運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
3084件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-18 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第3号

これは、突き詰めていけば、狭義では〇・四四%ということでありますが、年数が経過するほど、所在が確認できない、所有者の確認ができないということが上昇していく、時間がかかってしまうということから、土地所有者の探索、これに対しまして、国土調査法の改正等々を含めて今回のこの土地基本法の関連改正法案ということになったわけでありますが、今までは、戸籍あるいは住民票、それをもとに所有者の探索が行われてきた、そして

馬淵澄夫

2020-03-18 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第3号

本当にもっと迅速に進めようと思えば、マイナンバーなんかと戸籍登記簿が連動できればいいなというふうに思いますし、そうすることが恐らくこれからの所有者不明の土地なんかがなくなっていくものにつながっていくんだろうというふうに思いますので、そういったあたりもまた法務省なんかとも連携しながら取り組んでいただければと思いますので、よろしくお願いします。  以上で終わります。

田中英之

2020-03-10 第201回国会 衆議院 法務委員会 第2号

○森国務大臣 あくまでも選択であるんだという委員の御質問の趣旨は理解をいたしましたけれども、私としては、先ほどの紹介した御意見の皆様が、その選択であっても、その家族全体のきずなでありますとか、それからまた戸籍がばらばらになることへのさまざまな不便や不安でございますとかいうことも、御意見としてございます。

森まさこ

2020-03-10 第201回国会 衆議院 法務委員会 第2号

○森国務大臣 選択的夫婦別氏制度は、その名称のとおり、夫婦が婚姻をする際に同氏とするか別氏にするかの選択をするということであると思いますが、近時、さまざまな提案もなされていまして、その選択的夫婦別氏制度の場合ですと、戸籍を別にするのかということが前提とされて議論されてきたと思いますが、戸籍はそのままでそれぞれの生まれたときの姓を継承できるようにした方がいいのではないかなどという御意見もございますし、

森まさこ

2020-03-10 第201回国会 参議院 法務委員会 第1号

親によって出生の届出がされておらず、無戸籍となっている皆様について、徹底した実態把握や丁寧な手続案内をするなどの取組を行うとともに、更なる方策をも検討し、無戸籍状態の解消に取り組んでまいります。  民事基本法について、社会の変化に対応するために必要な見直しを進めてまいります。  

森まさこ

2020-03-10 第201回国会 参議院 法務委員会 第1号

まず第一に、二〇二〇年東京大会等に向けた安全、安心の基盤整備の柱においては、出入国審査体制の整備及び不法滞在対策等に必要な経費として二百三十六億九千百万円、治安テロ対策の強化に必要な経費として二十九億九百万円、第二に、経済再生加速化のための基盤整備の柱においては、所有者不明土地問題への対応及び地図整備体制の強化等に必要な経費として八十二億三千万円、デジタルガバメントの実現に向けた戸籍事務とマイナンバー

義家弘介

2020-03-10 第201回国会 参議院 内閣委員会 第3号

選挙のとき自分は旧姓で出たのに、当選したら、あなた、通称は駄目よ、戸籍上の名前名のりなさいと言われると。物すごい違和感があって、えっ、何でですかと言っても、その議会で決められなければ駄目なんだというふうに言われるというふうな、そういう声が届いております。これは、やはり有権者側にも混乱を起こしますし、議員を目指す女性にとっては立候補をためらう一つの要因にもなっています。  

矢田わか子

2020-03-06 第201回国会 衆議院 法務委員会 第1号

親によって出生の届出がされておらず、無戸籍となっている皆様について、徹底した実態把握や丁寧な手続案内をするなどの取組を行うとともに、さらなる方策をも検討し、無戸籍状態の解消に取り組んでまいります。  民事基本法について、社会の変化に対応するために、必要な見直しを進めてまいります。  

森まさこ

2020-03-06 第201回国会 衆議院 法務委員会 第1号

まず第一に、二〇二〇年東京大会等に向けた安全、安心の基盤整備の柱においては、出入国審査体制の整備及び不法滞在対策等に必要な経費として二百三十六億九千百万円、治安テロ対策の強化について必要な経費として二十九億九百万円、第二に、経済再生加速化のための基盤整備の柱においては、所有者不明土地問題への対応及び地図整備体制の強化等に必要な経費として八十二億三千万円、デジタルガバメントの実現に向けた戸籍事務とマイナンバー

義家弘介

2020-03-06 第201回国会 参議院 本会議 第6号

かねてから我が党が指摘してきたとおり、選択的夫婦別姓といっても、戸籍筆頭者の氏を用いるのか、出生時に子供の氏を決定するのか、様々なバリエーションが存在します。選択的夫婦別姓を実現させるためには、抽象的な賛否だけではなく、現時点で不利益を被る方の立場に立ち、子の氏や民法戸籍法に係る制度設計ベルの議論を始めるべきだと考えますが、総理の見解を伺います。  

