運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
23771件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-27 第201回国会 参議院 議院運営委員会 第9号

まず、在外公館名称位置給与法改正案について、外交防衛委員長が報告された後、採決いたします。  次に、家畜伝染病予防法改正案及び養豚農業振興法改正案を一括して議題とした後、農林水産委員長が報告されます。採決は両案を一括して行います。  次に、土地基本法等改正案について、国土交通委員長が報告された後、採決いたします。  

岡村隆司

2020-03-18 第201回国会 参議院 経済産業委員会 第3号

引き続き、積極的な資源外交や、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構によるリスクマネー供給等の政策資源を総動員しまして、二〇三〇年に四〇%以上という自主開発比率目標の達成を目指してまいりたいと思っているところでございます。  また、二つ目の御質問でありました海洋基本計画及び海洋エネルギー・鉱物資源開発計画に基づく探査でございますが、これにつきましてお答え申し上げます。  

南亮

2020-03-11 第201回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 第3号

このような状況を踏まえ、これまで安倍総理が展開してきた地球儀を俯瞰する外交を更に前に進めるため、私は、包容力と力強さを兼ね備えた外交を展開していますが、ODAはこれを実現する重要なツールであり、戦略的に活用していきます。  このような観点から、私は、特に二つの目標、課題に重点的に取り組んでまいります。  一つ目は、自由で開かれたインド太平洋の実現です。

茂木敏充

2020-03-11 第201回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 第3号

国際協力を担当する外務副大臣として、今後も、人間の安全保障の考え方に立脚しつつ、ODAを通じてこれらの地球規模課題を始めとする外交課題にしっかりと取り組み、茂木外務大臣を補佐をしてまいります。  山本委員長、理事の先生方、委員の先生方、それぞれ皆様方の御指導、御支援のほどよろしくお願いを申し上げます。

鈴木馨祐

2020-03-11 第201回国会 参議院 政府開発援助等に関する特別委員会 第3号

ODAは日本外交を推進していくための重要なツールであります。引き続き、ODAを戦略的に活用し、茂木外務大臣の下、外務副大臣として様々な外交課題にしっかりと取り組んでまいります。  山本委員長、理事、委員各位の御指導と御理解、心からよろしくお願いを申し上げます。  ありがとうございました。

若宮健嗣

2020-03-11 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

千島連盟からは要望として、北方領土の早期一括返還に向けた外交交渉の展開、北方墓参・自由訪問におけるより自由な往来の実現や参加者の負担軽減と安全の確保、自由訪問事業の対象者の拡大、財産権保護に関する方針等の明確化や、財産権を行使できなかったことの損失等への早急な措置の必要性、北方領土問題国民全体への啓発活動の強化などが述べられました。  

山田宏

2020-03-11 第201回国会 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号

政府は、北方領土問題を解決して平和条約締結するという基本方針の下、粘り強く外交交渉に取り組んでいます。私は、北方対策担当大臣として、国民世論啓発の強化、交流事業の円滑な実施、元島民の方々への援護等に積極的に取り組み、外交交渉強力に後押ししてまいる所存です。  

衛藤晟一

2020-03-10 第201回国会 参議院 法務委員会 第1号

れの促進及び環境整備に必要な経費として三十億三千九百万円、誰一人取り残さない社会の実現に向けた人権擁護施策の推進に必要な経費として三十五億一千七百万円、第四に、犯罪をした者等の再犯防止対策の推進の柱においては、再犯防止のための施設内処遇及び社会内処遇の充実強化に必要な経費として百三十八億三千八百万円、矯正施設等の環境整備に必要な経費として四百八十九億五千九百万円、第五に、京都コングレスの開催及び司法外交

義家弘介

2020-03-10 第201回国会 参議院 文教科学委員会 第2号

これ、その後どうなったかというと、もう外交のツールに使われちゃったわけです。これを使って日本を脅せばこっちをいただけるぞ、国際政治というのはそういう場所ですからね。  これ相互主義で、韓国にも近隣諸国条項があって、中国にも諸国条項があって、日本の言い分も配慮して教科書を作ってくれるというなら相互主義でまだ分かりますよ。

松沢成文

2020-03-10 第201回国会 参議院 農林水産委員会 第3号

それについては、本省として、あらゆるチャンネルを使って、生産者団体であったり流通団体であったり、もちろん外交ルートも使って、全く食品を経由してコロナウイルスが人に伝播することはございませんということを告知をさせていただいて、大体そのようなものも解消できたというふうな報告を受けておりますので、今のところ大きな影響は出ていないというふうに承知をいたしております。

