運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
32834件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-24 第201回国会 衆議院 文部科学委員会 第5号

全国一斉休業の間に、子供たちの声でいいますと、家にいると親に怒られるので居場所がないとか、人としゃべる機会が減って気分が沈むとか、やはりちょうど三月というのは、卒業や進路など、不安定になりがちな時期だったと思います。そこにウイルスという目に見えないものへの不安もあったということで、大きなストレスを抱えた子供たちは、まず心身のケアが必要だと思うんです。  

畑野君枝

2020-03-24 第201回国会 衆議院 文部科学委員会 第5号

子供たちの三月の状況をお話ししましたけれども、学校再開に当たっては、こういう子供たち一人一人に丁寧に寄り添った対応が必要だと思います。やはり、心の問題については、教員や養護教諭など、一人一人のかかわりの中で回復することが必要じゃないかと思います。再開後の学校が、これまで以上に子供たちをしっかり受けとめられる場になる必要があると思います。  

畑野君枝

2020-03-24 第201回国会 衆議院 文部科学委員会 第5号

休校中の子供たちが家でテレビを見る機会が多く、連日暗いニュースを目にしています。ゲームをする、家で漫画を読むなど家にいることが長くなり、子供たちがストレスをためてきているという話を伺います。卒業式や卒業前のイベントができず、つらい思いをした子供たちが、今、不要不急の外出を控えるということでストレスを抱えています。

森夏枝

2020-03-19 第201回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第3号

例えば、過疎化が進み、ライフラインの維持が難しくなりつつある中山間地域では、自動走行や自動ごみ収集、あるいは高齢者子供の見守り、また行政手続等のフルオンライン化などの最先端技術をどう活用していくかということは、地域の課題の解決を図る上で一つの重要な取組分野であろうというふうに存じます。  

北村誠吾

2020-03-19 第201回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第3号

このため、複数の最先端技術によるサービスを実際の暮らしの中に実装する、実現する社会実証を可能とするために、国家戦略特区制度を活用した大胆な規制改革を進め、例えば、自走、自動走行や自動ごみ収集、あるいは高齢者子供の見守り、あるいはまた行政手続のフルオンライン化などを目指すスーパーシティー構想を実現してまいりたいなどと考えておるところであります。  以上です。

北村誠吾

2020-03-19 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第2号

まず、やはり子供貧困の問題などありますので、給食の無償化を実施している自治体を訪ね歩いたことがありますが、これも課題だと思います。  もう一つ、給食の有機化について質問をしたいと思います。  ゲノム食品に関して厚生労働省に聞きましたところ、今、事前相談中であって、まだ届出の分はないと、届出の第一号が出れば、それはきちっと発表しますということです。

福島みずほ

2020-03-19 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第2号

でも、例えば、お米は腐りませんから、地元で有機農業を進め、例えば米飯給食などで安心なお米を子供たちに、本当にオーガニックで無農薬のお米を子供たちには食べてもらいたい、そういうことをもっと後押ししてほしい。今年は有機農業、有機給食元年みたいな形にして、もっと進めることができないかと思いますが、もう一歩進めて、例えば、文科省、どういうふうに後押しが可能なのか、お考えをお聞かせください。

福島みずほ

2020-03-19 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第2号

福島みずほ君 先ほども、信州だと自治体議員がオーガニック議員連盟をつくったり、やはり子供健康、食べ物に関しては、グリホサートなどの被害も言われていますし、アトピーの子供たちも大変多い。だから、子供たちには、まあ大人もですが、子供たちが食べる給食には本当に安全なものにしたい。そのことを是非国会でも、これは超党派でやれることだと思うんですね。  

福島みずほ

2020-03-19 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

その上で、被災者支援だとか子供に対する支援で五年以内に終了しないものについては、個別の事情を丁寧に把握し、適切に対応することとしておるところでございます。  今後とも、被災地だとか被災者の実情を丁寧に把握しながら、被災自治体とも連携して復興に万全を期してまいりたいと思っております。

田中和徳

2020-03-19 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

日本の将来を担わなければならない子供たちにおいて、小学校中学校高等学校の各段階に応じて放射線放射能放射性物質について学び、自ら考え、判断する力を育むことは大切です。文部科学省によるこの副読本、現場の声を聞きますと、内容に満足いただけないという声を聞きますので、内容の再検討は必要と考えますが、配付の方針に関しては私も同意いたします。  

浜田聡

2020-03-19 第201回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

岩手の達増知事からは、災害公営住宅の整備などが進む一方で、住宅再建や事業者支援、被災者の心のケアや子供たちの心のサポート継続など、復興・創生期間の終了後も中長期に取り組むべき課題があり、十年で終わりと機械的な切り方をせずに、節目の時期だからこそ被災地、被災者に寄り添った姿勢が必要だと、こういった要望を受けました。  

