運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
6135件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

日ロ平和条約交渉においても、北方四島の帰属を明確にした上で平和条約締結するという従来の方針から、二島返還へと大きく軸足を後退させました。二島どころか石ころ一つ返ってくる兆しもありません。  我が国の固有の領土とか、ロシアによる不法占拠といった言葉を使えなくすることが、ミサイルミサイルと呼ばず飛翔体と呼ぶことが、戦後日本外交の総決算だったんでしょうか。  

野田佳彦

2019-06-24 第198回国会 参議院 本会議 29号

昨年秋、総理は、領土問題を解決して平和条約締結する、私とプーチン大統領の手で必ずや終止符を打つと大見えを切られました。しかしながら、平和条約交渉は順調に進んでいるようには見えません。外交青書からは、北方四島日本に帰属するという当たり前の記述も消されました。外務大臣は、北方四島日本固有の領土と発言しなくなりました。ロシアに不法占拠されているとも言わなくなりました。

福山哲郎

2019-06-05 第198回国会 衆議院 外務委員会 11号

○河野国務大臣 総理は、日ロ間ではこれまで多くの諸文書や諸合意が作成されてきており、これら全ての諸文書や諸合意に基づいて交渉を行ってきています、その中でも、一九五六年の日ソ共同宣言は、両国の立法府承認し、両国が批准した唯一の文書であり、現在も効力を有していることから、昨年十一月の日ロ首脳会談では、五六年共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることで一致をいたしましたという答弁をされております。

河野太郎

2019-05-16 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 14号

平和条約締結問題について、今回のこの五月十日の概要紙の中には、相互に受入れ可能な解決策を見出すべく突っ込んだやり取りが行われたとあります。こうした概要紙で突っ込んだという表現自体も非常に珍しいと思いますけれども、どのような点を突っ込んで話し合われたのか。

高瀬弘美

2019-05-16 第198回国会 衆議院 本会議 24号

次に、ロシアとの平和条約締結北方領土問題についてお尋ねします。  ことしの北方領土返還要求の式典、あるいは予算委員会でのやりとりでも明らかになったように、我が国がこれまで当然主張してきた、北方四島は我が国の固有の領土、不法占拠という主張が使われなくなり、外交青書にも記載されなくなりました。

渡辺周

2019-05-16 第198回国会 衆議院 本会議 24号

その中でも一九五六年の日ソ共同宣言は、両国の立法府承認し、両国が批准した唯一の文書であり、現在も効力を有していることから、昨年十一月の日ロ首脳会談では、五六年共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることで一致をしたところであります。  一九五六年共同宣言の第九項は、平和条約交渉が継続されること及び平和条約締結後に歯舞群島色丹島日本に引き渡されることを規定しています。  

安倍晋三

2019-05-15 第198回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 4号

プーチン大統領に、年末までは、前提条件なしで平和条約を結ぼうと呼びかけられて、安倍総理は、これはテレビ報道されていましたけれども、その場では特に何も言っていなかったと、反論していないと。  平和条約を結ぶということは国境の画定をする、意味することですから、条件なしでということになると、これは領土の要求を日本が放棄することになってしまうわけです。

紙智子

2019-05-15 第198回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 4号

その実現に向けた取組を通じ、北方領土問題の解決、そして平和条約締結にたどり着くとの考えの下、ロシアとの交渉を進めてまいりました。  引き続き、この長門での合意を着実に進展させ、領土問題を解決して平和条約締結するという基本方針の下、粘り強く交渉してまいりたいと思います。

河野太郎

2019-05-09 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 12号

一方で、安倍総理も菅官房長官も、四島の帰属問題を解決して平和条約交渉を進めると、平和条約締結するという基本方針に変わりはないということを繰り返し発言されておられます。今回の外交青書の記述変更も、私は一連のロシアとの北方領土返還交渉におけるロシアに対する配慮であろうと思っております。  

中西哲

2019-04-26 第198回国会 衆議院 外務委員会 10号

結局、その結果として、平和条約についても、この安倍政権ではできませんでしたということになったときに、譲歩していって、後ろに下がったところが次の政権の交渉の出発点になってしまうということだと、これは、やったことがむしろ将来に対してマイナスに働く可能性があるわけですよ。だから、そういう将来に禍根を残すような交渉の仕方というのはぜひ考え直していただきたい。  

櫻井周

2019-04-26 第198回国会 衆議院 外務委員会 10号

日ロ関係を深めていくには平和条約締結が課題であり、また、北方領土問題がその手前にある、大変困難な問題であることは私ももちろん承知をしておりまして、櫻井議員からも、先ほど外交青書についての御質問もございました。そして、我が国としてどのように対応していくべきか、この北方領土の問題、非常に重要な課題でございます。  

山川百合子

2019-04-24 第198回国会 衆議院 外務委員会 9号

○玄葉委員 平和条約交渉の対象は四島の帰属の問題であるというふうに菅官房長官が言い、かつ、この場で河野外務大臣も、菅長官の方針が政府の方針である、こういうふうにおっしゃったわけでありますけれども、ということは、四島の帰属の問題を解決して平和条約締結する、こういうことだと思います。  四島の帰属について決着をつけるというのが平和条約交渉であるというふうに考えてよろしいですか。

