運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
594件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-02-05 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第1号

国連海洋条約を中心とした国際ルールを適切に実施するため、国際連合等における海洋に関する議論に積極的に対応するとともに、国際海事機関等における海洋に関する国際ルールの策定や、国際連携、国際協力主体的に参加しております。  法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序を維持強化するための連携や協力を、シーレーン沿岸国を始めとする各国とともに進めていくこととしております。

平垣内久隆

2020-02-05 第201回国会 参議院 国際経済・外交に関する調査会 第1号

政府参考人(平垣内久隆君) 補足があれば外務省さんの方からお願いしたいんですけれども、EEZ内につきましては、まず普通の科学のための調査は、これ、国連海洋条約科学のための調査はする、EEZはやってもいいということになっていると思いますけれども、日中間で取決めがあって、通報するという仕組みの中で運用しているというふうに承知しております。

平垣内久隆

2020-01-17 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第9号

当然、自衛隊はこういった事例を研究していると思いますが、問題は、このホルムズ海峡、これはオマーン湾の公海、EEZとペルシャ湾の公海、EEZを結ぶ国際海峡で、最狭部はオマーンとイラン領海、両国とも国内法で中間線でありますが、IMO、国際海事機関によって採択された中央分離帯が設定をされておりまして、ここを全ての国の船舶自由に通航できますが、ここで出てくるのは国連海洋条約でありまして、オマーンはこの

中谷元

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 6号

○茂木国務大臣 コクカ・カレイジャスが日章旗を掲げていたかについては、国連海洋条約において、船舶は一つの国のみの旗を掲げて航行するものとされているため、この点は委員も御指摘いただいたとおりでありますが、パナマ船籍でありますコクカ・カレイジャスが当時日章旗を掲げて航行していたとは考えられなかったわけであります。  

茂木敏充

2019-11-15 第200回国会 衆議院 安全保障委員会 第6号

○茂木国務大臣 コクカ・カレイジャスが日章旗を掲げていたかについては、国連海洋条約において、船舶は一つの国のみの旗を掲げて航行するものとされているため、この点は委員も御指摘いただいたとおりでありますが、パナマ船籍でありますコクカ・カレイジャスが当時日章旗を掲げて航行していたとは考えられなかったわけであります。  

茂木敏充

2019-05-20 第198回国会 参議院 決算委員会 7号

この尖閣諸島をめぐっては、関係改善とは一方で、例えば国連海洋条約といった海洋法秩序とは相入れない独自の主張に基づき、力による一方的な現状の変更といったようなこともあるというのは先ほどの御答弁からもあったところであります。  まずは、中国公船の尖閣周辺での接続水域領海への侵入状況、中国軍艦艇の尖閣周辺における動向についてお伺いをしたいと思います。

秋野公造

2019-05-20 第198回国会 参議院 決算委員会 第7号

この尖閣諸島をめぐっては、関係改善とは一方で、例えば国連海洋条約といった海洋法秩序とは相入れない独自の主張に基づき、力による一方的な現状の変更といったようなこともあるというのは先ほどの御答弁からもあったところであります。  まずは、中国公船の尖閣周辺での接続水域領海への侵入状況、中国軍艦艇の尖閣周辺における動向についてお伺いをしたいと思います。

秋野公造

2019-05-09 第198回国会 参議院 農林水産委員会 8号

先生から御紹介いただいた排他的経済水域における漁業等に関する主権権利の行使等に関する法律漁業主権法と言っておりますけれども、国連海洋条約を踏まえまして、我が国のいわゆる二百海里水域といいましょうか、の漁業資源漁業活動に関する根拠法ということになっております。それを踏まえて各種の各外国地域との交渉がなされているというふうに理解しております。

長谷成人

2019-05-09 第198回国会 参議院 農林水産委員会 第8号

先生から御紹介いただいた排他的経済水域における漁業等に関する主権権利の行使等に関する法律漁業主権法と言っておりますけれども、国連海洋条約を踏まえまして、我が国のいわゆる二百海里水域といいましょうか、の漁業資源漁業活動に関する根拠法ということになっております。それを踏まえて各種の各外国地域との交渉がなされているというふうに理解しております。

長谷成人

2019-04-23 第198回国会 参議院 環境委員会 6号

国務大臣原田義昭君) 外国船舶による違反行為に対しましては、国連海洋条約の規定に従いまして懲役等はできないことになっておりまして、罰金刑のみを科すということで、それによって抑止力を維持しようというふうに考えておるところであります。例えば、現行の百万円に対して十倍の一千万円とするなど、罰金額を大幅に引き上げることとしております。  

原田義昭

2019-04-23 第198回国会 参議院 環境委員会 第6号

国務大臣原田義昭君) 外国船舶による違反行為に対しましては、国連海洋条約の規定に従いまして懲役等はできないことになっておりまして、罰金刑のみを科すということで、それによって抑止力を維持しようというふうに考えておるところであります。例えば、現行の百万円に対して十倍の一千万円とするなど、罰金額を大幅に引き上げることとしております。  

原田義昭

2019-04-17 第198回国会 衆議院 外務委員会 8号

もちろん、海でございますので、国連海洋条約等が適用されている地域でございますが、先ほども、前の同僚議員質問にもあったかと思いますが、この北極地域における資源開発やあるいは北極海航路の利用についての国際ルールとかガバナンスのあり方については、漁業分野に限らず、その全体を国際社会で真剣に議論を始めなければならない時期に入りつつあると考えておりますが、政府の見解をお伺いをしたいと思いますし、私個人といたしましては

遠山清彦

2019-04-17 第198回国会 衆議院 外務委員会 8号

委員御指摘のように、陸地のある南極と違いまして、北極は海洋であるということで、まずは、基本的な法的枠組みとしては、国連海洋条約の関連する国際法が適用されるわけでございまして、その上で、具体的な分野については、必要に応じて追加的に枠組みが検討されることになるということで、漁業の分野につきましては、まず北極海の沿岸五カ国がイニシアチブをとる形で、主要漁業国である日本などの五カ国に働きかけて、この協定

山上信吾

2019-04-17 第198回国会 衆議院 外務委員会 第8号

もちろん、海でございますので、国連海洋条約等が適用されている地域でございますが、先ほども、前の同僚議員質問にもあったかと思いますが、この北極地域における資源開発やあるいは北極海航路の利用についての国際ルールとかガバナンスのあり方については、漁業分野に限らず、その全体を国際社会で真剣に議論を始めなければならない時期に入りつつあると考えておりますが、政府の見解をお伺いをしたいと思いますし、私個人といたしましては

遠山清彦

2019-04-17 第198回国会 衆議院 外務委員会 第8号

委員御指摘のように、陸地のある南極と違いまして、北極は海洋であるということで、まずは、基本的な法的枠組みとしては、国連海洋条約の関連する国際法が適用されるわけでございまして、その上で、具体的な分野については、必要に応じて追加的に枠組みが検討されることになるということで、漁業の分野につきましては、まず北極海の沿岸五カ国がイニシアチブをとる形で、主要漁業国である日本などの五カ国に働きかけて、この協定

山上信吾