岩渕友

2020-03-19 第201回国会 参議院 災害対策特別委員会 第3号

政府参考人(笠原隆君) 今先生がおっしゃいました内容についてでございますけれども、一般論、文部科学省としましては、学校施設というのは子供たちの学習、生活の場であるとともに、災害時は地域住民の避難所にもなりますので、当然、防災機能の強化というのは重要というふうに考えてございます。  

笠原隆

2020-03-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

また、返還基地跡地利用のモデルケースたるべき沖縄健康医療拠点の整備、離島地域振興、子供貧困緊急対策、製糖業の体制強化、琉球泡盛海外輸出等に係る予算や、沖縄振興特定事業推進費を増額して計上いたしました。  さらに、小規模離島における海底送電ケーブル等の整備や、テレワーク関連施設の整備、活用を支援するための予算を新たに計上いたしました。  

衛藤晟一

2020-03-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

そして、こういう中で、子供貧困対策の緊急事業として十四億円を計上するという形を取っております。  現行のこの法律が第五期を迎えて、今、第五期目を迎えているわけでございますが、あと二年となったことを踏まえて、これまでの沖縄振興全般についての検証に入ったところでございます。

衛藤晟一

2020-03-19 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号

ただ、今、先ほど予算の説明があったとおり、御案内のとおり、沖縄におかれましては失業率が高い、また子供貧困も大変厳しい状況がある。そういう意味におきましては、基盤整備はもちろんでありますけれども、産業政策福祉教育分野などの支援も大変重要なことだというふうに思います。  また、昨年の十月に首里城が火災をされた。当委員会では、十一月に委員会の方で視察に行かれているわけであります。

岩本剛人

2020-03-19 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第4号

給食がなくなって子供食堂が必要なんだけれど、子供食堂自身が閉鎖をしたり、子供が家に閉じ込められて、というか、いらいらするとか、親もいらいらするとか、あるいは親がいなくて子供がコンビニで物を買うしかない、あるいはお金がないとか、もう様々な問題が起きています。是非支援をよろしくお願いいたします。  

福島みずほ

2020-03-19 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第4号

子供たちがやっぱり小中高などで障害を持っている子供たちと一緒に学ぶことは、障害のある子供だけでなく障害を持っていない子供にとっても本当にいいことだと思っています。  九九%が高校に進学をするときに、やっぱり障害を持っているということで排除されているんじゃないか、そんな思いを子供たちが持っているわけです。

福島みずほ

2020-03-18 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第3号

幼稚園学校子供向けの公演も中止されているということで、これはもちろん省庁をまたがっての話にもなりますが、全国五百七十九件、そして被害額が一億五千万円ということで、来年度の公演について営業電話がけもできないために厳しいという協同組合団体の調査も発表されております。  そして、卒園式それから卒業式の中止。

笠井亮

2020-03-18 第201回国会 参議院 厚生労働委員会 第3号

一方で、人事院の方が、新型コロナウイルスの症状が見られたり、臨時休校の子供の世話が必要になったりして国家公務員が出勤しない場合、この場合、年次有給休暇とは別に設けられた有給の特別休暇扱いにすると各省庁通達しています。そして、それ、総務省も、人事院通達を参考にしながら、地方公務員の皆さんの休暇取得に対応するよう、全国の都道府県政令指定都市通知を行っているというふうになっております。  

田村まみ

2020-03-18 第201回国会 参議院 経済産業委員会 第3号

今、本年八月中旬に予定しているワールドロボットサミット二〇二〇に向け、宿泊や交通食事などの準備をしている、その結果として、将来のロボット技術者を目指す子供や学生に合宿をしてもらえるような環境を整えたい、そして、この地域、そして福島が被災地ではなくロボットの町として世界中に知ってもらえるよう努力したい、このように語っていらっしゃいます。  

新妻秀規

2020-03-18 第201回国会 参議院 経済産業委員会 第3号

国務大臣梶山弘志君) 第四次産業革命が進展する予測困難な時代に向けて、未来社会のつくり手である子供たちが課題を自ら設定し解決する力や創造性を育み、AIや機械に代替されない人材として育つ学習環境を整備する必要があるというのがまず第一点。  それと、ITリテラシーのやっぱり醸成ということだと思うんですね。

梶山弘志

2020-03-18 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第4号

それから、新型コロナウイルス感染症に関連する業務への対応、それのみならず、専門家の意見も踏まえない突然の臨時休校、それに伴って降って湧いたような諸問題への対応で本当に大変お忙しいところだと思いますけれども、とはいえ、子供たち、保護者たち、学校の先生方、給食関係の業者の方々こそ大変な思いをされているということで、周到かつ万全な対応を取っていただきたいというふうに要望いたします。  

