運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
113件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-03-05 第204回国会 参議院 予算委員会 第5号

それは、言うなれば、感染症というものに関しては、指定医療機関等々、しっかりと医療提供体制という意味では指定していくわけでありますが、今回のコロナの場合はなかなかそれが、今までの指定感染とは違う類いといいますか、流行の仕方のものでありまして、感染症指定医療機関だけでは対応できないということでございますので、これは地方自治法の二百四十五条の四の一項、これにのっとって技術的助言という形で、いろんな形、

田村憲久

2021-02-03 第204回国会 参議院 内閣委員会、厚生労働委員会連合審査会 第1号

それに対して、先ほど話題の感染症部会を経て、政府は、病原体が分かっているから新感染症ではないと、様々な措置を命令でその都度定められる指定感染にしたということです。しかし、緊急事態宣言の要請が大きくなると、新型コロナウイルス感染症新型インフルエンザ等感染症とみなして特措法の適用とした、昨年の三月ですね。  本来、感染症法では、新しい感染症に機動的に対処するために三つの種類があるんです。

足立信也

2021-02-02 第204回国会 参議院 内閣委員会 第1号

その際には四つの大きな論点がございまして、新型コロナウイルス感染症位置付けですね、これは先日、指定感染を延長するという話がありましたけれども、しかし、新型コロナウイルス感染症感染症法にどう位置付けるべきかというところは、しっかりと新型インフルエンザ感染症等というところで位置付けるという議論があり、ここはおおむね皆さん賛成であったというわけです。  

脇田隆字

2021-02-01 第204回国会 衆議院 内閣委員会厚生労働委員会連合審査会 第1号

ただ、指定感染指定は、既に来年の一月三十一日まで延長されておりまして、まだ一年間の期間の猶予があるわけですね。  昨今の状況を見ると、やはり、どうしてもこういう未知のものに対して少しパニック的な状況が、マスコミにも、我々政治の世界、そして国民の間にもあろうかと思います。そんな中で、政府がこれを緩める方向にするというのは、やはり批判の対象になりがちだと思うんですね。

青山雅幸

2021-02-01 第204回国会 衆議院 内閣委員会厚生労働委員会連合審査会 第1号

田村国務大臣 先ほども申し上げましたけれども、いずれにしても、もう一年延長にはなっているんですけれども、期限は必ず来るわけであります、指定感染でありますと。そこでまた法改正という話よりかは、安定的に新型インフルエンザ感染症に位置づけた方が、要するにいろいろな対応がしやすいという総合的な判断でございます。  

田村憲久

2021-02-01 第204回国会 衆議院 内閣委員会厚生労働委員会連合審査会 第1号

田村国務大臣 今、指定感染から新型コロナウイルス感染症の方に位置づけるということに関して、デメリットがあるのではないか。それはいろいろな、制限をかけること等々、報告、いろいろなものが政令に書かれているわけでありますけれども、これに対してフレキシブルに多分動きが取れないのではないかということだというふうに思います。  

田村憲久

2021-02-01 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第2号

指定感染に前倒しで決定したというのはいいんですが、このときやはり、過去二週間以内に湖北省滞在歴のある外国人の日本への入国拒否を決めたということなんですが、当時、一千百万人の武漢市民のうち五百万人以上は既にもう移動していて、春節に向かっていた。そして、やはり、御記憶にあるように、札幌の雪祭りに多くの方々が来られて、クラスターが発生して、今日に至るということになると思います。  

長尾敬

2021-02-01 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第2号

ただ、感染症のときに、直ちにそういった、この感染症感染症法指定感染にしないと危ないなと思って指定感染にします、そのときに派遣するチームが今のところないのではないかと思いますが、当局の見解を、この名前自体、インフェクシャスでいいのかどうか、インシデントという言葉の方がいいのかどうかを含めてお答えください。

冨岡勉

2021-01-29 第204回国会 衆議院 本会議 第5号

今回の改正では、政令で定める指定感染のうち、新型インフルエンザ等と同等の感染性や罹患した場合の重篤性を持つ疾病に限り、法改正を行わずとも特措法に基づく措置を講ずることを可能としております。  その際、こうした感染症について、私権制限を伴う措置を講ずる場合には、法律上、あらかじめ専門家意見を聞かなければならないこととするなど、慎重な手続の下で対応を行うことにいたしております。  

