運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
1392件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-01-29 第201回国会 参議院 予算委員会 第1号

国務大臣菅義偉君) 先ほど来申し上げておりますように、閣議決定直後に国会議員にその閣議決定本文を配付すること、さらにまた、両委員会の求めに応じて、衆議院においては安全保障委員会参議院においては外交防衛委員閉会中審査、ここを行っております。そういう形の中で、今回、御理解をいただきたいということであります。

菅義偉

2019-12-09 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第9号

○専門員(神田茂君) お手元の、A4横のページ番号が入りました第二百回国会外交防衛委員付託の請願と題する資料に基づきまして御説明いたします。  今国会中、本委員会に付託されました請願は、九種類総計四十五件でございます。  まず、資料一ページの四七号及び二三五号の二種類六件は、いずれも戦争法である安保法制の廃止を求めるものです。  

神田茂

2019-12-09 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第9号

○委員長(北村経夫君) ただいまから外交防衛委員を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、山本博司君、舟山康江君及び三浦靖君が委員を辞任され、その補欠として山口那津男君、榛葉賀津也君及び中曽根弘文君が選任されました。     ─────────────

北村経夫

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

○委員長(北村経夫君) ただいまから外交防衛委員を再開いたします。  休憩前に引き続き、日本国アメリカ合衆国との間の貿易協定締結について承認を求めるの件及びデジタル貿易に関する日本国アメリカ合衆国との間の協定締結について承認を求めるの件の両件を一括して議題といたします。  これより討論に入ります。  御意見のある方は賛否を明らかにしてお述べ願います。

北村経夫

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 8号

○委員長(北村経夫君) ただいまから外交防衛委員を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、岩本剛人君、高野光二郎君、森屋宏君、石川大我君、榛葉賀津也君及び山口那津男君が委員を辞任され、その補欠として松川るい君、山田宏君、福山哲郎君、舟山康江君、山本博司君及び三浦靖君が選任されました。     ─────────────

北村経夫

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第8号

○委員長(北村経夫君) ただいまから外交防衛委員を再開いたします。  休憩前に引き続き、日本国アメリカ合衆国との間の貿易協定締結について承認を求めるの件及びデジタル貿易に関する日本国アメリカ合衆国との間の協定締結について承認を求めるの件の両件を一括して議題といたします。  これより討論に入ります。  御意見のある方は賛否を明らかにしてお述べ願います。

北村経夫

2019-12-03 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第8号

○委員長(北村経夫君) ただいまから外交防衛委員を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、岩本剛人君、高野光二郎君、森屋宏君、石川大我君、榛葉賀津也君及び山口那津男君が委員を辞任され、その補欠として松川るい君、山田宏君、福山哲郎君、舟山康江君、山本博司君及び三浦靖君が選任されました。     ─────────────

北村経夫

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 1号

外交防衛委員     委員長         北村 経夫君     理 事                 宇都 隆史君                 中西  哲君                 羽田雄一郎君                 秋野 公造君                 井上 哲士君     委 員                 猪口 邦子君                 

None

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 1号

先日、我が党の井上哲士議員外交防衛委員で取り上げましたけれども、農薬メーカーの要望に応えて、二〇一七年の十二月二十五日に、輸入穀物におけるグリホサートの残留基準を多いものでは百倍以上、小麦六倍、トウモロコシ五倍、ソバは百五十倍緩和しているわけですよ。食品の検査がまともに行われていないのに、これ緩和していいんでしょうか。

紙智子

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 1号

○委員長(北村経夫君) これより外交防衛委員農林水産委員会経済産業委員会連合審査会を開会いたします。  先例によりまして、私が連合審査会の会議を主宰いたします。  日本国アメリカ合衆国との間の貿易協定締結について承認を求めるの件及びデジタル貿易に関する日本国アメリカ合衆国との間の協定締結について承認を求めるの件の両件を一括して議題といたします。  

北村経夫

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 7号

○委員長(北村経夫君) ただいまから外交防衛委員を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、清水真人君が委員を辞任され、その補欠として山谷えり子君が選任されました。  また、本日、福山哲郎君、山田宏君及び山谷えり子君が委員を辞任され、その補欠として石川大我君、森屋宏君及び岩本剛人君が選任されました。     ─────────────

北村経夫

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 第1号

外交防衛委員     委員長         北村 経夫君     理 事                 宇都 隆史君                 中西  哲君                 羽田雄一郎君                 秋野 公造君                 井上 哲士君     委 員                 猪口 邦子君                 

会議録情報

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 第1号

先日、我が党の井上哲士議員外交防衛委員で取り上げましたけれども、農薬メーカーの要望に応えて、二〇一七年の十二月二十五日に、輸入穀物におけるグリホサートの残留基準を多いものでは百倍以上、小麦六倍、トウモロコシ五倍、ソバは百五十倍緩和しているわけですよ。食品の検査がまともに行われていないのに、これ緩和していいんでしょうか。

紙智子

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 第1号

○委員長(北村経夫君) これより外交防衛委員農林水産委員会経済産業委員会連合審査会を開会いたします。  先例によりまして、私が連合審査会の会議を主宰いたします。  日本国アメリカ合衆国との間の貿易協定締結について承認を求めるの件及びデジタル貿易に関する日本国アメリカ合衆国との間の協定締結について承認を求めるの件の両件を一括して議題といたします。  

北村経夫

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第7号

○委員長(北村経夫君) ただいまから外交防衛委員を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、清水真人君が委員を辞任され、その補欠として山谷えり子君が選任されました。  また、本日、福山哲郎君、山田宏君及び山谷えり子君が委員を辞任され、その補欠として石川大我君、森屋宏君及び岩本剛人君が選任されました。     ─────────────

北村経夫

2019-11-21 第200回国会 参議院 財政金融委員会 4号

ちなみに、我が党も、今の中国のやり方については厳しく抗議の意見を直接中国政府に伝えているところでございまして、さきのこの参議院の十四日の外交防衛委員では、自民党の佐藤正久議員共産党の対応は立派だというふうに紹介をしていただいて、政府もちゃんと香港の問題では抗議を出せと、自民党部会でもやろうとしているというふうなことも取り上げてもらいましたけれども。  

大門実紀史

2019-11-21 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 5号

さきの十一月十四日、当外交防衛委員において、防衛省政府参考人が、調査研究を根拠とした陸上自衛隊が国外に派遣されるケースとしまして、国際平和協力業務や国際緊急援助活動に関わる検討を挙げて、空港港湾等の調査、現地政府関係者との意見交換、派遣予定地の視察などの活動に調査チームの一部として陸上自衛官がこれ参加してきた旨答弁されているわけですね。

白眞勲

2019-11-21 第200回国会 参議院 財政金融委員会 第4号

ちなみに、我が党も、今の中国のやり方については厳しく抗議の意見を直接中国政府に伝えているところでございまして、さきのこの参議院の十四日の外交防衛委員では、自民党の佐藤正久議員共産党の対応は立派だというふうに紹介をしていただいて、政府もちゃんと香港の問題では抗議を出せと、自民党部会でもやろうとしているというふうなことも取り上げてもらいましたけれども。  

大門実紀史