運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
37083件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

1947-08-06 第1回国会 参議院 決算委員会決算審査方針に関する小委員会 2号

從つてまあ一部の間にそのことが知られておるだけであるということになりますが、これを國会がとり上げますと、報道その他を通じて実際的に大きな効果を與え得ることになるわけなんで、その間國会がそういう問題をとり上げるということが、大きな意義を持つんじやないかというふうに思われるわけであります。

河野義克

1947-08-01 第1回国会 参議院 農林委員会 2号

できますれば農林大臣も今他の緊急の仕事で外に出られておるようでありますが、若しお見えになれば、この機會に食糧の緊急對策について、御承知のように一次、二次、三次というようにいろいろ新聞に發表され、又勿論これは一つの一貫した案であろうと思いますが、新聞等でいろいろ誤つて報道されているところもありまするし、この委員會としては正式にこの第一次、第二次、第三次の案について政府當局から御説明も伺つておりませんので

楠見義男

1947-08-01 第1回国会 衆議院 司法委員会 10号

それはちようど一九一二年にキユーバのある新聞報道員が、ハヴアナで米國の特派大使のヒユージ・ギプソンという者を襲つた事件があります。犯人は捕らえられましたけれども、判事は彼を釋放して次のごとく述べたのであります。被害者アメリカの公使であつても、キユーバの最低一階級に屬する市民であろうと、侵害者にとつては同じことであると、個人平等思想をここに取上げて釋放したのであります。

安東義良

1947-07-30 第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 7号

それから從業員の數につきましては、私どもあらゆる機會に新聞その他報道機關の格別な御援助を得まして實情を明らかにいたしておるのでございますが、不幸にして努力至らずして、なお大方の御認識、御理解を解け売る程度に至つておりませんのは、はなはだ殘号に存じておりますけれども、さいぜん大臣からお話がございましたように、近く輸送實相報告書を公にいたします。

伊能繁次郎

1947-07-30 第1回国会 衆議院 隠退蔵物資等に関する特別委員会 3号

ところがその後この記事竝びにこれを動機といたしまして、現内閣の閣僚にこのやみ取引あるいはやみ物資の拂下げ等に關連した閣僚がいるらしいということが、いろいろな方面に波紋を及ぼしまして、ついには國際的にもこれが傳えられ、國際的な各國の新聞報道等がまた國内に打ちかえされるというような状態になりましたので、これは捨ておきがたい、今わが日本は、新憲法のもとにおいてまた新しい民主選擧のもとにおいて成立した第一囘

西尾末廣

1947-07-30 第1回国会 衆議院 司法委員会 8号

その西尾長官談として、鈴木法相の手もとで資料を集めてはいるが、今日鈴木君と會つたときの話では、閣僚がこの問題に關係するという世耕君の話はまつたく事実無根で、ああした無責任報道をせられたことはまことに遺憾 で、政治的含みをもつて行われたようながする氣伝々と、こう書いてあります。まだあとにもありますけれども、長くなるから讀みません。それを御承知でしようか。

花村四郎

1947-07-28 第1回国会 衆議院 治安及び地方制度委員会 6号

そういう次第であるにかかわらず、最近新聞紙報道するところによりますと、その意思に反する決定を閣議においていたしたということであります。どういうわけでそういう決定を閣議においてしたのか、私は立法府の一員として将来のためにまことに杞憂にたえないのであります。この点に対して内務大臣よりお答えを得たいと考える次第であります。

中島守利

1947-07-28 第1回国会 衆議院 外務委員会 3号

それはちようどキューバ新聞報道員が、ハヴアナでヒュージ・ギブソンという米國の特派大使を襲つたことであります。犯人は捕らえられましたけれども、判事は彼を釋放いたしたのであります。そのときに判事はこう言うた。被害者アメリカの公使であつてもキューバの最低階級に屬する市民であろうと、侵害者にとつては同じことである。

安東義良

1947-07-28 第1回国会 衆議院 隠退蔵物資等に関する特別委員会 2号

さて現内閣の閣僚の中で二人くらいわゆる世耕事件なるものに關係があるという新聞報道がありましたが、私はこの問題のために現内閣が國民から相當の疑惑をもつて見られていると深く信ずる節があるのであります。この際政府責任ある立場において、事實二人か、あるいは何人がこの問題に關係があるかどうか。

石田一松

1947-07-28 第1回国会 衆議院 隠退蔵物資等に関する特別委員会 2号

もちろんわれわれ委員會も熱心にやりますが、當局も誠意をお示しいただきますれば、相當短日月にできることとは思いますけれども、しかし一般國民の關心は、いわゆる世耕事件、しかも有力な新聞紙が一ページの大半を割いて、いろいろと世耕事件から現われております問題を報道いたしておりますので、委員會が開かれたならば、一體世耕事件のもろもろなる問題はうそか、まことか、是か非か、國民はまことにきつねにつままれたような状態

