運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
60件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-06-17 第201回国会 参議院 文教科学委員会 第10号

める私学助成に関する請願  (第二三号外六八件) ○子供たちの命を守り、健やかな発達を保障する  ために全ての私立学校正規養護教諭配置  することに関する請願(第二四号外五件) ○教育無償化を目指して全ての子供たちに行き  届いた教育を求めることに関する請願(第二七  号外三件) ○専任専門正規学校司書配置に関する請  願(第二九号外一五件) ○国の責任による三十五人以下学級前進教職

会議録情報

2020-06-17 第201回国会 衆議院 文部科学委員会 第10号

第七五九号)  同(宮本徹紹介)(第七六〇号)  同(畑野君枝紹介)(第七九〇号)  同(古川元久紹介)(第七九一号)  同(大河原雅子紹介)(第八〇六号)  特別支援学校設置基準策定に関する請願穀田恵二紹介)(第六三三号)  同(本村伸子紹介)(第七六一号)  専任専門正規学校司書配置に関する請願長谷川嘉一紹介)(第六三四号)  国の責任による三十五人以下学級前進教職定数

会議録情報

2020-05-15 第201回国会 衆議院 文部科学委員会 第7号

奥野総一郎紹介)(第三二六号)  同(秋本真利紹介)(第三四八号)  同(生方幸夫紹介)(第三四九号)  同(泉田裕彦紹介)(第三六〇号)  同(田嶋要紹介)(第三六一号)  同(藤野保史紹介)(第三六二号)  同(吉川元紹介)(第三六三号)  同(左藤章紹介)(第三七六号)  同(池田道孝紹介)(第四〇五号)  同(山口泰明紹介)(第四四三号)  国の責任による三十五人以下学級前進教職定数

会議録情報

2020-03-11 第201回国会 衆議院 文部科学委員会 第3号

)(第二三三号)  同(金子恵美紹介)(第二三四号)  同(関芳弘紹介)(第二三五号)  同(山田賢司紹介)(第二三六号)  同(山本和嘉子紹介)(第二三七号)  同(佐藤公治紹介)(第二四三号)  同(尾辻かな子紹介)(第二八三号)  同(大西宏幸紹介)(第二八四号)  同(櫻井周紹介)(第二八五号)  同(辻元清美君紹介)(第二八六号)  国の責任による三十五人以下学級前進教職定数

会議録情報

2020-03-04 第201回国会 衆議院 文部科学委員会 第1号

)(第一八号)  教育無償化を目指して全ての子供たちに行き届いた教育を求めることに関する請願務台俊介紹介)(第二四号)  同(下条みつ紹介)(第三〇号)  専任専門正規学校司書配置に関する請願務台俊介紹介)(第二五号)  同(小宮山泰子紹介)(第三九号)  学費負担大幅軽減私大助成増額に関する請願佐々木隆博紹介)(第二六号)  国の責任による三十五人以下学級前進教職定数

会議録情報

2019-11-22 第200回国会 参議院 本会議 第6号

本法改正の前に、教職定数を始めとした教育条件整備充実こそ進めるべきです。萩生田大臣認識を伺います。  連合総研の調査では、中学校教員平均出勤時刻は七時二十五分、退勤時刻は十九時三十七分、在校時間は十二時間十二分です。これが平均です。時間外勤務手当は支払われません。代わりに給料月額の四%が教職調整額として支給されています。

斎藤嘉隆

2016-03-23 第190回国会 参議院 文教科学委員会 第3号

是非認識一つにしていただいて、教職定数あるいは多忙化解消子供と向き合う教育、それから教員の資質の向上をどの場でどうやって図っていくか。もう学校から教員を切り離してどこかの教育センターに集めて、そこで何時間か話を聞かせて研修をすれば身に付く、そんなもの一つもありませんよ。そういったことを御認識を是非いただきたいなと。

