運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
56件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1951-03-28 第10回国会 参議院 本会議 第32号

についてでありまするが、憲法はその二十六條に義務教育は無償とするという規定をしておるのでありまするが、尤も現政府のごとく、平和憲法の中心をなすところの戰争放棄であるとか非武装といつたようなこういう條項についてもはつきりしないくらいであるから、憲法義務教育について無償と規定しておりましても、これを少しも尊重しないのかも知れませんが、少くともこの規定を尊重するといたしますならば、教科書代であるとか、教材

永井純一郎

1951-02-27 第10回国会 衆議院 本会議 第16号

(拍手)  四十三億円の六・三制設備費に並行いたしまして、その内部設備費として理科体育、音楽、家事、社会科等の教具教材の費用も当然予算化さるべきでありまして、これに要する最低二百億円の予算が新らに追加されない限り、われわれは文化国家の名においても断然この予算承認することができぬのであります。  

小林進

1951-02-20 第10回国会 参議院 予算委員会 第12号

なお訓練は実地訓練に重点を置いておるために、幹部に必要な部数のみ教材を配布いたしたのであります。訓練用教材につきましては、従来使用されておりまするものの中には適切を欠くものが多いのであります。従いまして二十六年度においては更に検討を加えて修正統一をいたしまして、各隊員に行き渡るようにいたしたい、かように存じておるのであります。

大橋武夫

1951-02-20 第10回国会 参議院 予算委員会 第12号

やはりその裏にはイデオロギーがなくちやいけない、愛国の観念であるとか、或いはそういう公共的な治安維持のために自分の生命を賭して奉仕するという観念がなくちやいけない、ですからそういつたようなことから考えて見て、現在の警察予備隊員の訓練、殊に精神訓練上どういつたようなイデオロギーの下に、又どういう方法で、例えばどういう教材でやつておられるかということを具体的に一つお伺いしたい。  

山田節男

1950-12-09 第9回国会 参議院 本会議 第10号

広島公共職業安定所西條出張所を安定所に昇格等の請願(委員長報告) 第一一二 九州各市の失業対策事業賃金標準を甲地区に変更等の請願(委員長報告) 第一一三 農業電力料金引下げに関する請願(委員長報告) 第一一四 江川水系電源開発に関する請願(委員長報告) 第一一五 日和田・平間に十五万ボルト送電線建設促進に関する請願(委員長報告) 第一一六 直方市公務員地域給引上げに関する陳情(委員長報告) 第一一七 視覚教材教具

会議録情報

1950-10-07 第8回国会 参議院 文部委員会 閉会後第8号

授業期間中にやる講習、或いは夏休期間中にやる講習にいたしましても、教員はそれぞれ教育のための教材研究そうしたものに可なり忙殺されておる現状でありまして、これがこの認定講習を受けることによつてその認定講習の予習復習もやらなければならないということになりますと、到底明日の授業のための教材研究というものどころか体を休めるひまもないというような状況が全国的に現われて来たのが本年度の認定講習なのであります。

槇枝元文

1950-09-22 第8回国会 参議院 人事委員会 閉会後第2号

それから超過勤務のここにつきましても、これは教員について、例えば家庭訪門或いは教材のための勉強をされる時間が当然超過勤務だということが当然の主張として言い得ると思うのでありますが、併し役所におりましても実際上相当の責任地位におられます人は、これは非常に役所の時間だけでなしに家に持つて帰つて実際問題として仕事をしております。なかなかむずかしいと思うのであります。

瀧本忠男

1950-09-22 第8回国会 参議院 人事委員会 閉会後第2号

何十年もやりましたその間の経験を振り返えりましても、大体先程も申しましたが、教材研究、これは先生方がないだろうと言われればそれまでかも知れませんが、そうじやなくて、隅々までよく考えて、これと一連の関係におきまして教場の研究、どうしてあの子供連にこのことを教えて分らせて行こうか、又大半の者が分りましても、特殊事情にある特殊児童に対しましては、これをどう説明し、どう導いたらいいかという気持が要るわけであります

森崎隆

1950-09-22 第8回国会 参議院 人事委員会 閉会後第2号

即ち業務内容は、これは実は私が教職にいた経験もございますし、又官庁にいた経験もございまして、はつきりそれは身を以て体験したのでございまするが、端的に申上げますると、教職員というものは学校におけるいわゆる現業としての授業時間、実労働以外に家庭でありましようと、又学校内でありましようと、図書室でありましようと、それ以外に相当時間の研究、いわゆる教材研究、又は教授研究、如何にして子供にこの教材を分り易く

