運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
3692件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-03-18 第201回国会 参議院 財政金融委員会 第4号

まず、麻生財務大臣に、財務大臣のお立場というよりは、オリンピックのかつて選手としてオリンピックに出場された経験もお持ちの副総裁のお立場としてお話を伺いたいんですが、現状、昨日ですか、総理は、完全な形でオリンピックは実現したいんだというコメントを残されたそうですが、麻生財務大臣麻生総理にとっては、オリンピックの選手も経験されたお立場も含めて、今オリンピックの開催についてどのような御所見をお持ちでしょうか

古賀之士

2020-03-10 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第8号

これは、財務大臣金融担当大臣としてのカウンターパートだけではなくて、総理として副大統領とのパイプも含めて、アメリカとの非常に強いパイプを持っていらっしゃる麻生大臣でありますので、政府の中で、特にアメリカがまさに日本に対する入国禁止制限をすることのないように、きちんとした日本の取組を、これは誇大広告で言ってはいけないし、うそをついてもいけないと思いますが、きちんと説明をし、理解を求めていくという努力

野田佳彦

2020-03-10 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第8号

これは、財務大臣金融担当大臣としてのカウンターパートだけではなくて、総理として副大統領とのパイプも含めて、アメリカとの非常に強いパイプを持っていらっしゃる麻生大臣でありますので、政府の中で、特にアメリカがまさに日本に対する入国禁止制限をすることのないように、きちんとした日本の取組を、これは誇大広告で言ってはいけないし、うそをついてもいけないと思いますが、きちんと説明をし、理解を求めていくという努力

野田佳彦

2020-03-10 第201回国会 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 第3号

前の質問大臣は二千七百億の予備費と言われましたが、最後に麻生総理質問させていただく中で、補正の準備をしなくていいんでしょうかというようなこととか、本会議の討論でも補正の準備ということを触れさせていただきましたけれども、二千七百億、当座はいいんですけれども、ちょっと他国と比較しても、コロナショックに対する予算の額としては、大変、少なくはないかもしれないけれども、十分たり得ないのではないかとも思っていますので

杉本和巳

2020-03-10 第201回国会 参議院 財政金融委員会 第3号

ったのかという背景についてよくお調べいただいて、条文の読み方にもよりますけれども、国会召集されていないときには政令等でこれに対処することができると書いてあるわけですから、召集中の今は、これは直ちに対処しなければならないというふうに逆の読み方もできるわけでありますので、この事業者間、企業間の支払債務の猶予について、今日の対策に入っていればそれはそれで結構ですが、入っていなければ、これについて財務大臣あるいは総理

大塚耕平

2020-03-10 第201回国会 参議院 内閣委員会 第3号

委員の今お尋ねの、昨年十一月の十四日と記憶いたします衆議院内閣委員会で、委員から、各省推薦分と、総理推薦、総理推薦、長官、副長官等の推薦あるいは与党からの推薦、どちらが多かったかという御質問を頂戴いたしました。そのときは、各省庁の推薦者数を正確に把握していなかったこともございまして、お答えするだけの材料を持ち合わせていない状況でございますという答弁をさせていただいたところでございます。  

大塚幸寛

2020-03-10 第201回国会 参議院 国土交通委員会 第3号

そこについては、もう麻生総理も、民間金融機関に対してそうした、今、上田先生言われるような返済猶予のことをかなり強く要請するというのがもう活字になっておりますので、そうしたものが出るよう、ちょっと出るのかどうかまだよく分かっておりませんが、そうしたことを注視しながら、多分第二弾では終わらないと思いますので、第三弾、第四弾で今の先生の提言をしっかりと受け止めながら適切な対応をしっかりとしていきたいと。

赤羽一嘉

2020-03-06 第201回国会 衆議院 外務委員会 第2号

そこで、ちょっと確認というか、麻生総理財務大臣が指摘していたやにちょっと記憶はしておるんですけれども、ダイヤモンド・プリンセス号について伺っておきたいんですが、三月一日に三千七百十一名全員が下船されたということの中で、英国の船籍であり、米国の運航、米国の方が社長、イタリア国の船長という状況でありました。  

杉本和巳

2020-03-05 第201回国会 参議院 予算委員会 第7号

麻生総理始め御答弁をいただく皆様方にもよろしくお願いをいたします。  私は、現下の最大の政策課題である新型コロナウイルス感染症対策に関連をし、質問をさせていただきたいと思います。  まずは、新型コロナウイルスによりお亡くなりになられた方々に心から御冥福をお祈り申し上げますとともに、御遺族の方々にお悔やみを申し上げます。また、現在感染され治療されておられる方々にお見舞いを申し上げます。

高橋はるみ

2020-03-03 第201回国会 参議院 予算委員会 第5号

国務大臣赤羽一嘉君) 今、麻生総理から御答弁があったように、全国の橋梁の中で五年以内に修繕が必要なものというのは約七万橋あると。そのうちの九割が地方公共団体の管理する橋梁であります。  その橋梁が、修繕状況はどうかというと、その全体の約二割しか着手がされていないと。要するに、その修繕を加速化する必要があるということで、令和二年度から個別補助制度の創設を盛り込んでいただいたということです。  

