運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
4983件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

最後に申しますが、そもそも、こうした数値化した視力という医学的根拠だけでその人の受験における困難さが測れるものではありません。本来であれば、その人の見え方、つまり困り事を踏まえた個別的対応こそが求められるのだと思います。国において、その人がほかの障害のない人と同じような条件受験できるような配慮を整備することが求められていることを十分に考慮していただきたいと存じます。  これで質問を終わります。

舩後靖彦

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

大学入学の共通テストについては、現行の大学入試センター試験と同様、障害等のある受験生に対しては、障害等の種類、程度に応じ試験時間や解答の方法等について適切な配慮を行うこととしており、大学入試センターにおいては、令和三年度の大学入学共通テストの受験上の配慮案内について、現行のセンター試験の発表時期と同様、令和二年七月に発表する予定であると承知をしております。  

萩生田光一

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

最後に申しますが、そもそも、こうした数値化した視力という医学的根拠だけでその人の受験における困難さが測れるものではありません。本来であれば、その人の見え方、つまり困り事を踏まえた個別的対応こそが求められるのだと思います。国において、その人がほかの障害のない人と同じような条件受験できるような配慮を整備することが求められていることを十分に考慮していただきたいと存じます。  これで質問を終わります。

舩後靖彦

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

大学入学の共通テストについては、現行の大学入試センター試験と同様、障害等のある受験生に対しては、障害等の種類、程度に応じ試験時間や解答の方法等について適切な配慮を行うこととしており、大学入試センターにおいては、令和三年度の大学入学共通テストの受験上の配慮案内について、現行のセンター試験の発表時期と同様、令和二年七月に発表する予定であると承知をしております。  

萩生田光一

2019-12-03 第200回国会 参議院 文教科学委員会 6号

十一月二十六日の文教科学委員会におきまして、高校受験における定員内不合格に関する質問をさせていただきましたが、時間が足らずに再質問できませんでした。このため、この件につきまして意見のみ申し上げたいと存じます。  人は、自らの幸せの追求のために生きています。しかし、いまだ世界には飢餓や内紛などで幸せの追求ができずに苦しんでいる人たちがいます。

舩後靖彦

2019-12-03 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第6号

十一月二十六日の文教科学委員会におきまして、高校受験における定員内不合格に関する質問をさせていただきましたが、時間が足らずに再質問できませんでした。このため、この件につきまして意見のみ申し上げたいと存じます。  人は、自らの幸せの追求のために生きています。しかし、いまだ世界には飢餓や内紛などで幸せの追求ができずに苦しんでいる人たちがいます。

舩後靖彦

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 13号

こうしたことを考えれば、法科大学院存在そのものを私は否定はしませんけれども、法科大学院修了しないと司法試験受験できない、受験要件とするというのはもうやめたらどうでしょうか。そして、誰でも受けられますよ、ただしちゃんと試験に合格してください、そして合格した人は司法修習でしっかりと研修を受けますよ、こういうスタイルでいいかと思うんですが、いかがお考えでしょうか。     

櫻井周

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 13号

○櫻井委員 時間になりましたので質問を終わらせていただきますが、ちょっと最後まで話がかみ合わなかったのが残念なのが、いや、私は法科大学院存在自体は否定はしておりませんけれども、司法試験受験要件には、外してもいいんじゃないのか、その上で、法科大学院に行って勉強したいという方はぜひ勉強していただければと思いますし、それは日本なりアメリカなり好きなところに行っていただければいいというふうに思いますので

櫻井周

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 第13号

こうしたことを考えれば、法科大学院存在そのものを私は否定はしませんけれども、法科大学院修了しないと司法試験受験できない、受験要件とするというのはもうやめたらどうでしょうか。そして、誰でも受けられますよ、ただしちゃんと試験に合格してください、そして合格した人は司法修習でしっかりと研修を受けますよ、こういうスタイルでいいかと思うんですが、いかがお考えでしょうか。     

櫻井周

2019-11-29 第200回国会 衆議院 法務委員会 第13号

○櫻井委員 時間になりましたので質問を終わらせていただきますが、ちょっと最後まで話がかみ合わなかったのが残念なのが、いや、私は法科大学院存在自体は否定はしておりませんけれども、司法試験受験要件には、外してもいいんじゃないのか、その上で、法科大学院に行って勉強したいという方はぜひ勉強していただければと思いますし、それは日本なりアメリカなり好きなところに行っていただければいいというふうに思いますので

