運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
122件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-08-01 第199回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 1号

ただいま委員各位の御推挙によりまして、引き続き委員長の重責を担うこととなりました古本伸一でございます。  委員各位の御指導、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でございます。  何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)      ――――◇―――――

古本伸一郎

2019-02-27 第198回国会 衆議院 財務金融委員会 4号

○古本委員 国民民主党古本伸一でございます。  麻生大臣を始め政府の皆様、連日大変お疲れさまでございます。  実は私、衆議院科学技術特別委員長を拝命しておりまして、質問に当たりましては、委員長、理事のお計らいをいただきましてこの場に立たせていただいておりますことを感謝申し上げます。また、科技特の関係、与野党筆頭にもお断りをし、御了解のもと、ここに立たせていただいております。

古本伸一郎

2019-01-28 第198回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 1号

ただいま委員各位の御推挙によりまして、引き続き委員長の重責を担うこととなりました古本伸一でございます。  委員各位の御指導、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でございます。  何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)      ――――◇―――――

古本伸一郎

2018-10-24 第197回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 1号

ただいま委員各位の御推薦によりまして、引き続き委員長の重責を担うこととなりました古本伸一でございます。  委員各位の御指導、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でございます。  何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)      ――――◇―――――

古本伸一郎

2018-05-10 第196回国会 衆議院 科学技術・イノベーション推進特別委員会 4号

ただいま委員各位の御推挙によりまして、委員長の重責を担うことになりました古本伸一でございます。  我が国が生み出す付加価値の源泉は、物づくりを始めとする技術革新にございます。創造性あふれる科学技術イノベーション国会としても強力に推進していくことを通じ、日本のより豊かな未来を築いてまいらなければなりません。  

古本伸一郎

2018-03-22 第196回国会 衆議院 安全保障委員会 3号

希望の党の古本伸一でございます。  まず、防衛省設置法についてでありますが、サイバー防衛隊、さらに、SM3ブロック2Aの導入がいよいよ運用フェーズに入るということで、装備庁から海自へ定員を一名ふやす、これは座布団の話だと思いますけれども、これにつきましては、私ども希望の党としては多としたい。きょう、この後、終局、採決もあるやに伺っておりますので、賛成の立場であります。  

古本伸一郎

2018-02-26 第196回国会 衆議院 予算委員会第四分科会 2号

希望の党の古本伸一でございます。  予算委員会第四分科会、文部科学省所管ということで、きょうは林大臣にもお尋ねしてまいりたいと思いますので、よろしくお願いします。  また、財務省、木原副大臣にもお出ましいただいております。財源にかかわるところは、ぜひ補足をいただければというふうに思いますので、よろしくお願い申し上げます。  

古本伸一郎

2018-02-13 第196回国会 衆議院 本会議 5号

古本伸一郎君 希望の党の古本伸一でございます。  希望の党・無所属クラブ代表し、消費税と財源確保を中心に質問してまいりたいと思います。(拍手)  私からも、冒頭、豪雪災害で被災された皆様にお見舞い申し上げますと同時に、救助に当たられておられます警察消防自衛隊、関係機関に敬意を表する次第であります。国会としても、一刻も早い復興復旧に向けて努力してまいることをお誓い申し上げます。  

古本伸一郎

2017-05-18 第193回国会 衆議院 憲法審査会 5号

○古本委員 民進党古本伸一でございます。  今も自民党から意見が出ているわけでありますけれども、恐らく主権者の皆様は、誰が発議するか、つまり、今の院の構成をしているメンバー、自公政権のもとで誰が発議するのか、同時に、何を提案してくるのかを見詰めておられると思います。  

古本伸一郎

2017-04-20 第193回国会 衆議院 憲法審査会 4号

民進党古本伸一でございます。  参考人の皆様には、きょうはありがとうございます。よろしくお願いします。  私からは、各般にわたります国と地方の関係、あり方を論じる際に、自主立法権及び自主財政権、狭い意味での自主課税権になるかもしれませんが、ここを中心にお尋ねをしたい、このように思います。  

古本伸一郎

2017-02-24 第193回国会 衆議院 財務金融委員会 6号

○古本委員 民進党古本伸一でございます。  内閣総理大臣にお尋ねしてまいりたいと思います。  まず、歳入かくあるべしということについて申し上げたいと思うんですね。  財政法四条には、国の歳出租税収入をもってこれを充てる、例外的に建設国債だけが認められた。そして、御党の大先輩である大平正芳先生がかつて、そのまた例外として、臨時特例として赤字国債の発行を国会承認を経て発行できるようになった。

古本伸一郎