菅義偉

2021-01-29 第204回国会 衆議院 本会議 第5号

また、法案は、指定感染特措法対象に含めることとし、政府が決めれば法改正なしに今後新たに発生するものも特措法の枠組みが使えるようにしています。私権制限を含む特措法改正は、本来、慎重な審議が必要なものであり、対象の追加は新型コロナ感染症に限定をすべきではありませんか。  最後に、営業しなければ暮らしが成り立たない事業者に対して、まともな補償もせずに罰則を科すなど、断じて認められません。  

塩川鉄也

2021-01-29 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第1号

だからこそ、指定感染扱いという形になっているかと思います。  ただし、実際の取扱い上、五類化する必要が出てくるのではないかという議論が以前からあるのは承知しております。  繰り返すようなんですが、守りに入るのならば五類にするしかないと思います。攻めるのならこのままいくしかないと思います。  

橋本英樹

2021-01-14 第203回国会 参議院 内閣委員会 閉会後第2号

新型コロナウイルス感染症につきましては、指定感染として政令指定して講ずることができる措置を個別に決めております。  昨年十月に、入院措置対象者については御指摘のとおり重点化をしております。具体的には、都道府県知事の合理的かつ柔軟な対応を認めつつ、高齢者基礎疾患を有する者等重症化リスクのある方を明記するなど、医療機関や保健所の負担軽減を図る観点から政令等改正を行っております。

佐原康之

2020-12-08 第203回国会 衆議院 農林水産委員会 第8号

厚生労働省感染症予防事業費等負担金では、これはわずか日額二百九十円でありますけれども、感染症法の一、二類感染症指定感染などの防疫に当たれば、手当金の二分の一を国庫負担、残る二分の一にも交付税措置があります。また、自衛隊の災害派遣等手当では、日額一千六百二十円の手当があります。こうしたところも参考にしていただいて、国の制度支援を拡充する考えはあるかないか、お答えいただきたいと思います。

田村貴昭

2020-12-02 第203回国会 衆議院 厚生労働委員会 第8号

「「指定感染」負担に 厳格措置見直し議論」という見出しで、厚労省助言機関が二類相当とする区分妥当性措置必要性検討することにしたというふうにございました。その同じ記事の中で、厚労省の中には区分見直しに慎重な意見も根強いというのがございました。その何日か後に安倍前総理が辞任の御表明をされた際にも、記者会見の中でその見直しについて言及をされていらっしゃいます。  

山川百合子

2020-12-01 第203回国会 参議院 厚生労働委員会 第6号

それから、指定感染のままじゃなくても、どこかに位置付けた後に例えば政令なんかでこういうことをすればいいんじゃないかと付けていくこともできると私は思っているんですね。だから、ちょっと特性が分かるまで外せないというのは僕はちょっと違うと思っていまして、やっぱりそれは医療現場状況とか社会の状況によって変わっていくんじゃないかなと、そういうふうに思っています。

梅村聡

2020-12-01 第203回国会 参議院 厚生労働委員会 第6号

それから次は、七月、八月にも私この当委員会お話ししたいわゆる指定感染としての扱いをどうするかということで、当時はその指定感染というか扱い方を非常に大事にしていこうという考え方があったので、私とすれば、医療現場のいろんな声とかあるいは実際の早期発見早期治療を考えれば、指定感染来年の一月末、これ本則で一年と決まっていますので、ここで一回終えて、感染症法上の位置付けを決めてやった方がいいんじゃないかというふうに

梅村聡

2020-11-06 第203回国会 参議院 予算委員会 第2号

あわせて、感染症法上の指定感染位置付けお話ございました。  今、二類相当というふうなお話もございましたが、これ項目によってそれぞれ違いまして、二類相当部分もあれば五類相当部分もあります。今般も、いろんな状況変わってきておりますので、政令省令等で幾つかその項目見直しも進めてまいってきております。  

