運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
60209件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

少年自然体験活動等の推進に関する法律案遠藤利明君外八名提出、第百九十八回国会衆法第二〇号)   二、独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案川内博史君外五名提出、衆法第五号)   三、大学等における修学の支援に関する法律の一部を改正する法律案城井崇君外六名提出、衆法第一〇号)   四、文部科学行政基本施策に関する件   五、生涯学習に関する件   六、学校教育に関する件   七、科学技術

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 11号

次に  第百九十八回国会遠藤利明君外八名提出、青少年自然体験活動等の推進に関する法律案  川内博史君外五名提出、独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案  及び  城井崇君外六名提出、大学等における修学の支援に関する法律の一部を改正する法律案 並びに  文部科学行政基本施策に関する件  生涯学習に関する件  学校教育に関する件  科学技術及び学術の振興に関する件  科学技術研究開発

橘慶一郎

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

少年自然体験活動等の推進に関する法律案遠藤利明君外八名提出、第百九十八回国会衆法第二〇号)   二、独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案川内博史君外五名提出、衆法第五号)   三、大学等における修学の支援に関する法律の一部を改正する法律案城井崇君外六名提出、衆法第一〇号)   四、文部科学行政基本施策に関する件   五、生涯学習に関する件   六、学校教育に関する件   七、科学技術

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第4号

科学技術イノベーション推進の総合的な対策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房健康医療戦略次長渡邉その子さんの出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

津村啓介

2019-12-09 第200回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第4号

裕之君    馳   浩君       藤井比早之君    和田 義明君       伊藤 俊輔君    大串 博志君       吉良 州司君    篠原  豪君       早稲田夕季君    古屋 範子君       畑野 君枝君    串田 誠一君     …………………………………    政府参考人    (内閣官房健康医療戦略次長)         渡邉その子君    衆議院調査局科学技術

会議録情報

2019-12-09 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 第11号

次に  第百九十八回国会遠藤利明君外八名提出、青少年自然体験活動等の推進に関する法律案  川内博史君外五名提出、独立行政法人大学入試センター法の一部を改正する法律案  及び  城井崇君外六名提出、大学等における修学の支援に関する法律の一部を改正する法律案 並びに  文部科学行政基本施策に関する件  生涯学習に関する件  学校教育に関する件  科学技術及び学術の振興に関する件  科学技術研究開発

橘慶一郎

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

持続可能な社会構築のために不可欠な科学的知見の集積及び技術の開発を目的としてございまして、研究開発を実施しております。  これまでの主な成果といたしましては、国及び自治体気候変動適応計画の前提となる影響予測等の科学的知見の提供、ヒアリ等の外来生物の侵入を水際で阻止するための検疫手法等の開発、PM二・五等の飛来予測モデルの高度化等による飛来予測の精度向上の実現等が挙げられてございます。  

中井徳太郎

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

昨年の自然災害を受けて、電気事業法による技術基準が一部改正をされました。太陽電池発電設備に係る技術基準については、支持物、発電設備を支えるものですね、その強度を、電気設備に対する一般的な技術基準に加え、太陽光パネルを支える支持物の安全性の観点から上乗せ基準が設けられ、地震や風圧などに対する安定と定められました。それでも小鹿野町の現場のような被害ケースも多発をしています。

伊藤岳

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

防衛省といたしましては、今回の後援や出展は、あくまで、さまざまな国の政府関係者が多数参加する本展示会の機会を捉え、我が国の防衛装備品と高い技術力について広く情報発信し、新たな防衛計画の大綱なども踏まえ、防衛装備・技術協力の推進に寄与することを目的としたものであり、特に問題があるとは考えておりません。

河野太郎

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

○河野国務大臣 今回の後援や出展は、あくまで、さまざまな国の政府関係者などが多数参加する本展示会の機会を捉え、我が国の防衛装備品と高い技術力について広く情報発信し、新たな防衛計画の大綱も踏まえ、防衛装備・技術協力の推進に寄与することを目的としたものであり、問題があるとは考えておりません。

