運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
23件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

  • 1
  • 2

2018-02-14 第196回国会 衆議院 予算委員会 11号

例えば、日本の漫画麻生副総理はお詳しいかもしれませんけれども、日本の漫画でも手塚治虫さんとかに人を殺すロボットというのは出てくるわけでありますし、アメリカの「スター・ウォーズ」とか「ターミネーター」などの人気映画を通して、こういうものは想像の世界では広く知られてきたわけでございます。  しかし、人工知能の技術が急速に進む今日、これが現実のものとなるとすると、事態は深刻でございます。  

遠山清彦

2016-05-25 第190回国会 衆議院 財務金融委員会 19号

手塚治虫の「ジャングル大帝」が「ライオン・キング」に化けて、あの特許料は日本には一円も落ちませんでしたから。あれを見て、「ジャングル大帝」じゃないかと思ったのは私らの世代、「ライオン・キング」と思ったのはおたくらの世代なんですが、あんなものは間違いなく手塚治虫のぱくりもいいところですから。それでこっちに特許を言ってくるんですからね。

麻生太郎

2014-06-04 第186回国会 衆議院 法務委員会 21号

私たちの年齢になると、例えば「鉄腕アトム」、手塚治虫手塚治虫のシリーズは全部読みました、最後の「火の鳥」まで、復活の問題まで。それから、非常に温かい感じでは「サザエさん」。「ドラえもん」もありましたね。それから「ゴルゴ13」などは麻生副総理も愛読者ですが、私はその次ぐらいじゃなかろうかと思っております。それから、「まことちゃん」、「漂流教室」。

土屋正忠

2013-11-20 第185回国会 衆議院 国家安全保障に関する特別委員会 16号

この例は適切かどうかわかりませんけれども、私、非常に漫画が好きでございまして、「どろろ」という手塚治虫先生の漫画をこの前久しぶりに読み直して、この漫画大臣副大臣、読まれたかわかりませんけれども、簡単に申し上げますと、室町時代に、天下をとることを約束に、自分の子供をいけにえに妖怪にささげて、生まれてきた子供が、目、鼻、口、手足、全てなくなった状態で生まれてくるという非常におどろおどろしい漫画なんですけれども

辻清人

2013-05-24 第183回国会 衆議院 経済産業委員会 14号

具体的には、例えば食生活でいえば、我が国の四季折々の多様な食材を生かし、目で楽しみ舌で楽しむ、またヘルシーさ、それからうまみ、こういった部分が我が国の生活文化の特色ということになろうと思いますし、漫画アニメの世界でいえば、例えば手塚治虫先生の「火の鳥」のように、日本独特の死生観や土着の風俗を織り込んだ漫画アニメ、こういったものが我が国の生活文化の特色を生かしたコンテンツということになると考えております

中山亨

2007-05-11 第166回国会 衆議院 経済産業委員会 11号

○甘利国務大臣 日本アニメーションの祖と言われる手塚治虫さんの「鉄腕アトム」というのは、まさに原子力が未来を開くという夢を与えてくれたアニメーションでありました。我々は、原子力エネルギーによって夢の未来が描けるという思いを共有したわけであります。  私の中選挙区時代のある町の町議さん、原さんというんでありますけれども、その方は、その当時、生まれた子供に子力君という名前をつけました。

甘利明

2004-11-10 第161回国会 参議院 経済・産業・雇用に関する調査会 2号

ロボット手塚治虫さん以来、日本では最も成長している産業分野でございます。世界で一番強い分野ではございます。コンテンツ、ソフトの分野、製造業だけではありません、最近コンテンツの国際競争力というのが見直されております。  こういった四つの後継者の下に日本に残っておる高度部材産業をそっくり移し換えていけば、また二十年間、日本人産業で勝てるんではないかというのが新産業創造戦略のみそでございます。  

北畑隆生

2004-04-23 第159回国会 衆議院 国土交通委員会 17号

高層ビルが建ち並び、高速道路が網の目のごとく、このような状況を見ておりますと、私は、手塚治虫さんが、四十年ほど前でありましょうか、未来都市の姿を書かれたものがございますけれども、彼は先見性があるというか、予言者である、このような表現をすればいいのか、私は彼の考え方に非常に感動を受けておるわけでありますけれども、そういう観点から、将来、高速道路はどのように変わっていくんだろうか、このように思っておりまして

室井邦彦

2003-05-22 第156回国会 参議院 総務委員会 13号

今年の二〇〇三年四月七日というのは、実は手塚治虫鉄腕アトム誕生日なんですね。二〇〇三年を想像したあれは漫画で、あの中でずっと出ていたのが、手塚治虫というのはすごいなと思ったのは、インターネットに近いようなことはあの中で描かれておりました。ところが、あの中で見ると、電話は黒電話なんですよね。携帯電話はさすがに想像していなかった。

