運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
32675件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

こうした問題意識のない安倍政権は、到底信任することができません。  更に申し上げれば、こうした個人消費が伸びずに消費不況の状況にある中で、安倍政権は十月からの消費税増税に踏み切ろうとしています。消費が冷え込み、しかも、そこに大きな心理的要素も背景に横たわっています。こんな状況の中で消費税を引き上げれば、消費が更に冷え込み、経済に打撃を与えることは間違いありません。  

枝野幸男

2019-06-24 第198回国会 参議院 本会議 29号

テレビ映りだけを意識して、針小棒大のパフォーマンス。選挙目当てで国民不在。所属政党ころころ変える。対案なしで何でも反対。やること全てがブーメラン。もう悪夢は絶対見たくない。  皆さん、やじっている場合ではありません。冷静に、私たち国会議員に求められている責任を厳粛に自覚しましょう。  国民が求めているのは、足の引っ張り合いではありません。しっかりと政策論をしてほしい。

三原じゅん子

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

また今後、特に若手職員の士気に配慮しながら、着実にそして将来をしっかり見据えて、財務省全体の意識改革を進めてまいります。同時に、財務省が担う行政分野のさまざまな課題について、引き続き責任を持って取り組んでまいります。私のリーダーシップのもと、職員一同が一致団結し、ただいま申し上げたような取組を全力で進め、もって再発防止、信頼回復に努めてまいりたいと考えております。

川内博史

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

全く人権意識がないことを露呈する発言は枚挙にいとまがありません。  都合が悪いところころと態度を変え、不都合な真実を隠すため、改ざんどころか抹殺を図り、不祥事があれば全て責任官僚に押しつけ、人の心を傷つける発言を繰り返す、こんな方が大臣の席に座り続ける理由を一つとして見つけることができません。  

今井雅人

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

麻生大臣は、調査結果をまとめて、関係者の処分を行った上で、財務省全体の意識改革、コンプライアンス改革を陣頭に立って進めており、今まさにその責任を果たしていらっしゃるところであります。大臣をやめれば問題が解決するがごとくの野党諸君の不信任案は、幼稚な提案としか言いようがありません。  麻生大臣が不適切な発言を重ねているという指摘もあります。  

土井亨

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

公表翌日の四日の閣議記者会見麻生大臣は、この報告書に関連して資産形成に対する問題意識を記者から問われた際に、人生設計を考える手伝いを金融機関がやった方がいいというのが金融庁基本的な考え方と肯定的に評価していました。  その後、この報告書に対して野党から年金制度が崩壊しているとの声が上がったことを受けて、麻生大臣は、六月七日には表現が不適切だったと言い出しました。

江崎孝

2019-06-19 第198回国会 衆議院 経済産業委員会 17号

まあ、だから、仲よく同じような勘違いの中で、あるいは、こういうふうに国民に思ってほしいというような意識が私はあるような気がしてならないんですね。  そこで、私の次の質問大臣にお尋ねしますけれども、中東依存は、安定供給が非常に求められるこの電力に関して、一割今あるということであります。

田嶋要

2019-06-19 第198回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

そのものは、一つの仮定なりモデルを前提として、二千万円というのは、あるモデルに当てはまる人にとっては老後必要な金額ということかもしれませんが、今回のことを契機にして、従来から、それは例えばこの二千万円のケースで想定されている二十万円弱の年金国民年金の方はとてもこんな金額の年金を受け取っていませんし受け取ることもありません、そうした皆さんたちは、従来から、この年金だけでは老後食べていけないということを意識

枝野幸男

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

この市区町村の相談員については今八割のところでゼロだという状況ありますし、兼務ということでいいますと六割になっているわけですから、専念するということについては不十分な体制にあるということは、これ共有できる問題意識だというふうに思うわけです。  

