運営者 Bitlet 姉妹サービス
使い方 FAQ このサイトについて | login
1533件の議事録が該当しました。

該当会議一覧(1会議3発言まで表示)

2020-06-22 第201回国会 参議院 決算委員会 閉会後第1号

国務大臣茂木敏充君) 今、世界の一部に保護主義の動きと、こういうのが台頭する中で、自由で公正な経済圏を構築していく、これ、自由貿易の旗手であります日本としての強い立場でありまして、また、企業にとりましては、透明性、予見性を持って投資であったりとかビジネスが行えるというのは極めて重要なことだと考えております。

茂木敏充

2020-06-09 第201回国会 衆議院 予算委員会 第26号

中には、反グローバル化保護主義など、内向きな動きも出てきておりますけれども、日本としては、まずは、何か自由貿易体制をリセットするということではなくて、これを維持し、更に今回の事象を契機にこれを発展させていく、進化させていくという方向でぜひこれは議論をリードしていきたいというふうに思っております。  

西村康稔

2020-05-20 第201回国会 衆議院 外務委員会 第8号

世界経済が今甚大な影響を受ける中で、今回のことがあったからといって各国が保護主義に陥るといったことはあってはならずに、自由貿易体制、これは、単に物だけではなくてさまざまな、投資であったりルールであったり、こういったものも含めて自由貿易体制というのは維持強化をされていくべきだ、このように考えております。  

茂木敏充

2020-04-10 第201回国会 衆議院 外務委員会 第5号

○茂木国務大臣 世界各国と比較してということでまず申し上げますと、貿易、さらに投資に関する協定で、今、世界的に保護主義的な動きが強まる中で、日本は、御案内のとおり、TPP11、一時、アメリカが離脱をして、漂流してしまうのではないか、これを主導して合意に導き、TPP11、おととしの十二月に発効し、さらには昨年の二月に日・EU・EPAが発効し、そして、交渉は難しいだろうと言われていた日米の間でも、日米貿易協定

茂木敏充

2020-03-05 第201回国会 参議院 外交防衛委員会 第2号

保護主義的な動きが広がる中、自由貿易を推進し、ルールに基づく多角的貿易体制を強化することが重要です。RCEPについては本年中の署名、EUを離脱した英国とは速やかな通商交渉開始を目指します。同時に、WTOが世界経済の新たな課題に十分対応できるよう、WTO改革の取組を主導します。さらに、今なお残る日本食品への輸入規制の撤廃にも尽力をします。  第六に、地球規模課題への対応です。

茂木敏充

2020-03-05 第201回国会 参議院 経済産業委員会 第1号

足下の感染症への懸念のみならず、気候変動、世界に広がる保護主義の動きなど、世界規模の課題が日本を取り巻いています。また、国内に目を向ければ、デジタル化への対応、少子高齢化による人手不足、エネルギー安全保障の強化、そして何よりも原子力災害からの福島復興など、乗り越えるべき課題が山積しております。これらに対して、一つ一つ着実に成果を出すべく、五つの取組を進めます。  

梶山弘志

2020-03-04 第201回国会 衆議院 外務委員会 第1号

保護主義的な動きが広がる中、自由貿易を推進し、ルールに基づく多角的貿易体制を強化することが重要です。RCEPについては本年中の署名、EUを離脱した英国とは速やかな通商交渉開始を目指します。同時に、WTOが世界経済の新たな課題に十分対応できるよう、WTO改革の取組を主導します。さらに、今なお残る日本食品への輸入規制の撤廃にも尽力します。  第六に、地球規模課題への対応です。

茂木敏充

2020-03-04 第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第1号

足元の感染症への懸念のみならず、気候変動、世界に広がる保護主義の動きなど、世界規模の課題が日本を取り巻いています。また、国内に目を向ければ、デジタル化への対応、少子高齢化による人手不足、エネルギー安全保障の強化、そして何よりも原子力災害からの福島復興など、乗り越えるべき課題が山積しております。  これらに対して一つ一つ着実に成果を出すべく、五つの取組を進めます。  

梶山弘志

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 第1号

世界的に保護主義的な声が高まる中、RCEP協定成立によりまして、国際社会に対して、自由貿易推進の強力なメッセージを発信することができると思います。  昨年十一月のRCEP首脳会議では、インドを除く十五カ国が、条文ベースの交渉及び基本的に全ての市場アクセス上の課題への取組を終了したとの共同声明が出されました。

本田太郎

2020-02-25 第201回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 第1号

世界の人口の五割の中で、インドはその人口の約四割を占めますので、まさにインドを含めたRCEPを実現すること、これが地政学的にも経済学的にも非常に意義が大きいものでございますし、今委員御指摘のとおり、保護主義的動きがある中で、これをぜひ実現したいと思ってございます。  これも今委員御指摘のとおり、昨年十一月のRCEPの首脳会議、ここでは交渉全体の妥結は実現をいたしませんでした。

広瀬直

2020-02-03 第201回国会 衆議院 予算委員会 第5号

今、国際社会においては、自国第一主義ですとか、保護主義ですとか、ポピュリズムですとか、あるいは国民の分断ですとか格差、こういった動きがどんどんと広がっている。息苦しささえ感じる昨今です。  その中で、少なくとも、環境とかエネルギーとか保健とか、あるいは平和ですとか、こういった地球規模の課題、これはどんな大国が一国で力んでみても対応はできない、結果につながらない、こういった課題であると思います。

岸田文雄

2020-01-24 第201回国会 参議院 本会議 第3号

そのため、世界で保護主義への懸念が高まる中で、我が国は自由で公正なルールに基づく貿易の重要性を一貫して主張してまいりました。そして、TPP11、欧州とのEPA、日米貿易協定成立を主導し、三つを合わせれば世界経済の六割に及ぶ自由貿易圏の中心にあって、日本自由貿易の旗手として取り組んできたと考えております。  

