運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
18246件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-08-05 第199回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 2号

      三谷 英弘君    宮澤 博行君       阿久津幸彦君    岡本あき子君       神谷  裕君    矢上 雅義君       山川百合子君    山崎  誠君       小熊 慎司君    近藤 和也君       森田 俊和君    中野 洋昌君       鰐淵 洋子君    高橋千鶴子君       森  夏枝君    玄葉光一郎君     …………………………………    復興大臣政務官

None

2019-08-05 第199回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 2号

第百九十六回国会、階猛君外五名提出、被災者生活再建支援法の一部を改正する法律案  第百九十六回国会、階猛君外五名提出、東日本大震災復興特別区域法の一部を改正する法律案  第百九十六回国会、階猛君外五名提出、東日本大震災からの復興の推進のための相続に係る移転促進区域内の土地等の処分の円滑化に関する法律案  及び  第百九十八回国会、金子恵美君外六名提出、災害弔慰金の支給等に関する法律の一部を改正する法律案

古川禎久

2019-08-05 第199回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 2号

○委員長(徳永エリ君) ただいまから東日本大震災復興特別委員会を開会いたします。  継続調査要求に関する件についてお諮りをいたします。  東日本大震災復興の総合的対策に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

徳永エリ

2019-08-05 第199回国会 衆議院 議院運営委員会 2号

公職選挙法改正に関する件  沖縄及び北方問題に関する特別委員会   一、沖縄及び北方問題に関する件  北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会   一、北朝鮮による拉致問題等に関する件  消費者問題に関する特別委員会   一、消費者の利益の擁護及び増進等に関する総合的な対策に関する件  科学技術・イノベーション推進特別委員会   一、科学技術、イノベーション推進の総合的な対策に関する件  東日本大震災復興特別委員会

高市早苗

2019-08-01 第199回国会 参議院 本会議 1号

北朝鮮による拉致等に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため、委員二十名から成る北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を、  政府開発援助を始めとする国際援助・協力に関する諸問題を調査するため、委員三十名から成る政府開発援助等に関する特別委員会を、  消費者の利益の擁護及び増進等に関する総合的な対策を樹立するため、委員二十五名から成る消費者問題に関する特別委員会を、  また、東日本大震災からの復興

山東昭子

2019-08-01 第199回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 1号

○真山勇一君 ただいまから東日本大震災復興特別委員会を開会いたします。  本院規則第八十条第二項の規定により、年長のゆえをもちまして私が委員長の選任につきその議事を主宰いたします。よろしくお願いします。  これより委員長の選任を行います。  つきましては、選任の方法はいかがいたしましょうか。

真山勇一

2019-08-01 第199回国会 衆議院 議院運営委員会 1号

まず、災害対策特別委員会、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会、沖縄及び北方問題に関する特別委員会、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会、消費者問題に関する特別委員会、科学技術・イノベーション推進特別委員会、東日本大震災復興特別委員会、原子力問題調査特別委員会の設置につきお諮りをいたしまして、全会一致でございます。

岡田憲治

2019-08-01 第199回国会 衆議院 議院運営委員会 1号

○高市委員長 次に、特別委員会設置の件についてでありますが、委員おのおの四十人よりなる災害対策特別委員会、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会、委員おのおの二十五人よりなる沖縄及び北方問題に関する特別委員会、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会、委員おのおの三十五人よりなる消費者問題に関する特別委員会、科学技術・イノベーション推進特別委員会、委員四十五人よりなる東日本大震災復興特別委員会

高市早苗

2019-08-01 第199回国会 衆議院 本会議 1号

北方問題に関する特別委員会、北朝鮮による拉致等に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため委員二十五人よりなる北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会、消費者の利益の擁護及び増進等に関する総合的な対策を樹立するため委員三十五人よりなる消費者問題に関する特別委員会、科学技術、イノベーション推進の総合的な対策を樹立するため委員三十五人よりなる科学技術・イノベーション推進特別委員会、東日本大震災からの復興

