運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
13690件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-06-26 第198回国会 参議院 議院運営委員会 31号

規則改正案は、いわゆるペーパーレスと称して、質問主意書政府答弁書請願文書表と経過表、委員会審査報告書等、本会議録、委員会会議録について、それぞれ印刷して各議員に配付するという規定を一律に削除し、電磁的記録の提供を原則とする規定に変えようとするものです。  そもそも会議録を始め質問主意書、審査報告書などがなぜ各議員に配付すると規定されているのか。  

田村智子

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

現に、財政制度審議会の報告書では、原案にあった年金水準低下という記述が最終段階で削除されたことも指摘されています。  国会では、これまでも、数々の重要法案について有無を言わさず強行採決し、総理が繰り返す丁寧な説明とはほど遠い姿勢が示されてきました。傍若無人の限りを尽くす姿勢によって、議会制民主主義戦後最大の危機に瀕していると言っても過言ではありません。  

枝野幸男

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

まさか、過去の赤字との国会答弁全てを削除するつもりではないでしょうね。  さらに、新たに判明した事実は、金融庁がこのワーキング・グループに老後最大三千万円必要との試算を提出していたことです。当の金融庁試算より控え目な二千万円との報告書をなぜ受け取らないんですか。不安を広げているのは、現実と向き合わない安倍総理そのものではないでしょうか。  

長妻昭

2019-06-25 第198回国会 衆議院 本会議 32号

市場ワーキング・グループで示された報告書原案では、「公的年金の水準については、中長期的に実質的な低下が見込まれている」「公的年金だけでは満足な生活水準に届かない可能性」という文言は削除されました。  諮問した報告書を受け取らない。気に入らない表現は認めない。官僚責任を押しつける。全国の年金生活者に思いをはせる姿勢もない。官僚にも審議会にも政権へのそんたくが強まっています。

泉健太

2019-06-24 第198回国会 参議院 本会議 29号

さらに、この老後貯蓄二千万円騒動の真っただ中、財務省財政制度審議会が取りまとめた建議において、原案に、将来の年金給付水準の低下が見込まれる、自助努力を促すことが重要と記されていた部分を最終案で削除したことが明らかになりました。霞が関のそんたく、隠蔽、改ざん捏造体質にはあきれるばかりです。  年金財政検証に関する不正直さも指摘しておきます。  年金財政検証の結果は既に出ていると推察します。

大塚耕平

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

財政大臣の諮問機関である財政制度審議会は、十九日、建議として、令和時代の財政のあり方を示した意見書を麻生財務大臣に提出しましたが、そこでは、原案にあった文言を財務省削除しています。原案には、将来世代基礎年金給付水準が平成十六年改正時の想定より低くなることが見込まれているとなっておりましたが、この部分が、「マクロ経済スライドの調整期間が長期化してきた。」とされております。

屋良朝博

2019-06-21 第198回国会 衆議院 本会議 31号

この建議の中で、当初原案段階にあった、基礎年金給付水準が想定よりも低くなることが見込まれるとの記述を最終的に削除したことが明らかになりました。  なぜこの記述は削除されたのでしょうか。麻生大臣の指示で財務省事務局削除したのでしょうか。それとも審議会のメンバーがそんたくをして削除したのでしょうか。  麻生大臣はこの報告書を十九日に受け取りました。

今井雅人

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

しかし、ネットを中心に報告書案を問題視する声が広がると、金融庁は混乱を回避しようとして、その後、六月三日に公表された確定版の報告書では、社会保障給付の低下に関わる記述は全て削除され、さも最初から存在しなかったかのような書きぶりに変わりました。国民の不安を背景に報告書が国会で取り上げられると、老後の生活を保障する柱である年金への不信が一気に噴出しました。  