田村憲久

2020-11-06 第203回国会 参議院 予算委員会 第2号

国務大臣田村憲久君) 今委員おっしゃられましたとおり、今般の新型コロナウイルス感染症でありますけれども、これ、指定感染指定をされているわけでありますけれども、ウイルスというのは基本的には徐々に感染を拡大していく中において変異をしていくということでありまして、基本的に、よほど大幅にその毒性だとか、あと感染力だとかが変わって、ウイルスがかなり変わって、持っているそのウイルス自体の、疾病自体状況

田村憲久

2020-11-04 第203回国会 衆議院 予算委員会 第3号

指定感染というのは、それぞれやれることをそれぞれどうするかということを決めるというような、そういう仕組みになっておりまして、その中で必要なものは維持しますし、これは緩めてもいいなというものは緩めるという話でありますから、二類だとか何類だとかという話じゃないということは御理解をいただきたいというふうに思います。

田村憲久

2020-11-04 第203回国会 衆議院 予算委員会 第3号

浦野委員 我々、当時は藤田委員厚労委員で質問したんだったと思うんですけれども、指定感染扱いですね、来年の一月末には指定感染期限が切れます。我が党は、今また波が来ているんじゃないかということで少し心配ですけれども、インフルエンザと同じ五類感染症分類最後はするべきじゃないかという議論をしております。  

浦野靖人

2020-09-03 第201回国会 参議院 予算委員会 閉会後第2号

お話がありましたように、秋から冬にかけてインフルエンザ流行が想定をされるわけで、医療機関が余りにも対応できないような事態にならないように、この感染症法というんでしょうか、指定感染としての扱い見直しは、今ほどお話がありましたように、できるだけ早く結論を出していただいてこの秋から冬に備えていくことが大事だと思いますので、是非よろしくお願いしたいと思います。  

山田修路

2020-09-03 第201回国会 参議院 予算委員会 閉会後第2号

一つは、この今後の取組にも書かれていることの中の指定感染としての取扱いの件でございます。結核やSARS、MERSといった第二類感染症以上の取扱いということが、現在そういうことになっているわけですけれども、重症者の数の状況など、あるいは、先ほど言いましたけれども、八割の方は重症化しない、あるいは症状が現れないままで治癒をするというような状況もあります。

山田修路

2020-09-02 第201回国会 衆議院 予算委員会 第30号

これは、ちょっと事前に報道等々で、指定感染としてこの間指定されているわけですけれども、二類相当となっている、まあ、相当ですね、相当となっているものを違う分類にするかというような報道等もあったりしました。ただ、ここに書かれているのを見ると、入院勧告等の権限の運用見直しということで、「政令改正も含め、柔軟に見直しを行っていく。」こういうことになっております。  

大串博志

2020-09-02 第201回国会 衆議院 予算委員会 第30号

これからも、指定感染まあ、指定感染でもいいですよ、政令の内容は変えたらいいんだから。でも、一つ伺いたいのは、来年の二月以降も指定感染を続ける可能性があるのか。それから、無症状や軽症を含む全数把握を前提とするクラスター対策濃厚接触者追跡について、秋冬に備えて見直す可能性はないのか。それだけお願いします。

足立康史

2020-08-27 第201回国会 参議院 内閣委員会 閉会後第2号

新型コロナウイルス感染症につきましては、本年二月一日に感染法上の指定感染位置付けることによりまして、これ、政令上で法律の、法律上の規定を準用するという形でございますけれども、感染者に対する入院措置でありますとか医療費公費負担等の必要な措置が可能になるような措置がなされているところでございます。

依田泰

2020-08-26 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第21号

指定感染妥当性について質問をします。  これは、きょう報道でもありました、産経にもあります、読売にも出ていました、二類から五類への検討を始めるということですけれども、これは我が党の梅村聡議員が参議院の厚労委員会で質問して、答弁をしていただきましたけれども、それからもう一週間がたちましたけれども、今どのような見解を持っているのか、いま一度お聞かせをいただきたいと思います。

浦野靖人

2020-08-26 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第21号

新型コロナウイルス感染症につきましては、二月一日に感染症法上の指定感染に位置づけまして、これは、政令で法の規定を準用するという仕組みになっておりますけれども、それによりまして、入院措置でありますとか公費負担等の必要な措置が実施ができるということで、これは一定の期限が決まっておりますけれども、そういう措置を行ったところでございます。  

依田泰