None

2019-08-01 第199回国会 衆議院 本会議 1号

関する特別委員会  北朝鮮による拉致等に関する諸問題を調査し、その対策樹立に資するため委員二十五人よりなる北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会  消費者の利益の擁護及び増進等に関する総合的な対策を樹立するため委員三十五人よりなる消費者問題に関する特別委員会  科学技術、イノベーション推進の総合的な対策を樹立するため委員三十五人よりなる科学技術・イノベーション推進特別委員会  東日本大震災からの復興

大島理森

2019-06-26 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 34号

公職選挙法改正に関する件  沖縄及び北方問題に関する特別委員会   一、沖縄及び北方問題に関する件  北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会   一、北朝鮮による拉致問題等に関する件  消費者問題に関する特別委員会   一、消費者の利益の擁護及び増進等に関する総合的な対策に関する件  科学技術・イノベーション推進特別委員会   一、科学技術、イノベーション推進の総合的な対策に関する件  東日本大震災復興特別委員会

高市早苗

2019-06-26 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 18号

田村貴昭君紹介)(第二〇六一号)  同(高橋千鶴子君紹介)(第二〇六二号)  同(畑野君枝君紹介)(第二〇六三号)  同(藤野保史君紹介)(第二〇六四号)  同(宮本徹君紹介)(第二〇六五号)  同(本村伸子君紹介)(第二〇六六号)  同(森田俊和君紹介)(第二〇六七号)  同(横光克彦君紹介)(第二〇六八号)  同(逢坂誠二君紹介)(第二一八三号)  同(山内康一君紹介)(第二一八四号)  震災復興

None

2019-06-26 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 19号

請願(  第一二五四号外一三四件) ○難病・長期慢性疾病・小児慢性特定疾病対策の  総合的な推進に関する請願(第一五一八号外六  〇件) ○高過ぎる国民健康保険料(税)の引下げへ抜本  的改善を求めることに関する請願(第一五九四  号外二件) ○国の責任で社会保障制度の拡充を求めることに  関する請願(第一八五四号外一三件) ○精神保健医療福祉の改善に関する請願(第一八  六八号外一六件) ○震災復興

None

2019-06-26 第198回国会 衆議院 災害対策特別委員会 5号

なお、今会期中、本委員会に参考のため送付されました陳情書及び意見書は、お手元に配付いたしておりますとおり、豪雨災害からの早期の復旧・復興及び治山・治水対策の推進に関する陳情書外五件、義援金差押禁止法の恒久化を求める意見書外百四十五件であります。      ――――◇―――――

望月義夫

2019-06-26 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 6号

(拍手)  東日本大震災からの復興はまだまだ道半ばというところでございます。これからも様々力を合わせながら、一日も早い復興に向けて皆様と力を尽くしていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。  それでは、本日はこれにて散会いたします。    午前十時十七分散会

徳永エリ

2019-06-26 第198回国会 参議院 国土交通委員会 19号

鉄道災害復旧基金の創設、リニア中央新幹線の  工事中止に関する請願(第一六一号外三一件) ○ライドシェア(白タク)の合法化に反対するこ  とに関する請願(第五〇一号外六件) ○建設業法に基づく下請取引適正化に関する請願  (第一一〇〇号外一三件) ○国土交通省の機構拡充・職員の確保に関する請  願(第一七〇九号外三九件) ○気象事業の整備拡充を求めることに関する請願  (第一八八二号外三〇件) ○震災復興

None

2019-06-26 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 5号

      宮澤 博行君    八木 哲也君       阿久津幸彦君    岡本あき子君       神谷  裕君    矢上 雅義君       山川百合子君    山崎  誠君       小熊 慎司君    近藤 和也君       森田 俊和君    中野 洋昌君       鰐淵 洋子君    高橋千鶴子君       森  夏枝君    玄葉光一郎君     …………………………………    復興大臣政務官

None

2019-06-26 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 5号

なお、お手元に配付してありますとおり、今会期中、本委員会に参考送付されました陳情書は、東日本大震災からの復旧・復興対策に関する陳情書外二件、また、地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、原発事故避難者への支援の継続を求める意見書外三十件であります。      ――――◇―――――