倉林明子

2019-06-18 第198回国会 参議院 財政金融委員会 13号

御指摘の六月四日の会見では、老後の資産形成について、私自身の問題意識についての御質問でしたでしょう。したがいまして、高齢化社会におきましては、個々人がしっかりと自らの人生設計を考えて、金融サービスとかそういう提供をする人はその手伝いをしていくといったことを考えながら行動していかなきゃならないという基本的な考え方をこのときしゃべっております。  

麻生太郎

2019-06-18 第198回国会 参議院 財政金融委員会 13号

報告書をきっかけに、金融サービスの利用者である個々人及び金融サービス提供者を始め幅広い関係者の意識が高まり、具体的な行動につながっていくことを期待したものでございましたが、この報告書においては、家計調査における高齢者世帯の平均的な収入と支出の差を比較して、あたかも公的年金だけでは生活費として月五万円足らないかのように、また、老後三十年で二千万円が不足するかのように述べており、世間に著しい誤解や不安を

三井秀範

2019-06-18 第198回国会 参議院 財政金融委員会 13号

世帯の四分の一を占めております高齢化世帯というものが過度な将来負担を持たずに積極的に消費をしていただけるよう意識を切り替えていくことが重要でありということもしゃべっておると思いますが、そのような環境を整えるべきとの趣旨で申し上げたものであって、高齢者をいかにも侮蔑しているような言い方に聞こえますけど、そのようなつもりはございません。

麻生太郎

2019-06-18 第198回国会 参議院 文教科学委員会 13号

副大臣はさっき、何かそのことも意識して、副大臣が読み上げた原稿の中には三か月余り遅れることがあるかもなんてちょっと言葉がありましたけど、三か月じゃないですよ、十一月が四月に延びるんだから五か月ですよ。  それで、今現在は大体合格者が千五百人台。どうでしょう、法務省、在学中に合格する人数の見込みは大体どのくらいになると読んでいますか。

小川敏夫

2019-06-18 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 10号

これによって得られている情報、それから、地上レーダー等の各種記録、隊員からの聞き取り等を総合的に分析した結果、既にこれも発表しておりますように、事故原因につきましては、機体に異常が発生した可能性は極めて低く、操縦者が空間識失調に陥っており、そのことを本人が意識していなかった可能性が高いものと考えております。  

岩屋毅

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

政府は、障害者雇用の促進に対する基本認識の欠如と法の理念に対する意識の低さがあったことを重く受け止め、公的機関における障害者雇用状況についての的確な把握と法定雇用率の達成に全力で取り組むとともに、障害者の民間企業から公的機関への転職の実態を調査した上で、民間企業との競合を防ぐために必要な措置を講じるべきである。  

石井みどり

2019-06-14 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 16号

ここで申し上げているのは、公的年金リスクであるというふうに書いているわけではございませんで、自分の民間貯蓄が底をつくリスクということで書かせていただいているものでありまして、それでは、貯蓄というものをいかに長く、賢く、そして安全に長もちさせるかということを勉強する必要がある、こういう問題意識でございます。

三井秀範

2019-06-14 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 16号

御指摘のまず六月四日の会見の話からですけれども、これは、老後の資産形成について、問題意識について御質問を受けましたので、高齢者におきましては個々人がしっかりとみずからの人生設計を考え、金融サービス提供者はその手伝いをしていくといったことを考えながら行動していかなければならないのではないかというのが私の基本的な考え方です。そう言っていますでしょう、多分その資料をお持ちなんだと思いますけれども。

麻生太郎

2019-06-14 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 16号

更に豊かな老後か自助努力なのか、これは意識の違いであります。  老後の生活設計の柱、それを、細いものなのか太いものなのか、年金で足りるか足りないかも人それぞれですよ。でも、それでどうするのというのが政府じゃないですか。時の政権の副総理として、それが、その言葉でとめてしまえば、国としては身もふたもないんじゃないですか。最後にお答えください。

