運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
7661件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-03 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

政府参考人(日原知己君) 御指摘いただきました数、平成二十九年度分の法人税の申告を行った法人数約二百七十一万件と、先ほど申し上げました厚生年金保険の適用事業所のうちの法人事業所数の差についてでございますけれども、こちらにつきましては、まず、休業中ですとかあるいは解散して清算中であるといった法人ですとか、あるいは常時雇用されている従業員を有していないなど、厚生年金保険の適用の対象とならない事業所という

日原知己

2019-12-03 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第8号

政府参考人(日原知己君) 御指摘いただきました数、平成二十九年度分の法人税の申告を行った法人数約二百七十一万件と、先ほど申し上げました厚生年金保険の適用事業所のうちの法人事業所数の差についてでございますけれども、こちらにつきましては、まず、休業中ですとかあるいは解散して清算中であるといった法人ですとか、あるいは常時雇用されている従業員を有していないなど、厚生年金保険の適用の対象とならない事業所という

日原知己

2019-11-28 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 7号

次に、この実質賃金指数最低賃金を調べるためにこの毎月賃金統計賃金構造基本統計調査が行われていると理解しておりますが、この賃金関係のデータというのは、国税局さんも所得関連の年末調整で集めていらっしゃる、また、厚生労働省さんも雇用保険関係のデータとしてこの賃金関係のデータも集めていらっしゃる、また、厚生年金の算出のためにはやはり賃金の額というのが非常に必要になっていますので、日本年金機構さんも同じような

田島麻衣子

2019-11-28 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 7号

政府参考人(日原知己君) 厚生年金保険についてお答え申し上げます。  対象の範囲ということで申し上げますと、報酬月額につきましては、実際の額ではなく、その額に応じて設定した区分により標準報酬月額として管理をいたしておりますほか、適用事業所の範囲につきましても、飲食店等のサービス業などを営む個人事業所等が対象外となっているなどの点がございます。  

日原知己

2019-11-28 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第7号

次に、この実質賃金指数最低賃金を調べるためにこの毎月賃金統計賃金構造基本統計調査が行われていると理解しておりますが、この賃金関係のデータというのは、国税局さんも所得関連の年末調整で集めていらっしゃる、また、厚生労働省さんも雇用保険関係のデータとしてこの賃金関係のデータも集めていらっしゃる、また、厚生年金の算出のためにはやはり賃金の額というのが非常に必要になっていますので、日本年金機構さんも同じような

田島麻衣子

2019-11-28 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第7号

政府参考人(日原知己君) 厚生年金保険についてお答え申し上げます。  対象の範囲ということで申し上げますと、報酬月額につきましては、実際の額ではなく、その額に応じて設定した区分により標準報酬月額として管理をいたしておりますほか、適用事業所の範囲につきましても、飲食店等のサービス業などを営む個人事業所等が対象外となっているなどの点がございます。  

日原知己

2019-11-22 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 6号

障害基礎年金なんですけれども、障害者の方は、大体働くことが難しいから障害者ということでありまして、ですから、厚生年金というのは大体ないんですね。基礎年金だけで生活される方がほとんどです。  基礎年金で生活していても、それは最低限度の生活に必要な金額ではない程度の金額になっているというふうに私は思っているんです。

白石洋一

2019-11-22 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 6号

遺族年金は、国民年金法及び厚生年金保険法等において、租税その他の公課を課することができないと規定されております。これは、受給者の生活の安定を確保するために設けられた規定であります。  これに対しまして、老齢基礎年金については、既に拠出の段階で社会保険料控除によって税制上の支援を受けていることなどによって、課税の対象となっています。

井上貴博

2019-11-22 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 6号

○高橋政府参考人 厚生年金でございますけれども、基礎年金を導入しました一九八五年、昭和六十年改正におきまして、老齢基礎年金の支給開始年齢を原則六十五歳としたことを踏まえまして、厚生年金保険者の年齢上限を六十五歳未満と設定する、また、あわせて在職老齢年金制度の対象についても六十五歳未満と設定する、それによりまして、六十五歳以降は働いていても被保険者とならず、また、年金賃金の調整も行われずに、それまでの

高橋俊之

2019-11-22 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 第6号

障害基礎年金なんですけれども、障害者の方は、大体働くことが難しいから障害者ということでありまして、ですから、厚生年金というのは大体ないんですね。基礎年金だけで生活される方がほとんどです。  基礎年金で生活していても、それは最低限度の生活に必要な金額ではない程度の金額になっているというふうに私は思っているんです。