辻寛一

1947-07-28 第1回国会 衆議院 隠退蔵物資等に関する特別委員会 2号

この衆議院内における特別委員會が設置されるということが、一般報道機關を通して發表されまして以來、おそらく皆さん方もそうだろうと存じまするが、われわれ個人の委員のところに、現に不肖ごとき者にも、數十通のいわゆる隱匿物資の所在を明らかにしてこれを調査せよというような投書が舞いこんでおります。

中野四郎

1947-07-28 第1回国会 衆議院 労働・決算委員会連合審査会 1号

次に先ほどの米窪さんの御意見のごとく、一日も早く勞働省法案を審議して、そうして勞働省が設置されることについては同感であり、また私もかくしてもらいたいのでありますが、かくのごとく急がれている勞働省法案が、今日まで官廳のなわ張り争いによつて、この提案が遲れたように新聞報道しております。勞働者災害補償保險の所管の問題について非常に時日を費やしているということは、まことに遺憾であります。

三浦寅之助

1947-07-25 第1回国会 衆議院 本会議 17号

終りに、昨日の報道によりますれば、國鉄または逓信に対する二千五百石の加配米を、いかような理由で出されましたものでしようか。他の労働組合に対する関係等を、いかに考慮せられたるものでありましようか。私の今まで申し上げましたる点につき、当局の明細なる、納得のできる、國民の承認し得る回答を得たいのであります。これをもつて私の質問を終わります。(拍手)

明禮輝三郎

1947-07-21 第1回国会 衆議院 運輸及び交通委員会 4号

函館機關區のごときは、新聞の誇張した報道であろうと思いますが、約五割ぐらいが買出しのために缺勤をしておる。その記事を差上げておきました。それが非常に今日の輸送状況に大きな影響を及ぼしておると私は思う。それだからすぐその家庭米をも含めた食糧配給を、鐵道從業員にうんとやつていただきたい。

館俊三

1947-07-15 第1回国会 衆議院 治安及び地方制度委員会 4号

本日は、委員長どうでしようか、これで一應散會にしていただいて、なおまたこの問題については小委員會なりでもお設けになつて、さらに今日の情報を中心に、あるいはまた世耕氏のもつておる情報でも提供してもらえるならば、一應そういうことも調査研究を進めまして、さらにまた新聞報道によりますと、超黨派的ないわゆる調査機關を、國會の中にも設けるというようなことも聞いておりますから、それまでの間、われわれこの委員會の

佐藤通吉

1947-07-12 第1回国会 衆議院 文教委員会 2号

これに對しまして、文部省といたしましては一定の最小限度の要求をいたしておるのでありまするけれども、新聞報道されておりますところによりますと、大藏省の査定額はきわめてわずかでありまして、これではなかなか實行おぼつかないという事態にあるのです。

森戸辰男

1947-07-09 第1回国会 参議院 本会議 14号

併し最近のニユースによりますとアメリカからヨーロツパ向けのパスポートは、從來軍人及び実業家に限られていたものが、今年の二月から一般観光客に対してパスポートを発行するように決定したという報道を得ておるのであります。アメリカ観光客は着々と海外に向つて動き出しておるのであります。我が國におきましても未だ正式の観光客は参りません。

高田寛

1947-07-07 第1回国会 衆議院 本会議 13号

さらにまた、新しい財源を求めるといたした場合に、新聞紙上の最近傳えるところによりますと、專賣益金の增收、あるいはまた酒税の増徴によつて一部を補わんとするような事柄が報道されておりますが、はたして当局は、專賣益金の増收の方策をもつておるのか、あるいはまた酒税の増率によつて新しい財源をこれに求めようとする方針を、今日もつておるかどうかということと、もう一つは、非戰災家屋、すなわち、戰災に遭わなかつた家屋

川島金次

1947-07-05 第1回国会 参議院 本会議 12号

第二には芦田外相は沖繩、千島、そういう領土の回復をして欲しいというようなことを述べられたと報道されておる。これがために御存じの通り、英米その他において我が國に対する輿論は非常に惡くなつて來ておる。のみならずこれをきつかけにして捕鯨問題についても、イギリス、オーストラリヤから強硬な反対が起きて來ておる。

細川嘉六

1947-07-05 第1回国会 衆議院 本会議 12号

特に終戰後における食糧事情は、日一日と窮迫を告げるのみでありまして、昨春以來、新聞ラジオにより、わが國津々浦々に至るまで、しばしば報道いたされました通り、わが國において、年間約一千万石の輸入食糧を仰がなければ、約一千万人の餓死者が続出するであろうと、國民は実に不安さながらであつたのであります。

坪井亀藏