本部審議官藤原朋子君、外務省大臣官房審議官平野隆一君、文部科学大臣官房審議官玉上晃君、厚生労働省大臣官房審議官辺見聡君、医政局長吉田学君、医薬・生活衛生局長樽見英樹君、労働基準局長坂口卓君、職業安定局長小林洋司君、雇用環境・均等局長藤澤勝博君、子ども家庭局長渡辺由美子君、社会・援護局長谷内繁君、

盛山正仁

2019-11-21 第200回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 2号

福島を中心とした原子力災害からの復興及び再生に関する事項に係る文部科学との連絡調整に関する事項を担当いたします。  関係副大臣、政務官とともに田中大臣をお支えし、被災地の復興が着実に進むよう、全力で取り組んでまいります。  伊藤委員長を始め理事、委員各位の御指導と御協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)

青山周平

2019-11-21 第200回国会 参議院 内閣委員会 5号

これ、多い文部科学でも五百四十六人、少ないところではもう一桁台なんですよ。それで、これ足し上げますと、各省庁からの推薦者、内閣官房だけは分からないということなんですけど、三千四十一人なんです。  本当に、もう目的が変わっちゃったんじゃないんですか、桜を見る会の。どうしてここまで、言わば省庁の推薦ではないですよ、各界の功労者ではないというところが増えていったのか、安倍政権の下で。

田村智子

2019-11-21 第200回国会 参議院 内閣委員会 5号

推薦者リストが残っておりませんので詳細は不明でございますけれども、御指摘の芸能関係の方々につきましては、主に与党や文部科学などからも御推薦いただいているものと伺っております。  桜を見る会への御参加にふさわしい方をもちろん御推薦いただきまして、それを基に内閣官房内閣府におきまして招待者を取りまとめているものでございます。

大西証史

2019-11-21 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 5号

文部科学といたしましては、引き続き、これらの取組を通じまして、かかりつけ薬剤師・薬局として地域から求められる機能を果たすため、実践的な能力を有する薬剤師の養成を進めてまいりたいと考えております。

森晃憲

2019-11-21 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 5号

                平木 大作君                 東   徹君                 梅村  聡君                 倉林 明子君    国務大臣        厚生労働大臣   加藤 勝信君    副大臣        厚生労働副大臣  橋本  岳君    事務局側        常任委員会専門        員        吉岡 成子君    政府参考人        文部科学大臣

None

2019-11-20 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 3号

        中原  淳君        内閣府地方創生        推進事務局審議        官        村上 敬亮君        消費者庁次長   高田  潔君        消費者庁政策立        案総括審議官   橋本 次郎君        消費者庁審議官  小林  渉君        消費者庁審議官  高島 竜祐君        消費者庁審議官  坂田  進君        文部科学大臣

None

2019-11-20 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 3号

このため、文部科学におきましては、令和二年度から順次実施をいたします小学校、中学校、高等学校の学習指導要領におきまして、体験活動などを通して豊かな心や創造性の涵養を目指した教育の充実に努めるということや、生命の有限性や自然の大切さ、主体的に挑戦してみることや多様な他者と協働することの重要性などについて新たに規定をするなど、体験活動に関する記述を一層充実をさせたところでございます。  

蝦名喜之

2019-11-20 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 3号

祥一君        内閣府政策統括        官        青柳 一郎君        総務省大臣官房        審議官      森  源二君        総務省大臣官房        審議官      谷  史郎君        総務省自治行政        局公務員部長   大村 慎一君        消防庁国民保護        ・防災部長    小宮大一郎君        文部科学総合

None

2019-11-20 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 3号

また、学校現場における防災教育、こちらにつきまして、昨年の七月豪雨を受けまして、ワーキンググループからの報告を踏まえて、文部科学あるいは国土交通省等と連携をして、水害、土砂災害のリスクの高い小中学校におきまして来年の出水期までには避難訓練や防災教育が実施されるよう取組を進めているところでございます。  