打越さく良

2020-03-18 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第4号

通っている園によって対応が違う、そして、同じ子供を持ち、そして仕事もしている親への支援が違うというのは、やはり保護者の方々も納得できるような形で対応していただきたいというふうに思います。  次の質問ですけれども、順番を変えて、豚熱について伺いたいと思います。  まず、豚熱の現状について教えてください。

宮沢由佳

2020-03-18 第201回国会 参議院 文教科学委員会 第3号

子供たちの運動不足やストレスを解消するための運動は、御指摘のとおり大切なことであると考えておりまして、子供たちの健康の保持、増進の観点から、校庭や体育館の開放を学校や設置者において検討していただき、子供たちの運動する機会を確保していただきたいというふうに考えております。ただし、一度に大人数が集まって人が密集する運動とはならないよう、感染拡大を防止する観点からの配慮は必要であると考えます。  

瀧本寛

2020-03-18 第201回国会 参議院 文教科学委員会 第3号

国務大臣萩生田光一君) 今般の学校の一斉臨時休業の要請時において、専門家の知見によれば、当時、これから一、二週間が急速な拡大に進むか終息できるかの瀬戸際となるとの見解が示され、子供たちの感染事例も各地で発生し、判断に時間を掛けるいとまもない中で、何よりも子供たちの健康安全が第一である、学校において子供たちへの集団感染という事態は何としても防がなければならないとの判断の下、政府として決定したものでございます

萩生田光一

2020-03-18 第201回国会 参議院 財政金融委員会 第4号

今までのは、この一人親に対する税制上の対応については、これはもう保守系の方から言わせると家族観がなっておらぬとかいろんな話があって、結果として、子供の話しているので親の話はどうでもいいとかというような話とか、もうちょっと本当に、これ、今まで大分出ましたのでいろいろ思い出がありますけど。  

麻生太郎

2020-03-13 第201回国会 参議院 本会議 第8号

非正規労働者を中心とした雇い止めや解雇、学生の内定の取消し学校休校による給食食材の廃棄、子供たちのストレスの増幅、選抜高校野球を始めとする国民スポーツイベントの中止や無観客試合など、金銭的な補償だけでは補い切れない傷を社会個人に残す事態が次から次へと生じています。  このほか、横浜港に停泊したクルーズ船における感染症防止にも失敗して、国際的な非難を浴びることとなりました。

矢田わか子

2020-03-11 第201回国会 衆議院 文部科学委員会 第3号

中には親との関係がうまくいっていない子供たちもいます。これは中学生や高校生に限らずのことですが、家庭貧困、ギャンブルや酒に依存をする親、育児放棄やDVなどの虐待、中には給食が食べられなくなった子供に対して飯代ぐらい自分で稼げとどなる親もいるそうです。家に居場所がないと悲痛な叫びを上げたくても上げられない子供たちは一体どうしたらよいのでしょうか。

菊田真紀子

2020-03-11 第201回国会 衆議院 文部科学委員会 第3号

○萩生田国務大臣 子供たちの運動不足やストレスを解消するための運動は大切であると考えており、学校や設置者の判断により校庭や体育館、公立スポーツ施設を開放して子供たちが運動する機会を確保することを一律に否定するものではありません。ただし、一度に大人数が集まって人が密集する運動とならないよう、感染拡大を防止する観点からの配慮は必要であると考えます。  

萩生田光一

2020-03-11 第201回国会 衆議院 厚生労働委員会 第3号

○加藤国務大臣 まず、助成金の対象となるのは、二月二十七日から三月三十一日までの間に、新型コロナウイルス感染症に関する対応として臨時休業などをした小学校等に通う子供や、新型コロナウイルスに感染した又は風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある小学校等に通う子供の世話を行うため、保護者に休暇を取得させた事業主を助成する、これが一つの制度であります。

加藤勝信

2020-03-11 第201回国会 衆議院 厚生労働委員会 第3号

そういう曖昧な、いかようにも言えるようなことをもって、休校という、期限が限られたものであるとはいえ、子供の居場所を奪うことは間違っております。基準をちゃんと示すべきでありますが、政府には示せる基準がないのです。その理由は次の質問で申し上げますが、今後いろいろな措置をなさるでしょう、宣言とかお好きですから。

阿部知子

2020-03-11 第201回国会 衆議院 法務委員会 第3号

私は、現時点の状況を見ると、やはり、緊急事態宣言によっていろいろな私権制限がかかるということとあわせて、宣言が呼び起こす不安と不況と、それが個人の人生にもたらす、倒産とか、失業とか、子供たちの教育機会の逸失とか、そういうものを物すごい危機感を持って見ています。極めて制限的にこの宣言というのは検討されるべきだというふうに思うんですね。  

山尾志桜里