運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
9235件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-06-17 第201回国会 衆議院 法務委員会 第13号

――――――――――――― 本日の会議に付した案件  閉会中審査に関する件  請 願    一 刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律の再検討に関する請願長坂康正紹介)(第一三号)    二 国籍選択制度の廃止に関する請願中川正春紹介)(第二四一号)    三 もともと日本国籍を持っている人が日本国籍を自動的に喪失しないよう求めることに関する請願中川正春紹介)(第二四二号)    四 単独親権制度

会議録情報

2020-06-17 第201回国会 参議院 法務委員会 第12号

川合 孝典君                 真山 勇一君                 安江 伸夫君                 山添  拓君                 高良 鉄美君                 嘉田由紀子君    事務局側        常任委員会専門        員        青木勢津子君     ─────────────   本日の会議に付した案件刑法

会議録情報

2020-06-12 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第17号

この条約は、日本で服役しているベトナム人受刑者数が多いことから、条約を締結する意義が確かにあると思いますが、これと同時に、中国受刑者数日本で服役している外国人受刑者のうち大変多くて、何か四百十二人ですか、さらには海外で服役している日本人受刑者のうち中国には刑法犯なども含めて五十人以上の日本人が服役していることから、中国との二国間条約、二国間受刑者移送条約必要性というのは以前から提起されていると

白眞勲

2020-06-09 第201回国会 衆議院 予算委員会 第26号

森国務大臣 先ほどの御答弁は、一般論として申し上げれば、お尋ねのかけマージャンが偶然の勝負に関し財物得喪を争うものであれば、刑法賭博罪が成立し得るというふうに申し上げたものでございまして、犯罪成否については、捜査機関により収集された証拠に基づき個別に判断されるべき事柄でございます。

森まさこ

2020-06-09 第201回国会 衆議院 予算委員会 第26号

森国務大臣 犯罪成否は、捜査機関により収集された証拠に基づき個別に判断されるべき事柄であり、お答えは差し控えさせていただきますが、なお、刑法百八十五条の賭博とは、一般に、偶然の勝負に関し財物得喪を争うことをいうと解されますので、したがって、あくまで一般論として申し上げれば、お尋ねのかけマージャンが偶然の勝負に関し財物得喪を争うものである場合には、刑法賭博罪が成立し得ると考えられます。

森まさこ

2020-06-08 第201回国会 参議院 本会議 第23号

他方、刑法上の賭博に当たるかどうかについては、犯罪成否捜査機関により収集された証拠に基づき個別に判断されるべき事柄であり、お答えは差し控えます。  また、黒川氏の処分は、事案内容等諸般事情を総合的に考慮し、法務省における先例も踏まえて決定されたものであり、適正な処分であると考えています。

森まさこ

2020-06-04 第201回国会 参議院 法務委員会 第11号

その上でお答え申し上げますが、お尋ねのような場合について、まず、取締りということになりますと、いかなる犯罪が成立するかということになろうかと思いますが、それにつきましては、個別の事案ごとに具体的な事実関係に基づいて判断されるべき事柄でありますので一概にお答えするのは困難でございますが、あくまで一般論として申し上げますれば、御指摘のような事例につきましては、個別事案の事実関係によって、刑法暴行罪あるいは

川原隆司

2020-06-04 第201回国会 参議院 法務委員会 第11号

危険運転致死傷罪は、二〇〇一年に刑法の一部改正で追加され、量刑の引上げ、類型の追加を経て、二〇一三年に新法として整備されるに至りました。危険な運転による死傷事故の全てを対象とするものではありませんが、悪質な交通犯罪を厳しく処断するとともに、厳罰化による事故抑止効果を図ろうとするものです。  資料をお配りしましたが、ここ十年の危険運転致死傷罪科刑状況です。

山添拓

2020-06-03 第201回国会 参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会 第9号

例えばハラスメントとかですね、ハラスメントは行き過ぎれば当然刑法に反する行為になるわけですけれども、しかし、別にハラスメント自体刑法にまでは違反しないとしても、ハラスメント被害を訴えた人を不利益に扱っていいはずがないわけですね。この辺は労働法による適切な保護が図られなければならないわけです。  

田中亘

2020-06-02 第201回国会 参議院 法務委員会 第10号

ですが、私は、それは少し犯罪類型として違ってきて、いわゆる交通事故延長とはもう全く違う別個の犯罪行為なので、そういうのを捉えたければ、やはり、できたら刑法に別の規定を設けるべきだし、現在も往来妨害致死傷罪というのがあるので、それでかなり賄えるので、その意味では、五号、六号で何で運転に限定しているんだという質問はあり得るだろうけど、私は、最終的にこの法案運転行為に限定したという判断は賢明であったというふうに

松原芳博

2020-06-02 第201回国会 参議院 法務委員会 第10号

それから松原先生、法的なところを私は詳しく分からないので、言わば社会学的に見て、今回のようなかなり細部まで、行動の細部まで規定する、こういう法案を作ることが言わば刑法法律的にどういう社会変化を反映しているのか。先ほど来、高良さんと議論していただいていますけれども、ここにかなり民意が反映しているということをおっしゃっていたんですけれども、その辺り少し教えていただけるでしょうか。