音喜多駿

2020-03-05 第201回国会 衆議院 総務委員会 第8号

この場合の所有者特定のための調査につきましては、登記簿上の所有者やその相続人等について、住民票戸籍などの公簿上の調査を行うことに加え、実際に当該資産を使用している方やその関係者への質問などの実地調査を想定しております。  具体的な内容につきましては、各市町村における実務でありますとか所有者不明土地特措法等の類似の制度における探索方法の規定等を参考に、政省令において定めることを予定しております。

開出英之

2020-02-28 第201回国会 衆議院 総務委員会 第7号

ここにあるように、維新以外の野党の提案は、戸籍制度を抜本的に変える、今の戸籍の同一戸籍同氏の原則を修正するものです。それに対して、我々維新の会が参院選のマニフェストに提案している、旧姓に一般的法的効力を与えるということであれば、これは別に、民法戸籍法を手直しせずともできます。  なぜできるか、今やっているところがあるんです。どこがやっているか、最高裁です。裁判所です。

足立康史

2020-02-28 第201回国会 衆議院 本会議 第8号

例えば、今国会でも話題になっている選択的夫婦別姓についても、裁判所で既に実現しているように、住民票で公証されている旧姓に法的効力を付与すれば、現行の同一戸籍同氏の原則に伴う不便を、民法戸籍法も変えることなく解消することができます。  私たちは、こうした政策提案力と実現力をもって、もっと自由で安心な社会をつくるために、今後とも力を尽くしてまいることをお誓いし、賛成の討論といたします。  

足立康史

2020-02-27 第201回国会 衆議院 総務委員会 第6号

どう聞くかというと、戸籍の枠組みを変えずに選択できる制度ができるんだったら、それはどんどんやってくれというのがもう、ちょっと失念しましたが、七割ぐらいあったと思いますね。  だから、できないと思っている人が多いんですよ。でも、先日の議論、それからきょうの議論で国民の方には御理解いただけると思うけれども、もう簡単にできるんです。だって、最高裁はやっているんだから。  

足立康史

2020-02-27 第201回国会 衆議院 総務委員会 第6号

裁判所が、最高裁がやっているように、旧姓だけでも社会活動ができるようにすべきなのか、やはりそれは、本当の氏というか、民法戸籍法上の氏を書いた上で旧氏、旧姓を併記すべきなのか。少なくとも最高裁は、旧氏、旧姓単独で判決を出しているわけですね。  私としては、もうややこしいから、括弧で併記するのは。

足立康史

2020-02-27 第201回国会 衆議院 総務委員会 第6号

前回私が大臣だったとき、最後の一年だけがマイナンバー制度担当の内閣府特命担当大臣と兼務だったんですが、それ以前の初期の段階で、官邸の会議で、せっかくこれからマイナンバーカードを普及していくという取組を始めるのであれば、せめて戸籍名と旧姓と併記にしてほしいという提案をしたんですが、そのときは甘利大臣が担当だったように思うのですが、もう既にシステム設計ができ上がっていて間に合わないということでございました

高市早苗

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 第1号

○大河原分科員 どうしても戸籍名でなければならない部分があるわけです。  そこを超えていくために、わざわざトラブルが起きるようなことを例えばパスポートでやってしまうとか。そうではなくて、世界の水準に並んで、選択的夫婦別氏、つまり、同じ姓を選びたい人、当然ながら、いいわけですよ。そして、別々にしたい、そういう人たちも可能です。

大河原雅子

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第二分科会 第1号

例えば、同性パートナーであっても、自分が自認する性で書いた場合、戸籍上は、男性、男性なんだけれども、そのうちのお一人が女性を自認していて、戸籍上は、男性、男性と書くべきなんだけれども、男性、女性というふうになった、しかも名前も通称で書いた、こういう場合は、本当は同性パートナーなんだけれども、この場合は論理的矛盾は起こらずに、普通の異性婚の家族というふうに、夫婦として扱われるわけですね。

源馬謙太郎

2020-02-20 第201回国会 衆議院 総務委員会 第5号

だから、法務省はちょっと、森大臣はまた議論したいと思いますが、法務省だけはおいておいて、要は、戸籍のあり方とかを議論し出すとまた大議論になるので、せっかく高市大臣のイニシアチブで、戸籍で氏を公証、氏名を公証するのではなくて、住民票で旧氏、旧姓を公証していただいている、これはすごいインフラだと思うんです。その高市大臣がつくられたすごい画期的なインフラをまだ日本社会は受容していない。

足立康史

2020-02-20 第201回国会 衆議院 総務委員会 第5号

それぞれ所管している役所も違いますけれども、今は総務省に関して、所管している士業だけ申し上げましたけれども、その団体の内規によって、これは旧姓だけでも大丈夫ですよとか、併記ですよとか、戸籍名でしかだめですよとか、いろいろ団体によってばらばらでありました。総務省の所管団体も、全部が全部とはまだ言い切れませんが、おおむね併記という状況になっております。  