青柳一郎

2019-11-20 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 8号

○萩生田国務大臣 御質問の、下村議員東京大学と自民党本部で面会した件についての事実関係については、文部科学としては承知をしておりません。  また、東京大学に問い合わせたところ、御質問の週刊誌で指摘されているような事実はなく、文部科学政治家からの指導などはなかったと聞いております。

萩生田光一

2019-11-20 第200回国会 衆議院 内閣委員会 5号

(宮本委員「はい」と呼ぶ)  会計検査院十二、内閣法制局十八、人事院十三、内閣官房百二十六、内閣府五百八十四、宮内庁二十三、公正取引委員会十二、警察庁六十一、個人情報保護委員会四、金融庁二十六、消費者庁十九、復興庁三十三、総務省三百七十五、法務省六十九、外務省は抜かせていただきます、財務省百九、文部科学五百四十六、厚生労働省百八十八、農林水産省百三十二、経済産業省百六十五、国土交通省二百五十二、環境省九十五

大塚幸寛

2019-11-19 第200回国会 参議院 文教科学委員会 3号

ですけど、それぞれの学校がその学校の持つ建学の精神に基づいた教育を実施していく、そして、そういう中で文部科学から提示されている学習指導要領にのっとって努力をしていることは事実でございますけれども、その四技能がずばりみんな同じかということは間違ってもありませんし、実際、高校三年生約百万人いる中で、センター受ける子は五十万人ですよね。

吉田晋

2019-11-19 第200回国会 参議院 文教科学委員会 3号

唯一言えるのは、やはりこの試験問題の内容、採点等について、その記述式問題も含めて、受験生を不安にならないような形で是非ともお願いをしたいという、最終的に文部科学なりで判断をいただきたいということだというふうに思っております。  

萩原聡

2019-11-19 第200回国会 参議院 文教科学委員会 3号

○参考人(萩原聡君) 今回の高大連携という部分に関しましては、やはり大学の主体性、その部分、それからあと、それをつなぐ大学入試の部分ということでいえば大学入試センターなりですね、それからあと、送り出す高校側、そして最終的にはそれを取りまとめる文部科学の関係ということで、四者がきちっとした形で、お互いにかみ合った上でお互いにきちっと合意できる部分をということで、先に進める形でお願いをできればというふうに

萩原聡

2019-11-19 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 4号

いずれにいたしましても、このようなかかりつけ医、学校医及び産業医、それぞれの役割を適切に発揮をしていただきまして、今御指摘いただきましたような予防ということに向けても含めて、関係団体や文部科学等の関係省庁、あるいは厚生労働省内における産業保健と私ども地域医療分野、それぞれ担当する部局が連携いたしまして取り組んでまいりたいというふうに考えてございます。

吉田学

2019-11-19 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 4号

加藤勝信君) 私どもが聞いている範囲でとしか答弁しようがないんでありますけれども、給特法が改正された場合には、新たに制定することとなる指針において、所定の勤務時間を通常より延長した日であっても延長を理由とした新たな業務の付加はせず、在校等時間が増加しないようにすることなどを規定することによって在校等時間が現在より増加することがない運用を確保するという方針として承知をしておりますので、法改正後においても、文部科学

加藤勝信

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 3号

   (総務省自治財政局長)  内藤 尚志君    政府参考人    (総務省情報流通行政局長)            吉田 眞人君    政府参考人    (総務省情報流通行政局郵政行政部長)       長塩 義樹君    政府参考人    (総務省総合通信基盤局長)            谷脇 康彦君    政府参考人    (消防庁次長)      米澤  健君    政府参考人    (文部科学大臣官房審議官

None

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 3号

内閣府大臣官房審議官村手聡君、内閣府地方創生推進事務局審議官村上敬亮君、金融庁総合政策局参事官齋藤馨君、消費者庁審議官小林渉君、総務省大臣官房長横田真二君、行政管理局長三宅俊光君、自治行政局長高原剛君、自治行政局公務員部長大村慎一君、自治行政局選挙部長赤松俊彦君、自治財政局長内藤尚志君、情報流通行政局長吉田眞人君、情報流通行政局郵政行政部長長塩義樹君、総合通信基盤局長谷脇康彦君、消防庁次長米澤健君、文部科学大臣官房審議官蝦名喜之君

