運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
27692件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-26 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 17号

なお、お手元に配付いたしましたとおり、本会期中、当委員会に参考送付されました陳情書は、所得税、地方税における寡婦控除を未婚の母子及び生別寡婦にも適用を求めることに関する陳情書外二件、また、地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、家族従業者の人権保障と「女性の活躍」を促進するために「所得税法第五十六条の廃止を求める」意見書外四十八件であります。      ――――◇―――――

坂井学

2019-06-26 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 18号

    工藤 彰三君    国土交通大臣政務官    田中 英之君    国土交通委員会専門員   宮岡 宏信君     ――――――――――――― 委員の異動 六月二十六日  辞任         補欠選任   土屋 品子君     三ッ林裕巳君 同日  辞任         補欠選任   三ッ林裕巳君     土屋 品子君     ――――――――――――― 六月十三日  てんかんのある人とその家族

None

2019-06-26 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 19号

) ○ウイルス性の肝がん・重度肝硬変患者の支援と  治療薬開発、肝炎ウイルス検診促進に関する請  願(第一八七一号外二三件) ○要支援サービスの保険外し、負担増の介護保険  制度改悪を中止し、安心できる介護保険制度を  求めることに関する請願(第二一七五号外三件  ) ○ハラスメントも長時間労働もない社会、人間ら  しい働き方の実現に関する請願(第二一七六号  外一六件) ○てんかんのある人とその家族

None

2019-06-26 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 19号

これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、第五三八号腎疾患総合対策の早期確立に関する請願外九十四件、第一五一八号難病・長期慢性疾病・小児慢性特定疾病対策の総合的な推進に関する請願外六十件、第一八七一号ウイルス性の肝がん・重度肝硬変患者の支援と治療薬開発、肝炎ウイルス検診促進に関する請願外二十三件及び第二一七七号てんかんのある人とその家族の生活を支えることに関する請願外四十五件は採択すべきものにして

石田昌宏

2019-06-26 第198回国会 衆議院 文部科学委員会 19号

無償化、教育条件の改善に関する請願(本村伸子君紹介)(第二九三九号)  学費負担の大幅軽減と私大助成の増額に関する請願(本村伸子君紹介)(第三〇八一号)  権利としての無償教育を実現し、奨学金の拡充を求めることに関する請願(菊田真紀子君紹介)(第三〇八二号)  同(畑野君枝君紹介)(第三〇八三号)  同(初鹿明博君紹介)(第三〇八四号)  同(笠浩史君紹介)(第三〇八五号)  てんかんのある人とその家族

None

2019-06-26 第198回国会 参議院 文教科学委員会 15号

一号外二件) ○学校現業職員の業務をトップランナー方式の対  象から外すとともに、学校現業職員の法的位置  付けを求めることに関する請願(第五〇五号) ○私立幼稚園・認定こども園を始めとした幼児教  育の充実と発展に関する請願(第一一九三号外  一件) ○全ての私立学校に正規の養護教諭を配置し、子  供の命と健康が守られる教育条件を求めること  に関する請願(第二〇四六号) ○てんかんのある人とその家族

None

2019-06-26 第198回国会 衆議院 農林水産委員会 17号

         補欠選任   大隈 和英君     今枝宗一郎君     ――――――――――――― 六月二十五日  家畜伝染病予防法の一部を改正する法律案(平野博文君外五名提出、衆法第三四号) 同月七日  農業者戸別所得補償制度の復活に関する請願(金子恵美君紹介)(第一六八二号)  同(佐々木隆博君紹介)(第一六八三号)  同(石川香織君紹介)(第一七五三号)  同(神谷裕君紹介)(第一七五四号)  家族農業

None

2019-06-26 第198回国会 参議院 農林水産委員会 16号

               佐々木さやか君                 里見 隆治君                 儀間 光男君    事務局側        常任委員会専門        員        大川 昭隆君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○理事補欠選任の件 ○主要農作物種子法に代わる公共品種を守る新し  い法律を作ることに関する請願(第二二号外一  件) ○家族農業

None

2019-06-26 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 23号

の医療・介護の実現のため夜勤改善と大幅増員を求めることに関する請願(池田真紀君紹介)(第一八九三号)  同(石川香織君紹介)(第一八九四号)  同(塩川鉄也君紹介)(第一八九五号)  社会保険料の負担軽減に関する請願(田村貴昭君紹介)(第一九〇八号)  精神保健医療福祉の改善に関する請願(塩川鉄也君紹介)(第一九一二号)  同(緑川貴士君紹介)(第一九一三号) 同月十三日  てんかんのある人とその家族

None

2019-06-26 第198回国会 衆議院 厚生労働委員会 23号

本日の請願日程中  学童保育(放課後児童健全育成事業)を拡充し、子育て支援の充実を求めることに関する請願五十七件  腎疾患総合対策の早期確立に関する請願百七十八件  ウイルス性の肝がん・重度肝硬変患者への支援と治療薬開発、肝炎ウイルス検診促進に関する請願四十四件  難病・長期慢性疾病・小児慢性特定疾病対策の総合的な推進に関する請願百十三件  てんかんのある人とその家族の生活を支える医療、福祉、労働に

