運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
1673件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-02 第200回国会 参議院 議院運営委員会 9号

次に、日程第二及び第三を一括して議題とした後、地方及び消費者問題に関する特別委員長が報告されます。採決は二回に分けて押しボタン式投票をもって行います。  以上をもちまして本日の議事を終了いたします。その所要時間は約二時間の見込みでございます。

郷原悟

2019-11-27 第200回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 3号

東日本大震災からの復興が目指す新しい東北の扉を開く重要なプロジェクトであり、震災復興地方の柱にILCを位置付けることが重要と考えます。福島イノベーション・コースト構想と並んでILC計画を推進することは、東北をフィールドとした科学イノベーションの創出につながるものであり、被災地域の創造的な復興に資するものであります。  しかし、骨子案にILC計画に関わる項目は盛り込まれておりません。

木戸口英司

2019-11-27 第200回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 3号

国務大臣田中和徳君) これらの課題についてでありますけれど、復興のための特別な措置としての復旧復興事業を行うという段階から、地方を始めとする政府全体の施策を活用する段階へと移行した状況を想定して、復興事業がその役割を全うするという表現としておるところでございまして、委員も御理解がいただけるんではないかと、このように思っておるところでございます。  

田中和徳

2019-11-27 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 4号

                矢田わか子君                 熊野 正士君                 安江 伸夫君                 松沢 成文君                 柳ヶ瀬裕文君                 大門実紀史君                 木村 英子君    国務大臣        国務大臣        (内閣府特命担        当大臣地方

None

2019-11-27 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 4号

○委員長(佐藤信秋君) ただいまから地方及び消費者問題に関する特別委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、こやり隆史君及び野田国義君が委員を辞任され、その補欠として三原じゅん子君及び森屋隆君が選任されました。  また、本日、羽田雄一郎君が委員を辞任され、その補欠として矢田わか子君が選任されました。     ─────────────

佐藤信秋

2019-11-25 第200回国会 参議院 行政監視委員会 1号

翻って、今日私が一番問いたいのは、この昨今の国と地方の在り方について目を向けてまいりますと、地方などが掲げられている中で、国会立法によりまして地方に策定が求められています計画の増加が地方自治体の重荷になっているのではないか、結果としてそうした計画の策定が地方で進展していないと、こういう声を多く耳にしてございます。  そこで、今日お手元に資料をお配りさせていただきました。

西田実仁

2019-11-25 第200回国会 参議院 行政監視委員会 1号

また、二つ目として地方がございます。この地方、これも我々与党としましても、また野党の皆様方も一緒になってこの地方を取り組んでいただいていると思いますが、やはり総務省の観点からいいますと、5G、そしてIoT、それからAIなどの活用を更に進めていくべきだと言われております。  そして、そのもう一つが、私も実感しているのがテレワークテレワークについて更に普及するべきだと思っております。  

島村大

2019-11-25 第200回国会 参議院 行政監視委員会 1号

○国務大臣(高市早苗君) まず、島村委員におかれましては、私が二回目の就任に当たりまして特に力を入れたいこととして申し上げましたサイバーセキュリティー対策の強化、それからテレワークを含むIoTやAIや5Gなどを活用した地方、それから防災行政無線の戸別受信機を含みます安心、安全の確保、そして、行政評価局がやっている取組、これにいかに実効性を持たせていくかという四つの点につきまして問題意識を共有いただいておりましたこと

高市早苗

2019-11-21 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 10号

○岡田事務総長 まず最初に、日程第一及び第二につき、山口地方に関する特別委員長の報告がございます。両案を一括して採決いたしまして、共産党が反対でございます。  次に、日程第三及び第四は委員長提出の議案でありますので、議長から委員会の審査を省略することをお諮りいたします。次いで大口総務委員長の趣旨弁明がございます。採決は二回になります。一回目は日程第三で、全会一致でございます。

岡田憲治

2019-11-20 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 3号

○国務大臣(北村誠吾君) 地方を推進いたし、地方公共団体が安定的に行政サービスを提供いたすためには、前提として、税源の偏在性が小さく、税収が安定的な地方税体系の構築が必要であります。このような観点から、今年度から導入いたされました新たな偏在是正措置は、地域間の財政力格差の拡大や経済社会構造の変化等に対応し、大都市部に税収が集中する構造的な課題に対処するものであると認識しております。  

北村誠吾

2019-11-20 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 3号

まち・ひと・しごと創生基本方針二〇一九におきましては、地方におけるソサエティー五・〇の実現に向けた5G、ローカル5Gを含む5Gを始めとする技術の活用を地方の横断分野として位置付け、強力に推進することを掲げてございます。この考え方を第二期総合戦略に反映し、地方の更なる充実強化を図ってまいりたいと考えてございます。  

高橋文昭

2019-11-20 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 3号

国としては、そういった地方の取組を地方推進交付金などによって強力に支援してきたところであります。  全国各地で魅力ある地域づくりが行われていると存じております。他方では、景気の良くなる中、東京一極集中の傾向が続いておりますし、更なる地方の取組が求められておると存じております。  