森崎隆

1950-04-10 第7回国会 衆議院 考査特別委員会 第23号

さてその友の会、あるいは民主グループにおいて教育されたところの民主教育のテキストというものが、この前の証人の龜澤君によりますと、ほとんどマルクス、レーニンに関するもの及び、ソ連の革命当時のいろいろな教訓が教材として示されたということでありますが、それらを考えますと、先ほど私が申しました日本新聞及び日本新聞指導されました友の会、民主グループ及び反フアシスト委員会の民主教育なるものは、大体共産主義教育

吉武恵市

1950-04-08 第7回国会 衆議院 考査特別委員会 第22号

○鍛冶委員長 それからここにも書いてあるし、またこの前からもいろいろ承つたのですが、在ソ中、友の会講座、それから友の会読本によつて、宣伝啓蒙の基礎教材として、日本共産党の綱領や政策の解説が與えられ、日本共産党に対する信頼と人民民主政府のための闘争戰術への関心が高まつた、かようにありますが、日本共産党に対する信頼というのは、これらの中にそういうことがあつたから信頼が高まつたのでしようか。

鍛冶良作

1950-04-03 第7回国会 衆議院 考査特別委員会 第17号

○塚原委員 あなたが軍隊時代に、いろいろな操典とか作戰要務令とかいうものを教育されたと思うのですが、抑留生活に入つてからは、向うのマルクス、レーニンの著書や、スターリン憲法その他いろいろな教材を中心として教育を受けたと思うのですが、あなた自身、あなたのまわりのものが、あなたが感じたところでけつこうですが、それぞれ教育を受けるところの態度、真劍味というものは、日本軍隊の時代に教育を受けたときと、抑留時代

塚原俊郎

1950-02-16 第7回国会 参議院 地方行政委員会 第12号

それから一方市町村の方ではいろいろ教材でございますとか、児童の椅子とかいつたような生徒に関する経費が出て参ります。やはりこれも生徒というものの数を基礎にしまして算定をして行きたい。ただ両方におきまして経費の種類が違いますので、とにかく測定の単位としては生徒数児童数を算定として行きたいと考えております。

鈴木俊一

1950-02-10 第7回国会 参議院 文部委員会 第3号

その後、東京都教育委員会では更に教材の專門の係員を派遣いたしまして、いろいろ調査いたしました結果、三根村の敷地は火山灰地で非常に大きな熔岩が沢山あるので、農業実習には不適当であるということが分りました。又将来この定時制高等学校に水産過程を置く予定になつておりますので、そういう点から見ましても、海岸から遠く離れておりますので、この点からも非常に不適当であるという結論になつたのでございます。

太田周夫

1949-12-24 第7回国会 参議院 在外同胞引揚問題に関する特別委員会 第6号

教材としては日本新聞で、これはハバロフスク極東空軍の横にあります。この論評は、ソ同盟の強化は日本の強化である、平和をする唯一のものはソ同盟の強化である。従つてお前達は働け、こういう論評であります。世界は二つである。一つは米国、一つはソ同盟、後者こそ平和の城塞である。ソ同盟の強化なくして平和はない、或いは国際主義は文句なしに無條件でソ同盟を擁護する。共産党こそ人民の味方である。

岡本良藏

1949-10-10 第5回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第11号

但し教師及び教材が不足いたしております。関係から、教育の内容程度は非常に低いのでございます。しかしそこでの共産主義教育というものは、相当徹底して行われておるようであります。それで両親たちはその点も非常に心配をしておるように伺つております。  なお現地におきまする共産主義教育という御質問でございますが、日本人だけの組織というものは、原則として中共では認めておらぬようであります。

田邊繁雄

1949-08-23 第5回国会 衆議院 文部委員会 第28号

從來のごとくいわゆるサイエンテイフイツク・カリキユラムの行き方で参りました場合には、その中に將られまする教材は非常に高い系統であるようではありますけれども、実際においてはたしてどれだけ將來にかけて学生生徒の身につくかというような点については、これは相当疑問もあろうかと思います。

稻田清助

1949-05-12 第5回国会 衆議院 地方行政委員会 第20号

このことは最近起つた子供議会などの例を見ましても、上野動物園の象を名古屋からぜひひとつ欲しいというような事実に徴しましても、とにかく今の非常に貧困教材の不足している折から、さらに飛躍した文化國家を建設する上から言つて、これらはすべて通ずるのでありまして、こういう点から、これに対してわれわれは委員各位と、権能をもつて決定すればいい。今までの答弁によつても政府側の御趣旨も大体わかつたのです。  

野村專太郎

1949-04-19 第5回国会 衆議院 地方行政委員会 第13号

かりに教材を無償で兒童に配付するとかいうようなお考えを、今まで持たれていると伺つておりますが、何かそういうお考えを今お持ちになつているか。これは根本的な問題でなしに、兒童に教材を無償で文部省が付與するという考えが今日あられる、それだけ承つておきたいと思います。

生田和平