運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
217件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-11-19 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 4号

何で女だけ見た目が言われるのか、受付で、客室乗務で。ジェンダーじゃないですか。これについて、職場からこのような強制が行われないよう、厚生労働省は趣旨には反すると言ってくださったので、しっかりやってくださるようにお願いいたします。  指針案についてお聞きをいたします。  セクシュアルハラスメントの場合、どういった事例がセクハラに該当するか書いてありますが、該当しない例は書いてありません。

福島みずほ

2019-11-19 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第4号

何で女だけ見た目が言われるのか、受付で、客室乗務で。ジェンダーじゃないですか。これについて、職場からこのような強制が行われないよう、厚生労働省は趣旨には反すると言ってくださったので、しっかりやってくださるようにお願いいたします。  指針案についてお聞きをいたします。  セクシュアルハラスメントの場合、どういった事例がセクハラに該当するか書いてありますが、該当しない例は書いてありません。

福島みずほ

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 6号

民間航空機のパイロットや客室乗務は、少なくとも乗務前八時間以内の飲酒が禁じられています。民間航空会社で飲酒にかかわる不適切な事案が相次いだことを受け、ことし一月から、操縦士に対する飲酒基準が設けられました。業務前のアルコール検知器による検査で血中濃度一リットル当たり〇・二グラム未満、呼気中濃度〇・〇九ミリグラム未満という基準を満たさない限り、航空機の運航は認められません。  

赤嶺政賢

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第6号

民間航空機のパイロットや客室乗務は、少なくとも乗務前八時間以内の飲酒が禁じられています。民間航空会社で飲酒にかかわる不適切な事案が相次いだことを受け、ことし一月から、操縦士に対する飲酒基準が設けられました。業務前のアルコール検知器による検査で血中濃度一リットル当たり〇・二グラム未満、呼気中濃度〇・〇九ミリグラム未満という基準を満たさない限り、航空機の運航は認められません。  

赤嶺政賢

2019-06-12 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 17号

残念ながら、パイロット、あるいは客室乗務の飲酒の事案というのも先ほど来続いているところでございまして、本当に大丈夫なのかということで、懸念の声が寄せられているということも事実でございます。  この運航に係る安全確保という点につきましても、一連の事案を踏まえて、今回の法律の改正でどういう対応をするかということも含めて、対応の強化をどう図るのかについても御答弁いただきたいというふうに思います。

中野洋昌

2019-06-12 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第17号

残念ながら、パイロット、あるいは客室乗務の飲酒の事案というのも先ほど来続いているところでございまして、本当に大丈夫なのかということで、懸念の声が寄せられているということも事実でございます。  この運航に係る安全確保という点につきましても、一連の事案を踏まえて、今回の法律の改正でどういう対応をするかということも含めて、対応の強化をどう図るのかについても御答弁いただきたいというふうに思います。

中野洋昌

2019-04-11 第198回国会 参議院 国土交通委員会 6号

○平山佐知子君 それでは、もう一度資料一を御覧いただきたいんですが、先ほどから申し上げている通達及び法改正による罰則強化は操縦士の飲酒に関するものですが、六つ目の赤い下線のところを見ますと、去年十二月十七日に、客室乗務から乗務中にアルコールが検知される事案が発生しています。  

平山佐知子

2019-04-11 第198回国会 参議院 国土交通委員会 第6号

○平山佐知子君 それでは、もう一度資料一を御覧いただきたいんですが、先ほどから申し上げている通達及び法改正による罰則強化は操縦士の飲酒に関するものですが、六つ目の赤い下線のところを見ますと、去年十二月十七日に、客室乗務から乗務中にアルコールが検知される事案が発生しています。  

平山佐知子

2019-03-08 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 2号

国土交通省といたしましては、航空従事者の飲酒基準に関する検討会におきまして、客室乗務整備士等も含めまして飲酒基準について年度内をめどに取りまとめるとともに、業界団体とも連携をいたしまして、動画等の教材の作成、リーフレット等の活用により、飲酒問題に対する意識改革を進めていきたいと考えております。  

石井啓一

2019-03-08 第198回国会 衆議院 国土交通委員会 第2号

国土交通省といたしましては、航空従事者の飲酒基準に関する検討会におきまして、客室乗務整備士等も含めまして飲酒基準について年度内をめどに取りまとめるとともに、業界団体とも連携をいたしまして、動画等の教材の作成、リーフレット等の活用により、飲酒問題に対する意識改革を進めていきたいと考えております。  