櫻井周

2019-11-28 第200回国会 参議院 文教科学委員会 5号

部活動なんですけれども、私も、切り離したときのメリット、デメリット、やはり学校と連携していくときのメリット、デメリットというのがあると思っておりまして、切り離したら切り離したで、じゃ、財力のある人はどんどん私立に行って、部活動もできて学校の勉学のサポートもできてというふうに私立受験を助長させるような感じになってもいけないし、やはり教育平等というのが国の責任ですので、どういう形を取っていったらいいのかなと

梅村みずほ

2019-11-28 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第5号

部活動なんですけれども、私も、切り離したときのメリット、デメリット、やはり学校と連携していくときのメリット、デメリットというのがあると思っておりまして、切り離したら切り離したで、じゃ、財力のある人はどんどん私立に行って、部活動もできて学校の勉学のサポートもできてというふうに私立受験を助長させるような感じになってもいけないし、やはり教育平等というのが国の責任ですので、どういう形を取っていったらいいのかなと

梅村みずほ

2019-11-27 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 10号

○足立委員 いやいや、だから、文科省として兼務の解消は必要なことであると考えている、要すれば、この受験というか教育というか選抜というか、そういう一連の教育システム受験システムの中で、今回のベネッセのような件、兼務をしていたわけでしょう、そういうものは排除されていくべきことなのか、認められていいことなのか、どっちなんですか。

足立康史

2019-11-27 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 第10号

○足立委員 いやいや、だから、文科省として兼務の解消は必要なことであると考えている、要すれば、この受験というか教育というか選抜というか、そういう一連の教育システム受験システムの中で、今回のベネッセのような件、兼務をしていたわけでしょう、そういうものは排除されていくべきことなのか、認められていいことなのか、どっちなんですか。

足立康史

2019-11-26 第200回国会 参議院 文教科学委員会 4号

続きまして、本法案と直接関係はございませんが、急を要する案件として、障害のある生徒の高校受験における合理的配慮と定員内不合格に関する質問をさせていただきます。  これは、障害だけの問題ではなく、子供たちの学ぶ場をいかに社会保障するのかという根幹に関わる問題だと考えるからです。きっかけは、最近、沖縄に住んでいる重い知的障害のある男子生徒の御両親からいただいたお手紙です。  抜粋します。

舩後靖彦

2019-11-26 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第4号

続きまして、本法案と直接関係はございませんが、急を要する案件として、障害のある生徒の高校受験における合理的配慮と定員内不合格に関する質問をさせていただきます。  これは、障害だけの問題ではなく、子供たちの学ぶ場をいかに社会保障するのかという根幹に関わる問題だと考えるからです。きっかけは、最近、沖縄に住んでいる重い知的障害のある男子生徒の御両親からいただいたお手紙です。  抜粋します。

舩後靖彦

2019-11-22 第200回国会 参議院 本会議 6号

なお、部活動に関しては、夏休みに開催される大会などの時期を調整することも検討しているとのことですが、例えば夏の風物詩として定着している高校野球の甲子園大会などでも、地方予選や受験などの兼ね合いを見ながら開催時期の変更をすることが可能であるとお考えでしょうか。  次に、大学入学者選抜改革について伺います。  

梅村みずほ

2019-11-22 第200回国会 参議院 本会議 6号

次に、国語の記述式問題についてのお尋ねでありますが、大学入試センターが行った調査研究によれば、同一又は同様な内容の問題について、記述式とマーク式という異なる解答様式でそれぞれ異なる受験者集団に解答させた解答状況の違いを比較してみると、記述式の方がマーク式より正答率が低くなる傾向が見られました。  

萩生田光一

2019-11-22 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 9号

もう受験は約一年後に迫っています。僕たちはそろそろ受験に集中して勉強し始める時期です。本来なら、準備は既に完璧です、何も問題はありませんという回答が得られるべきではないでしょうか。この時期に改善ができていない時点で、もう時間切れです。少なくとも初年度の実施は不可能です。このような制度は完全廃止にすべきだと考えますが、せめて一度延期してゆっくり改善策を練ってください。

山井和則