運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
5802件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2019-12-09 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 11号

子君紹介)(第二八七号)  学校現業職の民間委託を推進するトップランナー方式の撤回、学校現業職員の法的位置づけに関する請願岡本あき子君紹介)(第二八五号)  同(神谷裕君紹介)(第二八六号)  同(逢坂誠二紹介)(第二九〇号)  同(下条みつ君紹介)(第二九二号)  同(長谷川嘉一君紹介)(第三〇八号)  専任・専門・正規の学校司書の配置に関する請願(下条みつ君紹介)(第二九九号)  私立学校保護負担軽減

None

2019-12-09 第200回国会 衆議院 内閣委員会 7号

     藤原  崇君    内閣委員会専門員     長谷田晃二君     ――――――――――――― 十二月二日  特定秘密保護法を即時廃止することに関する請願笠井亮紹介)(第一八五号)  マイナンバー制度の中止・廃止に関する請願田村貴昭紹介)(第一八六号)  街のスナックを守ることに関する請願本村伸子紹介)(第一八七号) 同月三日  幼児教育無償化の対象とならない施設に通う子供保護

None

2019-12-09 第200回国会 衆議院 内閣委員会 第7号

     藤原  崇君    内閣委員会専門員     長谷田晃二君     ――――――――――――― 十二月二日  特定秘密保護法を即時廃止することに関する請願笠井亮紹介)(第一八五号)  マイナンバー制度の中止・廃止に関する請願田村貴昭紹介)(第一八六号)  街のスナックを守ることに関する請願本村伸子紹介)(第一八七号) 同月三日  幼児教育無償化の対象とならない施設に通う子供保護

会議録情報

2019-12-09 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第8号

   事務局側        常任委員会専門        員        戸田 浩史君     ─────────────   本日の会議に付した案件 ○公立学校に一年単位の変形労働時間制を導入し  ないことに関する請願(第一二三号外五五件) ○学校現業職の民間委託を推進するトップランナ  ー方式の撤回と学校現業職員の法的位置付けを  求めることに関する請願(第三五五号外一件) ○私立学校保護負担

会議録情報

2019-12-09 第200回国会 衆議院 文部科学委員会 第11号

子君紹介)(第二八七号)  学校現業職の民間委託を推進するトップランナー方式の撤回、学校現業職員の法的位置づけに関する請願岡本あき子君紹介)(第二八五号)  同(神谷裕君紹介)(第二八六号)  同(逢坂誠二紹介)(第二九〇号)  同(下条みつ君紹介)(第二九二号)  同(長谷川嘉一君紹介)(第三〇八号)  専任・専門・正規の学校司書の配置に関する請願(下条みつ君紹介)(第二九九号)  私立学校保護負担軽減

会議録情報

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

国務大臣萩生田光一君) 大学入試英語成績提供システムの令和二年度からの導入見送りにつきましては、十一月一日の会見で高校生や保護の皆様に対するメッセージを発表するとともに、ホームページやSNSを用いて情報発信をしたところですが、十一月十五日の金曜日に改めて全国の国公私立大学高等学校の設置者等に対して正式にその旨を通知をいたしました。  

萩生田光一

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

やはり、これだけ生徒や保護教育現場の皆さんを巻き込んで問題になったわけですから、必死になって、こんな動きをしているんだ、こんな団体のところに出向いて話を伺ってきたんだと、汗をかいている様子というのがこちら側に伝わってこないと、本当にやる気があるのかなというふうに疑ってしまうのではないかと思います。  

梅村みずほ

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 7号

当然、心配をし、様子を伺い、保護といろんな御相談をしながら、最終的には保護の御判断、お考えを尊重するというケースがほとんどだと思います。  ただ、いずれにしても、不就学あるいは除籍の場合、その後どうしているかということですよね、そういったことについて、何らか考えていくというより、どういう形でフォローすることができるのかといったことはやはり検討していかなければいけないと思っています。

浅田和伸

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

国務大臣萩生田光一君) 大学入試英語成績提供システムの令和二年度からの導入見送りにつきましては、十一月一日の会見で高校生や保護の皆様に対するメッセージを発表するとともに、ホームページやSNSを用いて情報発信をしたところですが、十一月十五日の金曜日に改めて全国の国公私立大学高等学校の設置者等に対して正式にその旨を通知をいたしました。  

萩生田光一

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

やはり、これだけ生徒や保護教育現場の皆さんを巻き込んで問題になったわけですから、必死になって、こんな動きをしているんだ、こんな団体のところに出向いて話を伺ってきたんだと、汗をかいている様子というのがこちら側に伝わってこないと、本当にやる気があるのかなというふうに疑ってしまうのではないかと思います。  

梅村みずほ

2019-12-05 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第7号

当然、心配をし、様子を伺い、保護といろんな御相談をしながら、最終的には保護の御判断、お考えを尊重するというケースがほとんどだと思います。  ただ、いずれにしても、不就学あるいは除籍の場合、その後どうしているかということですよね、そういったことについて、何らか考えていくというより、どういう形でフォローすることができるのかといったことはやはり検討していかなければいけないと思っています。

