運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
4783件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2021-04-22 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第2号

国民投票運動は、主権の発動の観点からなるべく自由にこれを認めること、そして、投票機会の確保については、これは実務的な投開票利便観点から公選法並びで規制をしていくこと、こういったこれまでの経緯について御紹介をいただき、まさしく今回の公選法改正についてはこの後者の部分で、速やかに採決をするべき部分であるというように考えております。  

柴山昌彦

2021-04-22 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第2号

一方の投開票手続といった実務的な外形的部分については、国民投票でも一般の選挙でも同じでありまして、その利便向上観点から不断見直しがなされるということを想定しまして、公選法並びということにいたしました。  このような現行法の構造は、御指摘のように、当時の民主党、とりわけ枝野議員主張そのものでありまして、与党においても、これに理解を示して取り入れたものであります。  以上であります。

船田元

2021-04-22 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第2号

例えば、通勤通学に合わせるとか、ショッピングセンターの閉店時間に合わせるとか、やはり投票人生活環境ニーズに応じて投票時間を弾力的に設定することを可能とするということで、目的投票利便向上に資するということで、御紹介をいただいた事例につきましては詳細を承るものではありませんけれども、基本的には、先ほど申し上げたとおり、選管において、十分にニーズを把握しながら、どこに有利、不利といった状況が生

中谷元

2021-04-20 第204回国会 衆議院 財務金融委員会 第12号

これはいろいろ歴史がありますので、ちょっと、利便を確保する観点から、消費税が含まれた支払いというものの総額表示ということが、一目見て分かるようにするという話からいろいろこういうことになったんですけれども、二度目の消費税の引上げのときだったですか、事業者事務負担へという配慮で、今言われたように、貼り替えないかぬと。

麻生太郎

2021-04-15 第204回国会 参議院 総務委員会 第10号

小林正夫君 通信の発展というのは私たちの本当に生活に大きな影響を与えて、非常に便利になって、利便も高いと思います。しかし、反面、今言ったようなことも起きていることも事実です。  そこで大臣に質問しますけれども、今後このような、今回のような、加藤官房長官表情が改ざんされてしまう、このような事案が起きないようにどう対処するのか。

小林正夫

2021-04-15 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第1号

まず、この国民投票法改正について大事なことは、できるだけ多くの方が投票できる、利便向上を果たしていくということ。それから、投票の結果にゆがみがない、きちんと民意が吸い上げられるような仕組みになっている。これは、投票の質という言い方をされていましたけれども、質を担保するということがやはり大事だと思います。  

奥野総一郎

2021-04-15 第204回国会 衆議院 憲法審査会 第1号

であるからこそ、投票環境整備という点においても、この期日投票利便、期日投票を有効に活用していただく、その環境整備も、もちろん法案提出者として非常に大切なことだというふうに考えて、この法案を提出させていただきました。  市役所もいろいろな場所にございますよね。どの投票所期日投票所として市民に開放するか。ショッピングセンターがいいのか、駅前がいいのか。

逢沢一郎

2021-04-12 第204回国会 参議院 行政監視委員会国と地方の行政の役割分担に関する小委員会 第1号

委員指摘のように、まず、マイナンバーカード活用したコンビニ交付サービスは、全国コンビニにあるキオスク端末住民票の写しなどの各種証明書を手軽に取得できるサービスであり、平日、休日を問わず早朝から深夜まで利用することができ、住民利便向上行政コストの削減にも資するものであると考えております。私もよく利用させていただいております。  

宮路拓馬

2021-04-09 第204回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 第4号

この先の特商法預託法への議論も見据えつつ、やはりしっかりと、デジタル化による利便、便利さの追求と、そしてやはり被害拡大の素地を広げない、防止、この観点の両立をしっかりと修正協議の中でもお願いを申し上げて、四名の参考人先生方にも御礼を申し上げて、質疑を終わらせていただきます。  どうもありがとうございました。

柚木道義

2021-04-08 第204回国会 参議院 法務委員会 第6号

裁判所に実際に出頭することなく裁判官や相手方当事者表情を見ながら協議をすることのできるウエブ会議利便が高いという認識が高まったこともございまして、実施件数は順調に伸びております。具体的な実施件数につきましては、本年二月分が最新のものとなりますけれども、全国で一か月間で延べ八千件以上の手続利用されておるという状況でございます。  

門田友昌

2021-04-07 第204回国会 参議院 決算委員会 第2号

こうした中、当局におきましては、昨年来、押印等原則廃止ですとか、また、デジタル化が未対応だった、今申し上げたそういった一部手続デジタル化などを進めてございまして、引き続きこの在宅勤務に係る柔軟対応はこれ継続するとともに、在宅勤務利便向上に向けて、これ関係省庁と連携する必要がございますが、連携しつつ更なるデジタル化に取り組んでまいりたいと考えてございます。

田島淳志

2021-04-06 第204回国会 参議院 国土交通委員会 第8号

政府参考人秡川直也君) キャッシュレス決済への対応ですけれども、利用者利便向上とか、あと、今御指摘いただきましたように、タクシーにおける感染防止対策という観点からも重要な取組と考えております。  今数字御紹介いただきましたけれども、現在、法人タクシー台数ベースで約八五%にキャッシュレス決済が導入されているということを聞いております。  

