運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
4270件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-04-16 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第28号

要は、これは最初は子供に対して行われていたようですけれども、今では、静岡医師保健所と提携いたしまして、大人の患者にも適用が拡大されているそうです。  今の自宅療養施設療養は、残念ながら医療からの隔離になってしまっております。こういった取組が進めば、隔離ではなく診療という本来の在り方に変化していく。当然ながら、重症者死亡者も減っていくと思います。  

青山雅幸

2021-04-16 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第28号

そして、まさに静岡モデルで、自宅療養となった方に対して地元医師が担当されてしっかりと状況を確認していく。  まさに、安心感のある対応だということで評価をされていると承知をしております。地元医師皆さんに敬意を表したいと思いますし、まさに、地域のこうした医師との協力が極めて重要であるというふうに認識をしております。  

西村康稔

2021-04-15 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第9号

それぞれの自治体も、基礎自治体も、都道府県と掛け合って、例えば医師の休日診療所ワクチンを打つ拠点にしてもらえれば、病院だったらその病院職員さんが先、優先されますけれども、そういった休日診療所とかそういうところを拠点にすればお互いに融通をして予約も取りやすいと、こういうことを都道府県に掛け合っているんだけれども、なかなかそれが許可されないというか、うまくいかないという声が結構出てきています。  

梅村聡

2021-04-15 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第9号

政府参考人正林督章君) もう答えはイエスなんですけれど、医療従事者への接種方法については、都道府県地域医療関係団体等と調整しており、大規模な医療機関における接種だけでなく、小規模な医療機関等について、地域医師病院団体等が各施設から接種人数や被接種者リスト取りまとめ接種施設を調整する方法も標準的な実施方法として厚生労働省よりお示ししているところであります。

正林督章

2021-04-13 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第8号

医師の、二年前かな、アンケートでも、通算、労働時間を通算すること自体が反対だというのが結構多かったわけですよ。そんな中で、今度、育児休業給付とか出生時育児休業とかを通算でやれるのかという疑問が私は生じるわけです。これ、皆さん理解していただけると思います。  それから、政府も兼業を推進していますよね。

足立信也

2021-04-12 第204回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第1号

だから、総理大臣本部長になって、それで官邸に病院協会医師、都道府県代表保健所代表、そういった関係者を集めて、まず本部をつくりませんか。そのときも総理はおっしゃられた、私は都道府県とも意見交換を逐次やっていますし、医師とも病院会とも。それは通常時です。非常時は総理大臣司令塔になって。  それで、よく言われることですけれども、日本には医療資源を統治する司令塔がないとよく言われる。

江田憲司

2021-04-12 第204回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第1号

今、医師に頼んでも、通常診療もございます、コロナ対応をしております、おまけに、これからオリパラへの医師派遣要請をされるんでしょう。そうした中でワクチン接種もあるというのは、これは本当に大変だと思いますから、是非、万全を期して、総理自ら指導力を発揮していただきたいと思います。  

江田憲司

2021-04-07 第204回国会 参議院 行政監視委員会 第1号

ただ、これは有事ですので、本当にそれをどうするかというのは、各都道府県、あっ、ごめんなさい、各市町村、各市町村医師にある程度任せなくちゃいけないのも分かりますが、やはり高齢者接種をする方々を、そういうお医者さん、看護師さんをやはり優先的にどうしたらできるかとか、そこはお任せだけではなくて、やっぱり厚労省も知恵を出していただきながら、この仕組みをどうするかを考えていただきたいと思っております。

島村大

2021-04-06 第204回国会 参議院 内閣委員会 第9号

東京医師も、第四波の到来の可能性、その際の医療受入れ体制の限界を警告しておられます。また、大阪府、兵庫県始め、医療、やっぱり病床が逼迫している状況だということで、今回、特措法の改正、二月に行われたことで、臨時の医療施設政府対策本部が設置された段階から開設できることとなっていますが、実際やっぱり全国進んでいないと思います。

矢田わか子

2021-04-06 第204回国会 参議院 法務委員会 第5号

そしてまた、同時に、常勤医師の確保でございますが、ちょっと前に御答弁させていただきましたけれども、私も一回目の大臣の就任時にも、そうした問題については、常勤医師お願いがなかなか難しいということがございまして、もう医師にも足を運んでお願いした経緯がございましたので、ここにつきましては、とにかくすぐに派遣していただくことができるように動いていただきたいということで、これもそういう中でお一人常勤医師