江藤拓

2020-03-10 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第3号

白眞勲君 やっぱり外交って、ある程度、私も素人ですけれど、やっぱり言うべきことは言いながらというのが当たり前だと思うんですね。  だから、私は別に、なめられていると私は思いますよ、これ、やっぱり。だって、それ言わないんだもん。言ったかどうかを言わないということでしょう。言ったかどうかを言わないというのは、国際的にはなめられちゃいますよということを私は思います。  

白眞勲

2020-03-10 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第3号

副大臣鈴木馨祐君) 日本外交上そういった信義というものを重んずる国であります。  一般的には、先方からこういったことが出るということは基本的にはまずないことだろうというふうな考えを我々としてはしております。そうした外交上の信義ということ、あるいは慣例ということで、私どもとして先方政府の発信について我々がコメントするということは差し控えさせていただきたいと思います。

鈴木馨祐

2020-03-06 第201回国会 衆議院 環境委員会 第1号

昨年、ニューヨークで開催された国連気候アクションサミットや、マドリードで開催されたCOP25などに出席し、気候変動外交の最前線に立ってきた者として、日本のすぐれた数多くの取組が石炭批判の前にかき消されてしまっていることに悔しさを感じています。国際社会の現実においては、石炭政策に関する前向きなメッセージがなければ、ほかにどれだけすぐれたことを言ったとしても何も伝わらない。

小泉進次郎

2020-03-06 第201回国会 衆議院 法務委員会 第1号

れの促進及び環境整備に必要な経費として三十億三千九百万円、誰一人取り残さない社会の実現に向けた人権擁護施策の推進に必要な経費として三十五億一千七百万円、第四に、犯罪をした者等の再犯防止対策の推進の柱においては、再犯防止のための施設内処遇及び社会内処遇の充実強化に必要な経費として百三十八億三千八百万円、矯正施設等の環境整備に必要な経費として四百八十九億五千九百万円、第五に、京都コングレスの開催及び司法外交

義家弘介

2020-03-06 第201回国会 衆議院 外務委員会 第2号

○茂木国務大臣 まず、ダイヤモンド・プリンセス号のオペレーションに対します海外からの謝意の前に、地球を俯瞰する外交地球儀を俯瞰する外交か。概念としては地球の方が正しいのかもしれませんけれども、こういうのはキャッチフレーズですから、見た感じで、ビジュアルでやはり地球儀という方が何となく俯瞰している感じがするという部分もあると思うんですよ。  

茂木敏充

2020-03-06 第201回国会 衆議院 外務委員会 第2号

さて、あと、中国外交につきまして、若宮副大臣に一問、大臣に一問だけ質問して終わりたいと思いますが、中国外交中国政府は、現在を百年来の世界の大変化期と位置づけて、新型国際関係の構築及び人類運命共同体の促進を強調しているわけでありますけれども、この辺につきまして、何か日本側の捉え方につきまして、わかることがあれば教えてください。

竹内譲

2020-03-06 第201回国会 参議院 予算委員会 第8号

しているため、その者の退職による欠員を容易に補充することができず、業務の遂行に重大な支障が生ずる場合、第三号に該当する場合の例といたしまして、定年退職予定者が大型研究プロジェクトチームの主要な構成員であるため、その者の退職により当該研究の完成が著しく遅延するなどの重大な障害が生ずる場合、重要案件を担当する本府省局長である定年退職予定者について、当該重要案件に係る国会対応、各種審議会対応、外部との折衝、外交交渉

松尾恵美子

2020-03-06 第201回国会 参議院 予算委員会 第8号

青山繁晴君 今長官がおっしゃいましたとおり、外交交渉ですから、いろんな意味で手のうちを明かさないというのは理解します。その上で、医療チームの派遣について、検討しますというお言葉はいただけませんでしたけれども、せめて、検討いたしますという、検討しますというお答えはいただけないでしょうか。

青山繁晴

2020-03-05 第201回国会 衆議院 安全保障委員会 第1号

我が国の外交安全保障の基軸であり、地域平和と安定に貢献する大きな役割を担っている日米同盟を更に強化してまいります。本年は日米安全保障条約署名及び発効から六十周年に当たる節目の年であり、日米同盟の抑止力、対処力の強化に一層取り組みます。また、普天間飛行場の一日も早い辺野古移設を始め、在日米軍の安定的な駐留、沖縄を始めとする地元の負担軽減に全力で取り組みます。  

茂木敏充