冨岡勉

2019-06-24 第198回国会 参議院 本会議 29号

金融担当大臣問責決議の討論において大門実紀史議員が指摘したとおり、この報告書が、家族のため、自らの老後のために貯蓄をしようとする国民に対し、金融資産への投資誘導を行おうとする意図が内在していることは私も感じていました。書いてあることは正直であっても、その目的に純粋さが欠けていたからこそ、このような騒動になったものと考えます。  

大塚耕平

2019-06-24 第198回国会 参議院 本会議 29号

労働時間規制を撤廃する残業代ゼロ制度は、間違いなく過労死を増大させ、地獄の苦しみを味わう遺族を増大させる、これだけはやめてほしいと炎天下で座り込み、遺影を抱いて傍聴する過労死家族の会の目の前でこの悪法を強行したことは、万死に値すると言わなければなりません。  

山下芳生

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

拉致被害者とその家族の思いを弄ぶ、選挙目当ての発言ではないのか、安倍総理に対してしっかりと確認する必要があります。  また、韓国軍の自衛隊機へのレーザー照射事件をめぐり、自民党の中にも批判が多い先日の岩屋防衛大臣と韓国国防相との会談が真に国益を確保したものであるのか、与党議員の先生方にも予算委員会で厳しく追及していただかなければなりません。  

小西洋之

2019-06-20 第198回国会 参議院 文教科学委員会 14号

第二に、国及び地方公共団体は、日本語教育の推進に関する施策の策定及び実施についての責務を有することとするとともに、外国人等を雇用する事業主は、その雇用する外国人等及びその家族に対して、日本語学習に関する支援を行うよう努めることとしております。  

中川正春

2019-06-20 第198回国会 参議院 環境委員会 10号

我が国の犬及び猫の飼育頭数は現在約二千万頭と推計されており、家族の一員としてかけがえのない存在となっていると言われております。また、動物愛護管理法において、動物の飼い主に対しては終生飼養の努力義務が課せられており、愛玩動物に対する獣医療の需要は高いものと承知をいたしております。  なお、民間資格である認定動物看護師の登録者数は約二万三千名であり、毎年新たに二千名程度が試験に合格をしております。  

生方幸夫

2019-06-20 第198回国会 参議院 環境委員会 10号

この背景には、愛玩動物の数が増えると同時に、動物を家族の一員として大事にする文化が育ってきたという背景があるというふうに考えております。  高度な医療を実施するためには、人間の医療と同様に専門の助手が必要で、チーム医療体制の整備が欠かせません。そのためには、しっかりとした教育を受け、国家資格を取得した看護師の育成が重要になると考えます。  

生方幸夫

2019-06-20 第198回国会 参議院 環境委員会 10号

○国務大臣(原田義昭君) 今、この立法趣旨がお話しになったところでありますけれども、今や多くの家庭におきまして愛玩動物はもはや家族の一員だと、かけがえのない存在だとなって、そのために、愛玩動物に関する十分な知識や技能を有する専門家である愛玩動物看護師の活躍は適正飼養の推進等を図る上で非常に重要になるのではないかと、こう認識しているところであります。

原田義昭

2019-06-19 第198回国会 参議院 本会議 27号

笑顔を取り戻し、家族が団らんできる、お互いの個性を尊重し合う家庭を築く権利があると思います。専門家らによる指導等が行われることによって虐待の再発を防ぐには、本来は私たちが主張したように義務化すべきと思いますが、義務化したものと同様の運用が行われることを期待しています。  賛成の理由の第二は、親権者、児童福祉施設の長等は、児童のしつけ等に際して体罰を加えてはならないこととした点です。  

宮沢由佳

2019-06-19 第198回国会 参議院 本会議 27号

このような悲しい事件がこれ以上起こらないためにも、親や家族だけでなく、社会全体で児童虐待死亡ゼロに向けて取り組んでいかなければなりません。  是非、安倍総理には、介護離職ゼロだけでなく児童虐待死亡ゼロを宣言していただき、全力でその目標に向かって努力していただきたいと思います。  

東徹

2019-06-19 第198回国会 参議院 本会議 27号

家族のみの問題にせず、子育てを社会が支えることが重要であり、たたかない、どならない子育てができるよう、情報提供や手厚いサポート体制の整備が必要です。  厚生労働委員会では、参考人から、児童虐待の通報件数が増加を続ける中で、児相に負荷が掛かり、正常な業務ができなくなっているとの指摘がありました。重く受け止める必要があります。  

倉林明子

2019-06-19 第198回国会 衆議院 文部科学委員会 18号

それで、鹿児島のボランティアの方の御家族の大学教授の方に訳していただいたと。ですから、学習とか、あるいは専門、あるいは就労というときに、本当に必要になってくるというお話がありました。  一方で、データの流出や著作権保護、あるいはコスト面でいろいろな課題への対応が必要になっているというふうに思っております。  