上川陽子

2021-04-05 第204回国会 参議院 決算委員会 第1号

昨年の一月以降、新型コロナウイルス感染に当たってくださっている保健所、検疫、自治体職員、現在は市町村事業であるワクチン接種を、全国に約八百五十あると言われております地区医師先生方が、行政とまさに二人三脚で計画策定段階からの調整などを進めてくださっておりますが、そういったお仕事や、治療や宿泊療養に当たっている皆様、またノンコロナの部分の医療をしっかりと支えてくださっている全ての医療、介護、福祉従事者

自見はなこ

2021-04-05 第204回国会 参議院 決算委員会 第1号

やはりワクチン接種医療機関皆様方の御協力いただけないとこれは進まないわけでありまして、そういう意味では、日本医師中川会長、これ菅総理ともお会いをいただいて、菅総理からもお願いを再度いただいたところでありますが、今言われたとおり、一回当たり二千七十円という接種費用プラスいろんな掛かり増しの経費掛かると思います。

田村憲久

2021-04-02 第204回国会 衆議院 厚生労働委員会 第8号

更に言いますと、診療所はなかなか大変でありますから、スタッフも、この報告制度が半日もかかるような作業にならないようにできるだけ簡便なものにしていただきたい、そして有効活用してもらいたいという御要請を、地元医師皆さん方から、有床診の皆さんから御要請をいただいております。  最後に大臣お願いをして、終わりたいと思います。

桝屋敬悟

2021-04-02 第204回国会 衆議院 厚生労働委員会 第8号

尾身参考人 委員が今、かかりつけ医の不在ということでしたけれども、私は、かかりつけ医という概念は、日本医師が、実際に開業されている人が、患者さんはそこに、かかりつけ医を、そういうことを推奨するということで、随分私は地に着いてきていると思いますが、恐らく委員のおっしゃりたいことは、かかりつけ医ということよりは、むしろ私は、今回の日本の、これは私がずっと個人的には思っていましたが、結局、日本医療

尾身茂

2021-04-02 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

さらには、厚労省の方の専門家のメンバーでいらっしゃる日本医師常任理事先生、この方なんかは、いや、もう蔓防では駄目だ、もはや、地域を限定して、そして緊急事態宣言、これを出すべきだと私は思っている、はっきりそういうこともおっしゃっています。  この段階でもう既に、さっき言ったように、ステージ4の状況地域によってはあるわけですから、これはもう緊急事態宣言という状況ではないですか。

柚木道義

2021-04-02 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

政府としては、自治体接種体制構築に向けた準備を後押しするために医師と緊密に連携しておりまして、先日二月十日には菅総理から中川会長に対しましてワクチン接種体制の整備への支援お願いしたほか、厚生労働省におきましても、医療関係団体に対しまして接種体制構築についての協力を依頼するとともに、都道府県医師理事会議等におきまして厚労省から説明を行うなどの取組を行っている次第でございます。  

山本博司

2021-03-30 第204回国会 参議院 財政金融委員会 第8号

資料を出せばよかったんですが、後で思い付きましたので、例えばこれは、日本総研日本医師総合政策研究機構が合同で企画したものであります。高機能コンテナ発熱検査センターという、コンテナの中にまさに検査機能を持つ仕組みを一台当たり五百万ぐらいのレベルで設置して、現に今、埼玉県の岩槻病院と所沢にあります並木病院というところで稼働しています、昨年の十二月から。  

上田清司

2021-03-30 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第5号

そこで、二月の十日に、菅総理の方から日本医師中川会長の方に御依頼をさせていただきました。あわせて、厚生労働省も今医師始め各団体お願いをさせていただいております。そういう意味では、厚生労働省、各都道府県の例えば理事会なんかにもお願いをさせていただくようなきめ細かいことも必要であろうというふうに思っておりますが、いずれにしても、まだ足らないというようなお声をお聞きをいたしております。  

田村憲久

2021-03-30 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第5号

このため、委員地元の神奈川県でも検討あるいは実施をされているとおり、保健所負担軽減あるいはきめ細かな対応という観点から、健康観察につきまして、緊急包括支援金を活用して国の負担医師等に委託していただくということを可能にしているところでございます。  こうした制度に、仕組みにつきまして、各都道府県に周知できるように、ただいましっかりと取り組んでいるところでございます。