石井啓一

2018-05-31 第196回国会 参議院 総務委員会 11号

山下芳生君 ところが、残念ながら、そういう大事な役割を果たしているKLMの日本人客室乗務、そしてまた亀井静香大臣の言葉を引くまでもなく、安全にとっては雇用形態は非常に大事なんだという客室乗務なんですが、オランダ航空は、日本ベースで働いている日本人客室乗務の方については、これまで二年契約プラス三年契約などで五年以内の有期雇用にしてまいりました。これまでは五年以内だったんです。

山下芳生

2018-05-15 第196回国会 参議院 内閣委員会 11号

REVICの前身、企業再生支援機構の際は、冷酷にも二〇一〇年の大みそかに必要以上のJALのパイロット、客室乗務を大量解雇、その結果、国際労働機関、ILOから三度の勧告を受けました。過去にそのような非人道的大量解雇も行った機構が、REVICに生まれ変わって、再生支援先の労働者に対して不利益を被らないような配慮が行われているかは非常に疑わしいものです。  

山本太郎

2018-04-17 第196回国会 参議院 内閣委員会 10号

ざっくり言うと、元々リストラする人員削減目標はクリアしていたのに、更に追加で、パイロット八十一人、客室乗務八十四人が二〇一〇年大みそかに突如解雇。この本来解雇される必要のなかった百六十五人のうち百四十八人が解雇不当を主張しており、翌年一月にJALと機構を提訴した法廷闘争にもなりました。

山本太郎

2018-04-17 第196回国会 参議院 内閣委員会 10号

JALの整理解雇では、客室乗務は五十三歳以上という年齢基準解雇されました。まるで客室乗務という仕事は若い女性がやればよいと言わんばかりのやり方でした。パイロットもベテランパイロットが解雇されました。ILO条約は当然のごとく年齢差別禁止しています。JALがオフィシャルパートナーにふさわしいのかどうかが問われることになるわけです。  

田村智子

2018-04-17 第196回国会 参議院 内閣委員会 10号

JALは二〇一二年には客室乗務九百四十名の新規採用も決定をした。しかし、復職を求める日本人労働者を一人も雇用していません。外国人客室乗務は複数名再雇用して職場に戻しているけれども、日本人はなぜか一人も戻さないんですよ。  茂木大臣、一般論でもいいです。事業再生というのは、会社が利益を上げられるようになった、そこに出資した人が大変な大もうけをしたと、それでいいということなんでしょうか。

田村智子

2017-05-30 第193回国会 参議院 厚生労働委員会 20号

今日も傍聴に来てくださっていますが、二〇一〇年の大みそか、JALはパイロット八十一名、客室乗務八十四名を整理解雇しました。しかし、JALはその後、客室乗務を二〇一六年度までに二千九百七十人、二〇一七年度三百五十人採用し、二〇一八年度も四百人の採用計画を公表しています。整理解雇を行った企業とは思えない採用数です。

福島みずほ

2017-05-16 第193回国会 参議院 国土交通委員会 14号

国務大臣石井啓一君) 日本航空においては、国の定める基準に準拠し、客室乗務の乗務時間と休養の基準について運航規程に定められておりますが、その運航規程の内容自体に変更はございません。  詳細な勤務時間の管理方法は社内の客室乗務就業規程に定められており、昨年十一月に運航規程の範囲内で見直しが行われましたが、乗務時間等、年間休養日数に変更はないと承知をしております。

石井啓一

2016-11-08 第192回国会 参議院 厚生労働委員会 3号

しかし、JALにおいては整理解雇から実に二千九百七十人もの客室乗務が採用されています。パイロット不足も大変指摘をされております。経験豊富な八十四名の客室乗務がそのまま元に復帰できないというのは著しく不公平、不公正ではないかというふうに思っています。  いかがでしょうか、厚生労働省

福島みずほ

2016-10-25 第192回国会 参議院 厚生労働委員会 2号

全ての女性が自ら行動を起こせるよう努力を続ける一方で、例えば宿命的に夜勤勤務をしなければならない看護職や客室乗務については、一定の条件に該当する場合、雇用形態のいかんにかかわらず年に一度乳がん検診を行うことを義務付けるなど、ハイリスク労働環境にある女性を対象に、従来にはなかった踏み込んだ予防策を取り入れてはどうでしょうか。

高階恵美子