高橋千秋

2002-11-08 第155回国会 衆議院 経済産業委員会 4号

何で「ライオン・キング」のことを手塚プロは訴えないんだ、「ジャングル大帝」は訴えないんだと聞いたら、いや、手塚治虫は、自分のそういう思想が世界に伝播していくことに対しては非常な喜びを感ずる人間ですから、そんな、お金をよこせとかなんとか、そういうことは考えない人間だったのでありますみたいな話を私は聞いたんですが。それはそれで一つの見識でありますが、それでは困る人が多い。

松原仁

1998-12-11 第144回国会 衆議院 科学技術委員会 2号

今NHKでは「サイエンスアイ」なんて、私もよく見ますけれども、すばらしい番組だと思いますけれども、過去には、手塚治虫さんだとか松本零士さんだとか、アニメの世界でも大変子供たちが関心を寄せた番組などもあったわけでありますけれども、ここで、いろいろな意味から、もっと子供たちにプレゼントできる番組対策などをぜひ科学技術庁としても真剣に、関係者協議の中で取り組んでいくべきじゃないか。

田中和徳

1998-03-11 第142回国会 衆議院 外務委員会 3号

日本昔ばなしもそうですし、手塚治虫の作品も、銀河鉄道も、宇宙戦艦ヤマトもいろいろあるわけですから、これは国が予算をつけてでも、いい日本アニメ雑誌を寄贈していく、そのぐらいの政策としてやっていただかないと、これは韓国だけには限りませんが、とても歌舞伎を持っていって、一日二日公演したというレベルだけでは解決ができない問題じゃないかと私は思っております。  

山中あき子

1998-03-11 第142回国会 衆議院 科学技術委員会 2号

手塚治虫ワールドという話は御存じかと存じております。既に国内の中で二カ所ぐらいに絞り込んでおりまして、実は私の川崎市が最終の候補地の一つになっておるのでございます。今、市民、知事さんも市長さんも挙げて誘致をしよう、こんな取り組みが始まっております。署名運動もやっているのです。  ただ、これは考えたら、第三セクターになったとしても民間の仕事なんですね。

田中和徳

1997-12-25 第141回国会 参議院 逓信委員会 閉1号

今でも覚えていますけれども、あの後アトムが出てきて、手塚治虫さん、もうオリンピックの前ですね。そして、今ドラえもんが、何かきょう聞くところによると七百五十九回つながっているすごい長い番組だと。特に、鉄腕アトムなんというのは全世界に回っているんですね。東南アジアでは鉄腕アトムの歌を知らない子供はいないというぐらいに各国語で、「北国の春」と鉄腕アトムは有名だと言われています。  

保坂三蔵

1997-11-06 第141回国会 衆議院 科学技術委員会 2号

手塚治虫さんの名作「鉄腕アトム」をテーマとしたすばらしいテーマパークをつくろうということでありますけれども、なぜ川崎市にアトム・ワールドかといいますと、やはり川崎はハイテクの都市として日本産業のためにあるいは世界の産業の発展に寄与したと、実際にもその成果を上げてきましたが、市民挙げてその自負を持っている町であるからだと思っております。

田中和徳

1997-11-06 第141回国会 衆議院 科学技術委員会 2号

先ほどの手塚治虫さんの鉄腕アトムもそうですけれども、ああいうことにいろいろ夢を感じながら育った世代なんですが、そういうことが少し落ちてきているんじゃないかな。こういうことも実は心配をしておりまして、全体そういう雰囲気を高めていくためには、やはり政治を挙げて取り組まなければならないのではなかろうか、こう思っております。

谷垣禎一

1994-11-15 第131回国会 参議院 逓信委員会 2号

手塚治虫さんの漫画が三十年も前から高速道路をつくっていたように、十年たったらあるいは二十年たったら恐らくこうなるであろうというようなことを衆知を集めて、しかもあらまほしき姿はどうなんであろうかということがひとつ明確になれば、山の頂上がはっきり見えればどこから登っても一点に集約するんだけれども、それぞれが違った山へ登って、通産省通産省郵政省郵政省で、行ってみたら全然違った峠に立っていたというようなことになりますと

青島幸男

1993-03-02 第126回国会 参議院 逓信委員会 4号

というのは、私ども子供のころ手塚治虫さんの漫画なんか見てますと、将来は高速道路というのができて、そこに未来型のランプがついて、夕方になると自動的についてとかというのを漫画で見ました。あのころ先鋭的な劇画だの漫画だのお書きになる方が既にそういうことを予想しておりましたし、ジュール・ベルヌの例をとるまでもなく先見性を持った人はかなりいました。

青島幸男

  • 1
  • 2