こやり隆史

2021-03-24 第204回国会 衆議院 内閣委員会総務委員会連合審査会 第1号

一つは、コロナの以前から、電子カルテあるいは医療情報ネットワーク、これは全国で、恐らく各委員の御地元にも医師や県や二次医療圏ごと医療情報連携ネットワーク電子カルテお話があると思います。何と、全国で今、二百のシステムが稼働しています。それに投じられた交付金の予算は五百億です。ただ、これは一昨年、会計検査院から指摘を受けました。

国光あやの

2021-03-24 第204回国会 衆議院 厚生労働委員会 第6号

今村参考人 日本医師で副会長を務めております今村聡と申します。この度は、大変貴重な機会にお招きをいただきまして、誠にありがとうございます。  今回の法律案に対する日本医師の考え方について述べさせていただきますので、資料を御覧になりながら聞いていただければと思います。ページは右下に振ってありますので、それを御参考にいただければと思います。  

今村聡

2021-03-24 第204回国会 衆議院 厚生労働委員会 第6号

今村参考人 地域医療構想そのものについては、先ほど遠藤委員からもお話があったように、一定程度やはり進めていかなきゃいけないものだと思っていますけれども、強制的に削減するということではなくて、やはりそれぞれの地域の事情がございますので、しっかりと地域で議論していただいて、あるべき姿に収れんしていくという形が望ましいというのが日本医師の基本的な立場であります。  

今村聡

2021-03-24 第204回国会 衆議院 厚生労働委員会 第6号

○青山(雅)委員 日本医師のトップの方が、医療日本で最も重要な産業だと言ったとか言わないとかいう話もございます。私は、やはり重要だと思っていますし、足りなければ増やすのはやはり優先課題だと思っています。是非その点の御検討はしていただきたいと思います。  本日はありがとうございました。

青山雅幸

2021-03-23 第204回国会 参議院 災害対策特別委員会 第3号

広島県獣医師が二〇一三年に取ったデータです。災害発生時に対応しているのはたった七・八%です。八一%はしていないと答えているんですね。これ、どうなるかなんですよ。犠牲になりますよね。しかも、対応しているというところも職員がやっているということで、教職員負担というのは本当に重たいものになっています。  

塩村あやか

2021-03-23 第204回国会 参議院 災害対策特別委員会 第3号

医師の前に、獣医師災害関係法令上、位置付けられていないというお話については、実は、お医者さん、医師とか看護師とか福祉従事者等も、明示的に職業を規定しておるわけではなくて、災害応急対策に必要な役務の供給、提供を業とする者という規定がありまして、そこで読んでいるということなので、そこには獣医師さんも含まれ得るというところでございます。  

青柳一郎

2021-03-23 第204回国会 参議院 災害対策特別委員会 第3号

続きまして、災害時の獣医師、日本獣医師との連携についてお伺いをしたいと思います。  平時には、動物愛護福祉、普及の啓発、災害時も何かとお世話になるのが獣医師です。防災基本計画には、家庭動物との同行避難など、私が確認しただけでも獣医師との連携が必要と思われる箇所が五か所もありました。しかし、現在、災害対策関連法令には獣医師の活動が規定されていないんですね。

塩村あやか

2021-03-23 第204回国会 参議院 総務委員会 第6号

埼玉県の医師会長によりますと、コロナ禍受診抑制などにより、県内埼玉県内に約五千の医療機関がありますが、そのうちの約一割、五百の医療機関医師信用組合から融資を受けているそうです。そうしないと診療を続けられない。ボーナスも出せなかった医療機関もたくさんありました。こうした状況にある医療機関に更なる減収を負わせたら病院経営がもちませんし、ワクチン接種にも支障を来すことになると思います。

伊藤岳

2021-03-22 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第4号

これは日本医師のCOVID―19有識者会議検査に関する中長期のタスクフォースということで中長期プランがしっかりと示されておりますが、ここの黄色のところの、枠で囲んでございます上のところですね、この外部の精度管理評価のところにCAPですとかCDCとかという文字が並んでおりますが、これはアメリカの例を書かせていただいているということでありまして、例えばなんですけれども、今回も緊急承認をした試薬がそもそもその

自見はなこ

2021-03-22 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第4号

これは、医師を経由して医療機関の中での話合いでやった方がずっとできますよ。できるし、ある意味こうしなさいとも言えますし、皆で協議していれば。保健所にそんなことを任せたって、怖い医者はいっぱいいますからね、言うことを聞かないですよ。これは医師総合機能を担うぐらいやらないと駄目だと思いますよ。この点についてはどうですか。

足立信也