運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
25508件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-10-04 第200回国会 衆議院 本会議 1号

日本国憲法の下、第一回の国会、初の国会が開かれた昭和二十二年、戦争で全てを失った我が国は、いまだ、塗炭の苦しみの中にありました。  しかし、この議場に集った先人たちのまなざしは、ただ未来にのみ向けられていた。ひたすらにこの国の未来を信じ、大きな責任感の下に議論を重ね、そして、力強い復興を成し遂げました。高度成長を実現し、平和で豊かな日本を、今を生きる私たちに引き渡してくれました。  

安倍晋三

2019-10-04 第200回国会 参議院 本会議 1号

日本国憲法の下、第一回の国会、初の国会が開かれた昭和二十二年、戦争で全てを失った我が国は、いまだ塗炭の苦しみの中にありました。  しかし、この議場に集った先人たちのまなざしは、ただ未来にのみ向けられていた。ひたすらにこの国の未来を信じ、大きな責任感の下に議論を重ね、そして、力強い復興を成し遂げました。高度成長を実現し、平和で豊かな日本を、今を生きる私たちに引き渡してくれました。  

安倍晋三

2019-06-26 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 19号

                浅田  均君                 井上 哲士君                 伊波 洋一君    事務局側        常任委員会専門        員        神田  茂君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○イージス・アショアの配備を行わないことに関  する請願(第二三号) ○軍備増強計画の中止に関する請願(第九一号外  三一件) ○戦争

None

2019-06-26 第198回国会 参議院 憲法審査会 1号

立憲主義の原則を堅持し、憲法九条を守り、い  かすことに関する請願(第三九八号外一件) ○日本国憲法を守り、いかすことに関する請願(  第一〇二六号外一三件) ○憲法の改悪に反対し、第九条を守り、いかすこ  とに関する請願(第一〇四〇号) ○憲法審査会における改正内容の審議促進を求め  ることに関する請願(第一二八七号外四二件) ○憲法九条を変えないことに関する請願(第二  八八二号) ○日本戦争

None

2019-06-26 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 11号

陽一君   和田 義明君     古川  康君 同日  辞任         補欠選任   穴見 陽一君     小田原 潔君   古川  康君     和田 義明君     ――――――――――――― 六月十九日  本土からの辺野古埋め立て用の土砂搬出計画をやめることに関する請願照屋寛徳紹介)(第二六五〇号)  同(辻元清美紹介)(第二七七三号)  同(屋良朝博君紹介)(第二七七四号)  戦争

None

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

不信任の第三の理由は、憲法九条改定によって、海外戦争する国への暴走の道を突き進もうとしていることです。  安倍総理の改憲案のどこが問題か。それをみずから明らかにしているのが、自民党が取りまとめた九条改憲の条文案です。  条文案では、九条二項の後に、前条の規定は、自衛の措置をとることを妨げないとして、自衛隊を明記するものとなっています。

志位和夫

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

平成三十年間、我が国は直接に戦争の当事者となることのない、ある意味で平和な時代を過ごすことができました。しかし、これは、私自身も含めて戦後生まれの人間にとっては当たり前のように感じられますが、決してそうではありません。近代以降、明治大正昭和も、我が国は我が国が当事者となる戦争を行ってきました。初めて、平成の三十年間、そうしたことがない平和の時代を過ごしたのであります。  

枝野幸男

2019-06-24 第198回国会 参議院 本会議 29号

戦前戦後代表する社会学者、丸山眞男氏は、戦前の政府、軍関係者には、上級者の考えを過度にそんたくする傾向が浸透し、上級者が言ったことだからいい、上級者の命令だから仕方ないという論理、個人責任を棚上げする心理が形成され、そのことが戦争を招いた一因になったと分析しています。しかも、当事者にはその自覚症状がなく、責任意識が希薄であったと指摘し、丸山氏はこれを無責任の体系と呼びました。  

大塚耕平

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

例えば、米中貿易戦争に端を発した景気減速と十月の消費増税実施に関わる問題。軽減税率の導入はなお相当な混乱が予想されますし、そもそも、過去二度の増税延期のときよりは今の方がはるかに懸念大です。  そして、とにかく配備ありきで突っ走ったとしか思えないイージス・アショアの配備計画に関する調査データの誤り。

