運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
14076件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-04-16 第204回国会 衆議院 財務金融委員会 第11号

感染症を専門とする医師が明らかに不足してもおります。コロナによって、その医師のなり手も減っているそうです。医師養成が必要になります。  また、有事に際して対応できるような医療体制を全国で構築していかなければなりません。採算性ばかり求められ、一〇〇%操業では、いざというとき、すぐに医療機関が逼迫してしまいます。ある程度の余力を持った病院稼働率にしていかなければなりません。

日吉雄太

2021-04-16 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第28号

要は、これは最初は子供に対して行われていたようですけれども、今では、静岡医師会と保健所と提携いたしまして、大人の患者にも適用が拡大されているそうです。  今の自宅療養施設療養は、残念ながら医療からの隔離になってしまっております。こういった取組が進めば、隔離ではなく診療という本来の在り方に変化していく。当然ながら、重症者死亡者も減っていくと思います。  

青山雅幸

2021-04-16 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第28号

そして、まさに静岡モデルで、自宅療養となった方に対して地元医師会が担当されてしっかりと状況確認していく。  まさに、安心感のある対応だということで評価をされていると承知をしております。地元医師会の皆さんに敬意を表したいと思いますし、まさに、地域のこうした医師会との協力が極めて重要であるというふうに認識をしております。  

西村康稔

2021-04-13 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第8号

雇用保険の範囲の話に、今回の法律案になるわけですけど、私の実際一番身近なのは、ここに何人かもいらっしゃいますが、やっぱり若手医師ですね。これ、卒後臨床研修二年というのは皆さん御存じだと思います。いろんなところを回ります。それから、そこを過ぎれば専攻医となる。この十九領域の研修を三年以上やるようになる。ここは一つ医療機関となっているんです。

足立信也

2021-04-13 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第8号

国務大臣田村憲久君) まず一番初めに、医師養成課程の話の育児休暇といいますか、その出産時育児休暇も含めてなんですが、これはちょっと医師養成課程をどう見るかということから考えていかないと、多分この制度をいじるということの中ではなかなか難しいということだというふうに思いますので、非常に大きなこれは議論になろうと思いますけれども、委員問題意識といたしましては我々も認識させていただきました。  

田村憲久

2021-04-12 第204回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第1号

まず、私ども不断の見直しを行っておりまして、一義的には組織委員会が、この大会の期間中、例えば選手の方のための医務室、あるいは選手村の総合診療所、また競技会場で観客の皆さん向け救護室等に御協力をいただく医療関係者、これは医師、看護師、また選手村ですとPTさんとか歯科技工士さん、歯科衛生士さん、こういう方も入ります。  

丸川珠代

2021-04-12 第204回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第1号

菅内閣総理大臣 新型コロナ接種に当たっては、医療関係者確保もこれは重要であるのは当然であり、二月十日に私から日本医師会長にお願いをし、ワクチン接種体制の構築に向けた体制をお願いしたところです。  また、厚生労働省においても、潜在看護職員活用や僻地へのワクチン接種会場への看護職員派遣などの確保を用意して、自治体に周知しています。  

菅義偉

2021-04-12 第204回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第1号

今、医師会に頼んでも、通常診療もございます、コロナ対応をしております、おまけに、これからオリパラへの医師派遣も要請をされるんでしょう。そうした中でワクチン接種もあるというのは、これは本当に大変だと思いますから、是非、万全を期して、総理自ら指導力を発揮していただきたいと思います。  

江田憲司

2021-04-09 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第25号

症状の軽重や、回復者受入れ先として、療養施設やホテルなどの活用医師看護師保健所等機能を担うマンパワー拡大も極めて重要であります。こうした機能強化自治体が一層強く取り組むよう、働きかけていただきたい。  医療体制強化に対する財政的な支援も含め、今後の取組伺います。  第三に、多くの事業者が、引き続き厳しい環境下事業継続に取り組んでおります。

佐藤英道

2021-04-09 第204回国会 衆議院 議院運営委員会 第25号

また、接種に必要な医師看護師等不足課題で、人材確保が急務であります。どこからどれだけ確保するのか。  さらには、ワクチン接種のシミュレーションが自治体任せで、国がシミュレーションできていないことは問題だというふうに思います。現状をお伺いしたいというふうに思います。  あわせて、ワクチン接種のスケジュールで、医療従事者等方々接種が既に遅れております。

