運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
6095件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-11 第201回国会 衆議院 法務委員会 第3号

附帯決議につきましては、国会衆議院規則には規定はなく、先例に基づき行われているものでございまして、議案の議決に際して、法律の実施に当たっての基本姿勢、留意すべき事項等を委員会意思として表明する、委員会決議でございまして、法律附則として規定される場合とは異なり、法的拘束力を有するものではございませんが、通常、当該委員会において附帯決議案を可決の後、所管大臣がこれを尊重する旨の発言をする以上、

築山信彦

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 第1号

○川内分科員 北村大臣憲法そして国会に違反するんですよ、国政調査権に。  これは、参議院予算委員会が資料を要求し、そして、その求めに応じて、内閣府大臣官房人事課、内閣府として提出した資料。安倍総理大臣も、資料の修正が不適切であったということを予算委員会でお述べになられている。憲法六十二条、それから国会百四条に、国政調査権に違反するんです。違反しているんですよ、白塗り資料は。  

川内博史

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第一分科会 第1号

そして、この憲法の規定を受けまして国会ですとか議院証言法などにいろいろ規定があるわけでございますけれども、資料の要求についてということであれば、国会百四条一項に、「各議院又は各議院委員会から審査又は調査のため、内閣、官公署その他に対し、必要な報告又は記録の提出を求めたときは、その求めに応じなければならない。」と規定されております。

長谷田晃二

2020-01-30 第201回国会 参議院 予算委員会 第2号

昨日、一月二十九日、参議院この予算委員会における私の質問に対し、大塚内閣府官房長は、国会に認められた国政調査権を行使した予算委員会理事懇談会における説明並びに提出された資料について、事実と異なる答弁を重ねたと認識しています。その答弁は、本日の委員会開会さえも妨げる内容でございました。  

蓮舫

2020-01-20 第201回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号

国会改正等及び国会改革に関する小委員       高木  毅君    岸  信夫君       赤澤 亮正君    丹羽 秀樹君       大塚 高司君    武部  新君       田野瀬太道君    手塚 仁雄君       牧  義夫君    佐藤 英道君  国会改正等及び国会改革に関する小委員長                高木  毅君  図書館運営小委員       赤澤 亮正君

会議録情報

2020-01-16 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第16号

――――――――――――― 令和元年十二月九日  一、行政監視院法案辻元清美君外五名提出、第百九十八回国会衆法第三一号)  二、国会の一部を改正する法律案辻元清美君外五名提出、第百九十八回国会衆法第三二号)  三、国会等改正に関する件  四、議長よりの諮問事項  五、その他議院運営委員会の所管に属する事項 の閉会中審査を本委員会に付託された。     

会議録情報

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

  一四、国有財産の増減及び現況に関する件   一五、政府関係機関の経理に関する件   一六、国が資本金を出資している法人会計に関する件   一七、国が直接又は間接に補助金、奨励金、助成金等を交付し又は貸付金、損失補償等の財政援助を与えているものの会計に関する件   一八、行政監視に関する件  議院運営委員会   一、行政監視院法案辻元清美君外五名提出、第百九十八回国会衆法第三一号)   二、国会

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 15号

第百九十八回国会辻元清美君外五名提出の  行政監視院法案  及び  国会の一部を改正する法律案 並びに  国会等改正に関する件  議長よりの諮問事項  その他議院運営委員会の所管に属する事項 以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

  一四、国有財産の増減及び現況に関する件   一五、政府関係機関の経理に関する件   一六、国が資本金を出資している法人会計に関する件   一七、国が直接又は間接に補助金、奨励金、助成金等を交付し又は貸付金、損失補償等の財政援助を与えているものの会計に関する件   一八、行政監視に関する件  議院運営委員会   一、行政監視院法案辻元清美君外五名提出、第百九十八回国会衆法第三一号)   二、国会

高木毅

2019-12-09 第200回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号

第百九十八回国会辻元清美君外五名提出の  行政監視院法案  及び  国会の一部を改正する法律案 並びに  国会等改正に関する件  議長よりの諮問事項  その他議院運営委員会の所管に属する事項 以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

高木毅

2019-12-05 第200回国会 衆議院 原子力問題調査特別委員会 第3号

その上でちょっとお聞きしたいんですが、国会附則第十一項には、先ほど来御指摘あるように、政府国会事故調の報告書を受けて講じた措置について、当分の間、国会に報告書を提出しなければならないと規定をされております。  私もこれは二〇一二年度から七年分のその報告をちょっと読ませていただきました。