杉尾秀哉

2019-06-19 第198回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

これから米中の貿易戦争も厳しくなりますから、ある種、外需に頼れない経済になっていく。そんな中で、しっかりと内需、とりわけ消費、家計を下支えする経済政策が今こそ必要だと思います。  私たちは、国民民主党としても、家計第一の経済政策、これをしっかり掲げて、子育てやあるいは家賃補助……

玉木雄一郎

2019-06-18 第198回国会 参議院 財政金融委員会 13号

渡辺喜美君 アメリカの長期金利が相当低下してきているというのは、恐らく米中貿易戦争というのが相当長期化するだろうということを織り込んできている可能性もあります。今月決着が付くのか付かないのか分かりませんけれども、これは相当覚悟して掛かっていかなければならない。それから、十月には合意なきブレグジットが起こる可能性が残念ながら高くなってきた。この辺りの評価をどうされておられるでしょうか。

渡辺喜美

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 18号

そういう中で、この二国間の会談という中で先方から、戦争を求めるものではない、核兵器を追求しているということではないということをしっかりと引き出すことができたというのは大いにこの緊張緩和に資すると思っておりますし、また、様々な日本イランのこれまでの伝統的な友好関係に基づいてしっかりとしたコミュニケーションのチャンネルというものが築けたということが、今後もこの地域の偶発的な衝突の防止あるいは緊張緩和に

河野太郎

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 18号

大臣、次の質問ですが、こういうことをすると、いざアメリカ地球の裏側などで戦争を始めたときに自衛隊を出してくれと言ったときに、これ断れなくなるんですよ、政治的に。このトランプ大統領、あのグレートシップをアメリカ国民のために、アメリカ兵士のために出してくれと言ったら、これ政治的に断れなくなるんです。アメリカ戦争に引きずり込まれることになるんじゃないですか。

小西洋之

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 10号

誠司君     緑川 貴士君   下地 幹郎君     串田 誠一君 同日  辞任         補欠選任   佐藤 明男君     鈴木 貴子君   藤丸  敏君     北村 誠吾君   緑川 貴士君     前原 誠司君   串田 誠一君     下地 幹郎君     ――――――――――――― 六月七日  イージス・アショア配備計画の撤回に関する請願赤嶺政賢紹介)(第一六八七号)  戦争

None

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 10号

日本は、言うまでもなく、アメリカイランの関係が悪化した一九七九年のイスラム革命後もイランと関係を保ち、八〇年代のイラン・イラク戦争時は中立外交を維持しました。アメリカのトランプ大統領と安倍総理の親密な関係は世界でも群を抜いているわけでございます。五月の来日時に、トランプ大統領は安倍総理のイラン訪問を歓迎したと言われております。双方から信頼されるのは日本の強みである、そのように考えております。  

佐藤茂樹

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

安倍総理は、トランプ大統領と会うたびに日米同盟の強化ばかりを強調し、新ガイドライン憲法違反の安保法制に基づく地球規模での日米一体の戦争する国づくりを推進し、沖縄でも本土でも民意を踏みにじって米軍基地を増強してきました。二〇一七年度の軍事費決算額五兆二千七百四十二億円は、最高額を五年連続更新する大軍拡です。  辺野古新基地建設は直ちに中止し、普天間基地の閉鎖、撤去を米国に強く求めるべきです。  

仁比聡平

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

そういう流れの中で、今、先ほどの、いわゆる米中の戦争は、大国同士の戦争はないけれども、その代わり同盟国周辺では戦争を起こし得るという状況で、長期的な戦略といいますか、それを解消しようという戦略が今行われているのではないかというふうに思うんですね。  

伊波洋一

2019-06-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 16号

それから、北朝鮮からミサイルが飛んできたときの戦争被害補償法制も、諸外国にはあるけれども日本にはない。情報機関もない。とんでもない後進国でありまして、ぜひ、与党の皆様には、憲法九条の改正の議論と並行して。これは、今度の参院選のマニフェストにも我々は入れています。だから参院選で、自民党、四百人ですよと言いまくりますからね、街頭で。  