伊藤俊輔

2021-04-06 第204回国会 参議院 内閣委員会 第9号

こうしたことを踏まえて、医療従事者等確保のために、国としては、医師、看護師等派遣する医療機関への補助であったり、感染拡大対応した人件費に着目した最大千九百五十万円の緊急支援であったり、あるいはその周辺の作業といたしまして、清掃であったり消毒、リネン交換の委託料に利用可能な支援を行うなど、人材確保をするための支援も最大限取り組んでいるところでございます。  

こやり隆史

2021-04-06 第204回国会 参議院 内閣委員会 第9号

東京医師会も、第四波の到来の可能性、その際の医療受入れ体制の限界を警告しておられます。また、大阪府、兵庫県始め、医療、やっぱり病床が逼迫している状況だということで、今回、特措法の改正、二月に行われたことで、臨時の医療施設政府対策本部が設置された段階から開設できることとなっていますが、実際やっぱり全国進んでいないと思います。

矢田わか子

2021-04-06 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第6号

ただし、入所者の、利用者の方の急変病状急変などがありますので、その点に関しては、派遣先は、利用者病状急変が生じた場合等のため、あらかじめ緊急時の対応、これは具体的には相談すべき医師、医療機関を決めておいて緊急時に相談するなどのことですけど、こういったことを定めて看護師と共有しておくということをお願いしたいと考えております。

田中誠二

2021-04-06 第204回国会 参議院 法務委員会 第5号

委員指摘のとおり、現状常勤医師配置枠は、昨年度まで、東京入国管理センター大村入国管理センター及び東京出入国在留管理局にそれぞれ一名で、今年度、令和三年度予算から新たに横浜支局名古屋局及び大阪局それぞれ一名の増員が認められております。したがいまして、配置枠といたしましては現状計六名でございます。  

松本裕

2021-04-06 第204回国会 参議院 法務委員会 第5号

入管収容施設におきましては、被収容者本人から体調不良による診療の申出があった場合、あるいは看守勤務員診療室看護師等職員が被収容者の体調不良を把握した場合、被収容者申出書に基づき、施設幹部による所定の決裁、例えば、名古屋出入国在留管理局におきましては、処遇担当責任者である首席入国警備官決裁を経るなどして医師診療を受けさせております。

松本裕

2021-04-06 第204回国会 参議院 法務委員会 第5号

そこで、こればかりやっていると法案の質疑ができなくなってしまいますので、確認なんですが、このいわゆる入管局常勤医師配置体制というものについてなんですけど、これ、以前お話を聞かせていただいたときに、大村と牛久と東京が一応常勤医師の席があるということは伺っておりますが、それが現状大村しか常勤医師がいらっしゃらないということで説明受けました。  

川合孝典

2021-04-06 第204回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 第3号

医師処方箋とかそういうものは基本的に必要とされませんよね、処方箋ないし指示書なんというものは。だから、やはりこれは、逆に、本当に消費者庁としてしっかりとやっていかなきゃいけない事例なんだと思うんですね。  そういった中で、これだけ厚生労働省が局長通知したりしている中で、まだこういう問題が蔓延しているどころか、ひどくなっていますよね。

吉田統彦

2021-04-05 第204回国会 参議院 決算委員会 第1号

国務大臣田村憲久君) まず、これ、医師が中心というのは、これも御理解いただきたいのは、やはり一番その暴露する可能性が高い、つまり感染する可能性が高い。その上で、やはり重症者死亡者を減らしていくためには医療提供体制しっかり確保しなきゃならないということでございますので、一位にこれ医療関係者という形になっております。  

田村憲久

2021-04-05 第204回国会 参議院 決算委員会 第1号

接種券発送準備接種場所確保万が一電源が切れた場合の電気の調達など、いろんなことをやらなきゃいけないわけですけれども、加えて、医師の数が少ないなど、近隣市町村と連携をして接種を進める自治体もあって、地元の、私の青森県内も、四十市町村のうち、ワクチン接種会場における医師が充足していると答えたのは、私が確認した時点で、先月の下旬ですが、十三市町村と半数にも至っていないというのが現状です。