斎藤嘉隆

2011-04-12 第177回国会 参議院 文教科学委員会 第5号

また、今回のこの法案によりまして、小学校一年生、これを四十人から三十五人に標準を引き下げるということで四千人の教職定数となっておりますけれども、この根拠につきましては、出生数等を基にしまして、公立の小学校一年生の単式学級に在籍する子供の数、これを推計いたしまして、この数を基にして、では百五万九千人ぐらいですけれども、この数を四十人学級から三十五人にするという場合どのぐらい学級数が増えるだろうかという

山中伸一

2010-11-11 第176回国会 衆議院 総務委員会 第4号

そもそも民主党としては、教職定数要求をマニフェストとしても掲げてきたわけであります。我が党とも一緒に法案まで出して少人数学級を求めてきたわけですから、そういうことであれば、この教職定数について、地方の定員増加を抑制するという対象にしていること自身がおかしいんだと思うんですね。  

塩川鉄也

2007-05-21 第166回国会 参議院 本会議 第27号

これについて、総理の御所見とともに、子供に直接かかわる教職定数必要性についての認識を伺います。また、この点についての民主党考え方もお伺いしたいと思います。  次に、地教行法改正案について伺います。  まず、改正案の四十九条、五十条では、文部科学大臣が都道府県・市町村教育委員会に対して是正要求指示を直接行うことができるとされています。

神本美恵子

2007-05-21 第166回国会 参議院 本会議 第27号

教職定数についてお尋ねがありました。  教育の質を高めるためには、教員子供と向き合う時間を確保することが重要であり、さきに述べましたように、副校長及び主幹教諭による組織力充実学校事務量軽減などの取組を進めてまいります。また、教育再生を実りあるものとするためには、教職員配置の在り方、めり張りを付けた教員給与体系などについての検討が必要と考えています。

安倍晋三

2007-05-21 第166回国会 参議院 本会議 第27号

もう一問、子供に直接かかわる教職定数必要性について民主党考えいかんとの御質問をいただきました。  授業時間が日本より少ないフィンランドが学力世界一になっておりますその理由の一つに、全員修士号を持つ高い指導力を有する教師が日本の約一・六倍の割合で現場に多数配置をされていることが挙げられます。  

鈴木寛

2007-05-10 第166回国会 衆議院 教育再生に関する特別委員会 第9号

県政を運営する立場から、教育基本理念、山形県の現状及び課題、新たに規定された是正要求及び指示については反対であること、教員免許更新制の期間が十年では長過ぎること、  次に、逸見君からは、是正要求及び指示についてはおおむね賛成であるが、厳格に適用する必要があること、副校長主幹教諭及び指導教諭については、学校を機能させるためには必要なこと、十年ごとの教員免許更新制は、教員の多忙にかんがみれば、教職定数

鈴木恒夫

2001-06-29 第151回国会 参議院 本会議 第36号

当面している緊急課題である不登校、いじめ、学級崩壊などの問題解決のためには、三十人以下の少人数学級や大幅な教職定数実現しなければなりません。  高等教育は二十一世紀にふさわしい国際的な競争力のある教育研究を行い、意欲を持つ人がだれでもいつでも学べる機会を提供する大学の改革が求められております。  

本岡昭次

2000-03-28 第147回国会 衆議院 文教委員会 第8号

第六八七号)  教育予算増額・三十人学級実現教職員定数改善に関する請願佐々木陸海紹介)(第六八八号)  国庫補助制度堅持授業料補助実現、三十人学級への早期改善に関する請願山原健二郎紹介)(第六八九号)  同(吉井英勝紹介)(第六九〇号)  三十人学級実現教育予算大幅増父母負担軽減に関する請願志位和夫紹介)(第六九一号)  同(金子満広紹介)(第六九三号)  三十人学級教職定数