赤羽一嘉

2020-03-02 第201回国会 参議院 予算委員会 第4号

その批判を私たちは真摯に受け止めて、当時の岡田総理は、全て遡って、三・一一まで、手控えのメモ、公文書、全ての省庁、ファイルあるいはメール、全部を復元をして、そしてそれを歴史に残す公文書だとして公表しました。後の教訓だからです。公文書というのはこれぐらい大事なことなんですよ。  北村大臣、あなたの認識、大丈夫ですか。  

蓮舫

2020-02-25 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第5号

やはり総理として、そういうことのないように、インターナショナルな説明をするためにも、つかさつかさでそれぞれ全力で頑張っているということを国民に示すためにも、やはり総理が先頭に立って、ほかの閣僚にもきちっと注意をしてほしい、これは質問じゃありません、要請をさせていただきたいというふうに思います。  

野田佳彦

2020-02-25 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第5号

麻生総理にちょっとお尋ねをしたいと思いますが、この週末、G20、御出張御苦労さまでございました。G20では、この新型コロナウイルスの問題、重要な議題の一つだというふうに思っておったんですが、中国からの大臣等がいらっしゃらなかったこともあって、なかなか議論が進まなかったというような話も先ほどの答弁の中でございました。  

櫻井周

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 第1号

今までから私はそれほど厳しい質問はもちろん応援する意味を込めてしてきませんでしたが、やはりちょっと危機感が欠けているんじゃないかと思う中で、麻生総理のこういう発言を聞くと、ああ、やっぱりかと。そういう認識で、ほっておいても四月、五月にはこの問題は終息するわ、安全、安心にオリンピックもできるわ、そういう認識を持っているのかということになれば、私は大問題だと思うんです。  

山井和則

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第五分科会 第1号

○山井分科員 おっしゃるように私も希望は持っておりますが、総理、そしてコロナ対策本部の委員でもある財務大臣、このコロナ対策について、経済にどういう悪影響を及ぼすのか、あるいは東京オリンピックがどうなのかという中で、危機感を持ってここ一、二週間が山場だということが言われている中で、総理が四月か五月には落ちつくだろうという認識を示されたら、そうか、暖かくなったらこのコロナウイルス問題というのは自然となくなるのかという

山井和則

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第三分科会 第1号

一方で、平成二十八年度から二十九年度にかけての内部留保というのは約四十兆円増加をし、その際に手持ち現金も約十一兆円増加をしておりましたが、麻生総理も先頭に立って政府としてこの取組を強く求めてきたところ、平成二十九年度から三十年度にかけては、内部留保が約十七兆増加する中で、手持ち現金の増加は〇・五兆円にとどまっております。

遠山清彦

2020-02-21 第201回国会 衆議院 予算委員会公聴会 第1号

それと、いつぞやか、私、本会議場で、総理、総理に、質問だったか討論だったかは覚えていないんですけれども、シェークスピアの「ハムレット」を引用させていただいて、借金になれると倹約がばかばかしくなるといったようなお話をさせていただいた覚えがありますので。  またもう一点、これは財金で私申し上げたかもしれないんですが、一九七六年にイギリスはIMF危機を迎えております。

杉本和巳

2020-02-21 第201回国会 衆議院 財務金融委員会 第4号

○階委員 本当に、こういう問題で、いつまでも同じ問題で国会政策の議論が進まないということは、私はゆゆしきことだと思っていますし、それが始まったのが、あの前代未聞の決裁文書改ざん、応接記録の廃棄、膨大な量でした、ここから始まっているということを総理として改めてしっかり認識していただいて、そして、責任をとるべきところはしっかりとるということをこの場で誓っていただきたいんですが、いかがでしょうか。

階猛

2020-02-07 第201回国会 衆議院 予算委員会 第9号

省庁からの推薦名簿と、そして、これに比べて、総理、総理官房長官、副長官の推薦、そして又は与党からの推薦、いわゆる我々は政治枠とか総理枠と言っていますけれども、推薦のどっちが多かったのかという質問に対して、官房長はこう答えていますね。今のお尋ねに対するお答えをするだけの材料を持ち合わせておりません。  これは、官房長、我々に示したこの数字を見れば、一桁単位までわかりますよ。

黒岩宇洋

2020-01-28 第201回国会 衆議院 予算委員会 第3号

内閣総務官室から官邸の総理、総理官房長官、副長官の方に、また与党の方に推薦をお願いをしておったところでございますけれども、安倍政権以前の担当者、当時の担当者から聞き取りを行いましたが、そういう枠につきましては記憶がない、よくわからないということでございました。  いずれにしましても、現在、御指摘のような、数をあらかじめ割り当ててお願いをするような枠という考え方はとっていないものでございます。

大西証史