蓮舫

2019-06-21 第198回国会 参議院 本会議 28号

麻生財務大臣の諮問機関である財政制度審議会が、元々の建議案にあった将来の年金給付水準の低下が見込まれるという文言と自助努力を促すことが重要という文言を削除したというのです。財務省も報告書の内容を認めていたわけですね。財政審も地に落ちたものです。  麻生大臣が所管する二つの国家機関のうち、金融庁の報告書は考えが違うとして受け取らず、財務省はその大臣の考えに沿って建議の文言を書き換える。

江崎孝

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

川田龍平君 この審査したこの専門委員の発言を削除して、それでも承認には問題ないということなんですけど、これ利益相反のある企業の審査、これをやっぱり製品を審査する、そのこと自体がやっぱりもうモラルが余りにも欠如していると言えると思います。そして、利益相反のルールというのがこれ何のためにあるのかと。参加していることだけがやっぱり問題なんですから、これはしっかりとやっていただきたいと思います。  

川田龍平

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

婦人相談員の処遇ということでいいますと、この間、やっぱりそれ重要だということで、非常勤規定の削除がされましたし、賃金についても引上げの予算措置もとられてきたと承知しております。  実際に、じゃ改善状況といいますと、直近のところどうなっているか、端的にお答えください。

倉林明子

2019-06-18 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 18号

川合孝典君 これは参考人で結構ですので確認なんですけど、前回の民法改正、これは平成二十三年でしょうか、そのときに、議論の中では、懲戒権の削除についてが議論の中では有力だったというふうに伺っておるんですけれども、結果的に懲戒権、削除されませんでした。なぜ削除されなかったのかということ、御説明できますか。

川合孝典

2019-06-13 第198回国会 衆議院 議院運営委員会 29号

本件は、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律の制定に伴い、政策担当秘書資格試験受験資格等における成年被後見人等に係る欠格条項を削除しようとするもので、同法の施行の日から施行することとしております。  よろしく御承認のほどお願い申し上げます。

向大野新治

2019-06-11 第198回国会 参議院 環境委員会 9号

附則削除されるということはいいんですが、例外が定められたということについては、例外例外例外例外例外ということで、極めて限定的、限定的、限定的で本当にあるべきだというふうに思っております。  この七週齢が適用となる犬種取引は極めて限定するべきだと考えます。この七週齢が例外的に適用される犬の頭数は年間何頭ぐらいになると想定していますか。

福島みずほ

2019-06-11 第198回国会 参議院 環境委員会 9号

附則にあった七週齢が削除されて、本則の八週齢になるということは本当に歓迎をいたします。  血統書をもって八週齢規制の例外として扱うこととすると聞いておりますが、その血統書を発行する権限を持つ団体は、現在、日本に幾つあるんでしょうか。天然記念物の犬種であることを判断できる血統書を発行できるのは公益性の高い団体、公的に認められた団体だと考えますが、いかがですか。

福島みずほ

2019-06-10 第198回国会 参議院 決算委員会 10号

きれいに年金が下がると書いてあるところ全部削除しているんです。  しかも、審議会の議事録見ると、厚労省は、今後、実収入社会保障給付は低下する、下がるとはっきり説明しています。委員の中からは、はっきり言って削減、低下するというのが事実、はっきり言うべきは言わなきゃいけない、こういう意見がずうっと連なっているんですよ。  金融庁は、年金が下がるという認識で審議会を進めたでいいですね。

蓮舫

2019-06-06 第198回国会 衆議院 本会議 28号

本案は、最近の動物の愛護及び管理に関する状況に鑑み、動物取扱業のさらなる適正化及び動物の不適切な取扱いへの対応の強化を図るため、所要の措置を講じようとするもので、その主な内容は、  第一に、出生後五十六日を経過しない犬猫の販売等の制限について、平成二十四年改正法附則で定められた激変緩和措置に係る規定を削除すること、  第二に、第一種動物取扱業者が遵守しなければならない基準を具体化し、同遵守基準は、飼養施設