田名部匡代

2021-04-05 第204回国会 参議院 決算委員会 第1号

地元医療関係者の声も受けて、コロナ受診控えもあり無利子の融資などだけでは病院はやっていけない、直接の支援が必要だと質問をしましたら、大きな声で、そうだと掛け声を掛けてくださったのが、何と与党医師でもある委員先生でした。初めて与党から声援をもらってびっくりいたしました。ああ、与党先生も同じ考えなんだと思ったのであります。これがもう九か月前のことです。  

芳賀道也

2021-04-02 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

○江田(康)委員 続きまして、今度は医師、看護師確保についてお伺いをしたいんですが、厚労省が全市区町村調査した結果、各接種会場に配置する医師確保の見通しが立っていない自治体は約一割、看護師では約二割に上ったことも判明いたしました。  全ての自治体が最終的に医師、看護師確保するまで国が支援すべきであると思いますが、どのように対応してまいられる予定でしょうか。お伺いをいたします。

江田康幸

2021-04-02 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

特に国公立大学病院で働く医師給与が低いということで、委員の方からも御指摘もいただいておりまして、その実態も踏まえた上で、まず、医師給与につきまして、基本的には、一義的には各大学が自主的に取り決めるものではございますけれども、優秀な医師確保して大学病院機能を維持する観点から、多くの病院が独自で手当等を支給しております。そういったことをしながら処遇改善に取り組んでいる現状でございます。  

鰐淵洋子

2021-03-30 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第5号

このため、委員地元の神奈川県でも検討あるいは実施をされているとおり、保健所負担軽減あるいはきめ細かな対応という観点から、健康観察につきまして、緊急包括支援金活用して国の負担医師会等に委託していただくということを可能にしているところでございます。  こうした制度に、仕組みにつきまして、各都道府県に周知できるように、ただいましっかりと取り組んでいるところでございます。

こやり隆史

2021-03-30 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第5号

歯科医師もこれは参加していただいている。ですから、やっぱりオール的に見て、海外も見ながらどうするか、ここは是非検討していただいて、バックヤード的にいわゆる万が一足らなかった場合にどうするかという、そこをしっかりと議論していただき、国民に安心していただくような接種をお願いしたいと思います。  以上で終わりにします。ありがとうございました。

島村大

2021-03-30 第204回国会 参議院 厚生労働委員会 第5号

ですから、もちろん今の大臣がおっしゃっていただいたように、医師それから看護師さんをフル活動していただいて、大変でしょうけど参加していただきワクチン接種をしていただく。これはもう皆さん厚労省もやっていただいていると思いますが、やはり、世界各国を見まして、じゃ、それ以外のどういう方々がこのワクチン接種対応しているのか。

島村大

2021-03-30 第204回国会 参議院 財政金融委員会 第8号

資料を出せばよかったんですが、後で思い付きましたので、例えばこれは、日本総研日本医師会の総合政策研究機構が合同で企画したものであります。高機能コンテナ発熱検査センターという、コンテナの中にまさに検査機能を持つ仕組みを一台当たり五百万ぐらいのレベルで設置して、現に今、埼玉県の岩槻病院と所沢にあります並木病院というところで稼働しています、昨年の十二月から。  

上田清司

2021-03-30 第204回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

リハビリをして歩けるようにはなったものの、成人する頃には自分で立てなくなるでしょうと医師に言われていたんです。で、小学校の一、二年生のときは特別学級というか、養護学級という名称でしたが、養護学級に在籍していました、地元小学校ですけれど。十六人のクラスで体の弱い子のために設定されていた。

高階恵美子

2021-03-30 第204回国会 衆議院 法務委員会 第8号

まず、救急搬送先病院死亡確認を行った医師が作成した死体検案書には、直接死因の欄に急性肝不全記載されておりますが、死因の種類の欄におきましては不詳の死という文字丸印で囲まれており……(藤野委員「何の死」と呼ぶ)不詳の死という文字丸印で囲まれており、さらに、解剖の欄に、委員指摘司法解剖の結果が未判明である旨の記載がございます。  

松本裕

2021-03-30 第204回国会 衆議院 法務委員会 第8号

これまでの調査により把握した限りにおきましては、診療記録記載あるいは聴取等に基づいてでございますが、亡くなった方が、庁内診療外部病院での診療の中で、医師に対して点滴をしてほしいと求めたという事実は確認されておりません。また、同様に、庁内診療外部病院での診療の中で、医師から点滴を打とうかという打診がされたという事実も確認されておりません。  

松本裕