運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
60789件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-01-30 第201回国会 参議院 財政金融委員会 第1号

大臣政務官佐々木さやか君) 一人一台のICT環境、これを整備することに対しまして、教師がICTの操作に慣れる必要があったりですとか、また、より実践的な指導方法に関する研修を受けたりすることによって一時的に教師の負担が増える場合もあり得ますけれども、その後、将来的には、ICT環境の活用によって、教材の作成、共有が容易になったり、また課題の提出などを効率的に行うことができる、こういったことによって負担

佐々木さやか

2020-01-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第1号

中国共産党強力指導の下で、中国の特色ある社会主義の優位を十分に発揮し、感染症との阻止戦に勝利する完全な自信があると習主席がお述べになったと報道されております。  是非、様々な努力を尽くしていただいて、一刻も早く事態が終息の方向に向かうことを期待をいたしております。  さて、梶山経済産業大臣にお聞きしたいと思います。  昨年十月から消費税が一〇%に引き上げられました。

三宅伸吾

2020-01-28 第201回国会 衆議院 総務委員会 第1号

○高市国務大臣 まず最初のお尋ねですが、具体的に漏えいした情報でございますが、日本郵政グループの役員責任のとり方に関する関係者間のやりとり、それから、関係者しか知り得ない大臣日程、私がいつどこで誰と会うといったようなこと、それから、行政指導とは違って、日本郵政株式会社に対しては行政処分を予定しておりました。この行政処分の検討について、その方向性が漏えいいたしました。  

高市早苗

2020-01-28 第201回国会 衆議院 農林水産委員会 第1号

ただ、この手数料については、二百円台のところもあれば三百円台のところもあり、県によってばらつきがありますけれども、私たちとしても、いろいろな指導をしながら、相談にも応じながら、少しでも負担が減るように努力をしていきたいと考えております。

江藤拓

2020-01-24 第201回国会 参議院 本会議 第3号

特に、弾圧が中国の最高指導部の承認と指示の下に行われていることは、極めて重大と言わなければなりません。  中国は、この問題についての国際的な批判を内政干渉として一顧だにしない姿勢を取っています。しかし、今日の世界においては、様々な国際的な人権保障基準が作られ、人権を擁護し発展させることは国際的な課題となっています。  そこで、聞きます。  

山下芳生

2020-01-20 第201回国会 参議院 本会議 第1号

まさに時代を先取りするこれらのビジョン・原則の定着・具体化に向け、国際的な指導力を発揮してまいります。  さらに、日本食品に対する輸入規制措置について、最近、多くの国・地域で緩和・撤廃の動きが見られます。更なる働きかけをオールジャパンで進めます。また、知的財産保護を含め、日本企業海外展開支援や対日直接投資の促進にも引き続き取り組む考えです。  第六に、地球規模課題への対応です。  

茂木敏充

2020-01-17 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第9号

その目的は、イランを話合いの場に引きずり出したいと思っているんだと思いますけれども、イラン指導部が圧力に屈して話合いに応じることは当面あり得ないと思います。  こうして両国がにらみ合いを続ける以上、いつ戦闘行為が発生してもおかしくない状況にあるわけで、こうした状況に自衛隊を派遣するのは、これ、いつ武力行使に巻き込まれても不思議ではないという状態だと思いますよ。  

篠原豪

2020-01-17 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 閉会後第1号

しかし、同日発生したウクライナ旅客機の墜落事件について十一日にイラン革命防衛隊が誤射を認め、イラン指導部や革命防衛隊に対する批判にまでエスカレートしています。  こうした中、革命防衛隊や親イランの周辺国武装組織などによる米国や米国側の国に対するテロも含めた攻撃が発生するリスクは格段に高まっています。

伊波洋一

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

今後、国としても、この処理業者に対して、循環型社会の推進、公害防止のためにある程度の経済支援ですとか指導等もしていく必要があるんじゃないかというふうに思いますけれども、現在そうした支援策はあるのかどうか、ないようであれば、今後行う用意はあるのかどうか、伺わせていただきます。

平山佐知子

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

また、記述式問題の導入については、教育指導面で必ずしも教員の業務量の増加に直ちにつながるとは考えておりませんが、しかし、先ほどから御披露いただいたような自己採点に係る指導に関しては、大学入試センターにおいて、正答の条件に基づく採点の仕方などに関する参考資料を作成し高等学校に周知する等の取組を通じて、負担が生じないように努めるものと承知をしております。

萩生田光一