運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
15608件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-05-19 第204回国会 衆議院 農林水産委員会 第9号

その中で、最後に、ちょっと飛ばしたところで、農中の本来の趣旨である、農林水産業発展に寄与し、もって国民経済発展に資するという役割を踏まえたときに、金融機関としては、今、実際に利益を得ているのはそういう農業の経済事業に特化した金融機関じゃないわけでありますから、いわゆる担当者としては、投資リターンがいいところをやはり探して、なおかつ安全とのバランスの中でファンディングしていくわけでありますけれども

藤田文武

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

について相談される方のほとんどは高齢後継者がいない、市外居住者が相続した等の理由により耕作できない人たちからの相談がある、また、パネルの下で営業している場合支障が出ているという話もありますし、土砂災害や水の濁り、景観、生態系への影響、いろんなことがあるので、実態がどうなっているかということはきちんと確認した上で、農水省農水省としての本来の役割をきちんと果たしていただきたいというふうに思いますので、安全

田名部匡代

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

○国務大臣(野上浩太郎君) ため池への太陽光エネルギー設備設置でありますが、今先生おっしゃられたとおり、活用できるところは活用して再生エネルギーへの取組を進めていくということは重要であると思いますが、一方で、今申し上げたとおり、安全ですね、めくれ上がったり、堤体への影響あるいは取水設備への影響があったり、一方で、ため池多面的機能お話もありましたが、生物多様性ですとか水質ですとか、あるいは文化

野上浩太郎

2021-05-18 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第12号

ただ、やっぱり今言った安全問題等、まだ課題はあると思うんですね。  本来のため池役割をこの場で申し上げることはないというふうに思いますが、ただ、現在はやっぱり老朽化をしていたり、管理主体が減少したり高齢化をしたりということもあると思いますし、当然、所有者不明の問題もあるというふうに思っています。

田名部匡代

2021-05-14 第204回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第10号

戦略の策定によりまして、農作業の安全生産性向上生産者の裾野の拡大などを通じた持続的な産業基盤の構築を目指しております。  本戦略は、中小・家族経営を始めとする様々な生産者事業者消費者のそれぞれの理解協働の上で実現するものでありまして、関係者が総力を挙げて食料・農林水産業生産力向上持続性の両立に向けて全力で取り組んでまいります。

川合豊彦

2021-05-13 第204回国会 参議院 内閣委員会 第18号

まず大前提といたしまして、ワクチンがこの臨時接種対象となる際には、薬事承認に係る審査におきまして有効性安全等が既に確認をされているという状況でございますので、健康に関わる調査、これにつきましては、こうした有効性安全確認するというよりは、多くの国民の皆さんが接種を受ける際に参考となる情報を提供するということで実施をするという形になります。  

宮崎敦文

2021-05-13 第204回国会 参議院 内閣委員会 第18号

このいわゆる大規模臨床試験以外の手法によってこの有効性安全評価することについてどう考えているのか、もし大規模臨床試験以外の評価方法を採用するということにした場合に、それは、この新型コロナワクチン以外の医薬品についてもそういうことは適用するということでいいのか、併せて厚労省の見解をお聞きをしたいと思います。

柴田巧

2021-05-13 第204回国会 参議院 国土交通委員会 第15号

また、造船事業者に対しては、作業環境安全向上事業基盤の抜本的な強化に資するよう、税制上の措置など更なる支援策を講ずること。  二 クルーズ船内における感染症等事案発生時に報告徴収による迅速な状況把握を適切に行えるよう、外国法人等クルーズ事業者等に対して報告徴収規定に関する周知を図るとともに、当該事案発生時における初動対応を迅速に行える体制を構築すること。

青木愛

2021-05-13 第204回国会 参議院 国土交通委員会 第15号

今後は、デジタル技術を活用した遠隔監視支援システム開発導入など安全向上効率運航のための更なる取組を支援するとともに、水素やアンモニア燃料活用を含めたゼロエミッション船段階的導入に向けて、関係省庁との連携の下、グリーンイノベーション基金活用検討を進めているところです。  

大坪新一郎

2021-05-13 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第15号

人工妊娠中絶は一刻を争う重要な医療サービスであり、女性女子の希望に沿って、安全、プライバシー、尊厳を最優先にして提供されるべきものであると。で、国際産婦人科連合は、全ての政府に対し、安全な人工妊娠中絶へのアクセスを妨げる障壁を取り除き、COVID―19の流行期間中もその後も、全ての女子女性が安全な妊娠中絶利用できるようにすることを求めますとしております。  

福島みずほ

2021-05-13 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第15号

委員今御指摘の、医師の働き方改革を進めるためのタスクシフトシェア推進に関する検討会、ここで医師の時間外労働上限規制が適用される二〇二四年に向けまして、現行制度の下で可能なタスクシフトシェア、これを最大限推進するとともに、法令改正が必要な業務のタスクシフトシェアについても、安全担保等観点を踏まえ、異論のないところから進めるという考え方の下で議論を進めてきたということでございます。  