足立康史

2019-06-12 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 16号

それから、ほかの委員会では、ほかの委員会だったかな、ほかにもいろいろ、国立墓地の、追悼施設靖国神社の問題とか、それから戦争被害補償法制とか、世界の中で日本が繁栄を続けていくために必要な立法活動というのはもういっぱいあるわけですけれども、何にもやっていない、自民党は。  きょうは経済産業委員会ですので、前と同じように石川局長にもおいでをいただいています。  もういいですね。

足立康史

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

安倍総理は、トランプ大統領と会うたびに日米同盟の強化ばかりを強調し、より大きな役割及び責任を果たすと言って、新ガイドライン安保法制、戦争法に基づく地球規模での米軍と自衛隊軍事協力海外戦争する国づくりを推進してきました。本決算軍事費決算額五兆二千七百四十二億円は、最高額を五年連続更新する大軍拡です。  

仁比聡平

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

今、半導体、米中貿易戦争をやっております。私、日銀時代に半導体の関連産業の調査も担当したことがあって、たまたま土地カンがあるんですけれども、半導体やシリコンウエハー、そこまではもう完全に下流の方から、中国や韓国、台湾に言わば相当やられていますけれども、シリコンインゴットのところは、ここは日本ドイツがまだ握っているんです。ここをどう守っていくのか。  

大塚耕平

2019-06-07 第198回国会 参議院 本会議 24号

安倍内閣戦争する国づくりを加速させる危険な計画にほかなりません。  まず、F35ステルス戦闘機について聞きます。  日本で組み立てた初号機である航空自衛隊のF35が、四月、青森沖で墜落しました。今朝、パイロットの遺体の一部が発見されたとの発表がありました。お悔やみを申し上げます。まだ機体の大半もメモリーも発見されておらず、事故後、飛行は中止されています。  

井上哲士

2019-06-07 第198回国会 参議院 本会議 24号

北方領土で、戦争を、取り返す是非について言及した衆議院議員については言語道断です。私たち政治家は、相手がどういう国であれ、戦争だけは絶対に避ける、その知恵を絞るのが我々政治家の役割じゃないんでしょうか。それを強調したいと思います。  さらに、我々が先般来、参議院規則にのっとって強く要求しております予算委員会がなぜ開催されないんでしょうか。

白眞勲

2019-06-07 第198回国会 参議院 本会議 24号

我が国は、唯一の戦争被爆国として、核兵器のない世界の実現に向けた国際社会の取組をリードしていく使命を有しています。これは、私の揺るぎない信念であり、我が国の確固たる方針であります。  我が国は、非核兵器国のみならず、核兵器国をもしっかりと巻き込んだ核軍縮の取組を進めていくことを重視しています。  

安倍晋三

2019-06-06 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 9号

社民党は、防衛大綱と中期防は、米トランプ政権の対日圧力に追従した高額兵器購入の拡大と、いわゆる戦争法に基づく、憲法専守防衛を逸脱した軍拡計画そのものであると強く批判します。  特に、防衛大綱及び中期防における海上自衛隊ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」型二隻の改修は、事実上の攻撃型空母にほかなりません。断固撤回を求めます。  

照屋寛徳

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

ベトナム戦争でまかれた枯れ葉剤によってつくられたダイオキシンが三世代にわたって影響を与えるということもありました。枯れ葉剤という、このグリホサートの影響というのはただダイオキシンとは違いますけれども、しかし、同様に世代にわたる影響があるかもしれないということにも言われております。  

川田龍平

2019-06-05 第198回国会 衆議院 外務委員会 11号

それに対抗するのに一発何億円というミサイル対抗していたのでは、財政的にも疲弊をいたしますし、とても太刀打ちができないということから、今後どのような展開になっていくのかというのは、これは国際的にも今、戦争のやり方が変わる、火薬核兵器に次いで第三の戦争における革命が起きる、あるいはもう既に起き始めている、そう言われているところでございますので、今回の三十日付ですか、そういうメディアの報道というのは、

河野太郎