運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
22161件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-05 第200回国会 衆議院 本会議 第14号

本案は、商業捕鯨の再開等捕鯨を取り巻く状況を踏まえ、鯨類の持続的な利用の確保を図るため、鯨類科学調査の定義より捕獲の例示を削除するとともに、捕鯨業の適切かつ円滑な実施のための措置等について定めるものであります。  本案は、参議院提出に係るもので、去る十二月二日本委員会に付託されました。  

吉野正芳

2019-12-04 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 6号

さて、次、電子たばこ、加熱式たばこについて伺いますけれども、もう委員の皆さん御存じだと思いますが、電子たばこといっても非常に定義が難しくて、電池の熱で吸うたばこを電子たばこというんですが、それは、ニコチン溶液で吸う電子たばこもあればニコチン溶液が入っていない電子たばこもある。

松沢成文

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

災害対策基本法においては、災害関連の法令を包括した基本法という性格からの第二条の第一号におきまして定義をしておりまして、暴風、竜巻、豪雨、豪雪洪水、崖崩れ、土石流高潮地震津波、噴火、地すべりその他の異常な自然現象、それから大規模な火事や爆発等により生ずる被害ということで、それらを含めて災害定義をしているところでございます。

青柳一郎

2019-12-04 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第6号

さて、次、電子たばこ、加熱式たばこについて伺いますけれども、もう委員の皆さん御存じだと思いますが、電子たばこといっても非常に定義が難しくて、電池の熱で吸うたばこを電子たばこというんですが、それは、ニコチン溶液で吸う電子たばこもあればニコチン溶液が入っていない電子たばこもある。

松沢成文

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

災害対策基本法においては、災害関連の法令を包括した基本法という性格からの第二条の第一号におきまして定義をしておりまして、暴風、竜巻、豪雨、豪雪洪水、崖崩れ、土石流高潮地震津波、噴火、地すべりその他の異常な自然現象、それから大規模な火事や爆発等により生ずる被害ということで、それらを含めて災害定義をしているところでございます。

青柳一郎

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 9号

真山委員の御質問の根底に流れる趣旨は理解しているつもりなんですが、法の執行ということで御説明をさせていただきますと、法律に基づいて何かしらの刑罰等を執行する場合には構成要件に明確に規定されていなければなりませんので、そういう趣旨で、何か、何法の何条にきちんと定義されている場合ではないと、そういうものではないということを御説明しただけであって、真山委員の御質問のその根底にある趣旨は理解しているつもりでございます

森まさこ

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 9号

政府参考人(西山卓爾君) 御指摘の点でございますけれども、先ほど指摘された指針においては反社会的勢力について今言及したような説明はございますけれども、これを全体、一般に使えるかどうかという面において、全てにおいて反社会的勢力というのはこの指針に基づくものであるというような定義付けにはなっていないということを申し上げているところでございます。

西山卓爾

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

FTAに対して世界的に確定した定義があるわけではございませんが、御案内のとおり、今回の九月二十五日の共同声明におきましては、今後の交渉分野をどうするか、これについては、この日米貿易協定及び日米デジタル貿易協定が発効した後にまず日米間で協議を行うと、そして、この協議の中でどの分野を対象とするかということが決められるということでありまして、当然、日米間で合意した分野、これが今後の交渉の対象になるということでありまして

茂木敏充

2019-12-03 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 9号

第二に、法律基本的な概念である鯨類の持続的な利用について定義を設け、資源管理を伴うことを明らかにすることとしております。  また、鯨類科学調査について、捕獲を伴うとの原則を改めるとともに、現行法では対象となっていない小型鯨類の調査についても、その対象に含めることとしております。  あわせて、妨害行為への対応等のための措置の対象に、捕鯨業の操業等を含めることとしております。  

徳永エリ

2019-12-03 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

一定の服装を強制するような言動については、パワハラの定義である三要素を満たせばパワハラに該当する場合がございます。一方で、職場での服装は、個々の企業が提供するサービス、あるいはその業種業態、また社会的な慣習等を踏まえて一定の指示等が行われており、業務上の必要性や相当性が認められるものも当然あるところでございます。

