運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
46184件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-09 第200回国会 衆議院 財務金融委員会 5号

第百九十八回国会古本伸一郎君外二名提出、自動車に係る国民負担の軽減及び道路交通安全のために講ずべき措置に関する法律案 並びに  財政に関する件  税制に関する件  関税に関する件  外国為替に関する件  国有財産に関する件  たばこ事業及び塩事業に関する件  印刷事業に関する件  造幣事業に関する件  金融に関する件  証券取引に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと

田中良生

2019-12-09 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 6号

なお、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付をいたしましたとおり、交通安全対策の総合的な充実・強化等に関する陳情書外二十四件であります。  また、本委員会に参考送付されました地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、大分自動車道及び東九州自動車道の濃霧対策に関する意見書外百十八件であります。  念のため御報告申し上げます。      ――――◇―――――

土井亨

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

西村智奈美君外五名提出、第百九十八回国会衆法第一五号)   四、出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案平野博文君外五名提出、第百九十八回国会衆法第三五号)   五、裁判所司法行政に関する件   六、法務行政及び検察行政に関する件   七、国内治安に関する件   八、人権擁護に関する件  外務委員会   一、国際情勢に関する件  財務金融委員会   一、自動車に係る国民負担の軽減及び道路交通安全

高木毅

2019-12-09 第200回国会 参議院 環境委員会 4号

                横山 信一君                 伊藤  岳君                 寺田  静君                 平山佐知子君    事務局側        常任委員会専門        員        星   明君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○アスベスト被害根絶に関する請願(第一三七号  外一二件) ○放射能除染安全確保

None

2019-12-09 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 8号

      熊田 裕通君    左藤  章君       塩谷  立君    鈴木 貴子君       中谷  元君    浜田 靖一君       重徳 和彦君    寺田  学君       照屋 寛徳君    本多 平直君       屋良 朝博君    浜地 雅一君       赤嶺 政賢君    下地 幹郎君     …………………………………    防衛大臣政務官      岩田 和親君    安全保障委員会専門員

None

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

西村智奈美君外五名提出、第百九十八回国会衆法第一五号)   四、出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案平野博文君外五名提出、第百九十八回国会衆法第三五号)   五、裁判所司法行政に関する件   六、法務行政及び検察行政に関する件   七、国内治安に関する件   八、人権擁護に関する件  外務委員会   一、国際情勢に関する件  財務金融委員会   一、自動車に係る国民負担の軽減及び道路交通安全

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 第6号

なお、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付をいたしましたとおり、交通安全対策の総合的な充実・強化等に関する陳情書外二十四件であります。  また、本委員会に参考送付されました地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、大分自動車道及び東九州自動車道の濃霧対策に関する意見書外百十八件であります。  念のため御報告申し上げます。      ――――◇―――――

土井亨

2019-12-09 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第8号

      熊田 裕通君    左藤  章君       塩谷  立君    鈴木 貴子君       中谷  元君    浜田 靖一君       重徳 和彦君    寺田  学君       照屋 寛徳君    本多 平直君       屋良 朝博君    浜地 雅一君       赤嶺 政賢君    下地 幹郎君     …………………………………    防衛大臣政務官      岩田 和親君    安全保障委員会専門員

会議録情報

2019-12-09 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第9号

                白  眞勲君                 福山 哲郎君                 浅田  均君                 鈴木 宗男君                 伊波 洋一君    事務局側        常任委員会専門        員        神田  茂君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○戦争法である平和安全保障関連法

会議録情報

2019-12-09 第200回国会 衆議院 財務金融委員会 第5号

第百九十八回国会古本伸一郎君外二名提出、自動車に係る国民負担の軽減及び道路交通安全のために講ずべき措置に関する法律案 並びに  財政に関する件  税制に関する件  関税に関する件  外国為替に関する件  国有財産に関する件  たばこ事業及び塩事業に関する件  印刷事業に関する件  造幣事業に関する件  金融に関する件  証券取引に関する件 以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと

田中良生

2019-12-09 第200回国会 参議院 環境委員会 第4号

                横山 信一君                 伊藤  岳君                 寺田  静君                 平山佐知子君    事務局側        常任委員会専門        員        星   明君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○アスベスト被害根絶に関する請願(第一三七号  外一二件) ○放射能除染安全確保