白石洋一

2019-11-22 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 第6号

遺族年金は、国民年金法及び厚生年金保険法等において、租税その他の公課を課することができないと規定されております。これは、受給者の生活の安定を確保するために設けられた規定であります。  これに対しまして、老齢基礎年金については、既に拠出の段階で社会保険料控除によって税制上の支援を受けていることなどによって、課税の対象となっています。

井上貴博

2019-11-22 第200回国会 衆議院 厚生労働委員会 第6号

○高橋政府参考人 厚生年金でございますけれども、基礎年金を導入しました一九八五年、昭和六十年改正におきまして、老齢基礎年金の支給開始年齢を原則六十五歳としたことを踏まえまして、厚生年金保険者の年齢上限を六十五歳未満と設定する、また、あわせて在職老齢年金制度の対象についても六十五歳未満と設定する、それによりまして、六十五歳以降は働いていても被保険者とならず、また、年金賃金の調整も行われずに、それまでの

高橋俊之

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 3号

橋本副大臣 今、地方議員厚生年金加入に関していろいろなお話があって、財政検証をすべきでは、こういうお尋ねをいただきましたが、ちょっと、一つ一つ申し上げてまいります。  まず、これは高市大臣が答弁されたとおりですが、厚生年金法上の適用というのは、被用者に該当するかどうかということによるのだ。

橋本岳

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 3号

地方議員地方議会議員年金制度は、地方議会議員の職務の重要性などを勘案して政策的に設けられた公的な互助年金制度としての位置づけ、厚生年金公的年金制度でございます。  ですから、仮に過去債務厚生年金で引き受けるということになると、厚生年金の被保険者、受給権者を始めとした国民的な理解が得られるかどうか、それから、厚生年金財政への影響といった論点もあるかと存じます。

高市早苗

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 3号

○高市国務大臣 地方議員厚生年金加入する場合の課題ということで、次のようなことが考えられます。  まず、保険料の公費負担でございますが、地方議員のうち厚生年金の被保険者とならない七十歳以上の者を除外して行った直近の試算によれば、毎年度約百六十億円の公費負担が必要となります。  次に、厚生年金加入者は、厚生年金の適用事業所に使用される者、すなわち被用者であることが要件とされております。

高市早苗

2019-11-19 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 4号

その中で、厚生年金加入者は厚生年金の適用事業所に使用される者、すなわち被用者であることが要件とされているというのは御指摘のとおりであり、また、この点については先ほど厚労省から御答弁があったところでございますが、現行法におきましては、従前から地方議員は被用者概念になじまないと解されていると承知をいたしております。  

大村慎一

2019-11-19 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 4号

ちょっとしつこいようですが、地方議員厚生年金加入についてちょっと質問をさせていただきたいと思います。  十一月八日の参議院での予算委員会でもこのことを質問させていただきました。地方議員厚生年金への加入ということで、全国都道府県議長会からもそういった要望があるということでありますが、御承知のとおり、地方議員、我々国会議員もそうだと思いますけれども、議員は個人事業主扱いですよね。

東徹

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 第3号

橋本副大臣 今、地方議員厚生年金加入に関していろいろなお話があって、財政検証をすべきでは、こういうお尋ねをいただきましたが、ちょっと、一つ一つ申し上げてまいります。  まず、これは高市大臣が答弁されたとおりですが、厚生年金法上の適用というのは、被用者に該当するかどうかということによるのだ。

橋本岳

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 第3号

地方議員地方議会議員年金制度は、地方議会議員の職務の重要性などを勘案して政策的に設けられた公的な互助年金制度としての位置づけ、厚生年金公的年金制度でございます。  ですから、仮に過去債務厚生年金で引き受けるということになると、厚生年金の被保険者、受給権者を始めとした国民的な理解が得られるかどうか、それから、厚生年金財政への影響といった論点もあるかと存じます。

高市早苗

2019-11-19 第200回国会 衆議院 総務委員会 第3号

○高市国務大臣 地方議員厚生年金加入する場合の課題ということで、次のようなことが考えられます。  まず、保険料の公費負担でございますが、地方議員のうち厚生年金の被保険者とならない七十歳以上の者を除外して行った直近の試算によれば、毎年度約百六十億円の公費負担が必要となります。  次に、厚生年金加入者は、厚生年金の適用事業所に使用される者、すなわち被用者であることが要件とされております。

高市早苗

2019-11-19 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第4号

その中で、厚生年金加入者は厚生年金の適用事業所に使用される者、すなわち被用者であることが要件とされているというのは御指摘のとおりであり、また、この点については先ほど厚労省から御答弁があったところでございますが、現行法におきましては、従前から地方議員は被用者概念になじまないと解されていると承知をいたしております。  