高市早苗

2020-02-20 第201回国会 衆議院 総務委員会 第5号

だから、本当に旧氏、旧姓社会的に使えるようになれば、変な話、氏はちょっと使用を控えていただくというか、結局、旧姓を使いたい、選択的夫婦別姓を望んでいらっしゃる配偶者の方の多くは、私は、もう一つの戸籍上の氏を、両方、二つの氏を使い回したいんだなんという方を聞いたことがありません。だから、併記というのは複雑にしているだけなんです。私の仮説ですよ、私の仮説。  

足立康史

2020-02-12 第201回国会 参議院 国民生活・経済に関する調査会 第1号

あらゆる公の支援というのは戸籍をベースに受けられたり受けられなかったりというのがあります。また、日本住所コンシャスというか、住所がないとなかなか就職もままならなかったり、保育園が転園できなかったり、小学校に入れなかったり、でも、不動産屋に行くとしっかりした保証人を求められて、それから前年の年収を求められて、なかなか新しい住所を確保するというのが難しかったりします。

伊藤孝恵

2020-02-10 第201回国会 衆議院 予算委員会 第10号

自治体が一つの事業者として見られたときに、その事業者が実際に払っている消費税、例えば建物をつけた、工事請負費に消費税率を上乗せして払っている、こうしたものの方が多くて、負担が大きくて、いいですか、例えば住民票を交付した、戸籍を交付した、そのときに消費税が賦課されています。そうやっていただいた、事業主としていただいたお金と比較すると、自治体は全く大幅な赤字です。わかっていますか、それ。

福田昭夫

2020-02-10 第201回国会 衆議院 予算委員会 第10号

今、例えば在留資格訴訟を起こすときには、森法務大臣旧姓で森法務大臣として書いた方がいいのか、あるいは戸籍名で書いた方がいいのか、国民も悩みます。どちらもこれは受け取るようにしているという話を聞きましたが、ただ、国が今度は当事者となって主体的に行うときには戸籍名を使っているという話も聞いております。  そういう意味で、国民としても、どちらが採用されるのかというのが非常にわかりづらい。

串田誠一

2020-02-04 第201回国会 衆議院 予算委員会 第6号

○足立委員 自民党の公約に書いてある今のとおりであれば、この表であれば一番左側、旧姓併記、あるいは私たちが提案している、旧姓戸籍に書いて公証していく、その案ですよ。  小泉大臣がマイクに向かって言うべきは、いや、私は皆さんと一緒で、選択的夫婦別姓に賛成だと言うべきじゃないんです。民主党共産党の提案には反対だと言うべきなんですよ。それが政治家の発言なんです。僣越ながら、済みません。

足立康史

2020-02-04 第201回国会 衆議院 予算委員会 第6号

大事なことは、民法戸籍法にどういう変容をもたらすか。  森大臣、私、幅はあると思いますよ。今の自民党の旧姓併記、私は、これはややこしいと思う。それから、維新の会が皆さんが合意できる案として提案している、旧姓戸籍に書いて、要は、住民票じゃなくて、パスポートじゃなくて、戸籍旧姓自体を書いちゃって公証できるようにする、でも、それは氏ではないというのがうちの案です。

足立康史

2020-02-04 第201回国会 衆議院 予算委員会 第6号

何か戸籍を神聖視する方がいらっしゃいますが、法務大臣、もう一度、戸籍って、皆さん御存じですか、時期が来たら捨てられているんですよ。八十年から百五十年に今は延ばしましたが、平成二十二年に。平成二十二年に法改正されるまでは、戸籍は捨てられていたんです、八十年たったら。捨てられた戸籍が、既に捨てられたものがある。そうですよね、法務大臣

足立康史

2020-01-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第1号

この制度使用者を所有者とみなして課税することの前提として行う調査につきましては、住民票戸籍などの公簿上の調査に加えまして、実際に当該資産を使用している方や、それからその他の関係者への質問などの実地調査も想定をいたしております。その具体的な内容につきましては今後政令などで定めることといたしておりますけれども、各市町村の実態を踏まえて、より実効的なものになるように工夫をしてまいります。

高市早苗

2020-01-28 第201回国会 衆議院 総務委員会 第1号

ちょうど去年、相続の手続をしなきゃいけなくて、親は奈良で死にまして、それで、私は東京で仕事をしながら、税理士さんや弁護士さんとやりとりをしていたんですが、そのとき、住民票ですとか戸籍の証明書ですとか印鑑証明ですとか、こういったものが必要になりまして、マイナンバーカードを使って東京のコンビニでそれをとって関西の方に送らせていただいたり、これはとても便利でございました。  

高市早苗