運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
2343件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-06 第201回国会 衆議院 国土交通委員会 第2号

ここまで答弁いただきましたように、気候変動への対応は待ったなしでありまして、また、予想される地震等も視野に置きながら防災減災、国土強靱化を加速していく、その必要性に疑問の余地はないと思います。  政府においては、防災減災、国土強靱化のための三カ年緊急対策として総額七兆円の対策を進めているところでありまして、期限は来年度末となっております。

小里泰弘

2020-03-03 第201回国会 参議院 予算委員会 第5号

内閣総理大臣安倍晋三君) 我が党のこの四項目の提案について中身もよく読んでいただいて、自民党総裁としては感謝申し上げたいと思いますが、この中身につきまして内閣総理大臣としてお答えする立場にはございませんが、あえて申し上げれば、御指摘のとおり、自民党が示した改憲四項目の中に緊急事態対応が含まれているところでありますが、地震等の緊急時において国民安全を守るため国家国民がどのような役割を果たし国難

安倍晋三

2020-03-03 第201回国会 参議院 予算委員会 第5号

ただ、この条項では、地震その他の異常かつ大規模な災害が起きた場合にということに限定しているんですね。しかし、私はこれだけでは不十分だなって今回の感染症を見ても思うんです。今回のこの感染症の非常事態を鑑みても、感染症パンデミックというのもこの緊急事態の中に私は加えるべきだと思うんです。  行政の長として総理をやっていても、そう感じませんか。

松沢成文

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 第1号

例えば、今後起こるであろう南海トラフ地震など、太平洋側が被災した場合、リダンダンシー確保の見地からも、日本海側からのエネルギー供給が必要となります。太平洋側に偏った天然ガス貯蔵施設を、日本海側にもつくり、京都舞鶴港のガスを国内の関西圏で利用できるようにするためには、天然ガスパイプラインネットワーク兵庫県三田市まで敷設する必要があると考えています。  

本田太郎

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 第1号

地震などの経験もあって、多くの大企業事業継続計画、BCPを策定してきているところなんですが、米中貿易摩擦とか、あるいは、今回のウイルス、疫病など、グローバルで長期化する懸念がある、先の見えないこういう問題に対しては、これまでのBCPだけでは対応できない面があると思います。  

緑川貴士

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 4号

神戸大学都市安全研究センターの石橋克彦教授は、二〇〇五年の衆議院予算委員会におきまして意見を求められて、現在、日本列島ほぼ全域で地震の活動期に入りつつあるということはほとんどの地震学者に共通の考えでありますと発言。  災害は忘れた頃にやってくると言いましたのは寺田寅彦でございますが、今の時代は、災害は忘れなくてもやってくる時代でございます。

加田裕之

2019-12-04 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第4号

神戸大学都市安全研究センターの石橋克彦教授は、二〇〇五年の衆議院予算委員会におきまして意見を求められて、現在、日本列島ほぼ全域で地震の活動期に入りつつあるということはほとんどの地震学者に共通の考えでありますと発言。  災害は忘れた頃にやってくると言いましたのは寺田寅彦でございますが、今の時代は、災害は忘れなくてもやってくる時代でございます。

加田裕之

2019-12-02 第200回国会 参議院 本会議 第9号

さらに、ダム等の管理施設河川管理施設等の電気設備といった重要インフラの付随施設設備について、耐震クラスが低く、地震の際に機能が確保できなくなるおそれがある事態も指摘されています。  会計検査院の指摘のとおり、防災減災、国土強靱化を推進する際には、重要インフラの点検から改修の完了まで、あるいは、施設設備の本体だけでなく付随施設設備の全てを一体として捉えて対策を講じていく必要があります。

宮崎勝

2019-11-20 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 3号

この激甚化する水害土砂災害、切迫する首都直下地震南海トラフ地震、私たちは、我々は様々な自然災害危険と隣り合わせで暮らしているわけであります。我が国は、気象地形、地質等の厳しい地理条件の下、激甚化する災害をもたらす想定外の被害を常に覚悟しておかなくてはならないということであります。  