秋葉賢也

2019-06-06 第198回国会 参議院 内閣委員会 22号

○竹内真二君 そうした問題点を踏まえて、今回、欠格条項が削除される一方で、心身の故障との文言が入る個別審査規定が必要に応じて設けられます。これによって、実質的に資格職種から排除されてしまう方が見直し前よりも多くなるのではないかと多少の疑問が残ります。  

竹内真二

2019-06-06 第198回国会 参議院 厚生労働委員会 15号

昨年十月二十九日にDPI日本会議と障害者欠格事項をなくす会の連名で全国知事会に提出された要望書の要望事項の一番に、募集や受験や採用の資格要件に、自力により通勤ができ、かつ介護者なしで業務の遂行が可能であること、活字印刷文に対応できること、口頭面接に対応できることなどといった障害者を排除する差別的規定や合理的配慮の非提供に該当する要件がある場合には、速やかに削除してくださいということが書かれていますが

川田龍平

2019-06-05 第198回国会 参議院 本会議 23号

あわせて、民法八百二十二条の懲戒権の削除に踏み込むべきです。  児童相談所の体制強化について質問します。  児童虐待の相談対応件数はこの十年で三・三倍に増えたのに対し、児童福祉司の配置数は一・四倍にとどまっています。  厚労省は、児童福祉司一人当たりの担当の目安として四十ケースを示しています。

倉林明子

2019-06-05 第198回国会 参議院 本会議 23号

このため、その規定の在り方については、国会における議論等も踏まえながら十分に議論を尽くす必要があり、そのような過程を経ることなく直ちに懲戒権の規定を削除するのは適当ではないと考えています。  何よりも子供の命を守ることを最優先に、あらゆる手段を尽くし、児童虐待の根絶に向けて総力を挙げてまいります。  子供の意見表明権を保障する仕組みについてお尋ねがありました。  

安倍晋三

2019-05-31 第198回国会 参議院 本会議 22号

質疑を終局した後、立憲民主党・民友会・希望の会及び国民民主党新緑風会代表して矢田理事より、放課後児童健全育成事業に従事する者及びその員数の基準について、従うべき基準から参酌すべき基準に見直す児童福祉法の改正規定を削除することを内容とする修正案が提出されました。  次いで、討論に入りましたところ、日本共産党の田村委員より原案に反対、修正案に賛成の旨の意見が述べられました。  

石井正弘

2019-05-31 第198回国会 衆議院 環境委員会 7号

○生方委員 今回の法改正では、平成二十四年改正時の激変緩和措置を削除し、出生後五十六日未満の販売等を禁止する、いわゆる八週齢規制を完全施行することになっております。  その中で、特例として、天然記念物として指定された日本犬については、出生後四十九日未満の販売を禁止する現在の規定を維持することとしております。  

生方幸夫

2019-05-30 第198回国会 参議院 内閣委員会 20号

なお、立憲民主党国民民主党修正案は、放課後児童支援員の配置基準の参酌化規定を削除するものであり、賛成です。  最後に、今回も多岐にわたる法案を一括法案として提出していますが、個々の法案は所管の委員会で審議すべきであり、一括法案というやり方はもうやめるべきであると、このことを申し上げ、反対討論を終わります。

田村智子

2019-05-30 第198回国会 参議院 内閣委員会 20号

そこで、修正案においては、市町村が放課後児童健全育成事業の設備及び運営について条例基準を定めるに当たり従うべきものとされていた厚生労働省令で定める基準について、これを参酌するものと変更する規定を削除することとしております。  以上が修正案の趣旨であります。  何とぞ、委員各位の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。

矢田わか子

2019-05-29 第198回国会 衆議院 内閣委員会 20号

私の質疑の際に名前を挙げたNPO法人ヒューマンライツ・ナウから議事録の削除を求める抗議があったこと、また、その他の民間団体の名称を挙げたとして、私が国会議員免責特権を悪用し、到底許されるものではない質疑を行ったというものでした。  質疑を行った昨年三月九日、立憲民主党は、審議に応じず、内閣委員会を欠席していました。

杉田水脈