運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
57986件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-09 第200回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 2号

次に  第百九十七回国会、森山浩行君外五名提出、政治資金規正法及び租税特別措置法の一部を改正する法律案  及び  第百九十七回国会、森山浩行君外十名提出、政治資金規正法の一部を改正する法律案 並びに  政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する件 につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

山本拓

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

総理主催、桜を見る会について、さまざまな問題点が噴出し、公的行事の私物化、税金による反社会勢力のおもてなし、総理自身の政治資金規正法あるいは公職選挙法違反疑惑、招待者名簿の隠蔽、破棄等々、いずれも極めて重大な問題でありますが、我々が開会を求めている予算委員会与党が拒否し続け、安倍総理にはいまだに説明責任を果たす場が与えられておりません。  

手塚仁雄

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

政治資金規正法の収支報告書不記載も問われています。  これらの疑惑は安倍総理にしか答えられないものです。野党は、予算委員会集中審議を開いて安倍総理が説明するよう繰り返し要求してきましたが、安倍総理と政府与党が一切無視し、国会閉会で幕引きを図ろうとしていることは、言語道断であります。  更に重大なことは、桜を見る会の招待者名簿や関係文書などを一方的に廃棄し、証拠隠滅を図っていることです。

塩川鉄也

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

―――――――――――――    閉会中審査の件の採決順序  1 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会から申出の     公職選挙法及び地方自治法の一部を改正する法律案(第百九十七回国会、森山浩行君外九名提出)    憲法審査会から申出の     日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案(第百九十六回国会細田博之君外六名提出)                  反対 共産

岡田憲治

2019-12-09 第200回国会 参議院 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 2号

○委員長(山谷えり子君) ただいまから政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会を開会いたします。  継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  政治倫理の確立及び選挙制度に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

山谷えり子

2019-12-09 第200回国会 参議院 憲法審査会 2号

 鉄美君    事務局側        憲法審査会事務        局長       岡留 康文君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○憲法審査会における改正内容の審議促進を求め  ることに関する請願(第一七号外二五件) ○立憲主義の原則を堅持し、憲法九条を守り、い  かすことに関する請願(第五〇号外三件) ○憲法九条を変えず、憲法平和人権、民主主  義をいかす政治

None

2019-12-09 第200回国会 参議院 憲法審査会 第2号

 鉄美君    事務局側        憲法審査会事務        局長       岡留 康文君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○憲法審査会における改正内容の審議促進を求め  ることに関する請願(第一七号外二五件) ○立憲主義の原則を堅持し、憲法九条を守り、い  かすことに関する請願(第五〇号外三件) ○憲法九条を変えず、憲法平和人権、民主主  義をいかす政治

会議録情報

2019-12-09 第200回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第2号

次に  第百九十七回国会、森山浩行君外五名提出、政治資金規正法及び租税特別措置法の一部を改正する法律案  及び  第百九十七回国会、森山浩行君外十名提出、政治資金規正法の一部を改正する法律案 並びに  政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する件 につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

山本拓

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

総理主催、桜を見る会について、さまざまな問題点が噴出し、公的行事の私物化、税金による反社会勢力のおもてなし、総理自身の政治資金規正法あるいは公職選挙法違反疑惑、招待者名簿の隠蔽、破棄等々、いずれも極めて重大な問題でありますが、我々が開会を求めている予算委員会与党が拒否し続け、安倍総理にはいまだに説明責任を果たす場が与えられておりません。  

手塚仁雄

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

政治資金規正法の収支報告書不記載も問われています。  これらの疑惑は安倍総理にしか答えられないものです。野党は、予算委員会集中審議を開いて安倍総理が説明するよう繰り返し要求してきましたが、安倍総理と政府与党が一切無視し、国会閉会で幕引きを図ろうとしていることは、言語道断であります。  更に重大なことは、桜を見る会の招待者名簿や関係文書などを一方的に廃棄し、証拠隠滅を図っていることです。

塩川鉄也

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

―――――――――――――    閉会中審査の件の採決順序  1 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会から申出の     公職選挙法及び地方自治法の一部を改正する法律案(第百九十七回国会、森山浩行君外九名提出)    憲法審査会から申出の     日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案(第百九十六回国会細田博之君外六名提出)                  反対 共産

岡田憲治

2019-12-09 第200回国会 衆議院 憲法審査会 第5号

  誠君     ――――――――――――― 十二月二日  日本国憲法の全条項を守り生かすことに関する請願赤嶺政賢紹介)(第二〇四号)  憲法審査会における改正内容の審議促進に関する請願勝俣孝明紹介)(第二二六号)  同(山田賢司紹介)(第二五七号)  同(工藤彰三紹介)(第二九六号)  同(新谷正義紹介)(第二九七号) 同月三日  憲法九条を変えず、憲法平和人権民主主義を生かす政治

会議録情報

2019-12-09 第200回国会 参議院 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第2号

○委員長(山谷えり子君) ただいまから政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会を開会いたします。  継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  政治倫理の確立及び選挙制度に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

山谷えり子

2019-12-09 第200回国会 衆議院 本会議 第15号

議長大島理森君) 各委員会及び憲法審査会から申出のあった案件中、まず、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会から申出の公職選挙法及び地方自治法の一部を改正する法律案憲法審査会から申出の第百九十六回国会細田博之君外六名提出、日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案は、同委員会及び憲法審査会において閉会中審査をするに賛成の諸君の起立を求めます。     〔賛成者起立〕