玄葉光一郎

2019-04-24 第198回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

一月のモスクワでの首脳会談におきまして安倍総理は、平和条約の問題に関しまして、プーチン大統領と二人だけでじっくり時間をかけてかなり深い議論を行ったところでございます。その上で両首脳は、平和条約交渉を更に前進させるよう指示したところでございまして、戦後七十年以上残された課題の解決、容易ではございません。  

あべ俊子

2019-04-24 第198回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 3号

初めに、日ロ平和条約交渉についてお伺いをさせていただきたいと思います。  昨年十二月の当委員会でも、二十五回目となりましたことし一月の首脳会談について、大臣の見解と所見をお伺いをさせていただきました。当時は、いよいよ平和条約締結へ何らかの具体的な進捗が見られるのではないか、そうしたやはり期待が大きく膨らんでおりました。  

佐藤英道

2019-04-12 第198回国会 衆議院 外務委員会 7号

次に、同じその予算委員会での総理と私のやりとりの中で、国境線を画定したことをもって平和条約締結するという考え方にのっとっているというふうに総理は答弁されました。  大臣も、この総理の答弁、総理が答弁された以上、こういう考え方であるというふうに理解してよろしいですか。国境線を画定されたことをもって平和条約締結するという考え方にのっとっている。

岡田克也

2019-04-11 第198回国会 衆議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 2号

ロシアとは、一九五六年共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させるとの首脳間の合意を踏まえ、緊密に対話を積み重ねていきます。北方四島における共同経済活動の実現に向けた取組を進めるとともに、元島民の方々のための人道的措置も実施していきます。引き続き、領土問題を解決して平和条約締結するとの基本方針のもと、粘り強く交渉に取り組みます。  

河野太郎

2019-04-03 第198回国会 衆議院 外務委員会 5号

最も近い国、日本はなぜ参加しないのだろう、韓国からは百人以上の選手団が来ているのに、日本はなぜ参加しないのか、両国の首脳が二十五回も会談する中で友好が深まっているのに、なぜ日本参加していないのか、平和条約締結したいと本当に思っているのだろうか、ロシアにおける日本年、日本におけるロシア年は終わったのかと思われたに違いありません。  そこで、伺いたいと思います。  

堀井学

2019-04-03 第198回国会 衆議院 外務委員会 5号

さきの大戦を乗り越えて互いに許し合える環境、両国民領土の問題や平和条約を受け入れられる環境をつくるためには、両国が共通の目標をつくり、なし遂げたことの感動を共有し、たたえ合うことができること、それは何かと考えたときに、私は、三〇年冬季オリンピック・パラリンピック日本ロシアで共同開催するということを考えつきました。  

堀井学

2019-03-28 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 5号

○篠原(豪)委員 その認識どおりいけばいいんですけれども、やはりトランプ政権の一連の親イスラエル政策というのが、アラブ穏健派との連携を重視してきたこれまでのアメリカ中東政策をひっくり返して、その象徴として、起点となったエジプトとの平和条約、これを本当に崩壊させることがあってはならないんだと思いますけれども、そういった危険性も考えておいていただきたいというふうには思います。  

篠原豪

2019-03-28 第198回国会 衆議院 安全保障委員会 5号

○岩屋国務大臣 MFOは、平和条約及び設立議定書に基づいて活動を行っている組織でございまして、集団的自衛権に基づいて活動を行っているものではないと承知をしております。  その上で、国際平和協力法は、国際連携平和安全活動の契機となる要請を行う機関として、具体的に、国際連合難民高等弁務官事務所や欧州連合を挙げております。

岩屋毅

2019-03-27 第198回国会 参議院 予算委員会 15号

国務大臣河野太郎君) この日ロの平和条約交渉というのは、戦後七十年、まだできていないわけで、極めて難しい交渉でございます。  いずれにしろ、両サイドが受け入れられる合意をつくらなければいけないわけで、今それに向けて鋭意努力をしているところでございます。  この交渉は別にディベートで決めるものでもございませんので、波静かな中でしっかりとやらせていただきたいと思います。

河野太郎

2019-03-22 第198回国会 参議院 予算委員会 12号

そういう報道に接したことは事実でございますけれども、この問題については、安倍総理とプーチン大統領シンガポールの首脳会談において、両首脳が領土問題を次の世代に先送りすることなく自らの手で必ずや終止符を打つとの強い思いを共有して始まった問題でございますので、その思いというものを引き続き我々としては支えながら、粘り強く領土問題を解決して、平和条約締結するとの基本方針の下、頑張っていく所存でございます。

佐藤正久

2019-03-22 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 5号

MFOは、エジプト及びイスラエルが米国の仲介の下に締結をいたしました平和条約及び設立議定書に基づき設立されたものでございまして、MFOを代表する権限を有する事務局長の統括の下、ローマに本部を、またシナイ半島南部のシャルムシェイクに司令部を、またカイロ及びテルアビブに代表事務所を置いており、その組織の構成等に照らしまして独立国際機関としての実態を十分に備えているというふうに考えてございます。  

岡浩

2019-03-22 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 5号

政府参考人(岩井文男君) 多国籍部隊・監視団のこの任務でございますけれども、これはそもそもエジプトイスラエル平和条約及びそれに附属するMFO設立議定書において明確に定められておりまして、エジプトイスラエル間の国境、ラインB及びゾーンC内での検問、偵察、監視所の運用、平和条約の規定の履行状況に関する一か月に二回以上の定期的な検証、いずれかの締約国の要請受領後四十八時間以内における条約履行状況の追加的

岩井文男