河野太郎

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 7号

○河野国務大臣 こうした展示会は、我が国の防衛装備品あるいは技術を発信する場でもありますし、諸外国防衛産業における先端的な技術に触れる機会でもある。そういう意味で、国内の防衛産業技術力向上のために、諸外国防衛産業との連携を可能にする、いわばきっかけを提供する場でもあるんだろうというふうに思っております。  

河野太郎

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

また、酪農家や肉用牛農家の労働負担軽減・省力化に資するロボット・AI・IoT等の先端技術の導入、高度な経営アドバイスの提供のためのビッグデータ構築を支援すること。さらに、これらの施策との連携を図りつつ、畜産・酪農への就農を経営ステージに応じてきめ細かく支援する総合的な対策強力に展開すること。    

徳永エリ

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

だったら、今、米国の消費者の方々がホルモンフリーの畜産物を求めているというニーズがあるのであれば、そしてそのニーズがもっともっと高まっていくのであれば、むしろ、和牛の生産拡大というよりも、酪農の副産物ということもありますから、ホル雄の品質をもっと高めていく、もっとおいしくしていく、技術開発をしていく、そしてその安全性をアピールしていくというのもある意味強みになるというふうにお考えになりませんでしょうか

徳永エリ

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

このため、農水省といたしましては、産業獣医師への就業を志す獣医学生や地域枠の入学者に対する修学資金の貸与、獣医学生に対する臨床実習の参加への支援、それから、特に割合が多くなっております女性獣医師が再就職、職場復帰するに当たっての最新の知識の取得や獣医療技術向上を図るための研修等への参加の支援を行っているところでございます。  

新井ゆたか

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

具体的には、チーズ原料乳の高い品質を確保するために、酪農家の皆さんが行うさらなる飼養管理の高度化や乳質管理に係る取組、また、チーズ工房や熟成庫等、チーズ製造施設の整備、また、チーズの製造技術研修会の開催や国産チーズの試食会、PRイベントの開催等を支援しております。  

伊東良孝

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

防衛省といたしましては、今回の後援や出展は、あくまで、さまざまな国の政府関係者が多数参加する本展示会の機会を捉え、我が国の防衛装備品と高い技術力について広く情報発信し、新たな防衛計画の大綱なども踏まえ、防衛装備・技術協力の推進に寄与することを目的としたものであり、特に問題があるとは考えておりません。

河野太郎

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

○河野国務大臣 今回の後援や出展は、あくまで、さまざまな国の政府関係者などが多数参加する本展示会の機会を捉え、我が国の防衛装備品と高い技術力について広く情報発信し、新たな防衛計画の大綱も踏まえ、防衛装備・技術協力の推進に寄与することを目的としたものであり、問題があるとは考えておりません。

河野太郎

2019-12-05 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第7号

○河野国務大臣 こうした展示会は、我が国の防衛装備品あるいは技術を発信する場でもありますし、諸外国防衛産業における先端的な技術に触れる機会でもある。そういう意味で、国内の防衛産業技術力向上のために、諸外国防衛産業との連携を可能にする、いわばきっかけを提供する場でもあるんだろうというふうに思っております。  

河野太郎

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

また、酪農家や肉用牛農家の労働負担軽減・省力化に資するロボット・AI・IoT等の先端技術の導入、高度な経営アドバイスの提供のためのビッグデータ構築を支援すること。さらに、これらの施策との連携を図りつつ、畜産・酪農への就農を経営ステージに応じてきめ細かく支援する総合的な対策強力に展開すること。    