安倍晋三

2020-01-24 第201回国会 参議院 本会議 第3号

保護主義が台頭し、対立が強調される世界の状況において、日本が主導し、粘り強く一致点を見出していく外交。そのベースにあるのは、総理が個性豊かな各国首脳と強い信頼関係を築いていることにあると、官房長官として身近に見ていたからこそ断言できます。  G20大阪サミットで非常に印象的なシーンがあります。

野上浩太郎

2020-01-23 第201回国会 参議院 本会議 第2号

世界で保護主義への懸念が高まっている今こそ、我が国が自由貿易の旗を高く掲げ、二十一世紀の経済秩序を世界へと広げていくことが重要であると考えています。  一昨年末にはTPP11、昨年二月には日EU・EPA、本年一月一日には日米貿易協定が発効しました。我が国が主導して、人口十三億人、世界経済の六割を占める巨大な自由貿易圏が誕生したことは、我が国の新しい時代の成長の基盤となるものです。  

安倍晋三

2020-01-23 第201回国会 参議院 本会議 第2号

そのような中、我が国は、日EU・EPAやTPP11、日米貿易協定の発効など、グローバル経済自由貿易圏形成の旗手、保護主義防波堤役としての存在感を高めています。  東アジア地域包括的経済連携、RCEPについては、インド関税撤廃に慎重姿勢を示したことで昨年内の合意は見送られましたが、ゴールまであと一歩です。インド参加は、自由で開かれたインド太平洋の実現のためにも大きな意義があります。

岡田広

2020-01-20 第201回国会 衆議院 本会議 第1号

また、世界経済を見渡せば、グローバル化の反動として保護主義が台頭し、貿易摩擦などの対立が深まると同時に、国境を越えたデジタル経済が拡大して、世界経済はますますデータ駆動型へと移行しています。  安全保障面でも経済面でも、急速に変化する国際環境を踏まえて、新たなルール作りや取組を先導し、国際秩序をより安定し持続可能なものへと再構築していくこと。これこそが日本外交の目指すべき方向だと考えます。  

茂木敏充

2020-01-20 第201回国会 参議院 本会議 第1号

また、世界経済を見渡せば、グローバル化の反動として保護主義が台頭し、貿易摩擦などの対立が深まると同時に、国境を越えたデジタル経済が拡大して、世界経済はますますデータ駆動型へと移行しています。  安全保障面でも経済面でも、急速に変化する国際環境を踏まえて、新たなルール作りや取組を先導し、国際秩序をより安定し持続可能なものへと再構築していくこと。これこそが日本外交の目指すべき方向だと考えます。  

茂木敏充

2019-12-04 第200回国会 参議院 本会議 第10号

保護主義的な通商政策に傾きつつある米国を巨大な自由貿易圏に呼び戻す流れがつくられるとしたら、それは評価に値いたします。また、米中間の貿易摩擦が周辺国に影を落とす中、強固な同盟関係で結ばれる日米の通商関係の安定がもたらす効果も大きいと考えられます。  しかし、方向性、総論は了としても、各論となると問題があるのも事実です。  

浅田均

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 1号

これまで、国会答弁で、世界的に保護主義への懸念が高まっている今こそ、日本自由貿易の旗手として、自由で公正なルールに基づく経済圏を世界へと広げていくことが重要ということで答弁をいただいているところではございます。そうした文脈の中で捉えていきますと、この度の日米貿易協定合意というものは意義があるものと私どもも共有しているわけであります。  

谷合正明

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 7号

猪口邦子君 まさに今申し上げたようなこういう保護主義、ポピュリズム対自由貿易の中で、様々なこういう努力ですね、TPP11もそうですし、今回の、昔だったらグレート・パワー・ウオーズの時代だったのが、今度はグレート・パワー・コオペレーションのこういう流れをつくって、WTOがその本来の任務をする、そういうモメンタムをつくる努力をそれぞれがするべきだというようなことにつながればと思いますが、鈴木参考人中川参考人

猪口邦子

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 7号

先生が保護主義ということを申し上げるつもりはないんですけど、ちょっと大きな観点で、これから我が国は自由貿易を推進すべきか、そして、保護主義、もう少し検討すべきか、ちょっと、ためにする議論になりますけれども、先生のお考え、ちょっと大きな観点から教えていただきたいと思います。

秋野公造

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第7号

猪口邦子君 まさに今申し上げたようなこういう保護主義、ポピュリズム対自由貿易の中で、様々なこういう努力ですね、TPP11もそうですし、今回の、昔だったらグレート・パワー・ウオーズの時代だったのが、今度はグレート・パワー・コオペレーションのこういう流れをつくって、WTOがその本来の任務をする、そういうモメンタムをつくる努力をそれぞれがするべきだというようなことにつながればと思いますが、鈴木参考人中川参考人

猪口邦子

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会 第7号

先生が保護主義ということを申し上げるつもりはないんですけど、ちょっと大きな観点で、これから我が国は自由貿易を推進すべきか、そして、保護主義、もう少し検討すべきか、ちょっと、ためにする議論になりますけれども、先生のお考え、ちょっと大きな観点から教えていただきたいと思います。

秋野公造

2019-11-28 第200回国会 参議院 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 第1号

これまで、国会答弁で、世界的に保護主義への懸念が高まっている今こそ、日本自由貿易の旗手として、自由で公正なルールに基づく経済圏を世界へと広げていくことが重要ということで答弁をいただいているところではございます。そうした文脈の中で捉えていきますと、この度の日米貿易協定合意というものは意義があるものと私どもも共有しているわけであります。  

谷合正明