大島理森

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

結構私もいろいろな方とお話をしたときに、日本と同盟関係のある国として、当然アメリカを挙げられて、最近は当然オーストラリアというお話があるんですが、インドとなると、我々政治家はインドは非常に大事な国だというふうにわかっておるんですが、意外と世間の皆様方は、インドと非常にそういった形で、防衛の分野でも、また経済の分野でも、重要だということが余り認識されていない場合もございます。  

浜地雅一

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

ちょっと順番を変えますが、冒頭、渡辺防衛政務官の政治資金の問題についてお尋ねをします。  報道されていますが、昨年、政務官の党の総支部で行われました留萌満喫ツアーというものが、収入六万三千円、支出が二十三万九千円ということで、いわゆる御接待のぶっ足しツアーじゃないかという疑惑があるんです。  それについて代議士の事務所は、報道によりますと、二つ言いわけをされているんです。

本多平直

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

しかし、我々は政治家でありまして、ここは委員会でありますので、様々な国内の農家の、畜産農家の不安に寄り添わなければいけないという状況にあるということは私も十二分に自覚をいたしております。このタイミングで生産者補給金をどうするかということは、生産者の皆さん方は極めて注目しておられると思いますので、しっかりその点は考えさせていただきます。  

江藤拓

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

私の一存で物事が急激に動くかどうかは、これは断定的に申し上げられませんが、あらゆることにやはり政治は挑戦していかなければならないという使命を負っておりますので、ましてや、安心と安全、人の健康に関することであれば、それは私は、厚労省以上に食品を扱うということでありますから、責任も負わなきゃいけない立場にありますので、関係省庁とももう一回連絡を取って、しっかり勉強させていただきます。

江藤拓

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

結構私もいろいろな方とお話をしたときに、日本と同盟関係のある国として、当然アメリカを挙げられて、最近は当然オーストラリアというお話があるんですが、インドとなると、我々政治家はインドは非常に大事な国だというふうにわかっておるんですが、意外と世間の皆様方は、インドと非常にそういった形で、防衛の分野でも、また経済の分野でも、重要だということが余り認識されていない場合もございます。  

浜地雅一

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

ちょっと順番を変えますが、冒頭、渡辺防衛政務官の政治資金の問題についてお尋ねをします。  報道されていますが、昨年、政務官の党の総支部で行われました留萌満喫ツアーというものが、収入六万三千円、支出が二十三万九千円ということで、いわゆる御接待のぶっ足しツアーじゃないかという疑惑があるんです。  それについて代議士の事務所は、報道によりますと、二つ言いわけをされているんです。

本多平直

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

○江藤国務大臣 確かめるも何も、招待をしておりませんし、それは東京事務所だからしていないんじゃなくて、政治資金パーティーにおいて、招待というカテゴリーがそもそも、うちの事務所には存在いたしません。  そして、先ほどから、何人来るのかというようなことも聞かれたというふうに言っておられるのは、本当にうちの事務所の話なんですかね。  

江藤拓

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

きょうは、近藤議員から、それから佐々木議員から質問と指摘もありましたけれども、私の方からも、政治と金をめぐる問題についてまず質問をさせていただきたいと思います。  最初に、江藤大臣にお伺いします。  江藤大臣政治資金パーティーにおいて、宮崎県宮崎市職員が手伝いをしていたという問題であります。  しんぶん赤旗が東京事務所に確認をしました。

田村貴昭

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

○田村(貴)委員 大臣、これは政治の問題として、議員政治家の問題としては非常に大事な問題だと思いますよ。  まず、公務員に対して、公務時間を割いて、そして、厳密な不偏不党の政治的中立が求められるこの職員が、やはり政治活動の手伝いをしていたという問題。  これに加えて、東京事務所は、江藤大臣事務所から何人来るのかと言われて、招待状を送ってもらっておったと言うんですよ。

田村貴昭

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

岡本(三)委員 三人の参考人の皆さんに若干角度を変えながら同じことをお伺いしたんですけれども、政治家としての反省と決意を込めての質問だったということでお受けとめいただければと思います。  その上で、行政に対する監視能力をもっとしっかりとしていくべきだという御指摘を受けまして、一つちょっと個別の話を質問させてください。

岡本三成

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

○益田参考人 当時の状況についていろいろ見解を述べることは難しい状況ですけれども、先ほどの石橋先生にもありましたとおり、政治家の先生たちに実施計画をつくっていただいて、その中で具体的な検討をしていただけると、住民の方々も、今後のこともありますので、安心なさるのではないかと思います。

益田直子

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

しかし、我々は政治家でありまして、ここは委員会でありますので、様々な国内の農家の、畜産農家の不安に寄り添わなければいけないという状況にあるということは私も十二分に自覚をいたしております。このタイミングで生産者補給金をどうするかということは、生産者の皆さん方は極めて注目しておられると思いますので、しっかりその点は考えさせていただきます。  

江藤拓

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

私の一存で物事が急激に動くかどうかは、これは断定的に申し上げられませんが、あらゆることにやはり政治は挑戦していかなければならないという使命を負っておりますので、ましてや、安心と安全、人の健康に関することであれば、それは私は、厚労省以上に食品を扱うということでありますから、責任も負わなきゃいけない立場にありますので、関係省庁とももう一回連絡を取って、しっかり勉強させていただきます。

江藤拓