迫井正深

2021-05-12 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第6号

EプラスS、すなわち安全確保大前提として、安定供給経済効率性及び環境適合政策目標バランスよく同時に達成する姿として示してございます。  続いて、三十八ページを御覧ください。そのエネルギーミックス進捗状況でございます。  二〇一三年度と比較して、二〇一九年度には、エネルギー起源のCO2、電力コストが減少しております。あわせて、エネルギー自給率は七%から一二%に改善をしております。

江島潔

2021-05-12 第204回国会 参議院 資源エネルギーに関する調査会 第6号

指摘のとおり、二メガ、五メガ、七メガと、この三つの浮体式洋上風力安全、信頼性経済性、これを明らかにする目的で、複数基としては当時世界初の本格的な実証研究として実施をいたしました。この事業は、令和二年度末までにデータを取得しまして継続しておりまして、事業全体の評価は今年度行うということにしております。  ただ、既に浮体式特有技術的課題については多くの知見が得られているところであります。

茂木正

2021-05-11 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

石井苗子君 構造の技術基準だけを緩めるために利用基準というのを作るということで、うまく組み合わせたものでやって、この法律、法案ですね、法案で新しく増築、改築したい人が手を挙げるとか、やりたい人がやる気を出してもらえるというふうに、そこは分かるんですけれども、すぐ建てたい、早く建てたい、建築物として災害に対する安全は考慮しているが、アニマルウエルフェア信者の言うようなことは余り考えていないと言われないように

石井苗子

2021-05-11 第204回国会 参議院 農林水産委員会 第11号

だから、畜舎安全についてこれから質問しますから。  本法案資料、お配りしましたけれども、法案のポイントという資料です。四の技術基準の根拠ですけれども、こう書かれています。畜舎は、住宅や事務所などと比べて滞在時間が短いため、一定の利用基準を定めることにより、技術基準を緩和しても畜舎としての安全確保できると書かれています。  

石井苗子

2021-05-11 第204回国会 参議院 総務委員会 第13号

また、eLTAXとの接続を行う認定委託先事業者に対しては、LGWAN運営主体からLGWANASPサービス提供者として登録を受けていることに加え、国が定める安全基準を満たすことを求めております。  さらに、eLTAX運営主体である地方税共同機構においてセキュリティー対策に係る外部監査を受けるなど、eLTAXセキュリティー確保に努めているところでございます。

稲岡伸哉

2021-05-11 第204回国会 参議院 内閣委員会 第17号

2 本法第十条の「デジタル社会」の形成に当たっては、高度情報通信ネットワーク利用及び情報通信技術を用いた情報活用により個人権利利益が害されることのないようにするとともに、高度情報通信ネットワーク安全及び信頼性確保を図ること。   3 本法第二十九条は地方公共団体に「共同化及び集約」の義務を負わせるものではないことに留意すること。   

木戸口英司

2021-05-11 第204回国会 参議院 内閣委員会 第17号

安全信頼性なきデジタル社会形成には断固として反対いたします。  本法案は、デジタル庁設置とともに、国の行政機関だけでなく、自治体においても個人情報データ管理システムを統一することで、データ利活用を一層促進しようとしています。既に、国や独立行政法人は、大量の個人情報ファイルを非識別加工し、民間利活用提案募集に掛けています。

田村智子

2021-05-11 第204回国会 参議院 国土交通委員会 第14号

この農耕トラクターなんですが、この公道走行について、公道走行について、令和元年六月の規制改革推進会議によりまして、第五次答申において安全確保前提公道走行することが可能な枠組みが提案されまして、実際認められたところであります。  この特殊車両ですけれども、幅二・五メートルを超える車両であります。

岩本剛人

2021-05-11 第204回国会 参議院 国土交通委員会 第14号

少し紹介したいと思いますけれども、ウーバーというライドシェアが最初に入ったときには規制がなかったが、だんだんと、ドライバーに最低賃金を保障しようとか健康保険を付けよう、運転時間の上限を定めるなどの規制が強まっている、それだったら、日本タクシー安全清潔さ、信頼性世界一とよく評価されるので、日本タクシーの選択の幅を広げていくと同じサービスが提供できるようになるんじゃないか、日本型のライドシェア

武田良介

2021-05-11 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第14号

他方で、厚生労働省といたしましては、消毒用アルコールにつきましては、手指などの人体に用いる場合には、品質、有効性人体への安全確認された医薬品医薬部外品使用することとしておりまして、食品添加物用アルコールにつきましては、人体への使用前提したものではないため手指消毒に用いることを推奨することには慎重ではありますが、こうした中で、どのような形で議員御指摘使用に関する情報発信をすることができるかにつきましては

浅沼一成

2021-05-11 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第14号

医療安全も脅かすという重大な問題があります。  これ現場では、絶対的な医師不足医師不足実態があると。なのに、将来の人口減を見込めば医師供給は過剰になると、こういう説明ですよね。マクロでいうたら医師は要らなくなるんだという話です、いや、医師は足りるんだという話かと思うんですけれども。  需要推計という話、先ほどもありました。