藤野保史

2019-11-28 第200回国会 衆議院 憲法審査会 第4号

そもそも、憲法審査会におきましては、国会で、日本国憲法に密接に関連する基本法制について広範かつ総合的に調査を行うことがこの憲法審査会の所掌事務の一つとして規定されているということに鑑みますと、基本法その他の憲法附属法規につきましても、大いに議論を闘わせることが重要ではないかというふうに考えております。  

上川陽子

2019-11-15 第200回国会 参議院 議院運営委員会 4号

国会議員秘書は、国会百三十二条によって、国会議員の職務の遂行を補佐するため各議員の下で働いていますが、参議院だけで七十四億四千二百五十四万円の予算が人件費として掛かっております。このうち、参議院選挙の影響額を引いた後の六十七億円と、五年前、平成二十六年度の人件費六十二億七千二百万円とを比較してみても、四億三千万円もの人件費が増えております。  今年十月には消費税が一〇%に引き上げられました。

東徹

2019-11-15 第200回国会 参議院 議院運営委員会 第4号

国会議員秘書は、国会百三十二条によって、国会議員の職務の遂行を補佐するため各議員の下で働いていますが、参議院だけで七十四億四千二百五十四万円の予算が人件費として掛かっております。このうち、参議院選挙の影響額を引いた後の六十七億円と、五年前、平成二十六年度の人件費六十二億七千二百万円とを比較してみても、四億三千万円もの人件費が増えております。  今年十月には消費税が一〇%に引き上げられました。

東徹

2019-11-14 第200回国会 衆議院 憲法審査会 3号

また、この憲法審査会国会第百二条の六に基づいて設置をされていますが、この百二条の六には、憲法改正項目を審査するということが明記されています。立憲民主党国民民主党として、この憲法審査会改憲項目を提出する、その思いがあるのか、その決意があるのか、お聞かせいただきたいと思います。  そして最後に、山尾委員、山花会長代理、お二人にお聞きをいたします。  

馬場伸幸

2019-11-14 第200回国会 衆議院 憲法審査会 3号

先週の自由討議、そして、きょうも馬場委員から指摘されておりましたように、憲法審査会の設置根拠は、国会第百二条の六において、「日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制について広範かつ総合的に調査を行い、憲法改正原案、日本国憲法に係る改正の発議又は国民投票に関する法律案等を審査するため、各議院憲法審査会を設ける。」というふうになっております。  

井上一徳

2019-11-14 第200回国会 衆議院 憲法審査会 3号

審査会について、臨むに当たりましてということですが、国会、先般、馬場委員も読み上げられたと思いますけれども、憲法審査会というのは、発議も一つの仕事ですけれども、「日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制について広範かつ総合的に調査を行い、」と書かれてございますので、その調査について、私どもも、今委員からございました、現時点では表現の自由について審査をすべきではないかということを申し上げておりますし

山花郁夫

2019-11-14 第200回国会 衆議院 憲法審査会 第3号

また、この憲法審査会国会第百二条の六に基づいて設置をされていますが、この百二条の六には、憲法改正項目を審査するということが明記されています。立憲民主党国民民主党として、この憲法審査会改憲項目を提出する、その思いがあるのか、その決意があるのか、お聞かせいただきたいと思います。  そして最後に、山尾委員、山花会長代理、お二人にお聞きをいたします。  

馬場伸幸

2019-11-14 第200回国会 衆議院 憲法審査会 第3号

先週の自由討議、そして、きょうも馬場委員から指摘されておりましたように、憲法審査会の設置根拠は、国会第百二条の六において、「日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制について広範かつ総合的に調査を行い、憲法改正原案、日本国憲法に係る改正の発議又は国民投票に関する法律案等を審査するため、各議院憲法審査会を設ける。」というふうになっております。  

井上一徳

2019-11-14 第200回国会 衆議院 憲法審査会 第3号

審査会について、臨むに当たりましてということですが、国会、先般、馬場委員も読み上げられたと思いますけれども、憲法審査会というのは、発議も一つの仕事ですけれども、「日本国憲法及び日本国憲法に密接に関連する基本法制について広範かつ総合的に調査を行い、」と書かれてございますので、その調査について、私どもも、今委員からございました、現時点では表現の自由について審査をすべきではないかということを申し上げておりますし

山花郁夫

2019-11-08 第200回国会 衆議院 経済産業委員会 4号

議員身分ということでございますので、公選法ということではございませんで、国会に規定をされておるところでございます。  所管外ではございますが、国会に第百九条という規定がございまして、「各議院議員が、法律に定めた被選の資格を失つたときは、退職者となる。」という規定があるというふうに承知をしてございます。

赤松俊彦