北村誠吾

2019-11-20 第200回国会 衆議院 農林水産委員会 8号

先生におかれましては、市役所でお勤めになられたり地方議会も御経験されているということで、まさに地方のことは大変よく御存じの方でいらっしゃいますので、そしてまた、地方に関する特別委員会の理事もされていらっしゃるということですから、いろいろこれからも御指導をいただければというふうに考えております。  

江藤拓

2019-11-19 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 4号

安倍内閣の重要施策の一つである地方を担当する大臣として、全力で取り組んでまいりたいと存じておることは当然であります。  日本の各地域は、豊かな自然、特色のある産業、固有の歴史、文化など、その地方ならではの強みや魅力を有しております。これらを存分に生かして地域の活性化を図っていくことが、地方の目指す姿であると考えております。  

北村誠吾

2019-11-19 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 4号

地方を実現するためには、それぞれの地域がそれぞれの地域ごとに、意欲と熱意を持って、その地域ならではの強みや魅力を生かした取組を主体的に行うことにより地域が活性化するということが大事なんです。  二〇一四年に地方をスタートさせて以来、各地方公共団体が、みずから策定してきた地方版総合戦略に基づき、自主的、主体的に地方に取り組んできておられる。

北村誠吾

2019-11-19 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 4号

今回の法案で創設する制度はいずれも重要だと思いますが、地域の住民が生き生きと暮らせ、地方が元気になる地方を実現していくためには、まず、これらの制度が現場でしっかりと活用されることが大事になる、このように思います。また、地方のために政府が取り組んでいくべき課題はほかにも多数あるだろうと思います。  

高村正大

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 3号

橋本  岳君    総務大臣政務官      木村 弥生君    総務大臣政務官      斎藤 洋明君    農林水産大臣政務官    河野 義博君    政府参考人    (内閣官房内閣審議官)  武田 博之君    政府参考人    (内閣府大臣官房総括審議官)           渡邉  清君    政府参考人    (内閣府大臣官房審議官) 村手  聡君    政府参考人    (内閣府地方推進事務局審議官

None

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 3号

各件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官武田博之君、内閣府大臣官房総括審議官渡邉清君、内閣府大臣官房審議官村手聡君、内閣府地方推進事務局審議官村上敬亮君、金融庁総合政策局参事官齋藤馨君、消費者庁審議官小林渉君、総務省大臣官房長横田真二君、行政管理局長三宅俊光君、自治行政局長高原剛君、自治行政局公務員部長大村慎一君、自治行政局選挙部長赤松俊彦君、自治財政局長内藤尚志君、情報流通行政局長吉田眞人君

大口善徳

2019-11-14 第200回国会 参議院 経済産業委員会 2号

そして、二つ目なんですけれども、現在の地方の進め方というのは、基本的に中央からの計画主導型だなと思っています。簡単に言うと、こういう方向で事業を進めるならばこんな補助金を出しますよというものですね。  大臣のホームページを拝見させていただきまして、理念・政策のところでこのようにうたっておられます。

安達澄

2019-11-14 第200回国会 参議院 経済産業委員会 2号

私は、ずっとずっと、現場や地方を大事にする政治、これを目指すんだというふうに言ってきたわけですけれども、今日は、先日の大臣の所信表明演説を踏まえまして、その現場や地方にしっかり軸足を置いて地方、それのあと支援策、補助金等についての質問をさせていただきたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。  まず、地方ですけれども、もう言うまでもなく安倍内閣の看板政策の一つであります。

安達澄

2019-11-13 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 2号

大臣政務官藤原崇君) 地方及び消費者行政を担当いたします内閣府大臣政務官藤原崇でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  大塚副大臣とともに両大臣を支え、力を尽くしてまいりたいと考えておりますので、佐藤委員長を始め、理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願い申し上げます。

藤原崇

2019-11-13 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 2号

副大臣大塚拓君) 地方及び消費者行政を担当いたします内閣府副大臣大塚拓でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。  両大臣を支え、力を尽くしてまいりたいと考えておりますので、佐藤委員長を始め、理事、委員各位の御指導と御協力をよろしくお願い申し上げます。

大塚拓

2019-11-13 第200回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 2号

まち・ひと・しごと創生担当大臣地方を担当する内閣府特命担当大臣として、お許しをいただき、一言御挨拶を申し上げます。  地方は、人口減少に歯止めを掛けるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持することを目指しております。地方の実現に向け、政策を総動員してまいります。  

北村誠吾

2019-11-13 第200回国会 衆議院 国土交通委員会 4号

まさに先ほどから大臣も、また質疑の中でもあっておりますけれども、この港湾というのは、海に囲まれた我が国にとりまして、人の流れ、また物流の拠点として、特に地方にとっては地方のかなめであると言えると思います。地域の活性化ですとか産業振興、特に、基幹産業造船を中心としました物づくり産業にとっては大変大切な拠点でございます。  