大口善徳

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 3号

○本村委員 文部科学にもお伺いをしたいというふうに思います。  正規の教員の方々と同じ職務を担う教員は同じ給与格付という職務給原則は、公立学校の教員にも当てはまりますねということを確認させていただきたいと思います。

本村伸子

2019-11-18 第200回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 2号

福島を中心とした原子力災害からの復興及び再生に係る事項に係る文部科学との連絡調整に関する事項を担当いたします。  関係副大臣、政務官とともに田中大臣をお支えし、被災地の復興が着実に進むよう全力で取り組んでまいります。青木委員長を始め理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願い申し上げます。

青山周平

2019-11-15 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 7号

    畑野 君枝君       森  夏枝君    笠  浩史君     …………………………………    文部科学大臣       萩生田光一君    文部科学大臣政務官    兼内閣府大臣政務官    青山 周平君    政府参考人    (総務省自治行政局公務員部長)          大村 慎一君    政府参考人    (財務省主計局次長)   阪田  渉君    政府参考人    (文部科学大臣官房

None

2019-11-15 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 7号

文部科学に取材をした結果ということで指摘された記述式導入の問題点、例えば、自己採点が難しい、採点ミスも起きやすい、二段階選抜後に何らかの問題が判明すると救済が難しい、自己採点と実際の成績のずれによる混乱を防ぐという、こうした共通テストの記述式導入の問題点は、二段階選抜を用いる国公立大学に限らず、どの大学にとっても懸念材料となるものであります。  

城井崇

2019-11-15 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 7号

先ほど初鹿委員も取り上げられました共同通信での報道、二段階選抜で国語の記述式除外を国公立大学へ要請、文部科学、こうした報道であります。  これは、大臣、文部科学にお尋ねをいたしましたら、こういう回答でした。現在、記述式問題の出題や採点方法について、どのような改善が可能であるか、御指摘の報道の点も含めてさまざまな方策について検討しているところです、こういう答えでした。これで間違いないですか。

城井崇

2019-11-14 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 3号

   衆議院議員        厚生労働委員長  盛山 正仁君    国務大臣        厚生労働大臣   加藤 勝信君    副大臣        厚生労働副大臣  橋本  岳君    大臣政務官        厚生労働大臣政        務官       小島 敏文君    事務局側        常任委員会専門        員        吉岡 成子君    政府参考人        文部科学大臣

None

2019-11-14 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 3号

厚生労働省としても、文部科学もそうなんですが、是非差別解消のために全力を尽くしていただきたいというふうに思っております。  衆議院の議論でも、個人情報保護法、本人の同意がなければ、なかなか本人が元患者であることを言えないという答弁あり、それは理解するものではあります。

福島みずほ

2019-11-14 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 3号

今年十月二日に開催をされました原告団、弁護団等とのハンセン病に係る偏見、差別の解消に向けた協議の場でありますとか、あるいは今年十月十六日に私ども文部科学の佐々木大臣政務官が国立療養所多磨全生園に訪問させていただいたわけでございますけれども、その際におきましても、根強いハンセン病に関する偏見や差別を解消するためには、議員御指摘のとおり、教育の役割が大変大きいということのお話をいただいてございまして、

蝦名喜之

2019-11-14 第200回国会 参議院 経済産業委員会 2号

       宮本 周司君    政府特別補佐人        公正取引委員会        委員長      杉本 和行君        原子力規制委員        会委員長     更田 豊志君    事務局側        常任委員会専門        員        山口 秀樹君    政府参考人        内閣府大臣官房        審議官      小平  卓君        文部科学大臣

None

2019-11-14 第200回国会 参議院 経済産業委員会 2号

文部科学としましては、これまでも機構に安全、安心を確保することを求めてきましたが、今般、原子力管理区域内でのことということ、そういう事案が発生したということは大変問題であると認識を深めており、担当局長からは、機構理事長に対し、問題点の検証と再発防止の検討を指示したところでございます。  

上野通子