運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
7570件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-19 第201回国会 参議院 災害対策特別委員会 第3号

これでは、発災後一か月の災害応急対策のタイムライン、それから政府が実施する救急救助、消火活動、物資の調達、燃料供給等の応急対策活動や防災関係機関のそれぞれの役割、それから海外からの人的、物的支援の受入手続や体制、こういったものを取りまとめているところでございます。  これらについては、各種訓練等を通じてこの実効性を確保、向上していくと。

青柳一郎

2020-03-18 第201回国会 参議院 災害対策特別委員会 第2号

最後に、十六ページから十九ページの災害復旧等につきましては、内閣府において災害救助費等の国庫負担や被災者生活再建支援金の支給、復興庁においては東日本大震災からの災害復興対策等に要する経費を計上しているほか、農林水産省国土交通省等において所管施設災害復旧事業や復興対策等に要する経費を計上しております。  

平将明

2020-03-18 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第4号

このようなシステムを用いている場合には、その予測せざる転落事故が起こった場合には、監視要員が即座に列車運行指令に連絡をいたしまして、列車の運行を止めるとともに、現場へ係員を急行させて直ちに落ちた方を救助することとなっております。また、その監視要員が事前に危険を認めた場合には、ホーム上の利用者の方に対して遠隔で注意喚起放送を行って転落を未然に防止するというふうなことになっております。  

水嶋智

2020-03-18 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第4号

台風による被害が発生した場合には、捜索救助活動に支障のない範囲で、自治体からの要請等に基づき、巡視船による非常物資の搬送や給水等の可能な生活支援を実施しております。  また、名瀬港における防波堤や岸壁の改良、和泊港における防波堤の延伸など、離島航路の就航率の向上や人流、物流の安全確保のための港湾整備を推進しております。  

青木一彦

2020-03-17 第201回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第2号

最後に、十六ページから十九ページの災害復旧等につきましては、内閣府において災害救助費等の国庫負担や被災者生活再建支援金の支給、復興庁において東日本大震災からの災害復興対策等に要する経費を計上しているほか、農林水産省国土交通省等において、所管施設災害復旧事業や復興対策等に要する経費を計上しております。  

平将明

2020-03-10 第201回国会 参議院 内閣委員会 第3号

一日目は、まず、この度、令和元年東日本台風と名称が定められた台風第十九号により被災した長野市穂保地区、赤沼地区及び豊野地区を訪れ、千曲川の堤防決壊現場等を視察し、長野県警察から、市内各地において災害発生直後から実施した救助活動や要支援者の安否確認、行方不明者の捜索等について説明を聴取しました。

杉尾秀哉

2020-03-06 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第2号

海上保安庁の皆さんには、日ごろから、海難救助犯罪の防止、鎮静、そして海上の防災交通安全等々、二十四時間不眠不休で活動していただいていることに、本当に、心から敬意を表します。  一方で、警察消防、そして自衛隊に関しては、報道等でも取り上げられることが多いので、光が当たっているわけですけれども、海上保安官の皆さんに関しては十分に光が当たっていないと思って、私は申しわけない気持ちでもあります。

岡本三成

2020-03-06 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第2号

航空法におきましては、今先生が言われたように、本来は視認性の低い状況下で安全な運航を確保する必要があるヘリコプターの夜間飛行についてはさまざまな規制がされているところでありますけれども、航空法第八十一条では、ドクターヘリ等による救難救助運航は適用除外という項目がございまして、ここにつきましては、夜間を含め、例えば、空港等以外の場所における離着陸許可を不要とするというような必要最低限の規制に抑えているですとか

赤羽一嘉

2020-03-06 第201回国会 衆議院 厚生労働委員会 第2号

私どもとしましては、この御要望に対しまして、派遣されたDPAT隊員へのPCR検査につきましては、希望者の方、非常にリスクの高いところでやられた希望者全員の方に対して保健所検疫所において実施をする、また、人件費など、DPAT活動に伴う経費などについては災害救助法に基づく派遣要請に準じた支出を行うということにしてございまして、その支払いに関する詳細については今精査をさせていただいているところでございます

吉田学

2020-03-06 第201回国会 参議院 予算委員会 第8号

それでは、まず、この災害救助法の運用について質問させていただきたいと思います。  災害があれば、罹災証明がなければ何も全て動かないんですよ。でも、これが毎回毎回遅れる。その遅れる背景の一つには、この様式がばらばらだという話があったんです。これについては、この参議院予算委員会、一月三十日に武田大臣から、限りなく近い将来、統一化を図られるよう努力するという答弁いただいたんですよ。