古川禎久

2019-06-26 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 5号

第百九十六回国会、階猛君外五名提出、被災者生活再建支援法の一部を改正する法律案  第百九十六回国会、階猛君外五名提出、東日本大震災復興特別区域法の一部を改正する法律案  第百九十六回国会、階猛君外五名提出、東日本大震災からの復興の推進のための相続に係る移転促進区域内の土地等の処分の円滑化に関する法律案  及び  金子恵美君外六名提出、災害弔慰金の支給等に関する法律の一部を改正する法律案 並びに  東日本大震災復興

古川禎久

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

構造的に、それまでの戦後復興から高度成長という時代状況が大きく変化したのであります。  かつて日本が途上国あるいは新興国であった時代と異なり、先進成熟社会となった日本は、他の途上国の成長によって、もはや規格大量生産では稼げない時代に入っています。このため、輸出を伸ばしても、それによって稼いだ富が国内の雇用や賃金増につながるような流れ方をしていきません。  

枝野幸男

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

我々野党も、この復興に関しては、先ほどお話がありましたように、与党、野党ございません。全力を尽くして我々も協力をさせていただきたいと思います。  さて、私は、国民民主党・無所属クラブを代表しまして、本日の議題である安倍内閣不信任決議案に賛成の立場で討論をいたします。(拍手)  先ほど、立憲民主党から、暮らし安心回復選挙とありました。いいと思います。

泉健太

2019-06-24 第198回国会 参議院 本会議 29号

東北だったからよかった、最後は金目でしょう、長靴業界はもうかったんじゃないか、それで何人死んだんだ、総理と麻生大臣をそんたくした、復興以上に重要なのは何々さん、もう耳を塞ぎたくなるような許し難い暴言の数々です。自民党は大丈夫ですか。一体どうなっているんですか。  そして、この任命権者は、もちろん安倍総理、あなたです。

福山哲郎

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

塚田国交副大臣のそんたくロード発言、櫻田五輪担当大臣の東日本大震災の復興以上に自民党の衆議院議員が大事発言が飛び出す中、安倍内閣の政治姿勢について厳しく問いただす必要等があったからです。  しかし、本日までの七十二日間、金子委員長は本院規則違反を犯し、この開会要求に応えることはありませんでした。

小西洋之

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

総理と副総理の地元を結ぶ道路の建設に関する塚田一郎前国交副大臣のいわゆるそんたく発言と、櫻田義孝前オリパラ担当大臣の、東北の復興以上に大事なのは同僚議員というあり得ない暴言。そういえば、その後、白須賀文科政務官の在京当番サボり問題というのもありました。  また、沖縄辺野古の新基地建設問題では、二月の県民投票に続いて沖縄三区の補選でも、再び辺野古移設反対の揺るぎない沖縄県民の民意が示されました。

杉尾秀哉

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

塚田一郎元国土交通副大臣はそんたく発言、櫻田義孝オリンピック・パラリンピック大臣は東日本大震災からの復興以上に衆議院議員が大事と発言。相次ぐ閣僚の更迭を受け、四月十二日、我々が参議院規則に基づき正式な予算委員会開会要求を提出してから本日で七十日、参議院予算委員会においてこのような露骨な先送りが行われたことは、平成以降、例がありません。  

森ゆうこ

2019-06-19 第198回国会 両院 国家基本政策委員会合同審査会 1号

農林水産大臣       吉川 貴盛君    経済産業大臣    国務大臣    (原子力損害賠償・廃炉等支援機構担当)      世耕 弘成君    国土交通大臣       石井 啓一君    環境大臣    国務大臣    (原子力防災担当)    原田 義昭君    防衛大臣         岩屋  毅君    国務大臣    (内閣官房長官)     菅  義偉君    国務大臣    (復興大臣

None

2019-06-18 第198回国会 衆議院 本会議 30号

国民の皆さんには、総額七・五兆円もの復興特別所得税を、この令和の時代、十九年までかけ続けています。その上、徹底行革なく消費税引上げです。国民の皆さんは納得しているのでしょうか。  維新は、有言実行です。言葉だけでの反対討論ではありません。平成二十六年四月に歳費削減をやめてからも、独自に、身を切る改革の一環として歳費の二割削減を現在も継続中。

杉本和巳