浅田和伸

2019-12-04 第200回国会 参議院 本会議 第10号

学校現場は日々、子供保護など人を相手にする仕事です。予期し得ない予測不能な事態、事故も起こり得る場所です。あらかじめ労働日、労働時間を定め、その後は変更ができない変形労働時間制を導入することなど、どだい無理なのです。  また、問題は、教員一人一人の長時間労働だけではありません。制度導入で、校長、副校長教頭といった管理職の負担も増えます。  

吉良よし子

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 9号

政府参考人(西山卓爾君) 犯罪心理学についての取組というと、なかなか、答弁がずれるかもしれませんけれども、犯罪心理に関連して調査研究といたしまして、法務総合研究所におきまして、過去には非行少年やその保護等に対する意識調査を実施して、平成二十六年に非行少年保護に関する研究という研究部報告を行いましたし、あるいは同様のもので、青少年の立ち直り(デシスタンス)に関する研究等を発行したというようなことがございます

西山卓爾

2019-12-03 第200回国会 参議院 文教科学委員会 6号

先ほど大臣からもいろんなプランをお聞かせいただきましたけれども、私の地元大阪市では学校議会というものが設置されておりまして、保護も盛んに議論に参加していただこうという取組が出ております。大阪市でもまだ試験段階でございまして、改善の余地が多分にあるのですが、このような地方での良い取組の好例などございましたらお聞かせいただきたいのですが、いかがでしょうか。

梅村みずほ

2019-12-03 第200回国会 参議院 文教科学委員会 6号

○伊藤孝恵君 こういった就学先決定の最終判断というのは、もちろん本人、それから保護というところの意思決定保障されるべきですが、今御答弁にあったように、結局は自治体の各教育委員会になっているというのが現状であります。  就学相談でどのような情報が提供され、どのような合意形成を行って最終的な就学先を決めたのか。

伊藤孝恵

2019-12-03 第200回国会 参議院 文教科学委員会 6号

政府参考人(丸山洋司君) 委員御案内のとおりだと思いますが、平成二十五年の八月に学教法の施行令を改正をいたしまして、障害のある子供の就学先については、本人や保護の意見を可能な限り尊重しながら、市町村教育委員会において総合的な観点から決定をしていくということとしたところでございます。  

丸山洋司

2019-12-03 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

この法律目的を確認すると、次代の社会を担う成育過程にある者の個人としての尊厳が重んぜられ、その心身の健やかな成育が確保されることが重要な課題となっていることに鑑み、成育過程にある者及びその保護並びに妊産婦に対し必要な成育医療等を切れ目なく提供するための施策を総合的に推進するというふうにしっかりと書かれています。

石田昌宏

2019-12-03 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 8号

先月、多胎育児のサポートを考える会が多胎児家庭保護を対象にして育児の困り事に関するアンケート調査を実施した結果をお伺いしました。そうしましたら、つらいと感じた場面として、約九割の御家庭が外出、移動が困難であると答えておられます。  こうした多胎児家庭に対しては、窓口に来いじゃなくて、アウトリーチしてニーズを聞き取って、窓口に行くことなく産後ケアを利用できるように改正していただけないでしょうか。

山本香苗

2019-12-03 第200回国会 参議院 法務委員会 第9号

政府参考人(西山卓爾君) 犯罪心理学についての取組というと、なかなか、答弁がずれるかもしれませんけれども、犯罪心理に関連して調査研究といたしまして、法務総合研究所におきまして、過去には非行少年やその保護等に対する意識調査を実施して、平成二十六年に非行少年保護に関する研究という研究部報告を行いましたし、あるいは同様のもので、青少年の立ち直り(デシスタンス)に関する研究等を発行したというようなことがございます

西山卓爾

2019-12-03 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第8号

この法律目的を確認すると、次代の社会を担う成育過程にある者の個人としての尊厳が重んぜられ、その心身の健やかな成育が確保されることが重要な課題となっていることに鑑み、成育過程にある者及びその保護並びに妊産婦に対し必要な成育医療等を切れ目なく提供するための施策を総合的に推進するというふうにしっかりと書かれています。

石田昌宏

2019-12-03 第200回国会 参議院 厚生労働委員会 第8号

先月、多胎育児のサポートを考える会が多胎児家庭保護を対象にして育児の困り事に関するアンケート調査を実施した結果をお伺いしました。そうしましたら、つらいと感じた場面として、約九割の御家庭が外出、移動が困難であると答えておられます。  こうした多胎児家庭に対しては、窓口に来いじゃなくて、アウトリーチしてニーズを聞き取って、窓口に行くことなく産後ケアを利用できるように改正していただけないでしょうか。