会議録情報

2019-12-06 第200回国会 参議院 本会議 第11号

なお、調査の過程では、立憲民主党・民友会・希望の会、国民民主党新緑風会及び日本維新の会希望の党の委員から、国家安全保障会議及び防衛省の特定秘密の提示を要求する動議が提出されたところ、討論の後、採決の結果、本動議は否決されました。  本審査会における調査を通じて、委員からは特定秘密保護制度の運用の改善に係る様々な指摘がありました。

中曽根弘文

2019-12-05 第200回国会 参議院 環境委員会 3号

例えば、消費者問題に対しての関心では、商品やサービス消費や廃棄に伴う環境資源問題に関心を持つ人は二九・六%と、食品安全性それから表示の問題に比べてかなりこれ低くなっているんです。  伺ってまいりたいんですが、環境省の取りまとめによりますと、食品廃棄物等の推計量平成二十八年度で二千七百五十九万トンと公表されています。

平山佐知子

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

浪人覚悟で上の学校を目指すか、それとも、もう試験が変わり目にあるから、あえてチャレンジせずに安全牌の学校にするか、もうそういう進路選択の岐路に今立たされているわけですよ。何よりも、自分たちの能力を正当に測ってもらえないかもしれないテストで、それで自分たちの進路が、人生が変えられてしまうかもしれない。一人一人にとっては重たい問題なんですよ。  

吉良よし子

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

今委員御指摘のBSE対策の月齢制限の撤廃につきましては、平成二十三年十二月に、食品安全委員会に対し、国内規制と併せて、輸入月齢制限の段階的な見直しに関わる食品健康影響評価を既にそのときに依頼しているものでございます。これを受けた形で、食品安全委員会が本年の一月に科学的な見地から結論を出したということでありまして、それを受けた形で、本年の五月に撤廃したものでございます。

浅沼一成

2019-12-05 第200回国会 参議院 農林水産委員会 8号

米国産牛肉につきましては、BSE対策の観点から輸入月齢制限を設けておりましたが、国内、国外の双方でBSEが発生するリスクが低下したことなどを踏まえまして、平成二十三年十二月に、食品安全委員会に対しまして、国内規制と併せて、輸入月齢制限の段階的な見直しに係る食品健康影響評価を依頼いたしました。

浅沼一成

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

中国側によります口蹄疫、BSEに関する解禁令を公告し、二つ目は、中国側は同じく我が国の食品安全システムを評価していただくこと、三番目に、輸出までの検疫条件に関する日中双方の合意が必要となりまして、最終的には、我が国の輸出施設が認定及び登録されることが必要となっております。  早期に日本牛肉中国向け輸出を実現できるよう、関係省庁とも連携を図りながら、協議の加速化に努めてまいる決意でございます。

河野義博

2019-12-05 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号

本件調査のため、本日、政府参考人として農林水産省大臣官房長枝元真徹君、大臣官房総括審議官浅川京子君、大臣官房統計部長大杉武博君、消費安全局長新井ゆたか君、食料産業局長塩川白良君、生産局長水田正和君、経営局長横山紳君、農村振興局長牧元幸司君、林野庁長官本郷浩二君、水産庁長官山口英彰君、総務省自治行政公務員部長大村慎一君、出入国在留管理庁出入国管理部長石岡邦章君、財務省大臣官房審議官山名規雄君及び資源

吉野正芳

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

「以上の施策の実効性を確保するため、電気事業者のガバナンスの健全性、安全基準安全対策の遵守状態等を監視するために、立ち入り調査権を伴う監査体制を国会主導で構築する。」というふうに御提言をさせていただいております。ぜひ御検討いただければと思います。  また、御質問にありました、公開の御検討と、非公開の御検討なのか意見交換なのかわかりませんが、がございましたということがございます。  

石橋哲

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

となりますと、事故が起きたときにどうするかということが最も大事な話でありまして、先ほど石橋参考人紹介いただいたものの中にも、「国民安全を最優先とせず、組織の利益を最優先とする組織依存のマインドセット(思いこみ、常識)であった。」ということが指摘されているわけですが、だから、事故は起こり得るわけですから、どう国民安全を守るかということが非常に大事になる。

逢坂誠二

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

浪人覚悟で上の学校を目指すか、それとも、もう試験が変わり目にあるから、あえてチャレンジせずに安全牌の学校にするか、もうそういう進路選択の岐路に今立たされているわけですよ。何よりも、自分たちの能力を正当に測ってもらえないかもしれないテストで、それで自分たちの進路が、人生が変えられてしまうかもしれない。一人一人にとっては重たい問題なんですよ。  

吉良よし子