室井邦彦

2019-11-20 第200回国会 参議院 災害対策特別委員会 第3号

この激甚化する水害土砂災害、切迫する首都直下地震南海トラフ地震、私たちは、我々は様々な自然災害危険と隣り合わせで暮らしているわけであります。我が国は、気象地形、地質等の厳しい地理条件の下、激甚化する災害をもたらす想定外の被害を常に覚悟しておかなくてはならないということであります。  

室井邦彦

2019-11-14 第200回国会 衆議院 憲法審査会 3号

先週の自由討議では、調査議員団の報告を受けまして、私の方から、首都直下地震それから南海トラフ地震、こういうことが生起する可能性があるということで、やはり憲法で規定されている国会議員の任期や選挙期日、この特例を設けることができるように憲法の規定を整備しておく必要があるのではないかということを申し上げました。  

井上一徳

2019-11-14 第200回国会 衆議院 憲法審査会 第3号

先週の自由討議では、調査議員団の報告を受けまして、私の方から、首都直下地震それから南海トラフ地震、こういうことが生起する可能性があるということで、やはり憲法で規定されている国会議員の任期や選挙期日、この特例を設けることができるように憲法の規定を整備しておく必要があるのではないかということを申し上げました。  

井上一徳

2019-11-07 第200回国会 衆議院 憲法審査会 2号

特に、今、首都直下地震、それから南海トラフ地震、こういう事態の発生が指摘される中で、国会議員の任期そして選挙期日の特例を憲法に設けるということは、これは今日的な大事な課題だというふうに認識しております。  希望の党としても、この国会議員の任期、選挙期日の特例について改正案をまとめていますので、ぜひ、与野党の共通理解のもと、この点についての議論を進めていただくことを切に願っております。  

井上一徳

2019-11-07 第200回国会 衆議院 憲法審査会 第2号

特に、今、首都直下地震、それから南海トラフ地震、こういう事態の発生が指摘される中で、国会議員の任期そして選挙期日の特例を憲法に設けるということは、これは今日的な大事な課題だというふうに認識しております。  希望の党としても、この国会議員の任期、選挙期日の特例について改正案をまとめていますので、ぜひ、与野党の共通理解のもと、この点についての議論を進めていただくことを切に願っております。  

井上一徳

2019-10-30 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 2号

また、私も当選以来もう二十六年もたつんですが、阪神・淡路大震災というのが日本の防災政策のある意味じゃ大きな原点で、そうした意味で、地震に対してどうしようかということが、そもそもそういう傾向にあったというふうに思いますが、ここ近年の激甚災害というのは、集中豪雨に伴う洪水災害水害ということが頻発しておりますので、そうしたこともしっかりと切りかえていかなければいけない、そういう認識ではあると思います。

赤羽一嘉

2019-10-30 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 第2号

また、私も当選以来もう二十六年もたつんですが、阪神・淡路大震災というのが日本の防災政策のある意味じゃ大きな原点で、そうした意味で、地震に対してどうしようかということが、そもそもそういう傾向にあったというふうに思いますが、ここ近年の激甚災害というのは、集中豪雨に伴う洪水災害水害ということが頻発しておりますので、そうしたこともしっかりと切りかえていかなければいけない、そういう認識ではあると思います。

赤羽一嘉

2019-10-16 第200回国会 参議院 予算委員会 2号

内閣総理大臣安倍晋三君) 安倍政権においては、熊本地震の際にプッシュ型支援をこれは相当大幅に行ったのでございますが、そのときの課題、反省点もあり、今回はそれを踏まえてプッシュ型支援を行っているところでございますが、プッシュ型支援の実施に当たっては、被災地に派遣した政府職員等が、被災自治体とも連携の上、現地の状況やそして支援物資のニーズ把握に努めることが重要であると考えています。  

安倍晋三