秡川直也

2021-04-06 第204回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第3号

法案の第一条で「住民利便向上及び地方公共団体行政運営効率化に寄与することを目的とする。」こういうふうに書かれているわけですが、これは行政の、後でもう少し聞きます、本当に効率化になるのかなというところの疑問もあるんですが、住民利便向上によるというのは、事務効率化によってなぜそうなるのか、これがよく分からないんですが、この点について説明をお願いします。

吉川元

2021-04-06 第204回国会 衆議院 地方創生に関する特別委員会 第3号

地方公共団体情報システム標準化でございますが、申請手続オンライン化基盤となり、手続簡素化、待ち時間の短縮に寄与する、それから、質の高い行政サービスの提供に資するような新たな取組を迅速に全国へ展開できるなど、住民利便向上に寄与するものと考えてございます。

阿部知明

2021-04-06 第204回国会 衆議院 総務委員会 第12号

このようなデジタル化は、地域住民利便を考えると、今後も進めるべきであると考えておりますが、一方、課題としては、現場におけるIT投資コストやセキュリティーの問題があり、なかなか進んでいない状況もあります。医療、福祉におけるITインフラを国で準備するのも一つではないかと考えています。  

安藤高夫

2021-04-06 第204回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 第3号

改革を進めるに当たっては、一、利便向上など、消費者のことを第一に考える、二、相談現場負担軽減相談情報有効活用につなげる、三、デジタルに不慣れな方への配慮を忘れないといったことが重要と考えています。  デジタル化活用し、身近なサービスとして消費生活相談がより充実するよう、相談現場である全国消費生活センターの声も聞きながら、国民生活センターと連携して具体化してまいります。

井上信治

2021-04-06 第204回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 第3号

承諾を得ていないにもかかわらず承諾を得たなどとする悪質業者を排除する観点から、消費者庁としては、消費者団体などの御意見も十分に踏まえながら、決して消費者にとって不利益になることがないよう、政省令、通達などの策定過程において詳細な制度設計を慎重に行い、消費者利便向上消費者保護観点から、承諾が実質的なものとなるよう万全を期してまいります。

井上信治

2021-04-06 第204回国会 参議院 経済産業委員会 第2号

高齢化の進展に伴いまして、高齢者方々社会参加を続けるために、車椅子利用その他移動手段を確保すること、そしてその利便向上させることは大変重要な課題だと考えております。車椅子のまま車両に乗車して移動する機会も増加していると承知しておりまして、自動車への固定方法に関しまして、利便向上普及観点からワンタッチ方式標準化に向けた活動は重要であると、このように認識しております。  

畠山陽二郎

2021-04-06 第204回国会 衆議院 本会議 第18号

本案は、マイナポータル利用に必要なマイナンバーカードスマホに搭載可能とするなど、利便を強調していますが、健康保険証マイナンバーカード利用を半年先送りしたことを見ても、個人情報漏えいの懸念は拭えません。  デジタル庁整備し、統括、監理する全国的なクラウドの仕組み、ガバメントクラウドも、システム巨大化が更なる下請を生み出します。

塩川鉄也

2021-04-06 第204回国会 衆議院 本会議 第18号

まず、地方公共団体情報システムとは、地方公共団体利用する情報システムであって、情報システムによる処理の内容が各地方公共団体において共通し、かつ、統一的な基準に適合する情報システム利用して処理することが住民利便向上及び地方公共団体行政運営効率化に寄与する事務として政令で定める事務処理に係るものとしております。  

武田良太

2021-04-06 第204回国会 衆議院 本会議 第18号

そのような状況にあって、デジタル技術は、我が国強靱化我が国経済の再起動だけではなく、社会における様々な課題解決利便向上を可能とするものであり、社会全体のデジタル化は待ったなしと言えます。  以上を踏まえ、賛成する理由を申し上げます。  第一に、二〇〇一年に施行された、いわゆるIT基本法は、既に時代遅れになっております。  

神田憲次

2021-04-05 第204回国会 参議院 決算委員会 第1号

それから、今回、IT基本法を廃止してデジタル社会推進形成基本法を制定をお願いしているというのは、今までのやっぱりデジタル化取組が不十分だったので、ここは、社会全体としてデジタル化を取り組む中で、まずは国民利便を上げていく、そして生活を安全、安心なものにしていくと同時に、やっぱりグローバルにこのデジタル化というものが進んでいる中で、国際的に通用するやっぱりデジタルというものを進めていこうと。  

平井卓也

2021-04-02 第204回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

○塩川委員 利便とともに安全性ということで、個人情報機密情報を取り扱っているということもあります、その際に判断の参考となる考え方を示すということでありましたが、報道もされていますガイドラインを作るということについて、このLINE利用に当たってのガイドラインの作成というのは、いつまでに、どのようなものを作るとお考えなんでしょうか。

塩川鉄也