嘉田由紀子

2020-06-02 第201回国会 参議院 法務委員会 第10号

まず、今井参考人の方にお伺いしたいんですけれども、この法案の、あおり運転関連ということで危険運転ということですが、海外ではあおりというような言葉がないというようなことをおっしゃっていたんですけれども、その海外法律ではちょっとどんなふうな形でやっているのかというのは、国によっていろいろ違うんでしょうけれども、その辺りの比較刑法というか、そういう辺りでどういうふうな捉え方になっているんでしょうかということで

高良鉄美

2020-06-01 第201回国会 衆議院 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第3号

要は、表現の自由というのは非常に重いのですが、今私たちがやろうとしていることは、その表現の自由を阻害するのではなく、むしろ、侮辱罪であったり名誉毀損罪であったり脅迫罪であったり、こういう、刑法上もこれは違法行為であるといったことが起きたときに、被害者の方をいかに迅速に、また、被害者負担を少なく救済できるかということのための検討でございます。  

高市早苗

2020-06-01 第201回国会 衆議院 決算行政監視委員会 第4号

懲戒権を持つ内閣の判断として、もっと低いレートでかけマージャンをやった自衛隊員停職という懲戒処分で、それよりももっと社会的に重大な影響を与えた、しかも検察のナンバーツーという大変重い職責を持つ方が、刑法に問われる行為をやって、それで訓告どまりだと。これはおかしいじゃないですか。

宮本徹

2020-05-29 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第15号

もともとは刑法の中にあった自動車の事故であったりだとか、あるいは鉄道の事故ももともとは同じ枠の中でやっていたんだと思いますが、そういうところからだんだん切り出されて、新しい危険運転という概念法律をつくってそういうものを規定をしてきたという中に、アルコールの発覚免脱とかということも新しい罪としてつくられてきたというわけで、古いところから新しいところにいろいろな社会状況変化で移っていく中で、ある行為

森田俊和

2020-05-29 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第15号

我が法務省刑事局といたしましては、刑法を所管しています、賭博罪規定されている刑法を所管しておりますので、IR整備法立案過程においてその観点、つまりIR推進法附帯決議で示されたいわゆる八要素というのがございますけれども、その観点から、その趣旨に沿った制度設計がなされているかどうかということから必要な協力を行ってきたものでございます。

保坂和人

2020-05-28 第201回国会 参議院 法務委員会 第9号

政府参考人高嶋智光君) 令和元年、昨年の十二月末の時点を基準にした集計、速報値で申し上げますと、収容中の送還忌避者の数は総数は六百四十九人でありましたが、そのうち約四二%に当たる二百七十二人が、入管法違反を除く、入管法違反以外の罪によって、すなわち刑法犯や薬物犯罪等によって有罪判決を受けている者でございます。

高嶋智光

2020-05-27 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第14号

また、罰則強化についても御指摘がございましたが、名誉毀損等罰則強化につきましては、法定刑を引き上げるとしますと、その行為の外延を罰則として明確に規定することができるのかといったさまざまな観点から十分に検討することが必要であると考えておりますけれども、捜査機関におきましては、刑法上の名誉毀損等犯罪に当たり得るものがあると思料いたしました場合には、関係法令を駆使いたしまして、捜査を尽くして適切に

保坂和人

2020-05-27 第201回国会 衆議院 法務委員会 第12号

先生指摘のとおりでございまして、刑法では目的故意が別の概念でございます。したがいまして、故意があるとしても目的を欠く場合がございます。そういった意味では、本件も、急停車、急徐行をする場合につきましては、故意はあるわけなんですけれども、場合によっては目的を欠く場合が観念できると理解しております。  例えば、道路交通状況によってやむを得ない状況において停止しなければいけないケースがございます。

橋爪隆

2020-05-27 第201回国会 衆議院 法務委員会 第12号

久保参考人 おっしゃるとおり、自分の行為がもしかしたら刑罰の対象になるかもしれない行為だということで、安全な運転を心がけようというそれ自体は、重要な刑法役割でもあるとは思っております。その前提として、ただ、そうはいっても、余りに不明確になりますと、どこまでの行為が許されるのかということがやはりわからなくなる。それはやはり危険なことです。  

久保有希子

2020-05-26 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第13号

個々の事案につきましては、事実関係を正確に把握した上で処分について検討することになるわけでございますが、過去の事例から申し上げますと、刑法第百八十五条の賭博行為に当たる刑事事件として扱われるような場合につきましては、自衛隊法第四十六条、これが懲戒についての法律上の根拠になりますけれども、及びこれを踏まえて内部規則基準を定めております。

岡真臣

2020-05-26 第201回国会 衆議院 法務委員会 第11号

その上で、常習性の事実認定に当たっては、刑法常習性についての考え方参考になると考えられます。常習として賭博したか否かは、賭博種別賭博複雑性賭場性格規模賭金額多寡、本人の役割賭博相手方営業性等諸般事情を総合的にしんしゃくして判断されるべきと言われております。  

森まさこ

2020-05-26 第201回国会 衆議院 法務委員会 第11号

この常習性人事院処分指針における常習性というのはどういうことかというのは必ずしもつまびらかではございませんが、刑法常習賭博罪常習性考え方参考になると考えましたところ、この刑法常習賭博罪常習性については、単なる回数であるとか頻度によって認定するという考え方はとられておらず、常習として賭博をしたか否かは、賭博種別賭博複雑性賭場性格規模、かけ金額多寡、犯人の役割賭博相手方

川原隆司