緑川貴士

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

それは、今回、限定免許になる前に、そういうような意識がある人間はそういう装置を備えないと、場合によっては過失に問われるんだというような考え方というのは私は必要なんじゃないかと思うんですが、法務省として、これは法律解釈としてあり得るのかどうかの御答弁をいただきたいと思います。

串田誠一

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

ですから、意識を持つだけで結果に結びつくという、大変に重要なことであると思います。  そういったことからも、しっかりと、更に具体的に、意識を変えた上で具体的に取り組む中で、着実に前に進めることができるかと思いますので、ぜひとも国民の皆様に、どのように取り組めばいいのか、イメージを持って取り組んでいけるような、そういった具体的な情報提供も重要になってくるかと思います。  

鰐淵洋子

2019-06-13 第198回国会 参議院 経済産業委員会 13号

独占禁止法研究会の中では、ここに限りませんで、調査の中で様々なその妨害行為というのは、行われた仮装行為などがあるのではないかという問題は意識されておりました。その中で、今回の改正の中で、現行の課徴金制度の中で対応できる行為について、今申し上げた二つの点を追加して規定したということでございます。

菅久修一

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

厚労省としてそういう意識の調査というのを本当はやったことがないということなんだと思うんです。  今御紹介いただいたのは、資料として、ちょうどびったし合いまして、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの資料を添付しております。これ見ていただいたらはっきりするんですけれども、約六割の大人が子供に対する体罰を容認している、そして約七割の子育て中の人が子供をたたく、これ日本の現状だと思うんですけれども。  

倉林明子

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

もう私、前者の方は、日本独自の主権の問題については、これは基本的に日本が何とかせにゃいかぬ問題であると思っておりますし、そして、米中の競争というのか対立というのか、その中で果たして日本の役割がどれだけ効いているかというのは、実は、何というんでしょうか、物の数からいっても体制からいっても、やはりそこは中国基本的にアメリカ意識し、アメリカ軍を見ているということだと思うんですね。  

柳澤協二

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

参考人柳澤協二君) 例えば、例えばというか、主な問題意識は尖閣の問題なんでありますけれども、あれは、私は実は野田政権のときに若干雑なやり方で国有化をしたというのが非常に今日問題を長引かせている大きな要因になっていると思うんですが、要は、お互い、お互いというか、日本は正式には領有権の問題は存在しないという立場ですが、相手はそう思っていないわけですね。

柳澤協二

2019-06-13 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 17号

そのときには、それほど宇宙に関しては皆さんの意識はなかったと思うんですが、今、本当に皆さんも、いろんなところにも記事になっておりますが、大変これは危険なあれだと思います。  そういう中で、一つ岩崎参考人に、宇宙ごみを今後どういう形で収集して、どういうふうにしたらいいのか、お聞かせください。

アントニオ猪木

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 22号

今度の事件におきましては、警察児童相談所との情報共有が全くなされていない、意識の共通化も図られていない。この連携不足、これも従来からずっと国も県も市もわかっていながら、できていないのはなぜなのかということを、しっかりと国としては改善に向けてやっていただきたいと思います。  これは通告しておりませんけれども、最後に副大臣、いかがでしょうか。

早稲田夕季

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 22号

岡本(あ)委員「内閣府責任について、このもろもろで」と呼ぶ)  もろもろということでありますが、企業主導型保育事業に関するさまざまな問題につきましては、児童育成協会だけではなく、内閣府が事業を進めてきた中で、量の整備に重点が置かれ過ぎ、質の確保への意識が必ずしも十分ではなかったのではないか。

宮腰光寛

2019-06-12 第198回国会 衆議院 内閣委員会 22号

今、危機意識が薄かったとおっしゃいましたけれども、これを御存じなかったのか。例えば、そこに駆けつけた職員さん、ケースワーカーさんなのか、そういうことも考えられますが、そうしたなぜというところを、今おわかりになる範囲でお答えいただきたいと私は思うんですが、いかがでしょうか。四十八時間ルールを御存じだったのかどうかも含めてですね。

早稲田夕季