藤澤勝博

2019-12-03 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号

第二に、法律基本的な概念である鯨類の持続的な利用について定義を設け、資源管理を伴うことを明らかにすることとしております。  また、鯨類科学調査について、捕獲を伴うとの原則を改めるとともに、現行法では対象となっていない小型鯨類の調査についても、その対象に含めることとしております。  あわせて、妨害行為への対応等のための措置の対象に、捕鯨業の操業等を含めることとしております。  

徳永エリ

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 第9号

真山委員の御質問の根底に流れる趣旨は理解しているつもりなんですが、法の執行ということで御説明をさせていただきますと、法律に基づいて何かしらの刑罰等を執行する場合には構成要件に明確に規定されていなければなりませんので、そういう趣旨で、何か、何法の何条にきちんと定義されている場合ではないと、そういうものではないということを御説明しただけであって、真山委員の御質問のその根底にある趣旨は理解しているつもりでございます

森まさこ

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 第9号

政府参考人(西山卓爾君) 御指摘の点でございますけれども、先ほど指摘された指針においては反社会的勢力について今言及したような説明はございますけれども、これを全体、一般に使えるかどうかという面において、全てにおいて反社会的勢力というのはこの指針に基づくものであるというような定義付けにはなっていないということを申し上げているところでございます。

西山卓爾

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第8号

FTAに対して世界的に確定した定義があるわけではございませんが、御案内のとおり、今回の九月二十五日の共同声明におきましては、今後の交渉分野をどうするか、これについては、この日米貿易協定及び日米デジタル貿易協定が発効した後にまず日米間で協議を行うと、そして、この協議の中でどの分野を対象とするかということが決められるということでありまして、当然、日米間で合意した分野、これが今後の交渉の対象になるということでありまして

茂木敏充

2019-12-03 第200回国会 参議院 財政金融委員会 第5号

国務大臣麻生太郎君) 反社会的勢力の定義という話ですけれども、これは、その形態が多様でして、社会情勢等に応じて変化し得ることから、あらかじめ限定的に統一に定義することは困難かつ不適当と考えているということであろうと存じます。そのために、反社会的勢力と認定する際に際しては、各金融機関において実態を踏まえて判断しているところであります。  

麻生太郎

2019-12-03 第200回国会 参議院 財政金融委員会 第5号

○古賀之士君 御存じのように、金融機関を監督指導する立場にある金融庁ですので、それを、各金融機関にその定義を任せるということというのは一つ大きな問題の提起では今ないかと感じております。  是非、金融庁として、指導する立場においてはきちんとした定義というものを今後つくっていくということが必要ではないかと思われますが、指導監督する立場として、その辺についてはどう思われますでしょうか。

古賀之士

2019-12-03 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第8号

一定の服装を強制するような言動については、パワハラの定義である三要素を満たせばパワハラに該当する場合がございます。一方で、職場での服装は、個々の企業が提供するサービス、あるいはその業種業態、また社会的な慣習等を踏まえて一定の指示等が行われており、業務上の必要性や相当性が認められるものも当然あるところでございます。

藤澤勝博

2019-11-29 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 5号

政府参考人石川卓弥君) 天下り定義が、我々が承知していますのは、府省庁が退職後の職員企業団体等に再就職させることをいい、公務員が、法令に違反することなく、府省庁によるあっせんを受けずに、再就職の地位や職務内容等に照らし適材適所の再就職をすることは、天下りに該当しないと、このように承知しております。

石川卓弥

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 13号

今回、改正法で、国際調停定義を設けていただきました。私、今回定義を設けたんですけれども、これだけじゃやはり国際調停の活性化には足りないというふうに思います。  去年十一月に、同志社大学の中に京都国際調停センターというものが設置されたみたいです。ただ、これもまだやはり利用実績はないということで聞いています。済みません。間違っていたらごめんなさい。

松平浩一

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 13号

○金子政府参考人 UNCITRALのモデル法において、国際性を有する仲裁事件定義、これについては御指摘のとおりというふうに承知しております。  このモデル法は、当事者の所在地や仲裁地等を基準としている点におきまして、今回の法案基本的な考え方は共通しているものと理解しております。もちろん、今委員御指摘のとおり、その広さに違いがあろうかとは思います。  

金子修