徳永エリ

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

だったら、今、米国の消費者の方々がホルモンフリーの畜産物を求めているというニーズがあるのであれば、そしてそのニーズがもっともっと高まっていくのであれば、むしろ、和牛の生産拡大というよりも、酪農の副産物ということもありますから、ホル雄の品質をもっと高めていく、もっとおいしくしていく、技術開発をしていく、そしてその安全性をアピールしていくというのもある意味強みになるというふうにお考えになりませんでしょうか

徳永エリ

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

持続可能な社会構築のために不可欠な科学的知見の集積及び技術の開発を目的としてございまして、研究開発を実施しております。  これまでの主な成果といたしましては、国及び自治体気候変動適応計画の前提となる影響予測等の科学的知見の提供、ヒアリ等の外来生物の侵入を水際で阻止するための検疫手法等の開発、PM二・五等の飛来予測モデルの高度化等による飛来予測の精度向上の実現等が挙げられてございます。  

中井徳太郎

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 第3号

昨年の自然災害を受けて、電気事業法による技術基準が一部改正をされました。太陽電池発電設備に係る技術基準については、支持物、発電設備を支えるものですね、その強度を、電気設備に対する一般的な技術基準に加え、太陽光パネルを支える支持物の安全性の観点から上乗せ基準が設けられ、地震や風圧などに対する安定と定められました。それでも小鹿野町の現場のような被害ケースも多発をしています。

伊藤岳

2019-12-04 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 6号

相談情報を迅速に共有できる体制の整備などをするとともに、相談対応業務を効率化をするといったようなこと、その他もろもろの効果を上げるためにAI技術を活用した新しい機能を導入する必要というのは感じているところでございまして、現在、令和二年度、来年度の概算要求の中でも予算を要求をしているところでございます。

高島竜祐

2019-12-04 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 6号

それで、行政文書とは、一つの要件の一つとして職員組織的に用いるものということでございまして、言わば、ウイルス、ハッキング対策ですとか、データの故障等を念頭に取っているバックアップデータ、これは一部の職員のみがその専門的な技術に基づいてアクセスできるものでございますので、いわゆるその組織として共用性を欠いていると考えており、行政文書には当たらないと考えておりまして、その前提に立ったこれまでのお答えでございます

大塚幸寛

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

       議官       鈴木 良典君        農林水産省大臣        官房参事官    上田  弘君        農林水産省農村        振興局整備部長  安部 伸治君        林野庁森林整備        部長       小坂善太郎君        中小企業庁事業        環境部長     奈須野 太君        国土交通省大臣        官房技術審議官

None

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

完璧な雨量予測技術があれば広域避難も現実的でしょうけれども、台風の進路や雨量予測はかなり大きな幅を持って提供されます。適切な避難を実施しつつ、住民や自治体に過度な負担が掛からないように、国としてしっかりリーダーシップを発揮していただきたいと思います。  次に、土砂災害警戒区域について伺います。  

長峯誠

2019-12-04 第200回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

沖縄科学技術大学院大学、OISTについては、世界最高水準の教育研究を行い、イノベーション国際拠点となるため、規模拡大に向けた取組を支援するとともに、OIST等を核としたイノベーション・エコシステムの形成の推進を図ってまいります。  喫緊の課題となっている沖縄子供貧困対策については、引き続き、支援員の配置や居場所づくりを推進するとともに、支援の質の向上を図ってまいります。  

衛藤晟一

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

       議官       鈴木 良典君        農林水産省大臣        官房参事官    上田  弘君        農林水産省農村        振興局整備部長  安部 伸治君        林野庁森林整備        部長       小坂善太郎君        中小企業庁事業        環境部長     奈須野 太君        国土交通省大臣        官房技術審議官

会議録情報

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

完璧な雨量予測技術があれば広域避難も現実的でしょうけれども、台風の進路や雨量予測はかなり大きな幅を持って提供されます。適切な避難を実施しつつ、住民や自治体に過度な負担が掛からないように、国としてしっかりリーダーシップを発揮していただきたいと思います。  次に、土砂災害警戒区域について伺います。  

長峯誠