大村慎一

2019-11-19 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第4号

ちょっとしつこいようですが、地方議員厚生年金加入についてちょっと質問をさせていただきたいと思います。  十一月八日の参議院での予算委員会でもこのことを質問させていただきました。地方議員厚生年金への加入ということで、全国都道府県議長会からもそういった要望があるということでありますが、御承知のとおり、地方議員、我々国会議員もそうだと思いますけれども、議員は個人事業主扱いですよね。

東徹

2019-11-08 第200回国会 参議院 予算委員会 3号

これ今、地方議員のなり手不足対策という理由の下で、地方議員厚生年金への加入を認める形で復活させようというふうな形になってきております。  以前制度による公費負担、今後五十年程度続いて、その額は約一兆一千四百億円になるというふうに試算されておりますし、地方議員厚生年金加入が実現すると、更に年間約二百億円の公費負担が発生するというふうに見込まれております。

東徹

2019-11-08 第200回国会 参議院 予算委員会 3号

国務大臣加藤勝信君) 地方議員厚生年金加入に関しては、サラリーマンが地方議員に移行しやすい環境が整えば、多様な人材地方議会への参加に弾みが付き、社会経済地域の構造変化に対応した地方議会の活性化に資することが期待されるなどとして、都道府県議会、市議会、町村議会から意見書をいただいていることは承知をしております。  

加藤勝信

2019-11-08 第200回国会 参議院 予算委員会 第3号

これ今、地方議員のなり手不足対策という理由の下で、地方議員厚生年金への加入を認める形で復活させようというふうな形になってきております。  以前制度による公費負担、今後五十年程度続いて、その額は約一兆一千四百億円になるというふうに試算されておりますし、地方議員厚生年金加入が実現すると、更に年間約二百億円の公費負担が発生するというふうに見込まれております。

東徹

2019-11-08 第200回国会 参議院 予算委員会 第3号

国務大臣加藤勝信君) 地方議員厚生年金加入に関しては、サラリーマンが地方議員に移行しやすい環境が整えば、多様な人材地方議会への参加に弾みが付き、社会経済地域の構造変化に対応した地方議会の活性化に資することが期待されるなどとして、都道府県議会、市議会、町村議会から意見書をいただいていることは承知をしております。  

加藤勝信

2019-11-07 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 2号

このときに、大きく分けて国民年金厚生年金に分けたわけですよね。この国民年金に関しましては、その当時は今と少し状況が多分違うと思いますが、自営業者の方々が、定年はないけど、ある一定以上の年齢になるとやはりなかなか若いときと同じように仕事をするのが無理だと、そういう考え方で国民年金をこれはやはり共助のつもりでつくったと言われております。

島村大

2019-11-07 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 2号

いや、経済成長経済成長と言いますが、その働くことのしっかりとした基本が守られていないから、貧困の問題、格差の問題、社会保障だって、本来ならば厚生年金社会保険適用が除外されていて国民年金保険料を払えない、だから無年金、低年金になってしまう、いろんなことにつながっているコアな問題がやっぱりこの問題なんです。  

石橋通宏

2019-11-07 第200回国会 衆議院 総務委員会 2号

私も何度かこれを議論してきていますが、地方議員だけは、いずれ国会議員も入れてくれということになるんでしょう、地方議員だけは厚生年金に入れてやってくれと。例えば、これはちょっと理事会で言っていないから見せちゃいけないかもしれないけれども、令和元年の八月に、全国市議会議長会が「厚生年金への地方議会議員加入について」というパンフレットをばらまいているんですね。

足立康史

2019-11-07 第200回国会 衆議院 総務委員会 第2号

私も何度かこれを議論してきていますが、地方議員だけは、いずれ国会議員も入れてくれということになるんでしょう、地方議員だけは厚生年金に入れてやってくれと。例えば、これはちょっと理事会で言っていないから見せちゃいけないかもしれないけれども、令和元年の八月に、全国市議会議長会が「厚生年金への地方議会議員加入について」というパンフレットをばらまいているんですね。

足立康史

2019-11-07 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第2号

このときに、大きく分けて国民年金厚生年金に分けたわけですよね。この国民年金に関しましては、その当時は今と少し状況が多分違うと思いますが、自営業者の方々が、定年はないけど、ある一定以上の年齢になるとやはりなかなか若いときと同じように仕事をするのが無理だと、そういう考え方で国民年金をこれはやはり共助のつもりでつくったと言われております。

島村大

2019-11-07 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第2号

いや、経済成長経済成長と言いますが、その働くことのしっかりとした基本が守られていないから、貧困の問題、格差の問題、社会保障だって、本来ならば厚生年金社会保険適用が除外されていて国民年金保険料を払えない、だから無年金、低年金になってしまう、いろんなことにつながっているコアな問題がやっぱりこの問題なんです。  

石橋通宏