倉林明子

2021-05-10 第204回国会 衆議院 予算委員会 第20号

医療安全等の観点から、初診からの電話診療で、診療録等により患者基礎疾患情報が把握できない場合には、委員今言及されましたけれども、ステロイド等ハイリスク薬を処方することはできないこととしてはおりますけれども、訪問看護師を通じて医師患者基礎疾患情報を得られるような場合につきましては、ステロイドを始め必要な医薬品の処方が可能でございまして、引き続き、患者医療従事者の両方の安心、安全を確保する

迫井正深

2021-05-10 第204回国会 参議院 予算委員会 第18号

承認まで二か月を要したのは安全担保のためです。承認審査を行う医薬品医療機器総合機構では、仮に海外で使用実績があっても、ワクチンは健康な人に接種を行うため、適切に評価できる規模の治験を条件としています。  次に、国産ワクチン承認に触れますと、患者数が少ないときに限って認められる条件付承認がありますが、ワクチンは健康な人を対象とするため、条件付承認は適用できません。

本田顕子

2021-05-10 第204回国会 参議院 予算委員会 第18号

安全、有効性確認前提としつつ、速やかに承認ができるように承認制度見直し検討する必要がある、このように考えます。  また、医療体制の整備については、関係者理解を得ながら丁寧に進めていく必要があり、現在は、都道府県と緊密に連携を取りながら病床の確保などに全力を挙げて取り組んでいます。その上で、今後再びこのような感染症発生しても対応できるような制度検討する必要があると思います。  

菅義偉

2021-05-10 第204回国会 参議院 予算委員会 第18号

さらに、危機管理対応として、安全、有効性確認前提としつつ、より速やかに承認できるような承認制度見直し検討する必要があると考えています。御指摘条件付早期承認制度ワクチンに適用することについては、国会附帯決議でも、特に慎重に検討すること、このようにされています。  こうした点も含めて、今後感染が落ち着いた段階でしっかりと検証を行った上で検討する必要があるというふうに思います。

菅義偉

2021-05-07 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第33号

国産ワクチン開発につきましては、第三相試験というものがやはり安全、有効性観点からは必要でありますけれども、実際に他のワクチンでの接種が進んでいくと被験者を確保することが難しくなってまいります。そうすると第三相試験が難しくなるということで、このため、国際的にも発症予防効果検証するプラセボ対照試験に代わる評価方法等に関する議論が始まった状況であります。

西村康稔

2021-05-06 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第13号

承認にはやはり第三相試験をもって承認することが望ましいとは思いますが、今御指摘のありましたように、例えば第二相試験までの安全と、あとは抗体価の推移でですね、それをもって間接的に効果を示すということで承認できる枠組みが今回臨時的にそういうことを考慮してもいいのかもしれませんし、あるいは、そうですね、その研究に参加される患者さんの数をもう少し少なくすることも許容するというようなことを検討していただいてもいいのかもしれません

忽那賢志

2021-05-06 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第13号

医学的に医療関係者専門家の立場から伺いたいんですが、筋肉注射、田島さんもやればできるよというふうに言われてしまったこともあったんですが、このワクチンの打ち手というのを医師看護師、また歯科医師以外に広げていくことに対して、危険性安全どのように考えていらっしゃるか、伺いたいと思います。

田島麻衣子

2021-04-28 第204回国会 衆議院 経済産業委員会 第10号

梶山国務大臣 原子力発電所につきましては、大間原子力発電所を含めてどの発電所も、いかなる事情より安全を最優先し、高い独立性を有する原子力規制委員会が科学的、技術的に審査をし、世界で最も厳しいレベルの新規制基準に適合すると認められた場合のみ、その判断を尊重し、地元の理解を得ながら運転を進めるのが政府方針であります。  

梶山弘志

2021-04-28 第204回国会 衆議院 経済産業委員会 第10号

この告発に対応した具体的な安全調査検証にはならない。先ほども、まだ、具体的に箇所があればそれは調べますということですから。  そんなことでいいのか。運転期間四十年超の原発の初めての再稼働ということになります。しかも、十年間も動いていなかった。しかも、ずさんな工事だったと告発されている。こんなものを動かすのかということになってくると思います。  規制庁に伺います。  

笠井亮

2021-04-27 第204回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第4号

Sプラス三Eといいますが、Sは正式に言うと安全ではなくて、原子力発電って危険なものですから、その危険性最小化するという意味だと思うんですが、その最小化という観点から考えると、新しい炉の方がいいに決まっていまして、これは原発に反対する人も意見一致する点だと思います。  ところが、特に日本の場合は、今動いている九基が全部加圧水型の炉で、特にこれが古いんですね、新型炉は一つもありません。

橘川武郎

2021-04-27 第204回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第4号

私は、今ある、現在の炉のリプレースの議論、新しい最新の炉ということもあるわけですが、いわゆる小型次世代炉安全の高いと言われている小型次世代炉にもっと焦点を当てて、小型高速炉、あるいは核融合炉、まあ核融合炉というのはもうちょっと先だと思いますが、そういう議論をもう少し国会でもすべきだと思っていますが、橘川先生、どうお考えでしょうか。

足立康史