西岡秀子

2019-11-13 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 5号

エネルギーが多機能分散化すれば地方にもつながるということで、これは、電力の分野、しっかりアーキテクチャー、新しいものをつくって、最優先で、政府の成果としてわかりやすい部分でやっていく必要はあると思います。  この電力に対して前向きである、この法案の具体例として、ということでよろしいですね。

落合貴之

2019-11-13 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 5号

○梶山国務大臣 先ほどの地方もそのとおりだと思いますし、テレワークとかITの環境、ネットの環境と物流さえそろえば、日本の至るところで仕事ができるものだと思っています。  今の御質問に対しましては、御指摘のとおり、総務省情報通信白書などによれば、日本企業のIT投資は横ばいの傾向にあるということを認識をしております。  

梶山弘志

2019-11-13 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 5号

○落合委員 大臣は、前、地方大臣もされていましたが、この法案に載っているクラウド化というのは、どこの場所にいても仕事にアクセスができるということで、地方、それから最近の課題である働き方改革、子供を抱えながらも近くでなるべく働きたいですとか、そういった働き方改革、地方の面からも、やはりITを活用するというのは重要な問題であると思います。  

落合貴之

2019-11-12 第200回国会 参議院 総務委員会 2号

○柳ヶ瀬裕文君 これ、災害分以外は交付しないということは、災害に該当しない部分、例えばこれ、泉佐野市では地方推進交付金や駅などのバリアフリー化などの費用、小山町では地方バスの赤字補填分、高野町では文化財の維持管理費用、みやき町は地域おこし協力隊の費用、これが認められずに減額となったということであります。  

柳ヶ瀬裕文

2019-11-12 第200回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 3号

御指摘がございましたとおり、まち・ひと・しごと創生、いわゆる地方につきましては、人口減少に歯どめをかけることをその目的としております。少子化対策と、その他の御指摘があった地方の取組を一体的に実施してまいることが、地方効果的に進める上で大変重要だと考えておるところでございます。  

多田健一郎

2019-11-08 第200回国会 参議院 予算委員会 3号

これをインフラ復旧について基本とすべきと考えますし、またさらに、被災住宅耐震、省エネ向上、新技術活用による被災事業者の、農業者への生産性向上へとより良い復興を拡大展開して、被災地での復興、創生を実現し、地方のモデルとしていくことを今次災害復興基本とすべきと考えますが、総理、いかがでしょうか。

浜田昌良

2019-11-08 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 4号

両件調査のため、本日、参考人として原子力損害賠償・廃炉等支援機構理事長山名元君及び東京電力ホールディングス株式会社代表執行役副社長文挾誠一君の出席を求め、意見を聴取することとし、また、政府参考人として内閣官房内閣審議官大西証史君、内閣府地方推進事務局審議官村上敬亮君、総務省自治行政選挙部長赤松俊彦君、外務省大臣官房参事官曽根健孝君、経済産業省大臣官房長糟谷敏秀君、経済産業省大臣官房技術総括・保安審議官小澤典明君

富田茂之

2019-11-08 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 4号

大臣は、以前地方と並行して規制改革担当大臣もされておりました。そのときに取り組まれた公文書管理の適正化、我々野党の立場でも大変当時はいろいろな議論をさせていただきましたけれども、この公文書管理に対する取組をされた当事者として、公文書管理に対する大臣のお考え、取り組まれた当時の思いといったものをいま少し御開陳いただければありがたいと思います。

浅野哲

2019-11-08 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 4号

大臣は、以前地方担当の特命大臣をされておりました。その際のいろいろな発言を見ておりますと、やはり地方産業という部分に大変関心を持たれて取り組まれてきたと認識をしておりますが、地方担当大臣として認識した経済産業分野の課題というものに対して、今の大臣の見解をまずは教えていただきたいと思います。

浅野哲

2019-11-07 第200回国会 参議院 文教科学委員会 2号

これ、やはり首都東京の一つのシンボルとして、文化的なシンボルとして、あるいは地方の一つの起爆剤として、あるいは観光振興にもつながると思います。もちろん、今、宮内庁が管理する皇居の中にありますから難しさはありますけれども、天守台もあるわけですね。そして、寛永度天守は設計図も残っているわけです。これにできるだけ忠実に復元したら、これはすばらしい文化遺産になると思います。

松沢成文

2019-11-07 第200回国会 参議院 農林水産委員会 2号

農林水産副大臣  加藤 寛治君    大臣政務官        農林水産大臣政        務官       藤木 眞也君    事務局側        常任委員会専門        員        大川 昭隆君    政府参考人        内閣官房内閣審        議官       大角  亨君        内閣府大臣官房        長        大塚 幸寛君        内閣府地方

None

2019-11-07 第200回国会 参議院 内閣委員会 2号

       事局人事政策統        括官       山下 哲夫君        特定複合観光施        設区域整備推進        本部事務局審議        官        兼観光庁審議官  秡川 直也君        内閣府政策統括        官        増島  稔君        内閣府男女共同        参画局長     池永 肇恵君        内閣府地方

None