畑野君枝

2019-06-19 第198回国会 衆議院 文部科学委員会 18号

教育を求める私学助成に関する請願(広田一君紹介)(第一四八五号)  同(藤原崇君紹介)(第一四八六号)  専任・専門・正規の学校司書の配置に関する請願(長谷川嘉一君紹介)(第一四八七号) 同月十一日  教育費負担の公私間格差をなくし、子供たちに行き届いた教育を求める私学助成に関する請願(田中和徳君紹介)(第一八三一号)  同(青柳陽一郎君紹介)(第一八七三号) 同月十三日  てんかんのある人とその家族

None

2019-06-18 第198回国会 参議院 財政金融委員会 13号

同時に、昔は老親の扶養は家族が担っていたわけですが、それが産業化に伴って徐々に家族から社会的な扶養に移っていったと。逆に、年金制度が存在することで親と離れて暮らすとかいうことが可能になっているということで、若い人にも実はメリットのある仕組みであるということも理解が必要かと思います。  

度山徹

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

在宅指導ケースにつきましては、家族は予想以上に早く変化するものでございまして、いつの間にか虐待が深刻化していたり保護者が援助に対して拒否的になったりする危険性を有するものと考えておりまして、定期的な状況の確認と方針の見直しが必要と考えております。

浜谷浩樹

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

具体的には、医療機関、児童相談所、警察、検察などの虐待対応の関係機関それぞれが持つ異なる強みを生かして、子供とその家族への対応を行っていく取組、これが多職種多機関連携チームだと思います。民間団体と自治体が連携して先進的な取組を始めている地域がある、これについては私も認識をしております。  

根本匠

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

○川合孝典君 時間が参りましたのでこれで終わりたいと思いますが、私はこの問題の背景には核家族化があると思っております。二世代、三世代で生活していた時代のように、おじいちゃん、おばあちゃんや近所の人が見守りや抑止力として働かなくなっている。

川合孝典

2019-06-18 第198回国会 参議院 外交防衛委員会 18号

家族に対しては、そのリスクを感じながら毎朝送り出している、自分たちの旦那だったり息子さんたちがそういう状況にあるのを見守っている。  だから、私たちのところに、今回の大臣の会談によって非常に、大臣は誤解と思われているかもしれないけれども、政治的棚上げだというような報道が国内の報道でも、そして向こうの報道でもなされたわけですよ。それに対する批判が家族から相次いでいるわけですね。  

宇都隆史

2019-06-14 第198回国会 参議院 本会議 26号

そのような島田先生は、今も奥様の和子様、御家族の皆様を優しいまなざしで見守っておられるに違いありません。  やるべきことをこつこつと粘り強くとの姿勢を貫き、病を押して最後まで務めを果たされた島田先生の誠実でひたむきなお姿を、私たちは決して忘れることはないでしょう。  

秋野公造

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

じゃ、あなた、今こうやって証券会社の人が言っているから買っておきなさいよと家族に振ったりして、僕が調べた方は、一族で八千万円投資しちゃったと。でも老後どうしようと。  自己責任というのはもちろんそうなんですけれども、そうはいっても、いきなり、リスクがあるなし、証券会社の人がいいと言ったからこれはいいと思って投資したのにという人の気持ちも酌んであげる必要があるのかなと思ってお尋ねします。  

関健一郎

2019-06-14 第198回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 4号

こういうような表現でこれから車両が販売されるということになると、御家族も、あるいは高齢者も、免許は返上はしたくないんだけれども、運転はどうしても必要だから、自分がなかなかできないところは車がとめてもらいたいと思って車両を選ぶという高齢者もふえると思うし、家族も、もうやめてもらいたいけれども、どうしても乗るんだったらこの車にしてちょうだいということで、そういう車を選ぶんだと思うんですが、軽減という表現

串田誠一

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

援助の対象は、子供に限らず成人も含んでおりまして、本人以外の保護者や家族、学校の教諭、支援者等に対しても必要な援助を行っております。  少年鑑別所は、法務少年支援センターとして引き続き関係機関と連携しつつ、個々の相談者等の悩みに真摯に向き合い、地域の非行及び犯罪防止に貢献してまいりたいと考えております。

大橋哲

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

○政府参考人(浜谷浩樹君) 厚生労働省といたしましては、家族再統合ができず、児童養護施設や里親等から社会に出た方の全国規模の実態把握を行うための準備を進めております。  平成三十年度におきましては、まず、学識経験者や施設関係者などから意見を伺いながら、都道府県等による既存の実態調査を分析して課題を整理したところでございます。  

浜谷浩樹

2019-06-13 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 17号

○参考人(江口晋君) 一つは、家庭内での家族の変化というのが非常に急激に行われているケースも多々ございます。それを身近でリアルタイムでキャッチするのが非常に難しいなというのが現場の実感でございます。  

江口晋