浜田昌良

2020-03-05 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第2号

また、操舵装置、遠隔監視採証装置等の航行用機器や映像伝送装置等の通信システム機関砲など、領海警備海難救助の現場で実際に使用されている装備を視察いたしました。  昭和五十八年に就役した同船は、さびが目立つなど老朽化の進行がうかがわれました。業務の合間に自らペンキ塗りなどの補修を行っていると、こんなお話も伺いました。

舟山康江

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第六分科会 第1号

これは、保護犬を受刑者が育て上げて、救助犬だとか介助犬だとか、失われた命が生きた上に、なおかつ再犯率も下がっていく。極めて、諸外国も活用しているわけです。島根あさひ社会復帰回復センターというのが今日本で一番これに取り組んでいるんですが、再犯率が二分の一ぐらいになっているわけですよ。  そういう意味で、ちょっと縦割りというものを外していただいて、動物保護した上で、それをどう活用するのか。

串田誠一

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第八分科会 第1号

例えば飛島村というところがありますが、ここの村長さん、久野村長は、当時中学校一年生、水没した家の屋根の上で救助を待っていた、兄弟三人。そして、今と違いまして、当然自衛隊も救援に来てくれたと思いますが、久野さんは米軍のヘリに救出をされ、幼い兄弟と命を救われた。  余り言いたくない話ですが、当時、名古屋港にも貯木場とかいっぱいございました。

長坂康正

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 第1号

私が思いますのは、地域外に通勤をしている会社員、被用者が活動を行えるように、本人が事業主に申し出ることによりまして、非常時、消火活動であります、それから災害救助活動、大規模災害の出動など、それから警戒活動、訓練にも、消防活動を行うための休暇を取得することができるような消防団休暇制度の創設というものを考えるべきではないかと思いますが、大臣の御見解を伺います。

早稲田夕季

2020-02-18 第201回国会 衆議院 総務委員会 第4号

災害対応で、きょう内閣府、来ていただいていますね、災害救助法に特別基準というのがあるんですね。これは先日、衆議院本会議でも聞かせていただきましたけれども、一般基準というやつは、通常、自治体がそれに合わせて避難所の運営とか、いろいろな救助のメニューが決まっているんですけれども、それを、災害が起こった後に特別基準というのを出すことができる。

高井崇志

2020-02-17 第201回国会 参議院 行政監視委員会 第1号

それから、やはり災害のときには、救助と復旧復興、それぞれの段階があるわけですが、災害救助の段階ですと消防庁を始めとして国の各機関が活動をすると。これは、ある意味でのその法制度ルールの蓄積というのもあるわけですが、今問題になっているのは、特に復旧の段階で非常に委員の御指摘の災害判定等を始めとして復旧に時間を要すると、こういったようなことが今の課題の一つになっているかと思います。  

木村俊介

2020-02-14 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第3号

こちらもカメラは積んでおりますけれども、少しオプションで積みかえて、例えばスピーカーをそこに積んで誘導できるようにするとか、あとは、スポットライトを載せて救助のときに照らすようなことができるとか、幾つかその使い方としてはあるということなんですけれども、まだ出始めの機械ということで、いろいろとこれから活用の余地というのはあるんだろうなと思います。  

森田俊和

2020-02-14 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第3号

ドローンにつきまして、消防防災分野においては、現在、建物火災の状況の確認、山間部での要救助者の捜索、また、大規模災害時の被害状況の確認などで活用をされております。昨年の台風十九号の際には、緊急消防援助隊のドローンを活用し、決壊した河川の被害状況の把握や建物内に取り残された要救助者の捜索を行いました。  

小宮大一郎

2020-02-05 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第1号

ほど来御説明いただきましたように、我が国の海洋をめぐる状況、今日の一ページの資料にもあるんですけれども、我が国、海洋国家として資源を大変たくさん持っている、これをどう生かしていくのかというのがこれからの日本国力にも関係あるというふうに思うんですけれども、その中でやはりどうしても忘れられないのが、昨年、また我が国のEEZ、大和堆で北朝鮮が違法操業をしていて、転覆をして六十人が海に投げ出された、それを救助

小野田紀美

2020-02-05 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第1号

この事案では、人命救助を最優先して、取締り船側から救命艇や救命胴衣の投下をして人命救助に当たって全員を救助したというものでありますけれども、この事案においては、その沈没した漁船の違法操業は確認されていないということから、強制力の行使を行わずに、我が国のEEZ外に退去させたというところです。  御指摘のとおり、大和堆周辺で我が国の水域に入ってくる漁船というのが多数ございます。

保科正樹