運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
5024件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

参考人(佐藤伸一君) 日本労働組合連合会岩手連合会の事務局長をしております佐藤でございます。  本日は、児童虐待防止対策の強化を図るための児童福祉法等改正案の審議の場に参考人として意見を述べさせていただく機会を与えていただきましたことに感謝を申し上げます。  最初に、私ども連合は、子育てをしながら働く組合員、また、教育保育の現場、児童相談所や自治体で働く組合員も多くおります。

佐藤伸一

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

参考人        大阪府中央子ど        も家庭センター        所長       江口  晋君        前三重県児童相        談センター所長  鈴木  聡君        アフターケア相        談所ゆずりは所        長        高橋 亜美君        日本労働組合総        連合会岩手県連        合会事務局長        元岩手一関児

None

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

御出席いただいております参考人は、大阪府中央子ども家庭センター所長江口晋君、前三重県児童相談センター所長鈴木聡君、アフターケア相談所ゆずりは所長高橋亜美君、日本労働組合総連合会岩手連合会事務局長・元岩手一関児童相談所次長兼上席児童福祉司佐藤伸一君及び一般社団法人日本子ども虐待防止学会理事長・前国立研究開発法人国立成育医療研究センターこころの診療部統括部長奥山眞紀子君でございます。  

石田昌宏

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

先ほど御指摘がございましたけれども、福島県、あるいは岩手宮城県もそうでございますが、多くの方々が仮設住宅避難生活を送ってこれまで来ていましたので、応急仮設住宅入居者を集計して、その入居が終わった時点で、恒久的な住宅等に移転する場合に避難者数から除外をするというようなカウントの仕方をしているところでございます。  

末宗徹郎

2019-06-11 第198回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 4号

岩手では、百七十七団地のうち百五十四団地自治会が設立されております。八七%になるかと思います。宮城県、三百二団地のうち二百七十八団地で設立されております。九二%。そして、福島県では、これはデータとしては、復興公営住宅原子力災害による被災者のための住宅の部分と、災害公営住宅、帰還者向けの住宅の部分、これの足し算になるんですけれども、七十七団地のうち六十団地自治会が設立されている。七八%。  

橘慶一郎

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 13号

これは何を言いたいのかというのがなかなか分かりづらいと思うんですが、一枚目は、これは五月の二十五日、この間岩手北を歩いているときに撮ってきた、私が撮った写真なんですが、この紫の花は藤なんです。これだけの写真だとちょっと分からないんですけれども、ずらっと藤の花が咲いています。

平野達男

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 13号

私の知っている製材所は、岩手にある製材所は、広葉樹だけを対象とした製材所で結構繁盛している製材所もあります。これは、前はロシアからナラを輸入して、ロシアのナラというのは物すごい太いんですけど、最近ロシアはもう木材輸出するのにかなり慎重になってきましたから、代わって国産材ということなんですが、国産材もかなり太いやつがあるんですね。

平野達男

2019-05-30 第198回国会 参議院 農林水産委員会 13号

大臣政務官高野光二郎君) 平野委員の御地元岩手は、北海道に次ぐ優良な広葉樹のメッカだということで、広葉樹は家具用の、チップ用に利用されているところでありますが、近年、輸入の広葉樹が減少してきている一方で、我が国の広葉樹の資源量は増加してきております。今後、国産広葉樹の家具等への有効活用を図り、利用拡大に努めていくことが重要だと考えています。  

高野光二郎

2019-05-30 第198回国会 参議院 内閣委員会 20号

一例申し上げますと、岩手岩手労働局との間で岩手雇用対策協定というものを結んでおりますけれども、この協定に基づき、震災からの復興推進、地方創生、若者、女性、高齢者障害者への支援、職業訓練効果的な実施のための連携といった施策を県と労働局との連携で進めているところでございます。  

田畑一雄

2019-05-29 第198回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 5号

今委員御指摘の点についてでございますけれども、住まいの再建につきましては、岩手宮城県合わせて計画数が三万八千戸のうち、約九八%に当たる三万七千四百戸が完成しております。復興・創生期間内に完了する見込みであります。  仮に、仮設生活の解消についてお答えするならば、応急仮設住宅については、岩手では、ピーク時約一万八千戸でありましたけれども、現在は約九百戸、約千九百人であります。

渡辺博道

2019-05-28 第198回国会 参議院 経済産業委員会 11号

先日、岩手宮古市に伺って、地元の業者の皆さん、そして中小企業対策に関わっている市の担当者の方々から話をお聞きしてきました。市内のある商店街では、その八割に後継者がいないという実態なんかもお聞きをしたんですけれども、宮古市は二〇一〇年四月からの二年間、住宅リフォーム制度を全国に先駆けて実施をしていて、制度を全国に広げさせる大きな力になりました。  

岩渕友

2019-05-22 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 14号

資料の中のこの主な論点を見ても、丸の上から三つ目、基準を緩和すると農薬を使わなくなって混入割合が大きくなるという意見もありますが、岩手農業研究センターでは、薬剤防除の面積と斑点米の混入割合の相関関係は小さい、つまり、稲につくカメムシを退治するネオニコ系農薬による防除を行っても、それを行わなくても、着色粒の発生割合への影響は小さいという分析が出ています。  

緑川貴士

2019-05-15 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 12号

まず、一ページのこの資料は、岩手で荒廃する山林を撮り続けている佐々木宏さんの写真集の一部であります。久慈市の皆伐の山であります。大型重機で山を削って、そして路網を入れました。伐採後に放置されて、雨が降るたびに、土砂が流れ落ち、川に流れ込む最悪の事態となっているわけであります。こういう事例がいっぱいあります。  

田村貴昭

2019-05-14 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

具体的には、宮城県及び岩手被災者を対象とした東北メディカル・メガバンク計画というものを進めておりますが、これは十五万人の地域住民のヒト生体試料や健康情報、さらには遺伝子情報などを取得いたしまして、さらに全国の研究者に提供しておりまして、生活習慣病の発症予防研究に資する研究基盤として整備しているところでございます。

増子宏

2019-05-14 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 11号

実は、私は、岩手の出身でして、父が林業を営んでおりまして、高度経済成長期は植林を、造林会社を持っておりまして、その後は素材生産をしてまいりました。もう亡くなったんですけれども。母親が畜産、祖母が畑、祖父は公務員だったんですけれども、そういったところで生まれ育ってきましたので、恐らく、かなり近いような状況で経験を積んできているというふうに思っております。

立花敏

2019-05-07 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 6号

岩手でOGの方々の話を聞きましたが、自宅分娩が六割だった当時は、母子保健事業も行い、また家庭訪問を主とする中で、高齢者も含む家族全員の栄養指導、そして健診の実施と、そして結果は自宅に足を運んで訪問し、対面で通知をしており、生活に関わる医療介護福祉領域の垣根を越えて何でも相談できるファーストタッチのかかりつけ保健師の制度でありました。

自見はなこ

2019-05-07 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 6号

岩手でお話を伺いました国保保健師、当時、保健婦と呼ばれておりましたが、OGの方々、大変印象的なお話をされた中で、私たちが大事にしていたのは対話と行脚だというふうにおっしゃっておられました。先輩方の知恵を私たちは結集していく時代になってくるんだと思います。

自見はなこ