会議録情報

2000-03-07 第147回国会 衆議院 文教委員会 第4号

    ————————————— 三月三日  国立学校設置法の一部を改正する法律案内閣提出第三六号) 二月二十九日  私学助成拡充と三十人学級実現に関する請願瀬古由起子紹介)(第一九〇号)  同(古川元久紹介)(第二三一号)  同(吉田幸弘紹介)(第二六五号)  行き届いた教育、心の通う学校に関する請願石井一紹介)(第二五七号)  三十人学級早期実現教育予算私学助成拡充教職定数

会議録情報

1999-12-15 第146回国会 衆議院 文教委員会 第6号

春名直章紹介)(第九八七号) 同月九日  三十人学級私学助成拡充に関する請願松本惟子君紹介)(第一〇四五号)  同(松本龍紹介)(第一一六三号)  同(岩田順介紹介)(第一三二三号)  同(神崎武法紹介)(第一三二四号)  同(権藤恒夫紹介)(第一三二五号)  同(島津尚純紹介)(第一三二六号)  同(古堅実吉紹介)(第一三二七号)  三十人学級早期実現教育予算私学助成拡充教職定数

会議録情報

1999-12-15 第146回国会 参議院 文教・科学委員会 第3号

実現私学助成拡充に関する請願  (第六四六号外二件) ○すべての子供への行き届いた教育に関する請願  (第六五五号外二件) ○私学助成大幅増額と四十人学級実現等に関  する請願(第七二四号外七件) ○子供への行き届いた教育実現に関する請願(  第七四四号外五件) ○すべての子供への行き届いた教育の推進に関す  る請願(第七四七号外六件) ○三十人学級早期実現教育予算私学助成拡  充、教職定数

会議録情報

1999-08-13 第145回国会 衆議院 文教委員会 第17号

第二一八号)   一一 同(山原健二郎紹介)(第二一九号)   一二 国立大学病院看護婦増員労働条件改善に関する請願池端清一紹介)(第二二〇号)   一三 私学助成抜本的拡充と三十人学級実現に関する請願石田幸四郎紹介)(第二二一号)   一四 同(吉田幸弘紹介)(第二二二号)   一五 同(瀬古由起子紹介)(第三七一号)   一六 三十人学級早期実現教育予算私学助成拡充教職定数

会議録情報

1999-03-19 第145回国会 衆議院 文教委員会 第6号

第一二四一号)  同(久保哲司紹介)(第一二四二号)  同(佐藤茂樹紹介)(第一二四三号)  同(田端正広紹介)(第一二四四号)  同(谷口隆義紹介)(第一二四五号)  同(西博義紹介)(第一二四六号)  同(福島豊紹介)(第一二四七号)  同(冬柴鐵三君紹介)(第一二四八号)  学生の公平で公正な就職活動に関する請願上原康助紹介)(第一二五〇号)  三十人学級実現高校希望者全員入学教職定数

会議録情報

1999-02-09 第145回国会 衆議院 文教委員会 第2号

第二一七号)  同(中島武敏紹介)(第二一八号)  同(山原健二郎紹介)(第二一九号)  国立大学病院看護婦増員労働条件改善に関する請願池端清一紹介)(第二二〇号)  私学助成抜本的拡充と三十人学級実現に関する請願石田幸四郎紹介)(第二二一号)  同(吉田幸弘紹介)(第二二二号)  同(瀬古由起子紹介)(第三七一号) 同月八日  三十人学級早期実現教育予算私学助成拡充教職定数

会議録情報

1998-12-14 第144回国会 参議院 文教・科学委員会 第1号

(第三三号外一一件) ○私立専修学校教育研究条件改善父母負  担軽減に関する請願(第七〇号外三件) ○すべての子供に対する行き届いた教育の保障に  関する請願(第七一号外三件) ○私学助成大幅拡充、四十人以下学級早期実  現、教育費父母負担軽減に関する請願(第七  八号外四件) ○私学助成抜本的拡充公私共に三十人学級の  実現に関する請願(第一一〇号外四件) ○三十人学級実現教職定数

会議録情報