山本香苗

2019-12-03 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第6号

先ほど大臣からもいろんなプランをお聞かせいただきましたけれども、私の地元大阪市では学校議会というものが設置されておりまして、保護も盛んに議論に参加していただこうという取組が出ております。大阪市でもまだ試験段階でございまして、改善の余地が多分にあるのですが、このような地方での良い取組の好例などございましたらお聞かせいただきたいのですが、いかがでしょうか。

梅村みずほ

2019-12-03 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第6号

○伊藤孝恵君 こういった就学先決定の最終判断というのは、もちろん本人、それから保護というところの意思決定保障されるべきですが、今御答弁にあったように、結局は自治体の各教育委員会になっているというのが現状であります。  就学相談でどのような情報が提供され、どのような合意形成を行って最終的な就学先を決めたのか。

伊藤孝恵

2019-12-03 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第6号

政府参考人(丸山洋司君) 委員御案内のとおりだと思いますが、平成二十五年の八月に学教法の施行令を改正をいたしまして、障害のある子供の就学先については、本人や保護の意見を可能な限り尊重しながら、市町村教育委員会において総合的な観点から決定をしていくということとしたところでございます。  

丸山洋司

2019-11-28 第200回国会 参議院 文教科学委員会 5号

参考人(東川勝哉君) 私は、PTA、保護の立場からということでお話をさせていただきますと、先生方の業務量の多さの一因になっているところは、やっぱり保護対応であるとか、あるいは、基本的にはこれ家庭でやっておいてほしいというようなことが学校の現場でなされてしまっているというところにおいて業務時間が、勤務時間が長くなっていたり過重労働になっているところもあるというふうに思いますので、家庭でやるべきことをいま

東川勝哉

2019-11-28 第200回国会 参議院 文教科学委員会 5号

教師の方が教師でなければできない仕事に集中できるという、こういう環境が非常に重要だと思いますけれども、例えば登下校の見守りですとか放課後や夜間における見回りですとか、これまで学校や教師が担っていた仕事についても、保護の方々であったり、また地域であったり市町村などの学校の設置者が担っていくというような、この役割分担をやはり見直していくということが必要になってくると思います。  

佐藤啓

2019-11-28 第200回国会 参議院 国土交通委員会 4号

かつて、私も、地元の神戸港で十六メーターバースを、コンテナヤードを造るときに、ケーソンの進水式というか、それに地元の小学生と保護の皆さんと一緒に我々国会議員参加させていただいたことがございましたが、そうしたことを取り込むことによって、やはり我が国、四方が海で囲まれている、その我が国で育つ将来の人材を、この海に対する憧れとかそこで働く誇りを育成していくというのが非常に大事な試みだと認識をしておりますので

赤羽一嘉

2019-11-28 第200回国会 参議院 国土交通委員会 第4号

かつて、私も、地元の神戸港で十六メーターバースを、コンテナヤードを造るときに、ケーソンの進水式というか、それに地元の小学生と保護の皆さんと一緒に我々国会議員参加させていただいたことがございましたが、そうしたことを取り込むことによって、やはり我が国、四方が海で囲まれている、その我が国で育つ将来の人材を、この海に対する憧れとかそこで働く誇りを育成していくというのが非常に大事な試みだと認識をしておりますので

赤羽一嘉

2019-11-28 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第5号

参考人(東川勝哉君) 私は、PTA、保護の立場からということでお話をさせていただきますと、先生方の業務量の多さの一因になっているところは、やっぱり保護対応であるとか、あるいは、基本的にはこれ家庭でやっておいてほしいというようなことが学校の現場でなされてしまっているというところにおいて業務時間が、勤務時間が長くなっていたり過重労働になっているところもあるというふうに思いますので、家庭でやるべきことをいま

東川勝哉

2019-11-28 第200回国会 参議院 文教科学委員会 第5号

教師の方が教師でなければできない仕事に集中できるという、こういう環境が非常に重要だと思いますけれども、例えば登下校の見守りですとか放課後や夜間における見回りですとか、これまで学校や教師が担っていた仕事についても、保護の方々であったり、また地域であったり市町村などの学校の設置者が担っていくというような、この役割分担をやはり見直していくということが必要になってくると思います。  

佐藤啓

2019-11-27 第200回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 3号

と同時に、同じような立場の福島の女性がどんな気持ちでいるのか、子育てをしている保護の方々がどんなに不安かということを考えましたときに、胸が潰れる思いでおりました。  先日、私は地元関西で、福島から療養のために親子で三週間ほど関西に滞在しているという複数の母子とお話をするチャンスがございました。彼女たちからはこういう声がありました。

梅村みずほ

2019-11-27 第200回国会 参議院 東日本大震災復興特別委員会 3号

そして、その診療の縮小論みたいなのが出ているようですけれども、まだまだ保護の皆さん、そして医療従事者の間にも検査継続すべしという、そういう意見が多くございます。二〇二〇年度から五巡目に入りますので、どうかよろしくお願いいたします。  以上で終わります。ありがとうございました。     ─────────────

杉尾秀哉